Page 7

Document & Diary
2005/02 19,400km
先月末の日曜日にスバルのお客様感謝デーで無料点検を受けました。オイルも交換せずそのまま。
なにせ今年最初の車検だとういうのに、振り返ってみると法定の点検整備をしたことが一度もないまま車検ということになりそうです(/_;)
前回の無料点検の時にはバッテリー液の減少があったけど今回はそれもなく、バッテリーのコンディションも良好。
そういえば、先月久しぶりに助手席にひとを乗せたらドアが内側から開かなかった。
以前に直したつもりなのだけど、またワイヤーが外れたのか、そもそもちゃんとハマってなかったのか。なにしろ普段は助手席は物置状態で人が乗ることなどないので一年くらい気が付かないってことになります。
2005/06/01 20,239km 最初の車検
ろくに整備もしないまま3年が経ってしまいました。たまに遠出する以外は街中をうろちょろする程度なので3年間の走行距離は2万キロ程度。特に不具合もないためオイルとフィルターの交換を頼んだだけ。ブレーキフルードは交換されてきました。車検は一泊二日で完了。
S2000もそうだったけど、前席の窓に貼った透明の断熱フィルムは測定すると透過率が63%ということで剥がされました。これは承知の上だったのでべつに構わないのですけど、ガラス自体の透過率と合わせると規定値をクリアできない。

バッテリーテストはテスト前12.96V、テスト後11.84Vという数値で正常範囲の高いところにマークが付いていました。
タイヤの溝はフロントが4.5mm、リアが5.0mm。ブレーキパッドの残量はフロントが8.5mでリアが5.5mmでした。
今回はリサイクル税が加わったので今までになく少し高めの費用でした。

久しぶりに出先で写真を撮ってみました。新しいデジカメ、リコーのCaplio GXを一脚に乗せてニ方向から撮ってみました。
三年たっても見飽きないシンプルでクリーンなかたちです。
2005/06/19 フィルム貼り
車の窓にフィルムをというのは運転席と助手席側の窓に透明の断熱フィルムを何度か貼ったことがありますが、今回は思い立ってリアドアの窓にミラータイプのフィルムを貼ってみました。
これから夏にかけてどの程度の熱線遮断効果があるのかテストしてみます。運転席側だけですが・・・。
下の写真はドアの窓ガラスに張り終わった状態で屋外で撮りました。このあとカーゴルームの窓にも貼りました。長さ1.5mのロールで少し余ったくらい。(下が完成写真です)
フィルム自体はメタリックシルバーのキラキラしたものですが、幸い着色ガラスに貼ると下品なギラギラ感はなくなって、光線の具合で上の写真のように鏡のように見えるだけで、角度によっては下の写真のようにミラーではなくほんのわずかに内側が見えます。下の写真はまだ後部ドアの窓だけ貼った状態です)
今回は初めてドアの内張を外して作業してみました。ガラス下端を1cmほどドアの内部に入れるのが楽だから・・とやってみたのですが、結果としては内張をはずすのがとても大変だったのと、フィルム貼りでかなりの水を使うのですが、これがドアの内部に入ってしまうので、これは内張を外さないほうがアマチュアはいいというのが結論です。
フィルム下端を内部に入れるのはガラス窓の上下によってフィルムが剥がれないようにするためですから例えば5mmでもいいわけです。

