Page 1

2012/11

6年間でわずか1.9万キロ弱しか走らなくなっていたNC型ロードスターからスズキ・スイフトスポーツに乗り換えることにしました。

20年近く乗り継いできたオープン2シーターを諦めることにしたのは、着座位置の低さと硬い乗り心地が腰につらくなってきたのが大きな原因です。
日常の足とするのに便利なコンパクトカーで、少しは走って楽しめそうなものということでスイフトスポーツが気になっていました。

ZC32S型が発売されてほぼ1年。小変更があるかもしれないけど、そろそろ買っても良い時期ではないかと。
試乗
試乗車はパールレッドの6MTでした。
調べてみると大半のディーラーでは6MTの試乗車を用意していて、CVTのを持っているところは極めて希でした。
営業のお兄ちゃんを助手席に乗せて走りだして感じたのは、ステアリングの軽さとクラッチペダルの軽さとミートポイントの高さでした。
ステアリングにもう少し手応えがあって、クラッチペダルも軽いのは良いけどミートポイントが高いのはちょっと違うなぁ・・・と感じました。

ネガティブな点はこの2点だけで、シフトフィールはなかなか良いです。静粛性も乗り心地も悪くない。試乗コースに荒れた路面がなかったということもありますけど、コンパクトカーとしてはどっしりと落ち着いた乗り心地だと思いました。

あまりエンジン回転を上げずにシフトアップしたのでロードスターのようなダイレクトな加速感はないです。普通に走る。
ミッションがクロスしているためか、走っているうちにいま何速に入っているのか分からなくなったりしました。
シートは短時間の試乗では評価できないですけど、少なくとも短時間の試乗でも腰が痛くなるほどデキの悪いシートではなさそうです。

総じて、強烈に惹きつけられるほどのオーラは感じなかったけど、こいつと暮らすのも悪くはないかも、と感じました。
他に候補としてはVWポロなども考えたのですが、国産車の方が安心ということで試乗もしませんでした。
発注
このサイズの国産車でライバルとなるものは思いつかないし、もともとシンプルで個性的なデザインが気に入っていたので、これに乗り換えることに決めました。モデルチェンジでも前モデルのイメージを踏襲した点もポイント高いです。

ということでオーダーしたのは、
ミッション    6MT
ボディカラー  プレミアムシルバーメタリック
メーカーOP   ディスチャージド・ヘッドライト

オプションは特に必要と思えるものはないのでフロアマットも含めて一切無し。
車の大半がマニュアルミッションだった時代に免許を取った世代なので、MTを忘れたくないということで6MT。
ボディカラーはシルバー系を乗り継いできているし、かつてスイフトにあった個性的なカラーがなくなってしまったので、また無難なシルバーを選択。なぜか有料色。
ヘッドライトはスタンダードのでも実用的には充分だと思うけど、ここだけはルックスにこだわってオプションにしました。
納車前の準備
このところ純正のフロアマットにこだわらずに市販品を購入することが多いです。
今回候補としてピックアップしたのは左写真のもの(純正品の半額)とスズキ車のチューナーらしいモンスタースポーツ製のフロアマットでした。こちらはほぼ純正と同じお値段だけど赤いフチとマット面に赤いドットが入った個性的なものでした。
さんざん迷ったあげくこの安価な方にしました。届いたものはそれなりのクオリティだったけど、マットは敷いてしまえば忘れてしまうものなのでこれで良しとします。樹脂製の固定フックが付属していました。
オーディオレスのままなのでロードスターでも使っていた1DINのMDレシーバーを組み込む予定なのでオーディオハーネスをふたつ、amazon.comで購入しました。どちらもエーモンのAODEAシリーズです。同じようなものが各社から出ていますがAODEAのものが一番安かった。

左写真がオーディオハーネスで、ホンダと規格が同じなのですね。品番は2207です。
アクセサリー電源とメイン電源にはサブ電源が分岐しているので、これは電源取り出し用としてもつかえるようです。ETCとかドライブレコーダーなどの電源としても使えそうです。

右写真はアンテナ変換コード。車両側のコネクターはアンテナとアンテナコントロール・ケーブルが一緒になっているので、汎用品のヘッドユニットを組み込むためには必要です。
こちらの品番は2065です。
MDレシーバーとオーディオハーネス、アンテナ変換アダプターを接続しました。
かなりゴチャゴチャしていますが、この線の束は車の中にうまく納まるのでしょうか?
ヘッドユニット側で使わなかったのはリモート出力、ハーネス側で使わなかったのはアンテナコントロールですが、こちらは何のために付いているのかな?

