Page 4 (シートレールをローポジションレールに交換)

S2000を購入後3年間の間に3種類のレカロを使ってみて、2003年4月現在はSR3が
運転席に付いているのですが、これが一番ポジションが低いというだけで、サイドサポートや座面、
シートバックなど体に触れる部分の出来は納得できるものではかなった。
シートバックのランバー部にクッションを入れて多少は改善されたのですが、それでもイマイチ
という訳で、またゴソゴソとシートレールを取り換えてみることにしました。
2003/04
ブリッドのシートレール

かなり丈夫にできているシートレールです。
カムロックの部分も左右にありますし。欠点は丈夫に作ったため重いこと。
写真の黄色い矢印のところ、前後二ケ所にさらに板厚の厚いインポートアダプターが付くので、重量増になります。
もうちょっとローポジション化できないものかと思って、こうやって外してよく見てみました。
問題は車体にボルトで固定する四隅のうち、左前の部分がネックになってるようです。
この下にはマフラーのキャタライザーがあるとかで、盛り上がってます。
(この写真では分りにくいですけど黄色の楕円の部分)。
このような井桁の構造を取る限り、この盛り上がりが制約条件になってしまうようです。
シートレール全体もよく見るとかなり前上がりの傾斜が付いてます。
これでは座面の前後長の長いシートだと前端が上りすぎてしまうのも納得できます。
ローポジション・シートレール
Page 3に載せてあるローポジションのシートレールは、よく見るとこの部分をプレス加工してまたぐように作られています。
その他に、レールの高さを下げるためか、片持ち、カムロックは右側だけです。
でも、どれだけローポジ化できるか分らないのですけど、とにかく発注しました。
到着したシートレール
きれいに梱包されたものが届きました。
造りも悪くない。パーツ袋のなかにアルミの丸棒でできたレバーハンドルの延長棒が入っているのですが、傷にならないように取付説明書にくるまれていました。
写真左右のシルバーのものはシート下部に取り付けるアダプターで、レール本体と取り付けるボルトは固定されています。このボルトも手の込んだ造り。
この写真でも、一番左の黒いフラットバーがプレスされているのが分ります。
ブリッドのレールに比べると車体取り付け部フロント側の穴が大きく、リア側が長楕円なので取付は楽そうです。写真下にシートベルトアンカーの取付部が見えますが、ここもヘッドの薄い特殊なボルトを使ってます。
総じて細かい配慮が感じられます。
左の写真はレール左前の部分で、右の写真が右後ろ、サイドシル側。
後日ブリッドレールの同じ部分の写真を載せますが、特にリアが低いのがこの写真で分ります。
問題はフロント部分がどれだけ下がるのか、です。
下の写真がブリッド・レールの部分写真。右側(右後ろ)の形状が特徴的で、実際これだけボディがえぐれてます。
重量の面ではブリッドの方が約1kgくらい重いです。
薄水色の紙テープの下辺がブリッドのレールの上辺の位置。
レール前端より後端の方が下げ幅が大きいのが分かります。
とりあえず部屋で使っていたグレーのLSを取り付けてみましたが、以前のような異様にドラポジが高いということは無くなりました。それでも、このシートは座面が長くて前端がもりあがっているのでクラッチを奥まで踏むと、膝裏でシートを押し潰すようになります。レール前端のフラットバーのプレスをもう少し工夫すれば前端を下げる余地はありそうなのですが、SR系など座面のフラットなシートなどの場合は問題はないのでしょう。やはりブルーのLS−Lを使うのがベストということか・・・・。
ということで、助手席と運転席のシートを入れ替えました。
力仕事なので腰を痛めないように注意しながら(/_;)
シートの付け外しもかなり手慣れてきました。
ホントにギリギリ納まるので、レールとシートの取り付けの位置によって、リクライニング・ダイヤルが内装に干渉したり、レールをボディにとりつけるボルトが入りにくかったりします。
走ってみるとやっぱりこのブルーのLS−Lが一番いい。
やや前上りぎみですけど、地面の前後長が短いので膝が自由に動きます。
運転席に座ると助手席のグレーのシートの座面が一段高く見えるのがちょっとヘン。
結局いろいろ回り道をしたけど、この古いシートに戻ってしまいました。


ページトップへ戻る