Page 7

2003/05
Yahooのオークションで見つけたボディ下回りの補強バーです。
いわくロアーアームバー。リア・クロスビームバーとも言うらしいが、サブフレームの開口部を補強するもの。
純正でも薄い鉄板をプレスしたのが付いてますけど、それに置き換えます。
市販品ではアルミのバーで造ったものや丸パイプで造ったものなど数種類売られていますが、これは個人の制作ものでステンの角パイプの中の両端にアルミ角棒を補強に入れてあります。
ステンレス角パイプのなかにはアルミの角棒が入ってます。バーの両端の部分だけですけど。
ボルトはなぜか純正パーツのメッキ六角穴付きボルト。
全体として仕上はまあまあ。穴を開けた部分もちゃんと面取りしてあるし。
18日に写真のように組み付けました。穴はかなり正確で、このバーにはちゃんと上下がありました。最初に仮組したらヘンなので裏返しにしてみたらきちんと位置が合いました。アルミの部分がずれていたりすると最後のボルトが入らなかったりしたので、何度か付けては外しを繰り返しましたが。
アルミと外側の角パイプとの間にわずかにギャップがあるので、ボルトを締め付けるとパイプが少し潰れました。
これはこのバーの制作者の撮った写真で、車体から外されたサブフレームです。上下逆さまにして置かれています。
左下が車体後部方向で、右上からプロペラシャフトがデフに入り、左右にドライブシャフトが出ます。出張っているところはダブルウィッシュボーンのアームが取り付けられます。
2003/05/18 37400km オイル交換(Repsol)
上のクロスビームバーの効果というのはそれほど分かりやすいものではない。公道を走る程度では違いが体感できるものではないです。もともと無いわけではなく、純正のより多少強力・・といった程度のものですから。
サーキットでの限界的なコーナリングの時に違いが出るかどうか、でしょう。

先日のハンドリングクラブのときに気になっていた焦げ臭い異臭ですが、どうもオイルの臭いではないか、と思ってディーラーのメカニックに臭いをかいでもらったのですけど、やはりこのような臭いは初めてだということなので、交換してもらいました。
3月半ばの車検の時に交換してから走行距離は2千キロくらいですが、やはり低いギアで連続して高回転で走らせたので、オイルにもかなりストレスがかかるのしょうか。オイルの色も黒かったし、粘度も低下していたようです。
単に高温高負荷でオイルが急速に劣化したのか、燃焼室内のカーボンなどが高負荷でかきおとされたのか、見えない部分なので想像する他ないのですけど。
いずれにしても、激しく負荷をかけたのには違いないですから、オイルも早めに交換したほうがいいと思うので、高価な無限の半化学合成オイルではなく、安いオイル(Repsol)を頻繁に交換してみることにしました。
2003/05/31 テクトム CMX-100 H2
S2000オーナーの間ではなんとなくお約束みたいになっている、TECTOM CMX-100というデジタルメーターです。短い辺で3センチくらいの小さなもので、これにコードとカプラが付いているだけ。
助手席足元に診断用コネクタがあるので、そこに繋いでコンピュータECUに集まるデータを表示するだけのものです。
表示するのは、車速、点火時期、吸気温度、トラブルコード数、エンジン水温、吸気管絶対圧力、エンジン回転数の7項目。
あまり必要が無いもの、意味が分からないものもあるけど、とりあえず水温と吸気温度くらいをチェックできればいいかな?と言う程度です。

で、取り付ける前にとりあえずコネクターに差し込んで様子見。
車速は当然のことながら、デジタルメータの表示とまったく同じ。
回転計がバー表示ではなく数字なので細かく分かるけど、これもそれほど意味なし。
取付は右上の写真のように、助手席側ダッシュボード下からオートディオの前を通ってメーターナセルの上にマジックテープで固定。メーターの内側にもマジックテープを貼って、どちらでも使えるようにしました。スポーツ走行の時に、視線を落として速度計を見ている余裕が無いときには、ここに速度を表示させればそれなりに役に立つかも?

ページトップへ戻る