Page 5

2003/04/13 地下室のS2地上へ
車検後のメニューを一通り終えて地下室で眠っていたS2が地上に戻りました。桜が散り始めた暖かい日曜日。
いつものワインディングでチェック(。。;)ゞ
これは失敗か・・と思っていたマフラーが意外とイイ。オープンにして走ると、後ろから聞こえてくる音が明らかに純正のとは違う。静かだけどそれなりに品のあるスポーティなサウンド。
リミット近くまで回しても、純正のような苦しげでがさついた音ではなくてスムースな感じ。

ブレーキは以前のような踏み始めから強烈に効くのではなく、踏み込んで効き始める。ちょっと強めに踏めばタイヤが鳴く。踏み加減でコントロールしやすいけど、初期制動力が以前ほどではないので、うっかりするとオーバースピードでコーナーに入ってしまうから、慣れないとちょっと危ない。
できるだけ踏むのを遅らせて、入り口のところで減速しないと前荷重にならない。
車全体としてはかなりシャープでリニアになったので面白い。
2003/04/06 マフラー交換
先週に続いてディーラーの片隅と工具を借りて作業。
やっと純正の重たいマフラーを外した状態。

右は外す前の純正マフラー。
まだ仮組の状態ですけど、どこにも当たらずきれいに納まります。
ステンレス部を取り付けるバンドのつなぎ目も見えないように上に移動して締め増ししました。
この位置から写真を撮ると全体の中でそれなりにバランスが取れているように見えますけど、路上で目の位置から見下ろして見ると、やはりちょっと異様にも見えます。
5ZIGEN FIREBALL

ディーラーの作業場の古い方のリフトとメカニックの工具SNAPONを借りて、持て余すとメカニックの手まで借りての作業でしたが、なにせ重量物ですし、力仕事でもあるのでけっこう大変でした。所要時間はおおよそ2時間くらい。
新しいものを組み付けるのはともかく、一体ものの純正品を取り外すのが自分ではできなかった。
長いテコ棒のようなもので、吊りゴムをコジって外す荒仕事。吊りゴムとステーの間にスプレーオイルを吹いておくこことと、吊りゴムのマフラー側を外すより車体側を外す方が作業しやすいようです。
組みつけは狭い場所に上を向いて作業する難しさを除けば、それほど大変ではないですが、やはり二人での作業の方が楽で早いです。
製品の精度もそれなりに高くて、どこかに当たって調整をする必要もなくぴったりと納まりました。

で、走り出しての印象ですが、アイドリング状態、ブリッピングしても拍子抜けするほど静かで、純正品とほとんど変わりがないです。もし、音を変えるのが目的だったら、多分がっかりするでしょうけど、私は音を派手にするのが目的ではないので、この点はメリットだと思います。
重量軽減が目的だったのですが、消音のためサイレンサーがたくさん付いているのと、ガッチリとしたスチールパイプ製なので、わずか6kgの軽量化にしかならず、この点ではちょっと不満です。
でも、重いタイコの部分が車の中央部と後輪に近いところにあるので、車両最後端に重いサイレンサーが二個ぶら下がっていた純正品よりは多少はメリットがあるかもしれません。

幌を上げた状態で聞こえる音もそれほど大きくなくこもり音と言えるものもあまり無いのですが、純正品よりはわずかに耳障りに感じるとも言えます。ただし、濁ったガサツな感じの純正品に比べると、加速中の音は一定の低い周波数の音で、好ましいと感じました。

ひとことで言ってしまえば、純正品とあまり変わらない。良くも悪しくも大きな変化は無い。
つまり、何かを得て何かを失ったということはないので、これはこれで良いのかな?と思いました。
ほんのわずかなことですが、低速トルクが太った感じがします。これも足廻り変更の影響も含まれているので、それほど大きな変化ではないですけど、たとえば静止状態から動き出すとき、ちょっと神経を使わないとエンストしそうになるほど低回転域でトルクが細いエンジンですが、これが少しトルクが出てきました。あっけなく動き出す。
走行中にアクセルオフで減速したあと、すぐ踏み込むと、背中を押されるようなトルク感が出てきました。
これはちょっと意外でした。
レッドゾーン近くまで回したときの感触も、純正に劣ることはなく、勝ることもないといったところ。

