Page 8

Document & Diary (2006/02)
相変わらずノートラブルで平凡で実用的な日々を送ってるトラヴィックですので、これといって書くこともなくなりましたので、たまに撮った写真のフォトギャラリーにします。写真はいずれもPentax istDS2で撮ったものです。レンズはオールドレンズを中心にいろいろなものテスト撮影に使いました。

PENTAX-F 35-70

PENTAX-F 35-70

INDUSTAR 50-2

XR RIKENON 28mm F3.5

SMC PENTAX 50mm F1.4       
2006/10 バッテリー交換

数か月前のスバルのサービスディでチェックしてもらったときに、バッテリーが今年の冬は越せないかも・・・と言われてました。
5年以上間持ったのだから、そろそろ取り換え時期。
エンジンをかけるとき以前ほどの勢いが無くなってように感じて、バッテリーを見てみたらインジケーターが真っ赤。ADD WATER ということでバッテリー液を補充しました。
いくつかのセルで電極が露出するほど減少してました。
二度に分けて液を補充したところ、インジケーターは良好を示すブルーに変わりました。
いずれにしても、バッテリー液がここまで減少するのは終わりが近いのでしょうから、冬に備えて新しいバッタリーを購入することにしました。
ヤフーのオークションに出ていたACdelcoの27−66です。
静岡の販売店に発注して翌日には届きました。運賃を含めて1万円をわずかにはみ出した程度。
この大きなバッテリー、重量が16kgを少し越えます。
外したオリジナルのバッテリーはGMのマーク入りで、GSのタイ工場製。
こうしてみると液面が見えるのだが、保温カバーの中に入っているとみずらい。
保温カバーもプラスのターミナルを外さないと取り出せない。
バッテリー台座への取付方法は、底の部分の片側に金具とボルト1本で締め付けるだけ。
2007/07 2回目の車検

5月末に2回目の車検を終えました。5年間の走行距離はわずか3万キロ。
5年の間に交換したパーツは消耗品のオイル&フィルターを除けばリアワイパーのゴムだけ。
フロントワイパーは雨の降り始めには盛大にビビるけどウォッシャー液を出せば大丈夫。雨の降りが強ければビビり無し。

走行距離は3万キロだけどタイヤは5年間無交換。残り溝はわずかで辛うじて車検をパスした状態なので、タイヤを物色中です。
2007/08/01 タイヤ交換

結局、TOYOタイヤのミニバン用タイヤ、「TRANPATH MP4」になりました。
交換した後ちょっと走ってみたのですが、飛び抜けて良いかどうかはともかく、悪くない選択だと感じました。
純正のミシュランと比べてさほど違いがないという意味でも良いのではないかと。

乗り心地の悪化とかステアフィールの変化などもなく、音も静かでしなやかです。
古くなってややばたつき気味だったミシュランから新しいタイヤに付け替えただけでも、ドタバタする感覚は少なくなっているようです。

2007*08/30
その後、少し乗り慣れてきたところでこのタイヤで初めて高速道を走りました。
ミシュランほどの直進安定性はなくて、割と敏感にステアリングに反応がきたのと、ダンピング不足気味で、サスペンション以外にタイヤでも上下動があるようで、ちょっと今までに無い感覚でした。
直進性が悪いということではなくて、ちょっとレスポンスがありすぎるかな?といったところでしようか。
ということで、いかにも国産タイヤらしく、一般道での乗り心地を優先した設計のようで、高速走行をメインに設計されたのかもしれないミシュランとはかなり性格が違うようです。
私としては、日常的に使う一般道での乗り心地とかグリップ力などが大事なので、これはこれで良いのではないか?というのが今のところの印象です。
2007/12 ワイパーブレードを交換

