Page 4

(掲載した写真の寸法は大きめですが、それぞれのファイルサイズは10KBから20KBの間です))

2003/03/30 36000km フロント・ブレーキローター交換
いずれは取り換えることになるのだから、というだけで買ってしまったフロント用のブレーキローターをやっと取り替えました。
タイヤの付け外しくらいのことしか出来ない私にしては、かなり大がかりというか、本格的な作業。
といっても、ネジを6本付け外すだけのことなのですけどね。
午前中の忙しい時間に小さなディーラーのリフトと工具を借りてやりました。所要時間は2時間弱。
タイヤの取り外しにはエアインパクトレンチが使えるし、作業は高い位置に車を持ち上げて出来るので楽だったけど、それでも気持ちのいい汗をかきました。
一番難物と思われたのは左の写真にも見える二個の皿ネジの取り外しです。熱で焼き付いているし、ネジ自体も焼の入ったものではなくて軟鉄みたいだから、なめてしまうとおおごと。
インパクト・ドライバーを使えばまずまず楽に回せます。
これを緩めてからキャリパーを外してサスアームに針金で引っかけてから、キャリパーアーム?をパッドごと外します。けっこうボルトが硬く締まっているので、これも力仕事。
あとは、ローターを新しいのに入れ替えて逆の手順で戻します。
キャリパーを入れるとき、ピストンを戻す道具があるので、それを使うと簡単。
作業が終わったあと、ブレーキペダルを2回くらい踏むと手応えが戻ります。2回くらいはスコスコと床までペダルが入ってしまう。
写真で見える鱗模様は平面を作るために回転する刃物で削ったあとなので、微妙に波打ってました。
これも走ると、表面が削れて凹凸がはっきり分かりますが、だんだんパッドに削られて平らになってきました。
この作業でパッドの交換は自分で出来る自信が付きました。
このローターに耐久性があるとすれば、もうこの作業をすることは無いと思いますけど。
約100kmほど走った後のローター表面の状態。
錆で茶色になってますが鉄生地のシルバーです。真ん中の濃い部分は表面のゴールドの色がまだ少し残ってます。
以下は推測ですが・・
ローターの表面を平滑に研磨するとき、ドリルに似た回転する刃物で切削するのでしょう。回転で削れた跡がウロコ状になり、この写真に見えるとおり、刃物が往復した跡が放射状に残っているのだと思います。もう少し削れれば完全に平滑な表面になります。
2003/03/27 ロールバー塗装
オクヤマのフロント・タワーバーが錆びてきたのでラッカースプレーで塗装しました。
機能優先というポリシーがはっきりしていて、オリジナルの塗装は一番安い白の塗料で塗ってありましたが、取り付け部から錆が出てきました。
タッチアップでいいか・・と始めたのですけど、ワイヤーブラシで錆を落としたら、周囲の塗膜がパリパリと剥がれる(。。;)ゞ
ちゃんと下地処理しないでうわべだけの塗装(・_・)
それなら全部塗ってしまおう、ということで、ストラット頂部とボルト、周辺をマスキングしてスプレーで塗りました。
色は余っているもののなかから、トヨタ色のメタリック・シルバー。ちょっと緑色が入ってる。
仕上に、これまた残り物のクリアを吹きました。
今までのが白で、いかにも「付けました」と自己主張してましたが、今度はエンジンルームの眺めのなかに溶け込んで、まるで標準装備品みたいになりました(^_^;)
取り外してやればもっとキレイにできるはずですが、おおごとになってしまうので、装着したままの手抜き作業。
Carbingのステッカーの部分もテープでマスキングしました。
次回塗り直すときはもうちょっと派手な色にしようかな(/_;)
2003/03/26 足廻りのインプレッション
日曜日にはほとんど高速走行だけだったので、今日の夜は仕事が終わってからいつもの山道を30分ほど走ってみました。
夜だし退勤の車が多いのでそれほど高い速度では走りませんでした。
乗り心地の硬さはそれほど感じなかった。洗濯板状の荒れた路面でも以前より突き上げが少ない感じ。
ブレーキの効き方がかなり違う。最初は効かない・・と思ったのだけど、強く踏んでみるととちゃんと効く。
ノーズダイブが減ったので減速感が違って感じられた。フロントが沈み込んで効いていた状態から、フロントが突っ張った状態で効くようになった。
このあたりは好みの別れるところで、公道を走る場合はフロントが沈んで荷重が前輪に移動して効くほうが自然かも。
曲がる場面でも同じで、ロールした方が小さく自然に曲がれるみたい。
改めて純正の足廻りはそれなりに良く出来ている、と納得しました。

何度か強めにブレーキを踏んでみたら、タイヤが鳴くのに一瞬遅れてABSが作動しました。
標準状態だとサスが縮んで地面に噛み付くように減速するので、滅多にABSは顔を出さなかった。
家に戻る途中、裏道で右折するとき強めにアクセルを踏んでみたら、リアがスムースに流れてくるりと方向を替えてくれました。
今までだと、内輪が空転して外輪だけで駆動しているような感じでした。
サーキットを走ると足廻りの柔らかさを感じますが、公道を走る限り純正の足廻りのレべルは高いし、納得できるものだと改めて感じました。
2003/03/23 35900km 足廻りの交換
埼玉県川越市にあるショップ、J'Crossで足廻りを交換してきました。
ビルシュタイン・山野キット。

Sの取り付け実績のあるところのようで、組み付けからアライメント調整まで2時間半くらいでできました。
車高を30mm下げて視覚的な腰高感が少なくなりました。
ぺたぺたに下げた訳ではないので、結構上品かも(/_;)
標準状態では特にリアエンドがぼってりした感じだったのですけど、ややスリークになったような。
左の写真はアライメント調整中。
上左がお約束の黄色いビルシュタイン。
上右は組み込みが終わってタイヤを戻しているところ。

