Page 3


Departure     Encounter
↑はS2000のホームページヘのリンクです。
面白いムービーが見られます。ブロードバンド専用ですが・・・。
2003/01/31 34,000km
新古品のタイヤ・ホイールセット
オークションで見つけた純正のアルミホイールと純正のタイヤポテンザS−02の新古品。
何をいまさら純正のホイールを・・とも思うけど、これはマイナーチェンジ後のもので前期型のと微妙に違う。(黄色い円のあたりが違う)
製造元は同じENKEIらしい。
カラーもシルバーの前期型と違ってシャンパンゴールドのポリッシュ。お値段はというと、多分、銃声のタイヤと同じくらい。
つまり、タイヤを買ったらオマケでアルミホイールが付いてきた・・・ってところ。
ブツは札幌から発送になったのですけど、東北地方が雪のため遅配となって今日31日に届きました。
ビックリするほど丁寧な梱包で、発泡シート、新品のタオル、ダンボールを当ててガムテープで貼り付けビニールの袋に入ってきました。
前オーナーは納車時にディーラーから自宅までの10kmを走っただけ・・と言ってましたが、その通りの新品で、踏面にはまだゴムのイボが残ってました。
こんな感じ・・・・。
ホイルの違いは、車に興味の無い人には分からないか?

写真はマイナーチェンジ後の新色。
きれいなブルーメタリック。
正確にはニュルブルックリンブルー・メタリックというのだそうな。
最初からこのカラーを出せ、と言いたい(^O^)
これは225mm幅のリアタイヤですけど、こうやって外したのを見るとデカくて重いです。重さも22kgあります。ポリッシュになっているのはスポーク部などの正面部だけで、そのサイド部とかリム部は梨地でわずかにゴールド色が入っている程度。ほとんどシルバーといってもいいくらい。
とりあえずこのタイヤ&ホイールを使う必要が無いので、今のうちにとホイールの表面をメンテしました。
そのあとトラヴィックの荷台に4本を乗せて、スタンドへ行って空気圧をチェックしましたが、規定圧が入ってました。
さすがにトラヴィックの荷台を一番広い状態にしても、このサイズのホイールは4本が全部平積みできず、1本だけ斜めになりましたが。
こんなときセダンではなくミニバンだと便利です(トラックはあるのだけど)。
で・・。今度は3年間履いていたアルミホイールを手入れしてみようかと、とりあえず後輪だけ新しいのと入れ替えてみたのがこの写真です。(フロントは以前のまま)
つや消しシルバー状態のフロントに比べてキラキラ光っている点を別にすれば、ほとんど違和感がないから、それほど違いがないとも言えます。
ところで、前期型のホイールは横から見るとタイヤとツライチなのですけど、新型のホイールは中央に近い部分がタイヤのツラより外側に出てるので、タイヤを外したときうっかり倒すとホイールに傷が付いてしまうので、ちょっと気を使います。
タイヤ入れ替えの時、先日買ったカヤバの油圧ジャッキが初仕事をしました(^O^)
写真のアンテナはトラヴィックのものです。イタズラで入れ替えてみました。すぐ元に戻しましたけど(/_;)
2002/12/20
トラヴィック用のサイル・チェーンはS2のフロントタイヤのサイズも守備範囲のはずなので試しに取り付けてみました。
車高が低いので裏側のケーブルを接続するのが大変。アラーの神様にお祈りするように、地面にひざまずかなくてはならない。
装着して写真のようにバンド1本で仮止めしたあと、車を10mくらい前後に移動してみましたが、ラダーチェーンのような振動はなくて、チェーンを付けた感触はほとんど無くて自然な感じ。
バンドの装着に道具を使わなくて済んだということは、多少の余裕はあるようだから、ひょっとしたら後輪にも装着できるかも?と思ってやってみたけどダメでした。さすがに幅が2cm広いと無理。
いずれにしても、付けて雪道を走ることは無いと思いますけど(。。;)ゞ
2002/12/14 33,000km
助手席ドアの内側の写真です。
スピーカー取り付け部の回りに余っていた鉛の防振シートを貼ってみました。
スピーカーはロードスターで使っていた古いアルパイン・Jubaシリーズの13センチ・ウーファー。
セパレートタイプなのですけど、ネットワークやツィータ−を付けたりするのはできないのでフルレンジとしてシングルで使ってますが、私には充分な高音が出てます。
かなりいい加減に鉛シートを貼って鳴らしてみるとそこそこ良くなりましたが、音量を上げるとビビりも出るので、ウィンドウ下のあたり、写真にあるビニールフィルムの上の鉄板が露出しているところに細長く貼ってから内装パネルを戻してから郊外の山の中へ行ってボリュームをあげて鳴らしてみたところかなり良くなってました。
低音がかなり出るようになりました。
気をよくして、午後から運転席側も同じようにやってみました。
こんなでたらめなチューニングでも、見違えるほど音が変わります。

