Page 9

2003/07/27 スポーツ走行3回目
例年だと暑さの盛りの時期ですけど今年は長梅雨で涼しいのをこれ幸いともてぎのロードコースを走ってきました。
ジムカーナのイベント、スーパードライビングフェスティバルの開催日だったのでフルコースではなく東コースでした。
登録車の枠は午後に三回もあったのですけど、1時45分の枠はそこそこの出走台数になりそうだったので3時15分の組で走ることにしました。
案の定、出走台数は10台を少し越えたくらいだったので悠々と走れました。
速い車が後ろから来るときはどんどんパスさせたので、後ろには車がいない状態が多かった。

最初に走った時は緊張でスピードメーターも見ている余裕がなかったので、今回はメーターナセルの上にテクトムのメーターで速度を表示させたのだけど、意外と速度計を見るゆとりができて、タイトなコーナーへ入る手前の減速するところでもチラチラと眺めることができました。
相変わらず2速へのシフトダウンがスムースにできなくて、シフトロックで後輪をロックさせてふらついたのが一度。

前回東コースを走ったときと比べると足回りを換えたため空を飛んでいるような不安感はなくなってました。
タイトコーナーから2速での立ち上がりでオーバーレブさせることは無かったけど、今度は3速で燃料カットが作動しました。
足廻りを強化しても直線での加速が良くなるわけではないので、ストレートではGT−RやWXRなどのターボ車には敵わない。大きなS字などでは安心できるようになったけど、その分、幅の広いストレートへ飛び出すと最後のところでリアがふらついたりしました。
そう言えばあのマフラーでサーキット走行も初めてだけど、リミットまで回してもストレスを感じないのは公道でと同じ。
2003/08/10 39400km
この前のスポーツ走行の時にブレーキのペダルタッチがスポンジーだったので、以前に入手しておいたDOT4のブレーキフルードに入れ替えました。
小さなディーラーは日曜日はメカニックがひとりなので、ペダルを踏むのを手伝いましたが力仕事でした。
1箇所ごとに何度と無くペダルを踏まなくてはならないし、もちろんエンジンはOFFなのでブースターのサポートはない。踏みつけてからペダルが止まったところから、さらに力を入れるとグィとペダルが入ってブレーキ液が押し出されるらしい。

これでペダルのフィールがはるかにしっかりしたものになりました。以前はこんなリニアなタッチだったのに、いつのまにかもやもやとしてあいまいなフィールになってました。

フルードはエアーが入っていたわけではなくて、かなり汚れていたらしい。
で、調べてみると前回交換してからの走行距離は13000kmくらい。
ブレーキ液を新しくするだけでこれだけ感覚的に良くなるのなら、頻繁に換えた方がいいかも。
パッドを新しくしたような強烈な効きが戻りました。
ブレーキパッドの残量はまだまだだけど、いずれ交換する時のためにブレーキパッド用グリースってのを探してましたが、入手しました。
ブレーキ用グリースと言われているものは意外と高価で100gで¥1800くらいしたりするのですが購入したものは50gで¥720でした。
バイクのメンテ用品売場にあったもので、特にブレーキ用とは表記されていないですけどモリブデンのグリース。
パッドの取付の時にグリースを塗るのは鳴き止めのため。耐熱性の高いグリースであればいいのでしょう。
2003/08/25 ブレーキパッド交換
純正パッドから交換後約14000kmほど走ったProject-μのスポーツパッド Type HC の残量はまだあるのですけど、道具と材料が全部揃ったので、ちょっと早めの交換をやってみることにしました。

「HCチタン改」に取り換えるのですけど、耐熱温度が高くなるというだけで、効き自体にはそれほど変化はないのではないか?と思っているのですけど。

取り敢えず、先日取り換えたばかりで満タンになっているブレーキフルードがあふれないようにスポイトで適当に抜いてフロントをジャッキアップしたところです。
右側前輪のキャリパーです。作業しやすいようにステアリングを左いっぱいに切った状態。
キャリパーはベースにボルト二箇所で固定されていて、フロントの場合は下側のボルトだけを外せばOKなのでラクチンです。
黄色い楕円でマークしたところのボルト。
ナットみたいな部分を19mmスパナで固定してから12mmのメガネレンチで回します。
がっちり固着しているのでちょっと力仕事ですが、前輪は角度を変えられるので、やりやすい角度にしておくと楽です。
取付ボルトの先の部分はゴムの蛇腹になってますが、キャリパーはスプリングで左右に動くように取り付けられています。
下が外したパッド。厚みを測ってみると5mmで、まだまだ半分は残ってる。中央部の切り込みがなくなった頃がおおよその使用限界か。
上の新品の厚みは10mm。
なぜかパッド部分の大きさが違う。
もちろん土台の金属の部分はまったくおなじですけど。
古いパッドからシムを外して並べてみました。
一番下がパッド本体。
左の列が内側のパッドで、シムは二枚重ね。
右が外側でシムは一枚です。
シムを新らしいパッドに取り付けるときにグリースを薄く塗るのですけど、必要なグリースの量はほんのわずかです。
バイク用のもっと小さな容量のグリースでも充分に間に合いそうです。50gもあると何十回分にもなりそう。
古いパッドに付いたブレーキダストと真っ黒なモリブデングリースが指に付くので汚い作業です。
シムなどは一応ブレーキクリーナーできれいに掃除してから取り付けます。
新しいパッドを取り付けた状態。
円筒状のピストンは専用の工具が無いので、C型クランプ(シャコ万力)を使って押し戻しました。
パッドの交換でちょっと気を使うところ、やったことが無くて心配だな?というのはこの作業だけです。
ピストンに古いパッドとか金属板などを当てて均一に押し戻します。乱暴にやるとピストンを傷にしたりゴムのブーツを破ったりするそうです。