使わないコネクターの先端はビニールテープで絶縁しておきます。
納車 2014/11/21
ETCの取り付け
用意しておいたフロアマットを敷いた後、最初にとりかかったのはロードスターから外したETCの取り付けです。
「みんカラ」などのユーザーDIYの記事を参考にして進めました。
ETC本体は左写真中央部に見える純正ETC用の位置が一番邪魔にならず配線するうえでも有利なのでここに組み込むことにしました。

電源を取るヒューズボックスがこのパネルの裏側にあるので、受信機へのコード引き回しも運転席側のAピラーの中を通します。
★ステアリング・アンダカバーの取り外し
ステアリング・アンダーパネルは比較的頻繁に取り外すことがあるので取リ外すのは簡単です。
パネル一番下左右のネジ(写真赤丸印)を外せば、後は黄色丸のホックはさほど力を入れずに外れます。

ホックのある位置の近くを持って軽く引いて行けば取れます。
★Aピラーの取り外し
ピラーカバーは左写真と下の写真のように2ヶ所で固定されています。
ルーフに近い上の部分(赤丸印)は金属のクリップで、下の黄色丸の部分はドアの内張などで使われているプラスチックのホックです。

上の金属クリップが外れると下のホックも外れてしまいます。

金属クリップは本来カバーの方に付いているのだけど、カバーを外すとピラーの方に残ってしまうので、ピラー内部に落とさないよう慎重に取り外してカバーの方に付け直します。

カバーを戻すときに金属クリップがなかなかハマらなくて難儀しました。位置が合わなかったわけではなく、単に固いだけみたいでした。戻す前にグリースを塗っておいたのですけどね。
★ヒューズボックス
運転席足元、アクセルペダルの右側にヒューズボックスがあります。
「ヒューズ電源」という配線パーツを使って電源を取ります。手頃なヒューズはいくつもありそうですが、私は「ACC2 15A」を使いました。
ロードスターから取り外したのがそのまま使えると思ったのですが、ロードスターのはミニヒューズで、スイフトのは「低背ヒューズ」というさらに小さいものだったのでショップで買ってきました。

ACC2は15Aですが、ヒューズ電源で取り出せるのは5Aです。
アース線は近くの金属部に止めてあるネジを探して固定します。
★完了
できあがったところの写真ですが、面白みはありません(。。;)ゞ

ETC取り付けはフロントガラスへの受信機設置と配線の取り回しと電源への接続の二つの作業です。
ETC本体と電源を取るヒューズボックスが近ければ、こちらはさほど苦労はしませんが、受信機はフロントガラスからAピラー内部を通り、ピラーの付け根からフロア近くまでコードを通すので、こちらが少し大変です。

できあがってしまえばこの写真の通りこれだけのことなんですけどね。本体設置がペダルの上なので、余ったコードが落ちてこないように、近くのケーブルの束などにタイバンドでしっかり止めておきます。
私のETCは低機能なので、音とLEDで受信を知らせるだけなのですが、この位置だとLEDは見えないので音だけで確認することになりますが、それでも充分です。
ETC取り付けの翌日にテストも兼ねて高速道を一区間だけ走ってみたのですが、料金所のETCレーン入り口でゲートが開きませんでした。、家に戻って再度アンダーカバーを外してみると、アンテナケーブルのコネクターが本体に完全に奥まで入っていなかったのが原因だと思います。パイロットランプは正常に点灯していたのですが、これは電源からカード認識までのプロセスが正常だったというだけで、受信機が正常に接続されているわけではなかったということですね。
http://www.youtube.com/watch?v=8mOVwoSPtKA&feature=youtu.be
ドライブレコーダー DRIVEMAN S-720DM 取り付け
フォレスターに付けているドライブレコーダーをスイフトスポーツにも付けることにしました。
こちらはフロントウィンドウに本体を付けて電源を取るだけなので、Aピラーカバーを外したついでに一緒に配線してしまおうと思いました。

タイムリーにACコードやHDMIケーブル、メモリーカードなどを除いた割安なシンプルセットが再発売されたのでこれにしました。
視界を遮らず、助手席側サンバイザーを動かしたときに干渉せず、合法的な位置となるとルームミラーの左側後ろと言うことになってしまいます。

