かまきりアイランド

最近、かまきりに触れ写真を撮る機会があったので、少し関心を持ちました。
CDの辞典で調べた内容と写真をまとめたページです。
かま‐きり【蟷螂・螳螂・鎌切】

カマキリ科の昆虫。体長七〜八センチメートル。体は草緑色または枯れ葉色で、細長い。頭は三角形、前胸部は細長く、腹部は肥大する。頭部には大きな複眼と、短い糸状の触角がある。前あしは鎌状で、とげがあり、他の昆虫を捕食するのに用いる。五月頃草むらに現われ、秋、木の枝などに海綿状の卵嚢を産みつけ、卵で越冬。本州以南に分布。とうろう。いぼむしり。いぼじり。おのむし。かまぎっちょう。いぼつりむし。かまむし。《季・秋》

カマキリ  蟷(螳)螂 mantis/praying mantis目

カマキリ目Mantodeaに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。カマキリの仲間は,夏の終りころから成虫が現れ,草間に多く見られる。肉食性。秋になると交尾し,やがて草の茎や小枝,または人家の外壁などに卵嚢を産みつける。卵嚢内の卵はそのまま越冬し,翌年5月ころに孵化)ふか)し,幼虫となる。幼虫時から捕食性が強く,一生の間に多量の小昆虫を捕食し,いわゆる益虫としての価値が高い。

 日本のカマキリ類はカマキリ科Mantidaeとヒメカマキリ科Hymenopodidaeの2科よりなる。いずれも前脚の腿節より先の部分が変形してできた鎌を備える。中型のものから大型のものまで種々の大きさがあり,体は全体に平たく細長く,三角形のよく動く頭部と細長くのびた前胸,前脚の鎌などに特徴がある。前胸背板は,ふつう細長いが,幅広くなることもある。
翅はふつうよく発達しているが,なかにはヒナカマキリのように退化してしまっているものもある。前脚の腿節には鋭いとげの列があり,これに続く先端のやはり鋭くとがった脛節)けいせつ)とともに,いわゆる〈鎌〉を形成し,小昆虫の捕獲に使う。中・後脚は細長く,歩行肢となっている。これらの脚は,ヒメカマキリの仲間では飾りの葉片がついていることもある。尾角や産卵管は短く,雄の外部生殖器は不相称形で,ゴキブリ類のものによく似ている。
やっと撮れたカマキリの頭
[生態] 大部分が草間や樹上で生活するが,ヒナカマキリのように地上の落葉の間などで生活している特異なものもいる。肉食性が強く,とくに動いている小昆虫をとらえてよく食べる。カエルやトカゲをとらえたという記録もある。捕食をするとき,眼で餌物の動きを追う動眼視を行う。したがって,複眼はよく発達していて,さらに頭部がかなり自由に動くことにより,その視野はたいへん広い。
2本の鎌を持ち上げて,祈りをささげているような姿勢をしていることがある。このしぐさ,姿などから,各地で〈おがみ虫〉〈予言者〉など種々の呼名があり,英名や学名のMantisも〈予言者〉の意のギリシア語からきている。これは見つけた虫を今にもとらえようとしている捕獲のための姿勢であり,射程距離に入るや,鎌をのばし,打ち振り,小虫をとらえるのである。またおどすと頭胸部と腹先をのけぞらせ,鎌を左右に開いて,威嚇姿勢をとり,おどし返す。
交尾のときは,雌のカマキリの肉食性が強いあまり,相手の雄はかなり用心して雌に近づき交尾を達成する。交尾中に雄が頭部を食われてしまうということもときに起こるが,それでも交尾は行われる。雌は交尾後まもなく,腹端から泡を出して木の枝などにつけ,卵を産みつけ,属や種に特有な多種多様な形の卵嚢をつくる。
この卵嚢は古くはオオジガフグリと呼ばれた。この卵嚢は鳥に食べられることもなく,そのまま越冬し,翌年5〜6月に孵化するが,孵化時に見られた多数の幼虫は,やがて共食いや鳥などに食われ減少してしまう。しかし,ある程度成長すると,肉食性を発揮する。不完全変態で,1齢幼虫から成虫と似た形態をしている。
哀愁の後ろ姿
[種類] カマキリ類は,その形態的特徴や卵嚢をつくることなどから,ゴキブリ類に近縁と考えられる。世界から約1800種が知られるが,日本には約10種を産する。ふつうによく見られる種類は,オオカマキリTenodera aridifoliaやカマキリT.angustipennisで,前者はやや大型で体長7〜9.5cm,卵嚢は球状,後者は体長7〜8cm,後翅が大部分透明であることと卵嚢が細長いことにより前者と区別される。ハラビロカマキリHierodula patelliferaは体長5〜7cm,前胸が太めで,つやがある。コカマキリStatilia maculataは体長4.8〜6.5cm,黒褐色のカマキリであり,ヒナカマキリAmantis nawaiは好地性で体長2cm内外の小型の種類である。
細い枝でぷらんぶらん
[文化史] カマキリにいぼをかじらせると治るという俗信は日本各地で昔から行われていたようで,イボムシリ,イボジリ,イボムシなどの異名が残っている。また矢じりが深く入って抜きにくいときに,この虫を陰干しにしたものの粉末(権法散という)を傷口に塗ると矢じりが自然に出てくるという。
南フランスのプロバンス地方の農民の間では,カマキリの卵嚢でしもやけをこするとなおると信じられ,またそれを身につけているだけで歯痛を免れるという迷信があったという。イギリスには,子どもが道に迷ったとき,カマキリに道をたずねると,虫が前肢をのばして方向を指示してくれるという言い伝えがあった。
 熱帯・亜熱帯地方には枯葉に擬態して獲物を待伏せする種類(カレハカマキリ)や,ランなどの花に擬態して獲物をおびきよせる珍奇な種類(ハナビラカマキリ)がいる。後者は〈魔の花〉などと呼ばれているが,あまりに擬態が巧みなので,原住民の中には花が昆虫になると信じている者がいるという。

