Page 5 (スパルコ・フルバケット・REV2)

2003/9月
9/14 落札
またオークションでシートを落札してしまいました(/_;)
スパルコのフルバケット、REVU、シートレール付き。
新品のシート単体でも5万以下とさほど高価ではないのが取り柄ですけど、落札価格も新品をレール付きで買うよりは少し安いといった程度。、オークションにたくさん出品されているレカロのSP−Gに比べるとスパルコのフルバケの出品は少ないです。

S2000のタイトな車内に収まるフルバケットシートというと、このSPARCO REVUかRECAROのSP−G or SP−GNということになるようですが、きちんと不具合無く収まるのか、理想的なドライビングポジションが取れるのか、腰に負担がかからないか、興味津々です。

輸入されているREV2のカラーは、黒、赤、空色に近いブルーの三色なのですけど、今回手に入れたのは写真で見ると濃紺のように見えます。
このあたりもレアだし色も地味系でいいかな・・と。
9/18 着荷
←写真を撮ってみるとなぜか濃紺に見えるのだけど、実物は黒でした。
コンディションはまずまずといったところ。
座ってみると意外と座面が柔らかい。もっと硬いものかと思ってたのですけど。
タイトなフィット感も気に入りました。


→問題はこのシートレール。
入札の前に出品者に問い合わせしたところ、シートベルトアンカーは取り付けられるとのことだっただけど、現物はどこを見てもそのようにはなってない。
スライドレール自体も若干がたつきがあります。レールの方がシートよりも傷んでました。

到着そうそうに重量を計ってみたら12kgでした。軽い。
外したレールだけを計ってみると4.3kgだったから、差し引きシートだけの重量は7.7kgです。クッションや外皮の重さは取るに足らないものでしょうから、これはFRP?のシェルの重量。シートだけなら片手で持ち歩けます。
リクライニングシートに比べるとずいぶん軽いですね。

純正のシートベルトアンカーを取り付けられるように細工をしました。全部黒なので写真では見えにくいですけど、レールとシートを接続するL型の金具に、市販のL型金具を共締めしました。
アンカーが厚みがあるので、シートとセンタートンネルとの間の隙間に収まらないので、もうひと工夫必要です。

結局アンカーの取り付け位置を変更して、シートをドア側に寄せてアンカーが操作しやすい位置に来るように調整しました。できればもっと薄手のアンカーを手に入れたい。シートが右側に寄ることでショルダー部とドアとの干渉が心配だったけど、辛うじて・・・(^O^)
乗り降りはさすがにシンドイ。
ところで、面白いことにこのシートの内側のクッション。座面前端とお尻の下のと背中の部分はそれぞれマジックテープで付けてあるだけなんですね。この部分は別売されているので色違いを装着するのも簡単。もちろん汚れたり切れたりしたときも簡単に交換できます。
お尻の下の部分だけは滑り止めにゴムの細かいイボが付いてます。これがとてもいいです。
← ベルトアンカーをこの状態にするまでにちょっとやりくりしました。
   NSX用のアンカーがオークションに出ていたりするので、また出ることがあったら入手したい。

