2008/12

学研「週末道楽」のネットショップでバキューム・エンジンの組立キットを購入して組み立てました。
車体前部の小さなアルコールランプで加熱する外燃機関です。
下の写真が完成した状態です。
アクリルのケースは自作したものです。

パッケージは小さいです。
2mのメジャーと並べて撮ってみました。
車体色のゴールドは限定品で標準はアルミダイキャストの生地そのままの色です。
パーツはブロックごとにポリ袋にパックされていますが、一部のパーツが他の袋に入っていたりしますから要注意です。
樹脂パーツもありますが大半がアルミダイキャストです。

心臓部であるエンジンブロックから組み立てますが、注意を要するのはこのブロックだけです。
この写真では冷却ファンを上下逆に取り付けてしまいました。

シリンダー、ピストンユニット、クランクユニット、フライホイール、バルブロッドが主なパーツです。
この後、ピストンがスムースに動くように組み立て直しました。引っかかりをなくすことと、バルブを押さえるスプリングの強さを調節しないとエンジンが回転しませんでした。

エンジンの回転を車輪に伝える駆動ギアを車体フレームの裏側に取り付けます。
車体にハンドルとステアリングギアを取り付けます。
ユニバーサルジョイントはビニールホースです。
ウォームギアとステアリングギアの噛み合せが良くないので、ハンドルはあまり効きません(。。;)ゞ
前輪のサスペンションを取り付けます。
あまり意味はないのですが、一応スプリングが入っていて、左右の車輪が上下に動きます。
もちろん、独立懸架ではありませんけど。
裏側から見たフロントサスペンションです。

ホイールにゴムの車輪を嵌め込んでネジ止めして車体部は完成です。

金ぴかのアルミホイールはなかなかきれいです。
でき上がった車体に4本のネジでエンジン部を取り付けて出来上がりです。
運転席側から撮ってみました。
ちゃんとシートも付いてます。

アンダーぎみに撮ってみました。
組み立てが終わって燃料用アルコールを入れて点火しても、そう簡単には始動してくれません。
エンジン部を外して分解し、引っかかるところを調整して、バルブの強さも調整してやっと動くようになりました。
それでも、なかなか連続して運転するのは難しいものがあります。
炎とバルブとの距離を調節しないと連続運転は難しいですし、シリンダーが加熱してしまうとダメなようです。
冷却ファンは飾りですから冷却効果は期待できません。
燃料タンクが小さいので運転できるのは二分簡くらいです。
外燃機関の動作原理を下の図に示しておきます。
ピストンが下死点に向かうとき、炎がシリンダー頂部の穴に吸い込まれますし、上死点に向かうときは吹き消される恐れがあります。
このキットは中国生産品のなので、重量も500g、お値段は約1.5万円と、さほど高価なものではない分、精密さもありません。
下に紹介するのはドイツ製のバキューム・エンジンのキットです。
こちらは重量が2kgでかなり精密にできているようです。その分、お値段も10万円弱になります。
水冷式なので蒸気も出るようです。
下は反対側のバーナーとバルブの拡大写真です。