Page 8

2003/06
2003/06/15 38,000km ジムカーナ・ミーティング
10年以上前に一度だけジムカーナなるものをやったことがあるのですが、それから数えると2回目。
前回はいきなりコースを走らされたのですけど、今回はひとつひとつのパーツごとに練習できて、最終的に全部を走ってタイム計測をするものでした。
やはりフリーターンというか、サイドターンがうまくできなくて計測タイムも下から数番目。限りなく最下位に近いものでした(/_;)
一番速いひとと比べると15秒くらいの差がありました。
何度かインストラクターにドライブしてもらったのですけど、やはり曲げるのに苦労していました。
途中からABSを外した方がいいということでABSをオフにして走ったのですが、あまり変わらなかった。
プッシュアンダーが強すぎで、小さく曲がるのが難しかった。
コース図
サーキットで車を思い通りに動かすというのは、口で言うほど簡単では無いのですが、いろいろと考えさせられます(/_;)
今回は絶対的には速度が低かったのか、幸いなことにパイロンにタッチしたり踏みつけたりはしなかったのですが、一度だけパイロンの足の部分を踏んだような気がします。
そのほかのミスというと、旋回中にワイパーレバーに手が触れてしまってワイパーが動いたりとか、同じく旋回中に横Gでアクセルを踏んでいるはずの右足が動いてしまって、一所懸命フロアを踏んでるのに気づかず「あれ?加速しないぞ??」となったりしました(/_;)

サイドターンなどがキモの部分ですが、日常的にやる操作ではないので、なかなかタイミングが難しいですね。
なまじ足廻りを強化したあとだけに、車自体の前後バランスが良いとか、安定志向に振ったアライメントなどで、基本的にアンダーステアが強いことがよく分かりました。
で・・、どんなところが反省点か?というと、基本的にタイミング、操作の連携がうまくできないので姿勢を崩して後輪をスライドさせることがなかなかできなかった。かなり強引にやらないとリアがグリップしてしまうのでプッシュアンダー状態になってしまうのでした。
・クラッチを切る
・ブレーキで減速する
・ステアリングを切る
・サイドブレーキを引く
という操作を短時間にするわけですけど、これで車が回転し始めれば、あとはアクセルとステアリングの操作だけなのですけど、後輪が滑ってなければステアリングでは小さくは曲がれない・・・。
もともと低速トルクの細いエンジンなので、パワーをかけて後輪を空転させるというのも難しい。

