Page 11

2003/10月
ごく稀にしか使わないのだからこの程度のものでいいか・・と選んだウィランズのベルトですけど、やはり装着するときもっと調節しやすいのでないとなぁ・・・と欲が出てきて3インチ幅のをオークションで物色していました。
3インチ幅のものとなると、新品の定価で4万超、実売で3万超くらい。
オークションでのUSED品、売れ残りらしい処分品で1.5万くらいが相場みたい。
私の条件は、できれば3インチ幅。幅よりもこのタイプだと4本のベルトがバラバラになるので腰ベルトだけとか3点式での装着もできそうだから。さらに、腰ベルト、ショルダーベルトの伸縮が容易にできること。
ということで、格好の出物は左の写真のPYROTECTってやつ。
あまり知られていない製造元だけど、ブランドの刺繍が小さくてケバくないところもうってつけ。それに色もブラック。

これと平行してウォッチしていたSCHROTHのものも、Willansの3インチモデルも1万を越えてしまったのだけど、これはそれ以下で落とせました。
バックルは左の写真のようなストックカータイプ。SIMPSONなどのアメリカ製のに多いシンプルでわかりやすい構造。
ラップストラップと呼ばれる腰ベルトは長さ調節部のほかに、バックルのところで増し締めできるようになってるのが分かりますね。
ロータリーバックルと違うメリットは左右を入れ替えても使えそうな点。
ショルダー部の金具もたぶんレバーを持ち上げて締め増して、レバーを倒すと固定される構造だろうと思ってます。
よく見るとバックルの両端に細いワイヤーのスプリングがあります。これでベルトがくぐっている棒を引っ張っているらしい。堅牢な構造の中の繊細な部分。
このレバータイプのバックルの生命線は写真で黄色い円で囲んだ部分です。両側からスプリングで押された金属のボールで固定しています。レバーの両サイドにもボールが入る半球型のくぼみがあります。このレバーの部分の押えが無くなるとバックルとして機能しなくなりますね。
もうひとつ、すごいと思ったのは、バックル裏側の本革のパッド。厚みが2〜3mmくらいあるしっかりしたものです。
全体として、とにかく無骨でいかにもアメリカン。
届いたブツはさすがに年代物でちょっと薄汚れていたので、即座にジャブジャブ洗濯しました。かなりきれいになった。
他のメーカーのと違って金属部分が電気メッキではなくドブメッキなので錆などもなかった。全体として状態は悪くない。

夜、装着してみたのですけど、期待に沿ったものでした。
まず、ベルト自体が糸が太くてざっくりしているのでしなやか。ウィランズのものみたいに固くない。
ガシャっとバックルをセットしてから、それぞれのベルトを引っ張ると増し締めされる。お腹の部分のサポートが安心できます。
バックル部は乗り込むときに邪魔にならないように、がさ張る受け側を内側に、オス側をドア側に付けました。
写真のように、黒のシートに黒のベルトなので闇夜のカラス状態。
これなら目立たないでいい。
(11/2)
やっと2週間ぶりの走行でハーネスの装着感や使い勝手をチェックしました。
交通量の極めて少ない山道を走っていたら、なぜかお巡りさんが2人いて、止められました。シートベルト着用のチェックというか取締をしていたらしい。
黒いウィンドブレーカーに黒いベルトをしていると、ベルト非着用に見えるらしい(^O^)
「あ、4点式ですね・・」ということで解放されました。これは今回のチェック項目には入ってなかった(/_;)

で、実際に走ってみての使い勝手や印象ですが、胸の前にあるショルダーベルトの調節金具がずしりと重いです。
肩が凝りそう。でも、重みでベルトが肩から下に引かれているようで押えが効いているとも言えるかな?
公道で使用するとき、付け外しはやはり面倒です。
バックルのレバーを引いて開放した後、乗り込むときのために、ラップベルトを左右に開いて固定してからショルダーベルトをシート裏に反転させます。装着はこの手順の逆。何度もやっているうちに、面倒なのに慣れてきましたけど。

