Page 2

2012/12

ホーン交換
滅多に鳴らすことのないホーンですが、純正のシングルホーンがあまりにも情けない音なので、取り換えることにしました。
アフターマーケットでのホーンというとミツバかボッシュということなので、あれこれ検討したのですが、ショップの店頭で見かけたデンソーの JHORN Power'd というのが安かったのでこれにしました。

大きさはさほど大きい方でもなく、またコンパクトというほど小さいわけでもないので、なんとか納まるのではないか?と。

お値段の他に国産のデンソーブランド(製造は下請けor子会社)だったこと、カラーが白、黒、青が選べるところがポイントでした。

スペックはHigh 480Hz Low 400Hz、MAX 4.5A ×2、音圧 113dB といったところです。
箱の中にはホーンが2個と簡単な説明書が入っているだけです。

ホーンの交換はバンパーを外すことと、電気をいじることになるので、それなりに注意が必要です。
私はホーン交換はこれで5台目くらいですが、やり始めるとプロにやってもらえば良かったと後悔したりします。
今は幸いなことに「みんカラ」などで詳細なDIYリポートがあるので、ある程度頭の中で手順が組み立てられるので、手探りでやって失敗ということはあまりないと思いますが、電気をいじるので最悪の場合車両火災などに繋がったりします。

スイフトスポーツのホーンヒューズはエンジンルームではなく車内のヒューズボックスにあって15Aです。
正確な情報ではないのですが、リレーが組み込まれているらしいので、リレーを使った配線キットは使いませんでした。

詳細な手順は「みんカラ」に写真付きで書かれていますので、要点だけを列記しておきます。

バンパーやボディを傷付けないように、マスキングしたり床にはダンボールや古毛布などを敷いて作業します。
主な道具はプラスドライバー、内装外しまたはマイナスドライバー、対辺角10mmと12mmのスパナorメガネレンチ、懐中電灯などです。
パンパー下のプラスネジとプラホックを外し、バンパー左右端のネジをホイルハウスの裏側から外し、最後にパンパー上部で車体に止めてある六角頭のネジ4本を外します。上部2ヶ所で車体に引っかけてある部分を折らないように注意深くバンパーを外します。
バンパーにはフォグランプが付いていてコードで繋がっているので、全体をは外す前にコネクターを外しておいた方が安全です。
純正のホーンもデンソーの刻印がありました。
写真では外してありますが、プラスの配線がコネクターで繋がっているだけで、マイナスはステーでボディアースです。
ホーン取り付けようの金属の支柱を利用して市販のホーンを付けるケースが多いようです。
ホーン下に見える取り付けネジのナットは支柱に溶接されています。
ここに二つのホーンを固定するのが手軽なのですが、左右に分けて取り付けた方が良いのかもしれません。
配線をするときはバッテリーのマイナス端子を外しておいた方が安全です。
バンパーに干渉しないように↓のように取り付けました。
走行中の振動で車体に当たらないように、必要ならばステーを折り曲げたりして取り付けます。
配線をしてからバッテリーのマイナス端子を繋いでホーンを鳴らしてみて、そのあと配線にコルゲートチューブなどを被せて保護しました。
純正ホーンの取り付けステーに付けたので配線は短くて済むのですが、少しゴチャゴチャとしてしまいました。

ホーンの二つある端子はどちらをプラスにしても構わないので、ボディに近い方をマイナスにしました。
パンパーを元に戻せるか心配だったのですが、なんとか納まりました。
外した順序の逆にネジを止めて行きます。最初は仮止めで全部のネジを止めず、ピタリと納まったところで全部のネジを入れて増し締めします。
フォグランプのコネクターはバンパーを組戻す直前にはめ込んでおきます。
向かって右側のホーンが外から見えるようになってしまいました。
黒ならば目立たないと思うのですが、白なので少し目立ちます。
支柱から垂直に取り付ければ見えなかったかも。


★ 音声ファイル  車庫の中でデジカメで音を録ったので反響してます。
JHORN Power'dの音色(1) RICHO GRdigital3 AVI →MP3 車のルーフにカメラを置いて録音。

JHORN Power'dの音色(2) Nikon P7100 MOV →WAV ドアを開けた運転席にカメラを置いて録音。
洗車&コート
納車されてからほぼ1カ月。まだ走行距離は600km未満ですが、新車1カ月の無料点検。
塗装が完全に硬化するまでは放置して置いた方が良いとも思うので、洗車もワックスコートもしていませんでしたが、ディーラーでスプレー洗車してくれたので、用意して置いたコート剤を塗りました。