取付後、走り出しての第一印象はあっけないほど乗り心地が良いこと。
それ以外は身構えて走り出しても違和感無し。今までとそれほど大きな違いは無い。
ただ、後輪が地面を蹴る感覚がダイレクトに伝わってくるというのか、トラクションが良くかかるようになったような印象。
交差点で右折すると、車がシャープに曲がってホディサイズが小さくなったような感じ。
高速道ではフラットで平穏な乗り心地。突起を乗り越えてもスムースに納まる。直進性も良いのでそこそこのペースで走っても速度感が薄い。
ジャンクションなどのカーブを曲がるといい予感。
2003/03/18 ブレーキローターをオークションで購入
オークションで拾ったブレーキ・ローターのフロント用セット。
Delphi Lockheed HT。
HTはHeat Treatment(熱処理)の意味で、本来シルバーの色が金色になる。
写真右が外側で左が内側。
ディスク表面の模様は研磨の跡で波打っているわけではない。
スタッドボルトが通る穴が5個。座堀りしてある2個の穴がローターを固定する穴。
あと二つの小さな穴は取り外しの時にボルトを入れるためのもの。ローター攻撃性の高いスポーツパッドに合わせて使ってみようと思っただけで、それほど大きな意味はないです。純正品はフロントのみが摩り減ってきてますけど、まだまだ限界までには余裕はあります。いずれ取り替えることになるのなら、というだけでふらふらと(/_;)。それにしても、1枚が7kgもある重量物です。
2003/03/13,14 35,270km 最初の車検
最初の車検終了
交換したのはオイル(\7500)とフィルター(\1250)、エアフィルター(\3500)。
総費用は\111,502-
このうち自賠責(\27630)、重量税(\37800)、印紙代(\1500)、代行手数料などの諸費用は\72,180-
2003/03/08 35000km
もうすぐ最初の車検ですが、走行距離が3.5万キロを越えました。
最近無頓着になってきたオイルもそろそろ交換時期。
昨年11月頃にタイヤをミシュランに変えてから初めての高速走行でしたけど、なんとなくタイヤの真円度が高いというか、滑らかな回転をするようで、50km/h超過で走り続けてもフラット感が高い。
ただ、そろそろダンパーの劣化が進んで来たのか、上下に動いたときの納まり、ダンピングが悪くなって来たような感じもしました。
ストラットタワーバーを付けた以外はほとんどノーマルの状態で3年間を過ごしてしまったので、車検を機会にリフレッシュしてみようかと思ってます。
2003/03/02 オーディオいじり
スピーカーをドアのインナーパネルに取り付けるのには樹脂製のスペーサーがあるのですが、その部分を木質ボードで作ったバッフルボードという商品があるのを知りました。
販売元はカーDIY用品で知られているエーモン。
2枚一組で3000円くらいのものですが、端材の合板で作ってみました。
厚さは12mm。外からは見えないものなので無塗装です。
先日鉛シートを貼った鉄板との間には、これまた捨てないで取っておいた硬めのクッションシートをくり抜いて入れてみました。

このようにしてだんだん欲が出てきて、せっかくのネットワーク付2wayのユニットなのだから、ツイータ−も付けてみようかと思案中。
あくまでお手軽チューンなので、ネットワークも車内ではなく、ドアの内側に設置できないか・・と。

左側が純正のスピーカー取付スペーサー。
スピーカーの裏側をカバーするようになっているのは防水のためか?
右側が合板で作ったバッフルボード。
これは2枚目で、残り物のラッカースプレーで塗装しました。まだスピーカー取付用の穴を開けていない状態。スピーカーとボードとの間にも包装材のクッションシートを入れることにしました。
ほぼ完成に近づいた運転席側ドアの内側。
内張りを外すと車内が広く感じますが、ドアの開閉音は安っぽくなる。
ネットワークはくぼみのところへガムテープで貼り付け。水が入る心配もあるのでなにか防水を考えないと。
写真では見えないですけど、ウーファーのバッフルボードの内側から裏側にかけて、薄い樹脂の板で「ひさし」のような防水カバーを接着しました。
ボードの表面に白く見えるのは薄いスポンジシート。
今回も手持ちの材料だけでの改良で、買ったのはギボシ端子くらい。
高音が良く出るようになったのだけど、ちょっと辛いところがあるので、ネットワークを マイルド方向に設定してみるともりです。
しかし、さすがに良い音。
ツイーターはこのように低い位置、ちょうど膝のあたりに。
ウーファーの上。車内で見ても存在がわからない位置。
いつも室内のオーディオで聞いているCDを車内でかけても落差に不満を感じないレベルになってきました。

Yahoo!のオークションで買った制振材レジェトレックス。
確か日東電工製。
おおよそ50cm角で厚さは1.5mm。表面は薄いアルミで、厚みと重さの大半は裏打ち材のブチルゴムの粘着シート。
イエローハットでも売っているが、ヤフオクだと半値ぐらいで入手できます。
ブチルゴムなので鋏やカッターできるのですけど、ネバネバしてちょっと切りにくいです。そのかわり粘着力は抜群。
写真は、半分に折ったものが2枚。
2003/02/09 スペアのホイルとタイヤ
代わり映えしない写真ですけど、ホイルとタイヤを後期型のに入れ替えてみた記録です。
このあと、買ったばかりのタイヤリフターとクロスレンチを使って元のに戻しました。
一日のうちに2種類のタイヤを履き比べたのは珍しいことだけど、ほんの少しですけどミシュランの方がいい感じでした。ナチュラルなフィールとでもいうのか。

ページトップへ戻る