今回は走っている間はずーっとこれを使ってましたけど、現実的には状況によって純正ベルトと使い分けたり、併用したりすることになりそうです。腰の部分だけこのゴツイバックルを使って、あとは純正のを併用する、といった感じか?
腰の部分だけでもシートにタイトに固定されるので気持ちがいいです。
上体を固定してしまうと、助手席の遠いところに置いてあるもの、足元に落ちたものをつかめないし、幌の助手席側のキャッチを操作することもできない。
(11/3)
ということで、しばらく遊んでいたフルバケとシートベルトですが、当分サーキットを走る機会も無さそうなので、以前のリクライニングシートに戻そうか?と思案中。リクライニングシートと4点ハーネスとの組合せも試したいし。

そう言えば、この二日間はCUSCOのブレーキマスターストッパーを緩めて機能しないようにして走りました。
パッドがだんだん強烈なものに替わってくると、やたらと効きすぎる。ほとんどオンオフ・ブレーキになってしまって、踏み加減よりも、踏まないように加減するようになってました。
もしかしてストッパーが効きすぎの原因か?ということで、緩めたところなんとなく自然なフィールになりました。
最初は効きが鈍くなったか?と思うのですけど、踏み込めば以前のように効く。
やはり踏み加減によって制動力をコントロールできた方がいいので、しばらく緩めたままにしておくつもりです。
焼きが入ったあとでも、ブレーキダストはすごいです。
ブレーキの鳴きが完全に消えたのもうれしい。
2004/01/18 山野哲也ハンドリングクラブ2回目
長期予報では低気圧の接近で雪が降るかもしれなかった冬の日曜日。当日の朝7時に予定通りの開催が決定。
雪が降る可能性もあったのでキャンセル者が多く、参加台数は30台ちょっとと少なかった。通常より10台ちょっと少ないので走行中のスタート待ち時間はほとんど無しでした。
写真の通りの青空で風もほとんどなく穏やかな1日でした。キャンセルしていたらがっかりしていたでしょう。

今回も一度だけ山野さんの同乗走行を体験しましたけど、あのプレーキングは真似できないし走る速度も違う。
ステアリング操作が最小限で済む・・と私の車を誉めてくれました。

今回は2回目だけど走り初めは緊張してアクセルを踏む右足の膝がカクカクと震えました。同乗走行したあとは速度感覚が変わったのか、それまでより速度を上げて走れるようになった。つまり、もうちょっと速くても大丈夫なんだ・・ということを体が理解したみたい。
このイベントでフルバケシートで走るのは初めてだったけど、コーナリング中の腰にかかる横Gはリクライニングより少ない。でも、曲がっている間は体というか頭がGに負けないように倒れて行くのが分かりました。
走っている間は体が硬直したみたいにこわばってる。

2004/02/15 スキルアップ・ミーティング 44.500km
大排気量のAグループ、2リットルNAのBグループ、ビッツ、ロードスターなど小排気量車のCグループにクラス分けされて30分走行が午前中1回、午後から2回の計3本走行。
この間に希望者にはプロドライバーの同乗走行がありました。
初めてタイム計測をしましたけど、2分40秒台と遅かった(/_;)

走行中に飛び石でフロントウィンドウに小さなヒビが入ったので車両保険で修理しました。
ついでにエンジンオイル、ミッションオイル、デフオイルも交換しました。
ささやかなステッカーチューン(/_;)
既製品ではつまらないのでオリジナルの貼り文字を作りました。
リアバンパーの下側は黒い樹脂で出来ているので、ここに貼ってみました。
みっともないかなぁ・・。まずければ剥せばいいことだし、ということでやってみたら、意外といい感じ。
2004/06/27 48,779km オイル交換
前回のオイル交換は4月、45,591km走行時だったから、約3000km走行で交換。
オイルの量がオイルスティックのLレベルまで減っていたのと、色も黒くさらさらになっていたので交換しました。
特にこれからの夏場はオイルの減少が早いので、今の時期に入れ替えておくのが安全かな・・と。
今回はエレメントも交換。
2004/12
このところずっと中古で手に入れた純正タイヤS−02とミシュランのパイロットスポーツを併用していて、どちらも摩り減ってきたので、久しぶりにタイヤを入れ替えました。
ミシュランを付けていた初期型のホイールにBSのRE−01Rです。

当面中央の2本のストレートグループの角が大きく面取りしてありました。大雨の時も排水性は良さそうです。

タイヤが新しいと乗り心地も心なしか良い。
いかにもゴムがしなやかにたわんでいる感じ・・・。
もっともS−02は断面がスクウェアで硬いタイヤだったので、なおのことそう感じるのかも。

ページトップへ戻る