カマキリは攻撃的,好戦的で自分よりも大きな相手にも立ち向かうので,たいして力もない者が,強大なものに無謀にも刃向かうことを〈蟷螂)とうろう)の斧〉という。なお,カマキリの腹を裂くと出てくる黒い細いものはハリガネムシの幼虫である。

10/7日
休日の今日昼頃に様子を見に行ってみると、お気に入りだった建物の壁に姿が無くて、その下のミニ花壇のなかのシュウカイドウの枝に逆さにとまって卵を産みつけていました。
この秋海棠というのは来春まで生きていることは無いそうなので、とんだミスチョイスです。
この卵を産みつける作業はほとんど1日掛かりのようです。
10/8
産卵の翌日、カマキリは姿を消しました。
10/9日

姿を消したと思ったら、どっこい居ました(^O^)
生んだばかりは真っ白だけど、すぐにこんな色になりました。
マクロモードで近寄りすぎたので、被写界深度が極端に浅い写真になってしまいました。
以下はスキャンしたアナログ写真です。

先週末には様子がヘンだった。壁に逆さに張り付いたままなので、前足の鎌を指で触っても反応がなかった。休みの間も二階から見下ろして壁に張り付いているのは確認してましたが、週明けの今日、見てみると死んでました。
後ろ足1本だけでぶら下がってました。からだは金曜日のままくの字に折り曲げて・・・。
壁の下の小さな花壇に穴を掘って埋葬してあげました。卵の近くです。枯れ枝を紐で結んで墓標を立てました。
我が家のミニ花壇を産卵場所に選び、そこから離れることなく最期の時が来るのを壁に張り付いたまま待っていたようです。


2002年6月末、卵がかえりました(^_^)v
卵の下から糸でさなぎ状のものがぶら下がり、
風に揺れなから脱皮?するのか、一人前のカマキリのカタチになって
卵の廻りを歩き回り、枝をつたって地面に降りて行きます。

さなぎのようなものが糸にぶら下がって降りてきて、やがてもぞもぞと手足を動かす・・・。

これは糸が切れて下に落ちた子カマキリ。乾燥すると茶色になるけど、これはまだ白い。
上の2枚は一眼レフ300mmズームのマクロモードで手持ちで撮ったのでピンボケになってしまいました。
孵化の終わった卵をカッターで半分に切ってみました。
外側は柔らかだったけど、枝に付いていた部分はかなり硬かった。