取り付けが終わったあと、斜め跳ね上げ式のステンレス砲弾型のサイレンサーを見たディーラーのオヤジさんに「カタチが若いですね〜」と言われてしまいましたが、若いひと向けのファッション・マフラーだろうと思います。でも、JASMA推奨品ということでしっかり作ってあるのと、お下品な爆音ではないこと、純正と大きな差は無いが、それでも多少の違いがあることは確かなので、それなりに存在価値はあるマフラーと言えるのではないか?というのがいまのことろの印象です。
(2003/11/03)追加インプレ
装着後、半年経った現在、上の文を読み直してみると、ちょっと否定的過ぎるかな?ということで追加インプレ。
というのも、マフラーが馴染んできたのか、音の面では初期の状態よりも迫力を増してきています。控えめな重低音とでもいうのか?
あいにく車外で自分の車の排気音を聞くのは、ディーラーでメカニックが車を移動するときだけ。あとはトンネル内で反響音を聞くか、車庫内でブリッピングしたときの音を聞くだけですが、私の好みのサウンドに変わってきています。
ローカム側からハイカムに切り替わって、リミッター近辺まで継ぎ目無しに回転が上昇していく感覚は当初と同じ。
取り付け前後に感じていた幻滅感とは裏腹に、今はそれなりに気に入ってしまっているのでした。
2003/04/04 マフラー到着
巨大な箱に入って到着しました。箱から出すとそれほどの大きさではないけど、ステー類ががさ張る。重量はなんと17kg。それでも純正のよりは約6kgくらいは軽いけど。
で、写真は右下からきた排気が上のサイレンサーと左の行き止まり管へと分かれる部分。
JASMA推奨、保安基準適合というだけに、さすがに造りはゴツイです。
スチールのパイプやフランジ部の厚み、溶接の具合などを見ると、モノとしてはかなりがっちり作られているのが分りました。
この楕円型のサイレンサーの向こうにステンレスの砲弾型のサイレンサーがあるのですけど、これはほとんど飾りみたい。中を覗いてみると一部がパンチングになっているけど大半がストレートなので、消音効果はほとんど無いのじゃないかな?
2003/04/01 マフラー発注
インターネットの通販でマフラーを発注しました。
最初は(有)SPEED のにしようかとオーダーを入れたのですけど応答なしだったので、いろいろ考えて「5次元ファイヤーボール」ってのにしました。
左1本出しでインナーサイレンサーを使わず保安基準適合であることと、お値段も手頃ということで、これにしました。クオリティなどを考えると無限の2本出しのものがベストらしいけど、とにかく軽くするのが今回の目的ですし、次の車検まで持てばいいかな、と。
サイレンサー本体はステンレス。メインパイプはアルスター鋼板。
シングル出しは爆音系が大半らしいですけど、これは多分それほどでもないのでは、と淡い期待を(/_;)
上の写真のようなエンド部のカタチしか分からないまま発注してしまったのですが、オークションで出てきた中古品の全体像を見てびっくり(/_;)
なんと4分割。サイレンサーが3〜4個も付いてる。
なるほどこれなら保安基準をクリアするけど、重量の面では・・・。
着荷したら計ってみるつもりですけど、10kgはオーバーするか?
これだけ分割したのは梱包しやすくするため?
この選択はなんとなく失敗の予感が(。。;)ゞ
なんとも不思議な上の写真ですが、いろいろ調べてみたら、左のように連結されるらしい。
4ピースではなくて3ピース。
右手に伸びているのは盲腸管というか(。。;)ゞ、レゾナンス・チェンバーとでも言うのか?
排気音低減や共振防止のためのものなのか?
いずれにしても重量は16kgを越えるものらしいので、かなり期待外れ。
音は静からしいけど、トータルバランスとしては純正にはかなわないらしい・・・というユーザーの評価を見つけたのですけど、後の祭りだわね(。。;)ゞ
ついでに候補のひとつだった新潟にあるショップ、GPスポーツ製の右シングル出しのマフラーの画像も。上のに比べると、ほとんどメインサイレンサーだけでいかにも軽そう。これで保安基準適合となるのは、画面中央のサイレンサーと接続するパイプのところに固定の羽がついていて、これで排気を回転させてサイレンサーの中を通しているかららしい。黒く見える2本のパイプはスチール塗装なのだけど、これがフランジを使わず差し込みなので候補から外したのですが。
それと、サイレンサーの造りがちょっと質感に欠けているようにも見えたので。

ページトップへ戻る