[準備と環境]
フィルム貼りの大敵は風とゴミ、ホコリなので作業は屋内が好ましいです。最後の仕上げの水抜きは明るいところがいいので屋外に移動したほうがいいですね。作業のプロセスで必要な道具はあらかじめ用意しておく。フィルムを貼る窓の内外の周辺部は水洗いしておく。
ガラスの貼り付ける面はヘラなどで汚れを落とす。この際、タオルなどを使うと糸くずが付くのでやめた方がいいです。髪の毛などが入ると台無しですからこの点も注意しましょう。指先の油汚れなども粘着面に付くとマズイので洗剤で洗う。
用意する道具はフィルムのパッケージに書かれている程度のものでいいのですが、使えそうだな?と思うものは全部近場に用意しておく。
カッターの刃は新しいものが切れ味がいいので取り替える。
道具の主役はヘラとスプレー液です。後者は噴霧スプレーに水を入れて台所洗剤をほんの数滴たらしたものです。前者はフィルムに付属のものだけでなく幅広のゴムベラがあると便利です。
あとはフィルムの周辺部で水を吸い取るためのキッチンペーパータオルなど。

[型取り]
正確なカッティングが一番のポイントです。大きすぎると貼りつけたときにいろいろ問題が出てきますし、小さいと貼りやすいのですけど、見た目がちょっと悪くなります。どちらを取るかというと、わずかに小さめの方が失敗が少ないと思いました。
型取りする方法はいろいろあるようで、専用の透明なフィルムなども売られています。私は今回は新聞紙を使いました。もうちょっと丈夫な薄紙があればいいのですが、ふんだんに使えるという意味で、型取りの練習などにも新聞紙を使うのは悪くないかなと・・・。
型を取るとき今までは内側から取っていたのですが、外側からも取ってみました。取りやすいのは外側からです。外側の方が大きめに型取りできますから隙間を作りたくないときはこちらの方がよろしいかと。
型紙からカットするのではなく、フィルム自体を外側の窓に水貼りしてダマートや柔らかい鉛筆などで型取りする方法もあるようです。
ちょっと手間がかかりますが、大きめにカットして内側に水貼りして余分な部分は再度カットすると正確にカッティングできます。

[貼り付け]
フィルムがカットできたら貼り付けるわけですが、保護フィルムを剥がすのには大きなガラスの作業台があると便利です。なければ近くにある窓ガラス、それもなければ貼り付ける窓の外側を作業スペースとして使います。これが一番現実的かも。
窓全体にスプレーで水をたっぷり吹き付け、保護フィルムを手前にして、フィルム角の両面にセロテープを貼り付けて保護フィルムを剥がします。
剥がしながら糊面にスプレーで水をかけてゆきます。濡れている間は糊は接着しないからです。
保護フィルムを全部はがしたら、室内側に移動して同じくたっぷり水をスプレーしたガラス面に貼り付けます。
自然に吸着してしまいますけど、一度めくるように剥がしてから空気が入らないようにフィルムを押さえながら貼り直すといいようです。
糊面とガラスの間に水がある限り、フィルムは自由に動きますから、位置を合わせます。
このあと、水をフィルムの外に追い出してゆきます。ゴムベラなどを使って水や空気を追い出す手順の基本は中央部から外側に向かってということですが、ガラスの曲面にあわせた工夫が必要です。
トラヴィックの後部ドアの大きなウィンドウは単純にカーブしているだけですから、中央部から上と下に向かってヘラで追い出してゆきます。このときフィルム表面を傷つけないように水をスプレーしながらしごいてゆくのことが大切です。
フィルムとガラスの間に残った空気などは内側から見えますが、残った水分などは外側から確認しないと見えません。

[まとめとポイント]
言葉で説明を読み知識として理解するのと実際の体験とには大きなへだたりがあります。つまりやってみて体得する以外に方法はないとも言えます。ですから、初めて一発で完全な仕上がりを求めるのは無理だと思います。
ですから、できるだけよい仕上がりを求めるのであれば、フィルムを多めに用意し、一度は無駄にするのを覚悟してやればベターかと思います。
仕上げの途中で失敗したかな?と思ったら思い切ってやり直したり、廃棄して最初からやり直すと、一度の失敗で得られた経験が役に立ちます。プロとアマの違いはこの経験の数ですから。