5年以上持ったワイパーブレードだけど、取り替えました。雨の降りはじめにビビりが出るだけで、ウォッシャー液を吹けば問題無く使えたし拭き残しも無かったのだけど、さすがに取り替え時かと。
ショップなどても調べましたがスバル純正品が割安なのでこれにしました。
ペアで4000円ちょっと。
左右で型番が違うのだけど、長さは同じはず。なぜ型番を買えるのかは不明。
左右のブレードが召し合わせで動くので、あるいは方向性でもあるのか?
とりあえず運転席側だけを新しいのに付け替えて、数日後に小雨が降ったので動かしてみました。車庫から車を出して、細かい水滴がガラスに付いた状態で動かしてもビビらず無音のまま拭き取ってくれました。以前だったら派手にビビるところです。
助手席側は古いままだったのですが、こちらもスムースに動いてますから、運転席側のビビりに釣られてビビっていたようです。
ブレードの細かい部分をチェックしてみたのですが、古いものにはmade in germanyの刻印がありました。
アームとブレードの接点になる樹脂製のクリップは爪でアーム先端の穴に固定されるのですが、よく見るとクリップの両側に爪があります。
・・・ということは裏返しでも使えるのか?
これにどのような意味があるのか?不明ですが、ワイパーゴムの拭き取り方向が摩耗して戻り方向がさほど摩耗しないとするなら、裏返して取り付けると機能が改善されるのかもしれませんね。
ちなみに、取り替えたPIAA製の純正品の樹脂クリップの爪は片側だけでした。
ブレードの金属部分の側面にはPIAAと刻印されているのですが、助手席側に取り付けると、この刻印は裏側になります。
ということは、やはり型番は違っても左右とも同じものではないでしょうか?
2008/04 ETC取付

先月取り付けた無料のETCです。国から出る補助金の5250円以内に納まれば無料になるのも納得。本体は知名度の低い古野電気製のアンテナ分離型で、ブザーとランプで動作を示す単純な構造。
めったに高速道を走らないしETCの普及のおかげか料金所もさほど混まなくなったので必要は感じないのだけど、無料ならば撮り付けても良いかな・・・と付けてみました。
アンテナケーブルはルーフとの境目のガラスの部分にクリップで固定して、ピラーの部分はゴムパッキンのなかに押し込んで助手席カーペットの下を通して、本体はコンソールの助手席側に固定しました。
しばらく取り付けたままになっていたのですが、今日高速道を一区間だけ走って動作を確認しました。入り口のところではバーからかなり離れたところで感知したのですが、出口ではバーに接近してから開きました。ちょっとドキッ。
2008/04 リアワイパーゴム取り替え

ディーラーからサービスディの案内が来たので、別に不調はないのだけど無料点検をしてもらいました。
このときリアワイパーのゴムが切れているのを指摘されたので、自分でやるからと交換を断ってオートバックスへ。

純正のリアワイパーゴムはわずか一年で切れてしまったのだけど、市販品をカットして付けたのは5年も持ったことになります。ですから、今回取り替えて、次回も5年後でしょうか?(^^ゞ

オートバックスのストアブランドらしい「STAFMAN」の型番D45G。450mmのを400mmくらいにカットして、細いステンレスの骨は今まで付いていたのを付け替えました。金額は税込609円だったかな?
走行距離はまだ3.5万キロ。
2008/04/22  フロント・ブレーキパッド交換

ここ数日、走行中にダッシュボードの助手席側からかすかなシャリシャリという異音が出るようになってました。
音量自体はかすかなのですけど、気にし始めると気になる音です。信号待ちで停止しているときは出ません。走り出すと出ます。心なしかブレーキペダルを踏むと出始めたり音が少し目立つようになったりします。ゆるいカーブでハンドルを切ると消えたりするときがありました。
音は回転するものにものが当たってこすれているような感じ。
ダッシュボードのなかでこのような音が出る部分は無いはずなのでブレーキあたりかも・・・と推測。だとすれば自然治癒はないし、悪化する一方のはずなので、ディーラーに持ち込みました。
フロントのパッドの残量が1.5mm程度だったとのことで即座に交換してもらいました。
パッドの価格も交換工賃も、かなり高めだなと思ったけど、6年目でタイヤとワイパーに続く消耗品の交換ということなので、トータルとしてみれば維持費は安い車だと言えます。
もちろん、帰り道に異音はきれいに無くなってました。

音の問題は気にしなくても良いものなのか、深刻なメッセージなのかを見極めないと、あとで高く付いたりしますし、出先で走行不能になると困りますし。
2008/05 ポータブル・ナビケーション・システム GARMIN nuvi250 購入

カーナビがあったらなぁ・・・と思うのは年に数度くらいなので購入は先延ばしにしてきたのですけど、やっと購入に踏みきりました。
電波を通しにくい断熱ガラス付きなので外部GPSアンテナは必須かと思いサンヨーのミニゴリラシリーズあたりが有力候補だったのですが、米国ブランドGARMINのは問題なく使えてるというユーザー情報が目に止ったので nuvi250 に決めました。
実際、断熱ガラス付きのトラヴィックの車内でもなんの問題もなく使えることを確認しました。

