AUCTIONS 

Page 3

2002/10月、Yahooオークションで中古のシートを入手しました。
15年以上使い続けてきたブルーのLS−Lの座面の表皮がさすがにとろけて薄くなってきたので、類似品を探しました。
下の写真の通り、LS−Lに限りなく近いが同一モデルではありません。
といっても、違いと言えば座面前端が前後にスライドしないだけで、サイドサポートの大きさは同じ。
このサイドサポートにこだわりました。色はちょっと珍しい地味なグレー。センター部の生地はざっくりした格子模様です。
以前のLS−Lと比べてみると、座面が長さが違う。
それほど大きな違いではないが、先端部が丸くカーブしているのに比べると、今度のヤツはごく普通のシートのように若干前にせり出しています。
膝の裏側を良くサポートしてくれるのですけど、クラッチを床まで踏み込んだときに、ちょっと座面が膝の裏に当たって抵抗になります。
届いた日の夜に車庫の中でゴソゴソと取り付け(取替え)をやってしまいました。
意外だったのは、ダサいか?と思っていたグレーが黒い内装にマッチすること。

取り付けが終わってシートに座ってみると、当然のことながら前のLSと同じ座り心地。
SR3に比べると相変わらずポジションは高いけど、車の取り回しは良いし、座面の造りがとてもいい。

[走ってみて]
シートバックは完全に同一。座面はLSよりほんのわずかに高いような気もします。その分クッションがある。
前端はやはり長いようで、クラッチを床まで踏み込むと膝の裏でシートを下に押し下げるようになります。LSも同じだったけど、押し下げる部分の面積が増えたような。でも、おおむね満足できるものです。
写真は改めて日中に撮り直したものです。
外した古いLS−Lを分解した写真です。
シートバックと座面の合わせ目。リクライニング部のプラスチック・カバーを外して、左右のスナップリングを取れば簡単に上下に分解できます。
この写真ではそれほどはっきりは見えないけど、座面の生地が薄くなってます。
現在、この部分だけのシートカバーの作成を依頼中。
生地は廃物を利用。
上の古いシートの再利用計画進行中
オークションで見つけたローポジションシートレール。写真のは運転席側。
ポジションを下げるのが難しい車なのですけど、このレールは低くするためにスライド機構を片側だけにしてます。
斜めに出ているのがスライドレバー。
できれば運転席側をこれにしたいところだけど、取り敢えず助手席で試してみる、というのも案のひとつ。
この写真は、レカロのシートを室内で使えるようにするための、脚。
つまり商品はシートを除く脚の部分だけ。
もともと車用のシートをそのまま事務用の椅子として使うのは無理なので、斜めに支持して取り付けるようにできてます。
座面が長すぎるのが問題ではないか?とも思うのですけど。
京都にあるシートレール・メーカー、Phantom WorksのRECARO用シートレール。
アダプターを使わない分、低くなるかも。
上の写真のレールならRECAROのシートにダイレクトに取り付けられるのですけど、良く知られているブリッドのレールに取り付ける場合はインポートアダプターが必要。
でも2枚で2kg前後と重く、厚みも4ミリ前後あるのでシートのポジションが上ってしまいがちです。
厚みはやむを得ないとして、せめて重量を軽くしたい、という場合には、ジュラルミン製のものがあります。
これだと600g台まで軽くなります。
レール全体の重さが軽くなれば取り付け作業も楽になります。
ブリッドのレール自体はかなり丈夫にできているので、安全性という点からはとてもいいものなんですけど。
お値段もスチールのものとそれほど変わらない。
助手席用のシートレールを入手したので、また夜中にゴソゴソとやってしまった・・・。
レールをフロアに取り付けるボルト4本のうち、1本が入らなくなった。
純正のレールより板厚が厚いのと、プレスのゆがみでボルトが届かなくなってしまいました。
長いボルトを探すか、組み付けの順番を変えて無理矢理入れるか・・。
助手席レカロはほとんど意味がないけど、一応、見た目は良くなった(^_^)v
問題のボルトは市販のISOネジではなくて、旧JISのメートル細目ネジらしいので、手に入れるのが難しい。

届かなくなった原因は、ロールバーのアンカー部を車体に取り付けているボルトの頭が邪魔になったため。
純正シートだと鉄板が薄かったため、なんとか届いたのだけど、ブリッドのレールはかなり厚い鉄板で丈夫に作られているため、届かなくなった。

で、ボルトは行きつけのディーラーのメカニックのお兄ちゃんに、手持ちのジャンクの中から探してもらったら、ぴったりの有って無事締め付けが完了しました。
写真は日中に撮り直したものですけど、グレーがブラウンに写ってしまいました。
2002/11/30 その後のオークション・RECARO・シートは、車体から外されて室内で椅子として使ってます。
シートそのものはかなり気に入ってるのですが、座面が長くて先端部までかなりしっかりしているところが裏目となって、ペダルを踏むときに抵抗となってしまいます。
ペダルを踏む頻度が少ない長距離などにはいいのですけど、ワインディングなどで頻繁にペダル操作をするときにはかなり気になります。
どちらかというと、AT車などでゆったりと長距離を走るときなどにはいいかも。
それとポジションが高くなるのもマイナス。
ということで、今は部屋で椅子となっていたSR−3が運転席に納まってます。
LSの色違いモデルのコンビネーションは短期間で終わってしまいました。


ページトップへ戻る