Page 12

2005年
2005/03/16 53,800km 2回目の車検
車検シールが小さくなりました。フィルムの裏打ち付で少しは今風になりました。運輸省から国土交通省に名前も変わった。
19というのは相変わらず平成表示で次回車検の年度を表わしているようです。

足廻り、マフラーを除くと前回車検のときと環境は変わらないのですけど、今回の検査官は堅物のようで、運転席の窓に貼った透明な断熱フィルムは剥がされてしまいました。
シフトパターンの表示がないところでも揉めたらしい。
車検前の点検の時にディーラーのメカニックから電話がありました。フロントのブレーキパッドが摩耗してますと。
うっかりしてたのですけど、プロμのHC titan kaiに取り換えてからしばらく経つのでした。
それでも1.4万キロ走行。何度かサーキット走行したことを考えるとそろそろ・・と考えていいはずでした。

ということで車検が終わったあとに、古いHCに戻しました。フロントだけ。リアは問題なしとのことだったので。
ところで、右の写真が摩り減ったフロントのパッドなのですけど、上の二枚が右側で下の二枚が左側。
一番下のがたぶんピストンが当たる内側なのでしょうが、これが一番摩耗が激しかった。
高速からの急制動で時たまハンドルが取られて不安定になることがあったのですけど、片効きに近い状態だったのか?
今年からリサイクル税なるものが車検時にかかるようになりました。訳の分からない明細をここに記録しておきます。

シュレッダーダスト料金   ¥7110
エアバック類料金      ¥2380
フロン類料金         ¥2090
情報管理料金         ¥130
資金管理料金         ¥480
2005/06
夏に向けたささやかなモディファイ(^^ゞ
さすがに5年も経過するとフロントのナンバープレートがヤレてきます。これから夏にかけて虫の死骸がたくさん付いて、その都度洗い落とすのが大変。
特に表面が荒れてくると落ちにくい。
市販のプレートカバーは付けられないので、端材のアクリル板をカットして作りました。
ナンバープレートより少し大きめに切って角をヤスリで削って丸くして、ビス穴を二つ開けるだけです。
雨が降ったりしたらどうなるのか分かりませんが、少なくとも虫対策としてはなかなか有効かも。
2005/07/16 57,000km オイル&フィルター交換
先週、久しぶりにオイルをチェックしたところ、スティックの先端にわずかにオイルが付くだけというほど激減していました。
前回交換が1月末。それ以降は長距離走行を一度やっただけで、サーキット走行もなし。
4月前後に車検を受けているので、その時点まではまだだいじょうぶだったはず。気温が高くなってくると減少が早くなるみたい。前回交換時からの走行距離は4000km。これでオイルが半減してしまう。それでもオイル警告灯が点灯しないというのが不思議。
2005/09
このところフロントの足廻りから異音がでてました。
タイヤの回転にシンクロして「シャッシャッ」とこすれる音。
ディーラーでみてもらったところフロント右のブレーキ・ピストンが錆で固着してました。そういえば、4月の車検時にパッドの減りを指摘され、とりあえず保存してあった純正品のパッドを自分で組み込んだのですが、このときにピストンが戻らなくて焦ったのでした。

さらに振り返ってみると菅生サーキットを走ったときもブレーキの片効きとか引きずりに寄るらしい加熱がありました。ということは、かなり以前からなのか?

右側のキャリパーを交換して問題解決したか・・と思ったのですが、また音が出るようになりました。困ったことにディーラーのメカニックを同乗させると音が出ない。
ブレーキ廻りが原因なのか、ローターに歪みがでているのか不明ですが、またディーラーでみてもらう前にパッドを購入しました。
プロジェクト・ミューの新しいHC+です。
今まで使ったTYPE HCとHCtitan Kaiを統合した製品のようです。
サーキット走行をしない限り純正のパッドでも充分なのですが、一度スポーツパッドの効き味に慣れてしまうと、やはり純正品では物足りなく感じます。

9/23,24

昨日、ディーラーでパッドの交換のついでにブレーキローターを純正品に戻しました。これで音が消えるかと思ったのですが、結局同じでした。音が出る状態でディーラーに戻ってメカニックを乗せて、やっと音を確認してもらうことができました。
音が出る場所が分かりにくかったのですが、左後輪あたりらしい、ということであれこれやって、結局車を預けて帰りました。
翌日の夕方に問題が解決したということで戻ってきました。原因は「ハブ・ベアリング」でした。
ベアリング自体は外すときにバラバラになってしまったので見せてはもらえなかったけど、破損していたということではなくて、摩耗して狂いが出たとかいうことだったらしい。
条件によって音が出たリ出なかったりするのもこのあたりが原因か。とにかく低速になるほど音がはっきり聞こえました。
特に速度が10km/h以下の停止寸前になると「ギィギィ」と金属がこすれるような音になってました。

9/25 短時間ですけど走って異音が無くなっているのを確認しました。
このところ、音に気を取られながら走っていたので楽しくなかったのですけど、久しぶりにキモチイイ。
パッドの効果は歴然としていて、ペダルに足を乗せただけで噛み付くように減速します。少し強めに踏むと簡単にABSが作動します。

ページトップへ戻る