選択理由は、ポケットに入るほど小さいこと、余分な機能が無くてナビに特化したシンプルさ、3万円ちょっとの低価格などです。
取付は吸盤式なので2台の車で共用が簡単にできます。
本体寸法は幅10cm高さ7.5cm奥行き2cm(いずれもアバウトな寸法)、重量は150gで、小さく軽いです。
液晶画面は3.5インチ、320*240ピクセル。小さいですけど手で操作できる距離に置く限り見にくくはありませんし、明るくてコントラストもはっきりしています。
ボタンは本体上部の電源ボタンだけ、コネクターは背面のmini−USBコネクターだけ、とシンプルです。
車載での電源、室内での使用と充電のためのAC電源、パソコンとの接続のすべてをこのコネクターが受け持ちます。
上の写真右がパッケージの内容です。右側がナビ本体、その上が樹脂製の吸盤式取付ベース、その上がシガーライターからの電源コード。
左側はマニュアルとその上の赤黒の円盤はマウントベース。赤い部分を剥がすと両面テープです。
その上側に袋に入っているのがAC電源ケーブルとUSBケーブルです。
吸盤マウントはガラスの部分に付けるとかなり強力です。本体が軽いので小さな吸盤でも充分です。吸盤の耐久性についてはこれからですが、ある程度使ったらスペアパーツを購入する消耗品と考えた方が良いかも知れません。
取り付け位置をいろいろ検討しています。
上の写真左は最初に付属のマウントベースを取り付けた場所です。ベースが傾斜した場所に粘着させるので走行中に剥がれるのではないかと心配だったのですが、意外と大丈夫でした。
写真右は吸盤フック用の取付補助板の樹脂プレートが余っていたので、もう少し右側に粘着させてみました。こちらは専用マウントベースのような平板ではなくダッシュボードの曲面に合わせてわずかに曲面になるのですが、吸盤はちゃんと吸い付きます。でも、吸盤の力で補助板が吸い上げられるので周辺部が剥がれると脱落するおそれがあります。市販の粘着力の強い両面テープを使えば問題ないですけど。

カメラの位置からの写真なので、ナビ本体の上半分が視界を遮るかのように見えますが、実際はダッシュボード先端の内側に納まり視界を遮りません。視線の移動が少なく操作しやすいのでここが定位置になるのではないかと思います。
上の写真左はインフォメーションディスプレーの前に木材を加工したベースを粘着して取り付けてみたところです。
車外から見えにくいと言うことと操作しやすいという点では良いと思うのですが、視線の移動が大きいのでちょっと危ないですね。
メーターナセル内の計器類と違ってナビの画面は視線が留まる時間が長いですから。
ダッシュボードの上に追い出されたレーダー探知機の本体も、ここにあると明るすぎてランプの点灯が分からないので、ナセル内に戻しました。
右の写真はロードスターですが、これは単純にこの位置でキマリです。
トラヴィックよりも明るいようで、角度によっては液晶が見にくくなるので角度を調整するかモニターの輝度を上げないとならないかもしれません。オープンの状態ではさらに見づらくなると思います。
使ってみて
カーナビにどれだけ期待するかによって評価は変わると思いますが私はこれで充分役に立つと感じます。
昨日、県外を走ってきたのですが、ナビ無しでも走れる走りなれたところでもずっとnuvi250を使ってみました。
当初設定した目的地の手前数十キロのところで、予定を変更してさらに北の目的地へ直行することにしました。ナビが無ければ地図を見て、遠回りでも幹線道路をたどって走るルートを選ぶところですが、新しい目的地までローカルな道路を通ってガイドに従って走って目的地に到着しました。
不案内な場所を走る不安と緊張はありませんでした。
ナビのガイドがなければ絶対に走らないようなローカル道を走ることができました。

帰り道は次の立ち寄り先の道の駅がある場所までルート設定したのですが、高速道路に乗せようとガイドしたのでこれは無視。
ICの入り口を通りすぎても再探索はUターンして高速道に案内しようとしますが、これも無視するとさらに再探索してくれます。
再探索の時間が速いです。

実際の道路の状態とナビの案内とが一致しにくい分岐点では間違えて曲がるとすぐリルートを始めるので、分岐の方向を間違えたことにすぐに気がつき、Uターンして間違えた分岐点に戻って正しいルートへ復帰できました。