水抜きが進んでゆくと「ツノ」と呼ばれるものが出てくることが多いです。これは特に三次元曲面に貼る場合しわ寄せがどこかに出てくるため、フィルムの周辺部から空気が入ってフィルムがタケノコ状に浮き上がって来るものです。
これは根気よく押し出して貼り付けてゆかなくてはならないのですが、完全に取りきれるとは限りません。なんとか消えたと思っても時間が経つとまた現れていたりします。ドライヤーなどでガラスを暖めて粘着させるという方法もあるようですが、それでも完全に消えないこともある。
トラヴィックでの経験でいいますと、カーゴルームのはめ殺しの窓は三次元曲面のようで、このしわ寄せが出やすいみたいです。
プロが使うフィルムはドライヤーなどで加熱することで曲面のカタチに成形するので仕上がりはきれいになるらしいのですが。
いずれにしても、フィルム貼りは意外と時間がかかりますから、時間に余裕のあるときに段取りをしっかりしてから取りかかることが大事です。あわててやるとロクな結果になりません。

★フィルムカットで難しいのは曲線切りです。内外から見えない場所ならいいのですが、上下する窓ガラスの上辺はほんのわずかにカーブしています。トラヴィックの後部窓の程度なら直線で切ってしまったほうが見た目はいいです。スムースな曲線カットをしたいのなら、回転刃の付いたロータリーカッターがあるとうまく切れるのじゃないかと思うのですが。、

★調べてみるとウィンドウ・フィルムにも種類がいろいろあるようで、ホームセンター、カー用品店などで売られているのは最低ランクのものらしいです。フィルムは透明で糊に着色しているとか。剥がすときにガラスに色糊が残って剥がされたフィルムは透明、ということになるそうです。耐久性、褪色のしにくさという点ではプロが使うフィルムには劣るようです。

★フィルムのパッケージに小さく表記されていることですが、着色ガラスにミラーフィルムを貼ると内側もミラーに近くなります。
本来ハーフミラーなら内側はミラーにならないと思うのですが。ドアを閉めている状態では、多少は自分の姿が映っているかな?という程度で、基本的には外側が見えますが、ドアを開けた途端に鏡になります。しかも凹面鏡ですから、リアタイヤなどが拡大されて写ります。
日中、ドアを開けたままにすると焦点を結ぶこともあるので要注意です。もっとも、滅多にこのようなことは無いでしょうけど。
室内からみた外の見え方ですが、濃いスモークのフィルムなどよりは明るく見えるようで、不自然な感じはさほど感じません。
フィルム貼りの途中で撮った比較写真です。左側は上下する窓ガラスに貼り終わった状態。右の写真はまだ貼っていないはめ殺しの部分です。
まぶしさを遮る能力はそこそこありそうですが、それだけ車内から見える外の景色が暗くなるということなので良し悪しがあるかもしれません。
今のところ右側の窓にしか貼るつもりは無いので、車内が暗く陰鬱になることはあまり無いと思うのですが。
リアドアの内部画像
今回はリアドアの内張を外してやってみたのですが、フィルムの上下寸法の採り方がいい加減だったので、フィルム下端が内張の下に入らなくて失敗でした。外部からは分からないのですが・・・。
で、ドアの内部写真ですが、基本的にフロントと変わりはありません。
一番最初にはずすドアの手かけの部分がなかなか外せなくて苦労しました。
内張をはずすと、なんとリアにもスピーカーが付いているのでした。ダブルコーンのフルレンジ・タイプ。もちろんツイーターのネットカバーの中は空っぽですが。
開けたついでだからと余っていた制振材をスピーカーの廻りに貼りました。
スピーカーケーブルのコネクターがどうやっても外せなかったのでそのままの状態で作業しました。
これが思いがけない効果を生んだように感じます。
余ったフィルムをフロントドアの前の三角窓に貼ってみました。
ここのガラスは着色ではないのでクロームの光沢がそのまま出てハデです(^O^)