液晶モニターを見たり操作するのには具合が悪い位置なのですが、やむを得ませんね。

モニターは電源オンのあとには映像を映し、すぐに時計表示になるのですが、時計としても見えない位置なんです。
外から見たルームミラー廻りのETC受信機とドライブレコーダーDRIVEMAN。
レンズが広角なのでこれだけ離れていても車検月のシールの一部が写り込んでしまいました。
左右方向の調節ができないのがわずかな難点かな?
やはり電源を繋いでからモニターを見て取り付け位置決めをすれば良かったのか・・・。
予備の粘着テープはあるのだけど、3Mの粘着テープは強力なので剥がすのが大変そうなので思案中です。
オーディオ取り付け
JVCのMDレシーバーを取り付けました。
あらかじめ必要なハーネスを用意しておいたので、比較的スムースに取り付けられました。

いきなり完成写真です。レシーバーの廻りには隙間ができてしまうのですが、構わず付けてしまいました。
パッキンなどを入れてもうまく隠せそうもなかったので。

1DINポケットはいままで使っていた自作加工品(アクリルの扉付き)を使うつもりでいたのですが、これも付いてきたもののほうがきれいにフィットしているので、そのまま使いました。

かなり傾斜しているので中身が飛び出してくることはなさそうです。
ロードスターの場合は扉を付けないと発信の度に中身が滑り出してきてしまいました。
オーディオ取り付けに付いては「みんカラ」に詳細な解説があるので、そちらを参考にして進めました。
ボイントだけ書き留めておきます。

写真のように傷防止のためマスキングしておくのと、タオルなども使ってダッシュ廻りを傷つけないようにします。

センターダクトを含むインバネアッパーボックスを完全に取り外すためにはハザードスイッチへの配線コネクターを外さなければならず、これが困難なため、コネクターを付けたまま、パネルをずらして作業しました。

このアッパーパネルを外すか動かさないと、その下のオーディオパネルを固定しているネジへアクセスできないのです。
逆に言いますと、ネジにアクセスできれば、パネルを完全に取り外さなくても大丈夫ということです。
アッパーパネルをずらすと左右の少し奥まったところにネジが見えます。
マグネット付きのプラスドライバーで慎重に取り外します。これを落とすと厄介なことになります。
取り付けるときも同様に慎重に締め付けます。

ネジを2本外せば、あとはパネルを慎重に手前に引っ張ればオーディオパネルが引き出せます。

下側の1DINボックスの背後に、アンテナ用を含む二つのコネクターが付いています。
このあたりはかなり芸が細かいですね(^O^)
ロードスターなどはなにも付いていなかったので、コネクターなどは他のケーブルの束にビニールテープで固定してあるだけでしたから。
オーディオパネルを取り出した後の中はこんな風になっています。

天地方向に狭かったS2000やマツダ・ロードスターなどには、これほどのスペースはなかったので、配線の束を押し込むのに苦労したものですが、スイフトは余裕がたっぷりあります。

アース線を取り付けるのに手頃なボルトがあまり見あたらないのです。
この後は、アース線をなんとか取り付け、二つのコネクターを接続すれば元に戻すだけです。
完全に押し込む前に、バッテリーの外しておいたマイナス端子を接続して音を出して確認したあと完全に組付けます。

小音量で純正スピーカーを鳴らしてみると、意外とまともな音で鳴ります。ほとんど期待してなかったので、意外と聴けると感じたのかも?
インプレッション
*エンジン、動力性能
まだ3000回転に抑えていますが、これでも充分速いです。平坦地でクラッチミートを慎重にすればアイドリング状態で繋いでもストールせず動き出します。アクセルレスポンスが良いので少し踏んで1000回転前後でミートすればスムースに動き出します。低速トルクがあるエンジンです。ボンネット裏にも遮音材が貼ってあったりするので、エンジン音はうるさくないですね。程良い音量で聞こえてきます。

*ミッション
試乗したときから感触が良かったのですが、数日で200kmほど走ると初期の引っかかりが無くなってとてもスムースになってきました。
手前に引くときは指先を引っかけて引くだけでシフトできます。もう少しトラベルが短いと良いと思うのですが欲張りすぎでしょうか。
(走り出しのミッションが冷えている状態だと1速に入りにくい時があります)