写真下側にある緑のコネクターの付いたケーブルは、パワーウィンドウの配線です。
普段は見ることのないドアの内側の写真は面白いかと・・・。
2002/12/11 32,900km
タイヤを交換しました。
今回はディーラーの勧めもあって、ミシュラン・パイロット・スポーツを使ってみることにしました。
幸い、今回はフロントが2セット目、リアが3セット目で、ちょうど前後の摩耗状態が同じになったので、ブリヂストン以外のものを使ってみることにしました。
価格もBSより少し割安にしてくれたので。
タイヤの側面を見ると、リアがフランス製、フロントはスペイン製でした(^O^)
まだ市内をうろちょろしている程度ですから、BSとどのように違うのかは分かるはずもないですけど、これはちょっと違うのではないか?と感じるものもあります。空気圧も多分高めに入れてあると思うのですが、乗り心地は合格。ステアリングの応答もほんのちょっとシャープになったようにも感じるのですけど気のせいか?
**************
BSのRE−01とはちょっと違う。なんとなく車が生き生きとした感じ。敏捷に動く。飛び抜けてグリップがいい訳でもないけど、レスボンスが良いというのか、気持ちよく車が反応する。直進でタイヤの回転が滑らかなようにも感じます。
これは意外といい選択かも。
2002/12/03
オークションで入手した中古のCDデッキ(写真上)
下にあるのは取り外した純正のカセットデッキ。
上のCDデッキもホンダの純正品だけど、ストリームに付いていたものらしい。
取付はプラスチックのパネルをひっぱって取り外してから、タッピングビス4本を外すだけで簡単。
電源ともう一個のコネクターを外すだけなので、素人でも簡単にできます。
動作確認のために鳴らしてみたところ、さすがに音質が良くなりました。少なくともカセットとか、それを利用した携帯用のCDプレーヤーからの音よりはマシになりました。
下のデッキの左右に見えるのは取付用のブラケット。
取り付けた写真。
周辺の臓物(^^ゞが見えますが、フロントのカバー(フタ)をまだ戻していない状態です。
この樹脂の成形品は5カ所の爪ではめ込んであるだけなので、力まかせに引っ張ると外れる。
もちろん、壊さないように道具も使いましたけど。
値段につられて面白半分に落札したもので、ほとんど期待はしてなかったのですけど、かなり音が変わったのにはビックリしました。
音の輪廓がかなり鮮明。
ドアのデッドニングをしてみたくなります。
2002/11/05
成り行きでヤフー・オークションで購入したタイヤチェーンを仮装着してみました。
Weissenfelsとかいうメーカーのrexという製品で
落札価格は\6100に送料\1060なり。未使用の中古品。
装着は確かに簡単で、慣れれば謳い文句通り60秒でもできるかもしれません。
慣れないとチェーンが絡まったりして手間取ります。
写真の状態で仮止めしてしてから数十メートル走って、チェーンが均等になったところで締め増しする。
コンパクトなバックに入っていて、トランクに入れて置いてもがさ張らないのがメリットですけど、重さは5、6kgくらいと重いです。
多分実際には装着して走ることはないと思いますけど、安心料ということで・・・。
2002/10/27 32,000km
仙台ハイランド・スピードウェイへ行ってきました。
このところ遠出はトラヴィックを使っているので、距離が伸びなくなっていたS2000。
取り換えたシートがカラダに合うかどうかのテストも兼ねて往復500km超のツーリング。
結果は満足できるものでした。
2002/09/23 30,800km
2回目のスポーツ走行。

今回はフルコースではなくメインスタンド前をショートカットした東コース。
午後四時からなので出走台数は少なくて15台だけ。今回はのんびりと走れました。スピードメーターを見る余裕ができた(/_;)
ほとんど3速で走っていたような気がする。なんとかヘアピンで2速まで落とすようやってみた。
サーキットからの帰り道はやけにエンジンが良く回る。


前回はあれほどドロドロに溶けて、ストレート溝にガムがはさまったようにべっとりしていたのに、今回はそれほど溶けてなかった。
なぜだろう?
この写真はもちろん前輪。
リアはほとんど溶けてなかった。
サーキットから約50kmほどの道のリを走ってきたので多少は摩り減ったり飛んだものがあるかもしれないけど。

コースが短かったといっても走行時間は同じだし・・・。
前回と違うと言えば、プレーキパッドを変えただけ。

2002/08/18
最近はあまり遠くへ行かなくなったのですけど、やっとオドメーターが3万キロを越えました。

ページトップへ戻る