Page 2

2002/08/09 走行距離 29,600km
2回目のリコール
前回のはシートベルトの交換だったけど、今回はプラグとガスケットのチェックと交換。
格別不具合は無いが、緩みとかによって最悪の場合はプラグ近辺が溶けてエンジンが動かなくなることもあるとか・・・・。
もうひとつはリコールでは無いらしいが、クラッチの中のスプリングを交換。
この辺りは以前から言われている不具合。
数日ディーラーの工場に入院して、今日の夕方戻ってきました。
ついでにオイル交換もしました。
2002/06/02 走行距離 28,000km
ツインリングもてぎの南コースでジムカーナ初心者のレッスン
イベントは「スーパー・ドライビング・フェスティバル in MOTEGI」
本コースの一部、北ショートコース、マルチコース、スーパースピードウェイの一部を使って開催されました。
写真は「初心者体験レッスン」が行われた「南コース」の眺めです。広いもてぎの一番奥にあって、レッスンなどに使われる広い空き地です。写真はその一部。

コースはラインが引かれていて、はみ出してもスピンしても大丈夫。
1回が4周で、プロドライバーが同乗してアドバイスしてくれます。そのうち1周はドライブして手本を示してくれました。
ドライな路面でリアがグリップを失ったり、スピンしたりするのは初めての体験で面白かった。
後輪が悲鳴をあげて滑り出すと、ステアリングでコントロールするのですけど、恐怖感からアクセルを戻してしまうので、テールスライドを維持できない。プロはさすがに滑りながらもコントロールしている(・_・)

面白いアドバイスをひとつもらいました。
「コーナーで曲がるとき、ステアリングを切ってからブレーキを踏むといいです」

これはなかなか難しいけど、やってみると確かにアンダーステアが消えて小さく回れる。土手の上の高い位置からほかの人たちのドライビングを眺めていると、コーナー入り口での、減速が充分でないため、オーバースピードで進入。スピンモードに入ったり、コーナーからの出口で失速したりしている。
2002/04/07 走行距離 26,180km
ブレーキ・フルード交換

パッドを交換したあと、ブレーキの効きは強烈になったものの、ペダルのフィールがイマイチ曖昧でスポンジーだったので「エア抜き」も兼ねてブレーキ・フルードを交換しました。
考えてみると、オイル類は頻繁に交換してきたけど、これは忘れてました。
ディーラーの若いメカニックにやってもらったのですけど、かなりエアが入ってました・・と(。。;)ゞ
交換後はいくらかペダルフィールがマトモになったように感じます。

今まで、効くことは強烈に効くのですけど、効きをペダルでコントロールできなくて、強烈に減速Gが立ち上がるようになってました。
2002/03/24 走行距離 25,800km
ブレーキパッドを交換。

Projectμの「HC」というタイプ。
まだ取付後数キロしか走ってないけど、何度も強くブレーキを踏んでいるうちにアタリが付いてきて、かなり強力。すぐにABSが作動します。

写真はパッドが入っていた箱のひとつ。
下に置いたのは取り外した純正のパッドでウェアインジケーターが付いてます。残量は5mm。
使い続ければ4〜5万キロは使えそうです。
2002/03/10 走行距離 25,400km
もてぎでスポーツ走行初体験
ドキドキものでしたが、初春の強い日差しの中で初めてスポーツ走行なるものを体験しました。
フェラーリ、ポルシェ、NSXなどに混じって。
シーズン到来なのかかなりの台数でしたが、2回目11時スタートで申し込んでおいたのを、3回目12時半のに変更したのが正解だったようで、2回目の走行のときより台数が少なかった。
コースアウトして砂場にハマるのを見てきたので、とにかく邪魔にならないように慎重に走りました。がそれでも、ズルッとリアが滑ることがありました。
車高を下げてチューンしたS2000がたくさん走ってましたけど、皆さん速いです。
ゼッケンの番号は適当で良い。ビニールテープで数字を書くのが一番お手軽だけど・・。
下は走行券。窓ガラスの右上に貼り付けて、スタートするときチェックされる。
走行後のタイヤは、ブロックの縦溝側がミミズ腫れのように溶けてました。
2002/02/02 走行距離 24,500km
エンジンオイルとフィルターを交換

今回は純正フィルターも交換するためディーラーで交換。オイルも付き合いで無限のオイルを入れました。メカニックは交換後、エンジンの音が静かになったと言ってたけど、私には分からない。
回した感触もそれほど変わりない。
ロールバー取り付け

行きつけのタイヤショップに頼んで4点式のロールバーを取り付けました。
思いのほか難工事で、数日車を預けました。製造元はキャロッセ。SAFTY21というもの。
サーキット走行に必要な条件ということで付けたのですけど、予想外にボディ剛性が高くなったように感じます。気のせいか?(。。;)ゞ
それと、ボディのねじれが少なくなったのか、静止状態からステアリングを切って路上に出るときなどの車の動きが変わった、というか、LSDの効きが強くなったような感じ。
取り付けたことによる不具合はほとんど何もないのでひと安心です。
リアのビニール窓の左右の部分が掃除しにくくなったくらいか?
インプレッション
取り付け直後に感じた剛性感などの変化が気のせいだけではない、ということを確認できました。この変化はちょっとしたものではなくて、「かなり」のもの。ちょっと驚きです。
オープンボディにしてはボディ強度が高いと評価されているS2000ですが、どれほど補強しても、やはり限界はあるのでしょう。車体後部の4点をパイプで繋いだだけで、これだけの強度が出るのですから、6点式にでもしたもっと・・になるのか?
踏切とか悪路などをゆっくり越えるときなどでも、今までにないほどボディのきしみが少なくて快適です。
さらに、強度アップが足廻りにもいい影響をもたらしてくれたようで、良く曲がるようになりました。
直角に曲がるような場面で、アクセルを入れてもトラクションがしっかりかかって、気持ちよく曲がってくれるようになりました。
例えば、直線道路で60km/hを越えたくらいの速度で速くステアリングを左右に振ってみると、今までよりもずっと正確に後輪がついてきます。不安感が無い、というか、ダルな印象が無くなりました。

    バーは幌の内側ギリギリのところに。

後ろ側の支柱も純正のロールバーを
ぎりぎりのところでクリアしてます。

運転席後ろを上から見た写真

トランク内。右後輪の内側

ページトップへ