Page 13

2006年
4/16

もうすぐ丸6年になるS2000ですが、走行距離は6万キロを少し超えました。
10年は付き合うつもりだったのだけどユーノス・ロードスターの面白さが忘れられず、もう一度ロードスターに戻ることを考え始めてます。
ちょうど、年齢的にも人生のひとつの節目にあるようで、こんなときにはなぜかロードスターが現れるから不思議。

ということで、今日初めて新型ロードスターに試乗したのですけど、印象はまずまずでした。
S2000に較べて極端に軽いクラッチ・ペダルは床まで踏み込むとつながったり切れたりするロードスターらしい感触。
エンジンは低速からトルクがあるのでスタートのクラッチミートで気難しくなることもない。
私のハードなS2に較べると、カーブでロールするのがはっきり分かる。
以前に乗っていたユーノスほど敏捷な反応をすることはないが、全体としてマイルドで乗りやすかった。
4/27

昨年だったか、3回目のマイナーチェンジでS2000のエンジンが2.2リットルに変更された。最高回転数を低く抑えて、その分トルクをアップさせた。
もちろんこのモデルに乗る機会はないけど、多分、最初からこうすべきじゃなかったのか?と。
確かに高回転域まで息の長い加速にはそれなりの意味もあるのだろうけど、線の細さはありました。特に日常的に使う速度域でのトルク不足はなにかをスポイルしているような感じ。
スペックを追いかけるより、もっと日常的な感覚を大事にすべきじゃないか?というのがS2000についての疑問だった。
5/28

約10日前のことですけど、ロードスターNR−Aに入れ替えることに決定して納車待ちです。
初代ユーノスの頃から使っているmomoの本革シフトノブを純正のアルミノブに戻しました。振動でネジが緩んで動いてしまうところが笑えるけど、シフトレバーが少し長くなったのでシフトフィール自体はなかなか良いことに気が付きました。
シフトストローク自体は長くなるのだけど、支点、力点、作用点のバランスが良い・・って感じ。
これはユーノスの重りの入った純正ノブと同じで、純正品はよく考えているなと。
ウレタンとかアルミでなければ取り替える必要は無かった。握った感触ではmomoのには敵わないので15年も使い続けてしまったのだけど。
ということで、もう少しでS2000ともお別れです。
6/22

NCロードスターNR−Aの下取り車として手元を離れました。
右の写真は駐車スペースのなかでのラストショットです。

ページトップへ戻る