Page 6

2003/04/29 山野哲也ハンドリング・クラブに参加
5月末のような暑いほどの陽気の祭日に、山野哲也ハンドリングクラブというイベントに参加してきました。
ヘルメットとグローブだけあれば誰でも気軽に参加できるレッスンです。
今日の参加台数は45台。これを3グループに分けて、下のコース図を午前、午後と左回り右回り各1回ずつ走るもので、合計4回だけか・・と思っていたら、各グループ20分の枠の中で走り放題なのでした。
この間に山野氏のドライブによる同乗走行があるのでコース上を走っている車は10台くらいになるので、何度となく走れました。
朝9時から9時半までに受付。10時までミーティングのあと昼まで走行。
午後は1時から3時まで。そのあと終了ミーティングといったスケジュールでした。
昼食付で1.5万(モテギの会員は1.2万)というお値段は割安に感じました。)
上の写真は主催者が参加者の写真を撮ってくれて、終了ミーティングの時に渡してくれたものです。
広角レンズではないので一部しか撮れなかったけど、第1グループが走行中に待機している写真です。
参加車両はさすがに走り屋系の車が大半で、4ドアの車はアルテッツァくらい。S2000とロードスターが多くて、他にはランエボ、インプレッサWRX、RX−7、MR−2。珍しいところではスーパーセブンのスーパーライトが2台、と黄色いコペンも2台、黄色いベンツSLK、NSXも1台。
テントの中でお話中?の山野哲也氏と、進行役のおねいさん。
私の車もドライブしてもらいましたが、異次元の世界。
強烈なブレーキングのあと、車がグリップしてないのをコントロールしている。
足廻りとタイヤが変わってから初めてのハードな走行でしたが、昨年別のイベントでこのコースの一部を走ったときと比べて車が大きく変わりました。
まず、ブレーキがよく効いて、ちょっと踏んだだけでタイヤが鳴いてABSが作動し減速しすぎるくらい。
曲がる場面でも、大きなRならハンドルを切っているだけで曲がれてしまうくらい足がしっかりしている。
膨らみすぎそうなときはアクセルをちょっと緩めてやればイン側にノーズが戻ってあっけないほど。
また、グリップを失い気味になっても、ある程度はコントロールしやすい。
これはすべりをコントロールできるのではなくて、グリップを回復させやすいということで、結果として遅くなるみたいだけど。
最初の頃、一度スピンしました。
発散するときの感覚が分かるようになると、その手前でアクセルを戻してスピンを防ぐことはできるようになった。
でも、後輪が滑るのならともかく、前後がグリップを失う直前の感覚って独特です。自分がドライブしている車が突然どこかへ行ってしまうような不思議な感覚。これにはそうそう簡単に慣れることは出来そうもないです。

昨年の純正足+BSタイヤの組合せの時は、ずいぶんコースをはみ出して走ってましたけど、今回は左右のラインの内側を走ることが出来ました。
どうしてもハンドルをコジって曲がろうとするので、前輪のタイヤはブロックが丸くなってしまいました。特にセンターの直線の山は丸くなってしまった。

公道ではサポートの良いレカロのシートもさすがにこれだけ横Gがかかるとサポート不足で、コーナリング中は腰にストレスがかかるし、頭はイン側に傾いてしまいます。
このページのトップの写真でも、右へターンしているところですが、頭が右に傾いています。走っているうちにムキになって曲がっていて、頭が一所懸命曲がりたい方向に傾いていたりする(。。;)ゞ
とにかく、どこまでの速度なら曲がれるのか曲がれないのかがよく分からないし、それほどブレーキを強く踏んでいる訳でもないのに思った以上に減速してしまう。それでは・・と、ブレーキを踏まないで曲がってみるとこともなく曲がれてしまうのでびっくりしたり、ブレーキを軽く踏んでみるとノーズがインに向いてくれたりとか。
プロとアマの大きな違いは、コーナーの入り口のところまでアクセルを踏み続けて短時間に減速できるかどうか、というあたりか?
コーナーが迫ってくると恐怖心と減速しなくては・・ということでアクセルを緩めてしまったりしました。
フロントタイヤの写真です。
プロックの角があれほどスパッとシャープだったのがこんな風になりました。
見事に角が丸くなってます。

ページトップへ戻る