もっともスプレー洗車のあとに洗剤を使ってもう一度手洗いをしてからのコート剤施工です。
滅多に買うことのないワックスorコート剤なのですが、今回はウィルソンの「PS coat」というのを使ってみました。
艶タイプと撥水タイプとあるのですが前者です。
洗車後の濡れたボディにポンプ式スプレーのコート剤を吹き付けて、付属のタオルで伸ばし拭き取ってゆくのは、なかなか慣れないと不思議な感覚です。
水分を含んだタオルがどんどん重くなってゆく。

液体が充分に行き渡ったのか分からないまま作業を進めてゆきました。
もともと新車の状態なのでこのコート剤を塗った後にめざましく光沢が出てきたか?というと分かりにくいところがあります。
特にボディカラーがシルバーだと分かりにくいかもしれません。ダークカラーだともっとはっきりと違いが分かるのかも。

数回塗り重ねれば光沢はもっとはっきり出てくるのでしょう。
コートが終わったあとのボディ表面は手触りが確かにツルツルとしています。
納車1カ月後のインプレ
全体としてかなり満足しています。
乗り始めの頃には足廻りの硬さが気になったけど、500kmちょっと走ってこなれてきたのか、私の体が順応してきたのか、乗りはじめの頃よりしなやかになりました。
一番驚いたのは燃費が良いことで、街中をウロチョロしている状態でも15km/L前後、市外へ出れば17km/Lは走りますから、高速道路を淡々と走れば20km/Lは越えるかもしれません。
これはフォレスターの二倍の燃費の良さです。

もうひとつはシートのデキがかなり良いことです。レカロに比べると座面が少し柔らかすぎるところが惜しいところですが、90点くらいはあげても良さそうです。シートの高さ調整ができるのが純正品のメリットです。
レカロに付け替えなくても済む初めての国産車になるか?

この車で難点と言いますと、やはりクラッチペダルの左側のスペースが限られているので、小さなフットレストに乗せて置いた左足でクラッチペダルを踏もうとするとき、靴がクラッチペダルに引っかかるときがあることくらいです。
シート交換 (2013/04)
純正のシートは国産車にしてはかなりデキが良いシートで、市内の短時間使用が多いこの車の場合はさほど不満は無かったのですが、古いものだけどせっかくRECAROのシートがあるのだからと取り替えてみました。
シートレールは安くなったもので、送料込みで8500円でした。ヤフオクで購入。
フロアはかなりフラットで作業しやすいです。
純正シートを外したあと、とりあえず新しいレールにシートベルトアンカーを取り付けて、フロアに置いて取付穴位置の確認をしました。
外した純正シートですが、シンプルなRECAROのシートに比べると、ずいぶん手が込んだ造りです。

バックレストを起こすためのと、ハイトアジャスター用のゼンマイ型スプリングが二つ。
これはかなり強力そうでした。
シートベルト・アンカーを取り外すのに、樹脂カバーとか布などを外しました。
RECAROのシートとレールはボルト6本で固定するだけなのですけど、純正品はかなりの工程を経て組み立てられるようです。
実用的なハッチバックの形状のため、スペースに余裕があり、どこも干渉しません。
今までは片側だけにしかリクライニング・ダイヤルが付けられなかったのが、今回は両側に付けてどちらでも操作できるようになりました。

着座位置を下げることが目的では無かったので、この状態では少し下がりすぎで見切りが悪くなります。
着座位置が下がって上体のホールドが良くなったので、運転していては面白いです。
ただ、今まで踏み下ろしていたペダルが、足で押し出すような感じになってしまうので、このあたりが不満です。

運転席から助手席の座面を見ると、かなり高く見えます。
このあと、フロア取り付け部に厚いワッシャを数枚重ねて入れて高さを調整しました。
調節幅はわずかなのですが、これでもずいぶん改善されました。
サイドバイザー取り付け(2013/07)
車体に付加物を付けるのは好きでは無いのだけど、日差しを遮るためにサイドバイザー(ドアバイザー)を取り付けました。

バイザーはヤフオクで見つけた社外品で送料を含めて3500円くらいでした。
取り付けはクリップ金具とホックを使うものの大半は両面テープでの固定なので道具は一切使いません。

薄い金具は窓枠のゴムを少し外してはめ込みます。
取り付け後のルックス面では違和感は無いです。
太陽の位置が低いときに感じるまぶしさがこれで少しは改善されると思います。