道の駅から自宅まではナビは不要な走り慣れた道なのですけど、ここではナビ任せで走ってみたのですが、いままで走ったことのないルートを走ることになりました。これはこれで面白い経験になりましたが、このようなシチュエーションではナビの案内よりも自分の経験、慣れたルートに沿って走る方が現実的だと感じました。
ただ、人間の習性として、慣れたルートばかりを走り、新たなルートに対しては慎重になり冒険をしなくなるところがありますから、慣れた道の安全安心を取るか、ナビに従って新たなルートを走ってみるか、その時の条件によってどちらかを選択すれば良いと思います。
機械的な演算で設定されたルートは、長年、人間が運転してきてでき上がった経験のルートと同じになることは無いような気がします。

まとめると、行程の全ルートのガイドをさせるよりは、不案内な場所だけナビのガイドに従い、走り慣れたルートではナビは自分の慣れたルートに従わせるという使い方でしょうか。
使ってみて分かる細かなことなど
☆ 地図画面の表示には、常に北が上になる「ノースアップ」、進行方向が常に上になる「トラックアップ」、3次元表示をする「3D」と3種類ありますが、3Dが一番使いやすいです。
2次元の地図が私は好きなのですけど、この小さな画面サイズのなかでは表示が小さいので走行中の周辺部の地理が分かりにくいです。
むしろ分岐を優先させたシンプルな3D表示の方が情報量が少ないだけ単純で見やすいです。
分岐点を過ぎて道なりが数キロ、数十キロ続く場合は、音声ガイドも止り地図は2次元表示になります。

☆車を止めてエンジンを停止すると「内蔵バッテリーで継続するか、しないか?」と聞いてくれますので、バッテリーで継続して使用することができます。

☆ シガーライターからの電源で使用していると、自動的にバッテリーにも補充電してくれます。

☆ 夜は液晶のバックライトが消えて、夜間用の表示になってくれます。多分、時計で切り替えているのでしょう。
弱点
軽量、コンパクト、低価格のPNDとしては充分役に立つと思いますが、万能ではないのも事実。無い物ねだりをしてはいけないですけど。ウィークポイントはあります。
電源無しでもバッテリーで使える、吸盤式なので他の車への付け替えが簡単、従ってとても機動的なのが取り柄ですが、小型のために地図としては使いにくいのは事実です。
ナビゲーションする場合にはほとんど苦にならない地図の簡素さも、ルート設定などをするときに地図として見るときは小さな画面はやはり不利ですね。長距離移動するとき、走行ルート全体を見渡すのに、地図が小さくて窮屈になってしまいます。

走行ルートをシミュレーションするときに、車の移動速度が実車の速度のようで遅いので使い物になりません。例えば走行時間が3時間のルートをシミュレーションする場合、3時間はかかってしまうわけで・・・。ビデオやDVDのように早送りできないと、どのようなコースでナビゲートしてくれるのか、確認できません。
もっとも確認できたとしても、経由地設定はわずか1ヶ所ですから、希望通りのルートを設定して走るのは難しそうです。
できることなら、パソコンの大きな画面で走行ルートを設定してGARMINに書き込んでそのルートを優先してナビゲートしてくれるといいのですが。
実際に使ってみて
購入後すぐに近県へのドライブに使ってみました。まだ完全に機能を把握していない状態ですけど、わりと早く使い慣れることができそうです。
ナビが無くても問題なく走れる場所ですが、どのようなガイドをするのか、家に戻るまでずっと使っていました。

A地点でお昼を食べてから目的地であるB地点へ行く予定だったのですが、時間が早すぎたので、A地点の手前で急遽B地点に向かうことにしました。地図を頼りに走るのなら停車して地図でルートを選んで幹線ルート沿いに遠回りするところですが、ここからナビの案内で走ることにしました。
指示通り方向を変えると「えっ、こんな細い裏道を走れっていうの?」とびっくりしましたが、地元のひとしか走らないローカル道、生活道路?を通って目的地B地点に到着しました。
あとから振り返って、地図を見てもどのルートを走ったのか分からないのですが、ナビによるガイドがなければ絶対に走らないような道を安心して走れました。
途中1ヶ所だけ、ナビの案内と実際の道路の風景とが一致しなくて分岐を間違えましたが、指定のルートを外れたことはナビが再検索を始めたのですぐに気が付いて分岐点に戻りました。
このようなシチュエーションで、ナビの威力を感じました。私がナビに期待するのはこのレベルのことなのです。

帰り道、東北自動車道と4号国道が並行するところで、帰路の途中の道の駅を目的地に設定したところ、高速道のICの近くで高速道に乗せようとガイドしてくれるのでした。高速道を使うほどの距離でもないので、これを無視して国道を走ると、Uターンをガイドして高速道ICに戻そうと指示しました。
これも無視すると新たに一般道を再探索してくれました。