↓ ドアとシートショルダー部はこのようにギリギリです。
車の外からドアを閉めるとシートが少し動きますが、シートに座ってドアを閉めるとシートは動きません。
純正のベルトアンカーを使用しなければもう少しゆとりはできます。
このショルダー部のラバーはデザイン以外に何の意味もないものですけど、ちょっと金色の入った黒なのでルックスはいい。
ヘッドレストの高さが純正ロールバーよりこれだけ下がりました。頭のてっぺんがちょうどヘッドレストの上。
だから、目の位置はSPARCOのロゴの上のあたり。
ウィンドーウォッシャーのノズルがワイパーの上辺に見えます。あとは、メーターナセルの天井裏側が見えるから、ポジションはそれなりに下がってます。
まだ仮止め状態ですが、とりあえず車内に入れてみました。
地下のガレージに下ろして作業をしたあと撮った写真なので不鮮明です。
後日、明るいところで撮り直します。
両肩の部分はギリギリぴったりでした。ドア側は隙間がない。
センターポケットのフタもギリギ開きます。
座面の廻りはリクライニングシートに比べると悠々です。
こうやって並ぶと助手席のネットヘッドレスト付きのLSとは見た目の相性が悪いので、ヘッドレスト一体型のSRと組み合せようかと思ったのですけど、重量を考えると軽い純正シートの方がいいか・・・ということで、助手席は純正シートに戻しました。
軽くてコンパクトなので取付は簡単です。
(9/21)
台風の余波で雨が降っているのに、シートチェックのため走ってみました。
ポジションを下げるのが目的ではないのですけど、いままでのLS+ローポジシートレールに比べてホンの少し下がったかな?といった程度。見た目ほど下がっている訳ではない。
一番印象に残ったのは、肩の部分のサポートがとてもいいことで、両手でステアリングを持つと肩がシートバックにしっかり固定されます。
路面がウエットなので速度は上げなかったけど、腰のサポートも安心感があります。
乗り心地の劣化もほとんど無し。
あとは、長時間座り続けたとき、腰にストレスがかからないか?という点ですが、これは数十キロ程度の走行では判断できませんが、背中が立ちぎみで腹部にちょっとストレスがかかるので、心配はあります。
身長177cm、体重60kg弱という細身の私にぴったりフィットするシートサイズなので、もっと体格のいいひとだと苦しいかも。
フルバケの場合、乗り降りの時に必ず擦れて、長い間には傷んでしまう部分にカバーを付けました。
革製の既製品があるのですけど廃物利用で自作しました。なんと、履けなくなったビジネス用のスラックスの裾の部分を切ってマジックテープを接着しただけのものですが、ポリエステル製なので丈夫だし伸縮性もあります。
複雑な曲面なのでシワができますがお構いなし。
(9/25)
お手軽に作った上の写真のカバー、バージョン1がイマイチだったので、残りの材料で作り直しました。アイロンテープ、マジックテープとミシンを使った本格派(。。;)ゞ

サイドシルの樹脂カバーの左端に黒く見えるのは1ミリ厚のゴム板。
車から降りるときここに右手を突いて体を支えるので滑り止めに付けました。
切り込みを入れて曲面にフィットさせ両面テープで接着しました。
こちらは反対側から撮った写真。
よく見ると、折り重ねて縫った部分が見えます。
ベルトホールを塞がないように短めにしました。
カバーが必要なのはサイドサポートの頂点、峰の部分だけだし・・・。

懇意にしているディーラーのメカニックのお兄ちゃんにシートベルト・バックルの薄いのを探してもらっていました。
NSX用のを2種類くらい取り寄せてくれたのですが、S用のとほとんど変わりがなかった。
たまたま整備に入ってきたホンダZ用のバックルが薄いことに気が付いて、それを取り寄せてくれたのが、写真右側のものです。
左側がS2の純正品。
支持部の鉄板のステーがわずかに短かったのと、これのブレス形状が違うので取り付けるL型の金具を探してこないとダメかなと思ったのですけど、なんとかそのままで使えました。
取り付けて横方向から撮ったのが右の写真です。
先端がシートの縁より若干下ぎみですけど、長すぎるよりはいいみたい。

厚みは目測で約5mmくらい薄いので、シートを元に戻してみるとセンター側の内装との間にかなりの隙間ができました。
で・・・、シートを内側に寄せたのでドア側のショルダー部がドアの内装に当たらなくなりました。
バックルのお値段は\3500。中古で手に入れたWillansのハーネスよりは高かったりして(^o^)
参考までに、このバックルの型番は81455-S2R-J01ZA。

先端に赤い樹脂のボールがついているのはスライドロック用のレバーです。前後どちらかに倒すとロックするのですけど、倒すと隙間に指が入らないので起こせない。ヒモでもつけようかと思っていたのだけど、その前にシートを固定してしまったから次回外すときにでも。
(まとめ)
フルバケットシートは実用的なものではないから、必要なときだけ取り付けて使うことを考えて中古品で程度の良いものでいいかと選んだのですけど、使ってみると乗り降りの不自由さよりもメリットの方が多くてとても気に入りました。
これほど気に入るのなら新品にすれば良かったかな、とちょっと後悔。
サポート性はもちろんですけど、ナチュラルなドライビングポジションがとれるようになったことと、不当に疲れることが無いという意外な面も気に入りました。
考えてみると樹脂製のシェルにありきたりのクッションを載せただけの単純なものなのですけど、フィット感がとてもいいです。腰の部分はもちろんショルダー部もちゃんと肩を押さえてくれますし。
RECAROのリクライニングシートのようなリラックスしたドラポジはとれる訳ではないので、長時間走行の場合お腹の部分に息苦しさは感じますがシートの目的からしてやむを得ないことでしょう。
ランバーの部分が平板なのでオプションにあるクッションが必要になるか、それとも自作するかと考えたのですけど、その必要もないみたいです。
RECAROのLSタイプのほかに、もう一つお気に入りのシートができたのがうれしい。


ページトップへ戻る