結局、62cm幅1.5mのフイルムで、当初考えていた運転席側後部ドアの窓とその後ろのカーゴルームの窓を貼り終えて余った部分でその反対側の窓も貼れました。
このガラスは曲面なので、またツノで苦労するかと思ったのですが、要領を覚えたようで、フィルムを左右に張りながら水を追い出してゆくとしつこく現れるツノで苦労することはありませんでした。
普段はあまリ目立たないガラスのマーク。
すべてのガラスにプリントされている。
ミラーフィルムを貼ることによって背景が黒からクロームになったので目立ちます。
Saint−Gobain(サンゴバン)というのが製造元。フランスのガラスメーカーらしい。
右後部ドアだけ内張りを外したついでに制振材を貼ったのですけど、片手落ちなので左後部ドアにも貼りました。
短時間にペタペタと貼っただけですけど。
心理的な効果ぐらいはありそうです(^O^)

これで全部のドアの内張り外しをやったことになりますけど、トラヴィックの内張外しは大変です。一番最後のところでバールまで持ち出しました。

もともと背後から音が出るのはあまり好きではないので無関心だったのですけど、今回、リアに制振材を貼ることでどのように変化するのかは楽しみではありました。
音質そのものが大きく変わるほどのものではないけど、これを機会に前後バランス、フィーダーを調整してみて、それなりに音場の変化は出てくるものだなと感じました。
フィルム貼りのコツが少し分かってきたところなので、運転席の窓に透明の断熱フィルムを貼ってみました。
見た目はフィルムを貼ったようには見えないくらいの透明度なのだけど、ガラスの色と組み合せると可視光線透過率70%をクリヤできない。
最近は車検時に測定器で測られてしまうので、次回車検までの2シーズンだけ。

このクリアの断熱フィルムがどれだけ有効なのかは疑問があるけど、無いよりはマシではないか?と。
前回は助手席側にも貼ったけど、今回は運転席側だけにしました。1.5mのもの1本でS2000とトラヴィックと両方貼って終わりです。
トラヴィックの前席の窓はとにかく大きい。

今回は型紙などは作らず、次ような手順でやってみました。多分これが一番良さそう。

(1) 窓の外側に水貼りして上下方向は少し大きめにカットする。左右は正確に切る。
(2)次に、窓を少し下げて内側に水貼りして、下側がドア内部に入る程度に位置を決めて、ガラスの天辺のカーブに沿ってカッターできる。
(3)さらに外側にアバウトに水貼りして保護フィルムを剥し、内側にフィルム本体を貼る。

この手順でやると、窓を開けたときにフィルム上部のラインとガラスのラインが見苦しくならないです。
ただ、これは最後に水抜きして仕上げるときに位置決めが正確でないと、また上辺をカットしなおすことになります。
それでも、いままでよりはきれいな仕上がりになるようです。
上の写真はS2000。助手席側はフィルム無し、運転席側は貼ってあります。ほとんど見分けが付かないです。可視光線透過率は86%。着色ガラスと合わせてどのくらいか?は分かりません。ちなみにミラーフィルムの透過率は19%。
写真はガラスにピントが合わせられないのでボケてます。
なんどもフィルム貼りをやっているとコツを覚えるというか手際が良くなるので、ほとんど目立つ失敗はありません。細部をみると微細な気泡が残っていたりはしますが、外側からはまったくわかりません。
ただ、今回は内張を外さないで作業したのですが、できれば外した方がいいようです。
断熱効果
8月半ばの強い日差しの中を走ったのですけど、ミラーフィルムは強い日差しと熱を遮る効果はあるようです。
運転席の透明断熱フィルムは・・・効果があるような無いような(/_;)
ガラス窓を通った日差しが腕に当たってもジリジリと焼かれる感じは無かったから、それなりの効果はあるのかもしれないですが、あったとしてもわずかなものでしょう。ガラスが割れたときの飛散防止にはなるでしょうけど。

ページトップへ戻る