*乗り心地
基本的には硬いですがスポーツカー的な硬さではなく、スポーツセダン風の硬さです。特に街中の低速で硬さを感じますが、高速道などスピードを上げるとフラットな乗り心地になってきますから、これはこれで良いセッティングだと思います。
ボディがしっかり作られているためか、遮音材をケチっていないためか、車内はかなり静かです。

*居住性など
前席はフロントウィンドウがかなり遠くにあるので充分な広さですが、幅方向はさすがにフォレスターほどのゆとりは無いですね。
そのためセンターコンソール部、前席左右のシートの間には物入れがほとんどありません。
これは安全性のためかシートが中央寄りに設置されているので、ドア側には余裕があり窮屈さがありません。
収納もドアポケットがかなり大きいので、センターコンソールの狭さを補ってくれます。

後席は滅多に使わない予定ですが、身長177cmの私が前席シートの位置決めをした状態でリアシートに座ると、前席シートバックとの間に数センチの余裕があるので足元は窮屈ではありませんが、頭の廻りが少しタイトです。後席に3人が乗ることは無いと思いますが、2名なら我慢できるスペースだと思います。
前後のドアもかなり面積が大きいので乗り降りもストレスはありません。
カーゴルームはコンパクトハッチバックということで手荷物程度です。このあたりは車の使い道で割り切りが必要でしょう。

*シート&ドライビングポジション
シートのデキの良し悪しは長距離を走ってみないと分からないのですが、極端に悪い場合は短時間の試乗でも腰が痛くなったりします。
ZC32Sのシートはいまのところ完璧とは言えないけど、そこそこ良くできたシートと言えるかもしれません。
欲を言えば、もっと座面を硬くして欲しいのですが・・・・。

ドライビングポジションはシートのハイト調整幅がかなり大きく、チルト&テレスコピックのステアリングと組み合せて、幅広い体型のひとと好みに合わせられそうです。
納車時は一番低いポジションだったのですが、腰への負担と見切りの良さを考えるとできる限り高い位置にセットしてアップライトなポジジョンに変更しました。こうするとステアリングとの距離を詰めると左足のすねのあたりがアンダーカバーと触れたりします。
このあたりはいろいろな組合せを試してベストな位置を探さなくてはなりません。これが意外とどうやっても決らなかったりするものですが。

*燃費
まだオドメーターは300km程度ですが、平均燃費はなんと17km/L台です。
確かにエンジン回転は3000回転に抑えているものの、エコ運転をしているわけでもなく、ごく普通に流れに乗って走っている状態でもこのレベルです。高速道を淡々と走り続ければ20km/Lを越えるかもしれません。
その他、気が付いたことなど
*キーレスプッシュスタートシステム
確かに便利は便利なのだけど、車に乗り込んでエンジンをかけて走り出すのには抵抗は少ないが、車を降りるとき、スタートボタンを押してエンジン停止して、何も持たずに車から出ることに感覚的な抵抗、物足りなさを感じてしまいます。
永年、車を降りるときはキーを戻して引き抜いて、それを持って車から降りるという一連の動作に慣れてしまっているからですけど。

*ドアミラー
車が小さい割にドアミラーが大きくて立派なのは良いことです。
運転席のミラー角度調整スイッチは一般的な左右切り替えスイッチと十字キーの組合せではなく、ジョグレバー?のようなタイプなので、最初は戸惑いましたが、慣れると視線を向けずに操作できる優れものでした。

*メーターナセル
240km/hのでのスピードメーターは実用的な100km/hまでの目盛りが粗くなるので意味がないです。
インフォメーション・ディスプレーはたぶん一番必要だと思われる平均燃費とトリップメーターが同時に表示できないのは疑問です。そのわりにさほど必要とは思えないオドメーターが表示されていたりします。
PND
滅多に使わないナビですが、GARMINのPNDはこのダッシュ中央にある小物入れに設置してはどうかな?とテスト中です。
ちょっと遠くて手で操作するのが大変なのですが、吸盤で取り付けるので外れて落下することがあります。そんなときにこの場所だと運転席の足元に落ちてきたりはしないでしょう。
フタがひさしの役目もしてくれるので日差しの明るい時でも見やすいかも。

もちろん常時ここに設置する訳ではなく、必要なときにだけ取り付けて使います。スイフトの取説にはフタを開けて走るなと書かれていますが、視界の邪魔にはなりません。
フタの上側に吸盤ベースを取り付けようと思っていたのですが、どちらにも取り付けられるようにしようかと考え中です。