前輪のパッド交換はこのように簡単です。
終わったあと、取り敢えずブレーキペダルを踏んでピストンをパッドに押しつけておきます。最初はペダルがスポッっと床まで入ってしまうのですが、二回目あたりから踏みごたえが出てきます。
パッド交換後、いきなりクルマを動かすと危ないのです。
フロントはブレーキローターを交換した経験がありますし、作業自体も単純なのでスムースにいったのですが、心配していた通り、リアは手こずっています。
リアの手順としては、タイヤを外したあと、(1)サイドブレーキ部分の鉄板のカバーを外す。(2)サイドブレーキワイヤーの末端のフックをキャリパーユニットから外す。(3)キャリパーを固定している上下2か所のボルトを外す、という具合なのですが、(3)のボルトが固く締め付けられていて容易には緩まない。
結局、メガネスパナに長めのパイプをかぶせてテコにしてかろうじて緩められました。
自動車工具にある柄の長いフラットなメガネレンチが欲しくなります。
車体をリフトアップして下から作業すればずいぶんと楽ですし力も入るのですけど、ジャッキで上げてかがんでの作業ですと充分に力が入りません。
さらに四苦八苦したのは、フロントと違って回転させて押し戻すピストンです。
専用の工具があればずっとやりやすいのですが、通常、素人作業の場合はラジオペンチを開いて先端を溝の中に入れて時計方向に回転させるのですが、これがびくともしない(・_・)
力加減が分からないのでディーラーのメカニックに聞いてみると、かなり力が要るとか。
自力交換を断念する前に、気合いを入れて回してみたところ、ゆっくりと回り始めました。回り出すとあとは簡単で、どんどん回りました。
左はサイドブレーキケーブルを外してぶら下げた状態。
写真に見えるステーの2箇所の穴にボルトを通してキャリパーに固定されています。

右は外して針金でぶら下げたキャリパー。
十字に溝が切られたピストンが見えます。
これを押し戻すのが最大の難所。
無事ピストンを押し戻して新しいパッドを組み付けて難儀しながらキャリパーをネジ止めして戻したのですけど、結局サイドプレーキケーブルが元に戻せなかった。
外すときは力任せでなんとか外れたのですけど、爪に引っかけて戻すのができなかった。
ということで、片側だけ交換という未完成の状態で、次の日曜日にディーラーのリフトと工具を借りて残りの片側を仕上げることにしました。キャリパーを固定しているネジが硬くて緩めることができない。
前回タイヤショップに頼んでパッド交換した時、かなりの力で締め付けたらしい。
このように自分でやってみると細かい部分が理解できて面白いのですし、一度やって見れば力かげんとかコツが分かってとてもいい経験にはなりますが、重要保安部品であるブレーキまわり。間違えると大きな事故の原因になったりします。
かなりの力仕事であることと、汚い作業であること。パッドの交換頻度は数万キロ、数年に一度くらいであることを考えるとプロに依頼した方がいい、というのが一応の結論です。
豊富な専用工具とリフトを使ったプロの作業環境を考えると、素人の作業は能率が悪いです。
8/31(日)
ディーラーのリフトと工具を借りて最後のところを仕上げました。
未完の片側は車体を胸の高さまで上げて長めのメガネレンチを使うと、キャリパーを固定しているボルトが回せました。
こちら側はサイドブレーキケーブルを外さないでやってみたら、できました。
ブレーキホースとサイドケーブルで外したキャリパーの動きが制約されるのですが、ピストンを回すだけですからなんの問題もなかった。某S2000関連の雑誌ではケーブルを外す・・と書かれていますけど、外すとあとが大変ですし、外さなくてもできます。外さない方がいい。キャリパーのボルト2本だけで済みます。この2本のボルトだけでも緩めたり締めたりするのはけっこう大変ですけどね。
ピストンもピストンツールを借りたので簡単に戻せました。
あっというまにできてしまったのですが、やり残した方のブレーキケーブルを引っかけるのに時間がかかってしまって、ほぼ午前中、リフトを専有してしまいました(/_;)

午後から小雨の中を走ってみたのですが、かなり強烈に効きます。
丁寧に踏まないとすぐタイヤが鳴きます。ペダルに足を載せただけで強烈に減速してくれるのはうれしい。
以前に付けていたHCとの直接の比較はできないけど、わずかに強力な感じもします。
いずれも低温からよく効いてくれるので実用的です。しばらくの間はブレーキダストがすごいでしょうね。

ページトップへ戻る