これから本気でジムカをするのならそれなりの設定にすれば良いのかもしれないですけど、そこまでやるつもりもないですし。
2003/06/22 フロント・ロワーバー取付
足廻りとシャーシの補強プログラムの仕上はこのフロントのロワーバー。クロスビームバーともいうらしいけど・・・。
これは取り付け部が片側がピロボールで、反対側がリジッドに固定するアイボルトという珍しい作り。本体は角パイプを使っているため意外と軽くて2kgをちょっとはみ出す程度でした。
写真の本体の他に、4セットのボルトとステンレス製のカーラーが付属してました。
オリジナルは黒のシャーシブラック?で塗装されてましたが、手持ちのメタリックダークグリーンのラッカーで塗装して写真を撮りました。
写真下側がフロント。上にミッションケースの一部が見えてます。
リブが付いているのはオイルパン。
取り付けはオリジナルのボルトを外して付属の長いボルトにカラーを付けて固定するだけ。
取り付けたあと、いつものコースを走ってみました。最初はそれほど大きな変化は感じられなかったけど、速度を上げてゆくとかなりの効果が感じられてきました。
ブレーキを踏みながら小さなコーナーを曲がると、フロントのタイヤがちょっと鳴くようになった。これはいままでになかったこと。
大きいカーブを曲がってみると、ステアリングへのインフォメーションが今までになくいい。
曲がりながらステアリングをわずかに振ってみると、正確にクルマが反応する。
今までがちょっとダルで、ステアリングでクルマの姿勢をコントロールすることなどできなかったけど、これは分かりやすくなった。
あまり大げさな評価をするのはキライだけど、このフロントのバーはかなり効果あり(^O^)
やはりリアのバーを先に入れたのは私のミスで、リアを入れると安定性は高くなるけど、曲がりにくいクルマになってしまうようです。
フロントだけを入れた場合、テールハッピ−になるのじゃないでしょうか?
問題点あり
以前からちょっと心配していたことですが、今日、下回りを打ちました。
交通量が少なくて舗装の新しい道路だったのですが、大きなくぼみがあって、そこを速いスピードで通過したとき、ガン!(or ガシャン)と言う音が下回りから。
午後遅くにディーラーに立ち寄ってリフトで上げて下回りをチェックしたら、フロントのロアアームバーの前端片側のボルトが曲がって頭が少し摩り減ってました。リアロアーアームバーの六角穴付きボルトも頭が削れてました。
通常の路面の凹凸ではそれほど問題ないものの、目で見て分からないような路面の大きなうねりというかくぼみを通過するとき、足廻りがフルボトミングすると当たるようです。
2003/06/12 オークションで手に入れたMDデッキ
なんとなく買う羽目になってしまったホンダ純正GathersのMDデッキ。
ちょっと旧いモデルみたいだけど、聴いてみると予想外に音が良いので、またドアのデッドニングを追加する羽目に。
車の中ではなんといってもMDの扱いやすさはいいです。
ラフに扱えるしがさ張らない。
2003/07/04 ビリオン・スーパーサーモ65
これもオークションで買った新品のサーモスタット。
今話題の(。。;)ゞ無限とかSPOONのではなく、専業メーカー、ビリオンのスーパーサーモ65というのにしました。
名前の通り開弁温度を65℃にさげるもので、純正のサーモは78℃ということです。
これは取付はできそうなのですけど、クーラントを抜いたりしなくてはならないのでディーラーに取り付けてもらおうと思ってます。
かなり小さいので写真では手前にライターを置いてみました。右側のビニール袋に入っているのはパッキンです。

(7/12) ディーラーで車を引き取りに来てくれて交換しました。
真夏のような暑さのなかで走ってみると、確かに水温が下がってます。遅い車の後について山道を登ると90℃を越えるけど、ラジエーターに風が当たる状態だと80℃を切ったりします。一番低いときで71から73℃くらい。
信号で停止するとすぐ温度が上昇。テクトムのメーターが役に立ってます。
2003/07/07 Snap-on Blue-Pointラチェティング・ジャッキ3t
車メンテのための道具そろえのラスト(たぶん)は写真のジャッキスタンド。
滅多に使うものではないが、いつまでもディーラーのリフトを我が物顔で使わせてもらうのも気がひけるので・・。
使うときにアブナイものはイヤなので比較的堅牢に作られていそうなスナップオンのものにしました。中国あたりで製造されているものにはかなり安いのがあるけど、やはり心配。
これのスナップオンのは重量が二個で?10kg弱といかにも丈夫そう。しかし、このような重量物でも、上の写真の小さなサーモスタットより安いから不思議。

・・と言うわけで、とりたてて目的もなくジャッキスタンドを使って持ち上げてみたのが下の写真です。
かなりの高さまで上げられるようになっているのですけど、油圧ジャッキで片側ずつ持ち上げるのには一番低い状態が精一杯。
これでもスタンドを入れるために片側を持ち上げると、片側の前後両輪が浮き上がってしまうので、ちょっと怖いです。
斜めに傾いた車体の反対側をジャッキアップするのもスリリング(^O^)
もし、もっと上げるのなら、この状態からさらにジャッキで持ち上げて、少しずつあげてゆくようです。
油圧ジャッキというのはバルブを開いて降ろすときがちょっと危ない。
かなり慎重にゆっくりとバルブを開けないと、一気に下がってしまいます。
きつく閉じたバルブを開けるのには力が要るのですが、両手でパイプハンドルをそーっと回すと、すーっとゆっくり降りてきます。スタンド自体はかなり安定感があって、ぐらつくことは無いです。

ページトップへ戻る