道の駅から自宅までは走りなれた道なので、ナビは不要なのですけど、ここでは自分の走り慣れたルートではなく完全にナビの指示に従ってみることにしました。
「ここは直進だよなぁ・・・」という場所でも、曲がれと指示されるままに曲がってみました。
今まで走ったことのない生活道路を延々と走ることになりました。
このようなナビの設定するルートがベストとは言えないのですけど、ナビのお陰で今まで走ったことのないルートを走るという経験ができました。
これは時間に余裕があるときは、ある意味面白いことですが、事務的に走るときには、長年走り慣れた幹線と思われるルートを走る方が安心ですね。

まとめますと、ルート選定に自信がない、道路の知識が無いところでだけはナビの指示に従って走り、走り慣れたルートの場合はナビの指示するルートよりは自分の経験で選んだルートを優先して走る方が良い、ということです。

これは、私がナビに求めている機能です。

走行ルート全体をナビに任せるよりは、細部でだけナビの指示に従う、という使い方です。
このような使い方に、nuvi250は適していると思います。
ルート探索
初めて実用に供したときに珍妙なルート設定をしてくれたところに引っかかっているのですけど、これは多分にリルートを繰り返したからではないか?ということもあるのではないかと思います。
というのも、家への帰路の区間を部屋の中でシミュレーションしてみると、実際に走ったようなルート設定はせず、かなりリーズナブルな設定をしてくれたからです。
これがそのルート設定です。
栃木県那須郡那須町伊王野459にある道の駅「東山道伊王野」から日立市中心部の自宅までのルートですが、私が普段走っている走行ルートにかなり近いものです。

走行ルートはいくつも考えられるのですが、この設定は最短距離に限りなく近いものだと言えます。

最近知ったことですが「NAVITIME」というGoogleのMapみたいなものがあって、これは車でのルート設定をしてくれますので、これでやってみたのが下の図です。
PCの画面なので小さなGARMINに比べると分かりやすい地図ですが、なんとこのような遠回りのルート設定をしてくれます。

ある意味では、遠回りになっても広めの幹線道路を優先したルート設定です。でも、現実的には交通量が多く渋滞もあるので走りたくないルートです。

出発地は「栃木県那須郡那須町伊王野459 の道の駅東山道伊王野」。

目的地は「日立市神峰町1丁目10−6 常陽銀行日立支店」です。

不思議なことに、この目的地から100〜200mくらいしか離れていない「日立市助川町1丁目1−1 日立市役所 」を目的地にすると、下の図のようなリーズナブルなルート設定をしてくれます。
細部を除けばほぼ理想的な走行ルート設定です。
なぜ目的地がほんのわずかの距離の違いしかないのに、ルート設定がこれだけ大きく変わるのか?不思議ですね。

この出発地と目的地の間には分かりやすい幹線道路というものは無いので、ルート設定が難しいものがあると思いますので、GARMINが提示するルートはさほどデタラメでもないなと思うようになりました。

目的地をいろいろ設定してシミュレーションしてみますと、さほどおかしなルート設定はしてくれません。
2008/5/27 使用2回目
県内にあるフラワーパークまでの往復に使ってみました。ナビなど必要ないルートです。一般道でも行けるところですが、往路だけ高速道を使うことにしました。ETCの本格的な使用もこれが初めてです。
家に戻ってから気が付いたのですが、室内であれこれと設定をいじっていたので、「幹線道路」と「有料道路」の回避にチェックが入っていました。
どうりで、近くのICに向かっているときからUターンさせように必死にリルートを繰り返していたわけです。
さらに高速道路を走行中も、ICごとに一般道へ降りるようにガイドしてくれました。

途中、一度だけ、ナビの案内を無視して走り続けているのに、一般道に降りて路地を走っているようなガイドをしていました。高速道と一般道が接近していたためかもしれません。
目的地近くのICで降りてからは初めて走るローカル道でしたがナビのガイドに従って無事目的地に着きました。

地図としては画面の小ささなどから考えて、走行の全ルートをナビ任せで走るような使い道ではなく、必要な部分だけをナビの案内任せにすると言う使い道がこのGARMINには適しているのではないかと改めて思いました。

それから書き忘れましたけど、高速道は長いトンネルが連続する区間でも画面上の車両アイコンは動いていました。
GPSレーダー探知機がGPS電波のロスト/キャッチを繰り返していたのと対照的です。
2008/07
仙台の南インターから長町までガイドしてもらいました。
複雑なジャンクションを降りてから高架下の一般道、一部広い三車線の道路と都市型の走行ルートですが問題なくガイドしてくれました。
住宅街の路地から中央分離帯のある幹線道路に出るところで、右折不可なのに右折の案内が出たのはご愛敬というところで、ナビのガイドを参考にしながらもあくまで自分の判断を優先して走る・・・という使い方をすべきですね。
そのように考えると、この価格でこれだけの機能があればカーナビとしては充分な機能を持っていると言えます。
2008/09
親戚の車に乗せてもらって都内の首都高を走る機会があったので使ってみました。
トンネルや高架道路が交差するところで初めて衛星をロストしました。首都高などで使う場合は、走行ルート設定を自分ではしにくいことと、小さな画面ではレーン表示なども無いため、やはりちょっと役不足を感じました。
都内などの使用がメインの場合はやはりワイドな液晶画面で地図が精密に出てくるカーナビの方が有利だなと感じました。
地方での使用にはほとんど不満はありません。
2008/09/10 リアブレーキパッド交換 走行距離40,000km強

ブレーキを踏んで停止する直前に、時々不思議な音が後輪のあたりから出るようになりました。リアパッドがそろそろ限界なので、左側のタイヤを外してチェックしてみたところ残量約2mm。
フロントはスバル・ディーラーで交換したのだけど交換工賃がかなり高めだったので、今回は他の車で世話になっているホンダ系の小さなディーラーに頼んでみました。
とりあえずチェックということで両輪を外したら、右側の外側のパッドが皮1枚残っているだけで、隅の部分の金属ベースにはこすれたあとがありました。内側のパッドはなぜか残量が2mmくらいありました。ピストンは内側を押さえているハズなのだけど、なぜか引っ張られる外側の摩耗が早かった。
この状態では来週あたりに交換という余裕もないので、そのまま交換をしてもらうことに。パッドはスバル店に買いに行ってくれました。

パッドを交換した翌々日には600kmの長距離を走りました。ブレーキの効きというかフィールは微妙に良くなりました。
一番のメリットはブレーキを踏みながら後退しているときに鳴かなくなったことです。
交換にかかった費用はトータルではスバル店でフロントパッドを交換したときよりも6千円くらい安くなりました。
パッドの価格自体はスバル店の価格プラスアルファなので高いのですが、工賃が安いので全体としてはかなり安くなりました。
2008/11 タイヤの前後ローテーション 走行距離44,000km

タイヤ交換後約1.5万キロ走ってフロントの摩耗が後輪より進んでいるので前後を入れ替えました。
フロントの片側のタイヤが空気圧が減少していたのでスタンドで空気を入れてもらいました。
入れ替え後高速道を走っていると120km/hを越えたあたりでステアリングが振動するようになりました。ホイルバランスが崩れているのかも。
2009/06/04  3回目の車検 走行距離 48,851km
         ホンダ系ディラーで。ブレーキ液交換のみ。車検費用10万円弱
★ Goodbye TRAVIQ 2010/01/16
気に入って7年間乗り続けたトラヴィックを従弟が乗り続けてくれることになって、今日引き渡しました。
昨年12月半ばに手放すことに決めてから、ノートラブルで乗り続けてきたトラヴィックがぐずりだしました。ジンクス通りの展開です。

この車にとってはお約束らしい冷却水漏れです。
市内走行して車庫に入れると冷却ファンが回っているので不思議に思ったのですが、その後、信号待ちなどで水温計を見ると、いつもは90度を下回っていた針が90度を超えるのでした。
その後走り出すと水温が下がります。

ボンネットを開けてみると冷却水のリザーブタンクが空っぽになっていました。
そんなわけで年明け後にディーラーに預け、部品の入荷に時間が少しかかりましたが、やっと修理が完了したので今日引き渡しました。

7名乗車のミニバンは必要がなかったのですが、シートのデキの良さ、ドライブフィールの良さで選んだコンパクトなミニバンでしたが、最後まで飽きることはなく優れたハンドリングで楽しませてくれました。

一時代前のオペルらしい地味な外観デザインでしたが、類似したものがないユニークネスを持っていたので見飽きると言うこともありませんでしたし、低速トルクのたっぷりある実用エンジンも、振り返ってみますと静かでスムースで傑作エンジンと言って良いと思います。

ページトップへ戻る