Page 10

2003/09 40,200km
走行距離が4万キロを超えた最近、やったことをまとめてみると・・・。
車体下回りの補強パーツの装着。水温を下げるためサーモスタットの交換とついでにLLCも交換。
ブレーキフルードをDOT4のに交換。パッドはプロジェクトμのHCチタンkaiに交換。
そのついでに、アルミホイールとタイヤを予備に用意しておいた後期型純正ホイルと純正のポテンザS−02に取り換えました。これでタイヤは5本目。ミシュランとポテンザとの差は、公道を走っている限りそれほど大きな違いは感じないです。
あと、今年初めの冬頃から気になっていたバッテリーも新しくしました。
小型のバッテリーは3年4万キロを持ったわけだから良しとしましょう。
2003/09 sparcoフルバケットシートを入れてみました
取り付けの詳細は「シート・あいらんど」をご覧ください。

まだポジションを調整中ですが、腰にストレスがかかることもなく、フィット感サポート感はとてもいいです。
サイドサポートが良いレカロLSよりもさらに一枚上手で、コーナリング中に腰に力が入ることが無く、シートに体を預けられます。
4点式シートベルト
公道を走る場合、純正の3点式シートベルトは必須で4点式は不可。
より安全なものに思える4点式が不可ということは不思議な感じがしますが、シートベルトの要件を満たしていないかららしい。正確には分からないけど。
ということで、3点式が使えるようにしたのですけど、上の写真でも想像できるように、お腹の部分を押さえてはくれない。
やはり4点式のベルトも使えるようにしたい、ということで、まだシートベルトも入手していないのに取り付け方法を模索しています。

一番分かりやすいのは、ロールバーに水平方向の追加バーを取り付けて、穴を開けてアイボルトをふたつ付ける。
最初からバーが溶接してあるロールバーにすれば良かったのだけど、当時はそこまでやるとは考えてなかったし、中央部の物入れのフタが開かなくなってしまうのは不便ということもありました。

追加バーの場合のメリットはホディに加工をしなくて済むこと、ボルト止めなので必要なときには取り外しもできることでした。強度の面では溶接したのに比べて不安あり。でも、このセンで行こうと通販サイトで見積依頼を出したら、うまく送信されなかったようで返事なし。
・・・で、考えているうちに、シート背後のパネルにアイボルトを付けることを考え始めました。
まずは、樹脂パネルを外す。
物掛けのための左右のフックの下に隠れている二つの長いタッピングビスを外して内装外しでパネルを起こすと外れます。
片側がロールバーの陰になっているので外すのにちょっと苦労しました。
換気口(ルーバー)の付いた樹脂パネルを外したところの写真です。
ケーブルが横切っている左側に15φくらいの穴が開いているのが見えます。
ショルダーベルトの2本をここ一か所で支持してしまおうと・・。
ちょうどシートの中央の位置なので。
トランク側から見るとこんな風になってます。
この部分は閉断面の柱のような構造になっていて丈夫そうです。
斜めの黒いパイプは後付けのロールバーで、その陰に純正のロールバーが垂直面にボルト止めされています。
左側の吸音材をめくると車内のシートの背中が見えます。
手持ちの12φの「丸環ボルト」を試しに入れてみたら、ちょうど後ろの四角い窓に届いたので、厚手の鉄板を用意すれば取り付けは楽ですし柱自体で力を受けることになるので強度の面でもいいかなと考えたのですけど、取り敢えずアイボルトを丸い穴に取り付けてみることにしました。
M12のナット付きアイボルトと角ワッシャを調達。スプリングワッシャは手持ちのを。
問題は取り付ける方法ですけど、アイボルトをガムテープで固定してからトランクの中にもぐり込んでボルトにワッシャ、スプリングワッシャ、そしてナットを入れるのが曲芸みたいな仕事です。なにせ狭いですから・・・。
ワッシャはもみぎリの先にぶら下げて輪投げの感覚でボルトに移しました。落とすと拾い上げるのにマグネットを使わなくてはならなくなりますが、失敗しませんでした。あとはナットですが、ソケットのコマにナットを入れてエクステンションでねじ込めばいいかとやってみたら、なんと四角い穴にソケットが入らない(・o・)
しばし考えて、例の丸環ボルトに軽くナットを入れてから差し込んでみたらうまくできました。知恵を使えばなんとかなるものです。
(結局、ソケットのコマが入るようにヤスリで穴をわずかに広げました)
ナットがネジの部分に入ってくれれば、あとはアイボルトをくるくる回せば自然に締め付けられます。
右が出来上がりの写真です。
M12だとちょっと大きすぎるかも。M10でもOKかもしれませんが、なにせまだベルトがないので、小さすぎてベルトの金具が二個入らなかったら困るということで、安全を考えて大きめのにしてみました、
あとは樹脂パネルに穴を開けてアイボルトの頭が出るようにするだけ。
この部分の部品代は200円ちょっと。

しかし・・、シートベルト端の金具がこのアイボルトに入るかどうか?心配(。。;)ゞ
まっ、入らないときは小さなものに取り換えればいいのですけど。
完成写真

樹脂パネルを丸くくり抜いて出来上がり。
穴のセンターを出すには、細いパイプの先端にサインペンをガムテープで貼り付けて、トランク側から穴の中に入れてぐりぐりしてやるとパネルの裏側にマークが付きます。
あとは錐で穴を開けて、電気ドリルの先に円切りカッターを取り付けてガーッと回せばキレイに穴が開きます。
切り取った円盤はパネルの裏側にガムテープで張り付けました。

まだビス止めはしてないけど、これで一応の完成というところ。
ベルト(ハーネス)をオークションで物色中(。。;)ゞ
私の用途からして、細い方の2インチのバックル止めので充分なのですが、2シーター用となると出物がが限定されて、Sabeltが大半。SabeltがOEMで供給するSparcoのでもいいのだけど。

で、一番知名度が高いSabeltの赤はパス。色は黒かブルー。例外的にシルバーってのもあるらしいがかなりレア。
色の組合せがイタリア的なSabeltは避けて、ちょっと渋めのWillansあたりにターゲットを絞ってます。
ちょうどカラーが黒でバックル止めという珍しいものが出てるのですけど、その前にブルーのを落札してしまうかも。
競技に出るわけではないのだけど、ベルトは3インチの方が擦れなくていいとか。
ロータリー式バックルは装着するのが面倒のように思えるし。
急ぐものではないので、しばらく成り行きを見物してからにしよう(^^ゞ
2003/10 Auction Willans Harness
使用頻度が少ないと思うからオークションの中古品でいいか、ということでじっくり選んで安価で入手できたWillansのブルーのハーネスが届きました。
コンディションはいいものでしたが、一応洗濯しました。

装着してみたのが左の写真です。付けたままにしておいて純正のベルトと使い分けることを考えていたのですが、使わないときはかなり邪魔になります。
両サイドへ回しておいても、ウェストストラップは邪魔になってしまいます。
ますます乗り降りしにくくなる。

この写真では肩の位置にベルトの長さ調節の金具が来ていますけど、これは痛いのでシートの背後まで移動しました。
ショルダーストラップを取り付けるアイボルトですが、やはりM12では大きすぎて金具が入りませんでした。金具の開口部をノギスで計ってみると8mm。M12のアイボルトのリング部の直径は10mmでした。
M10でもギリギリというところ。
通常付属しているアイボルトはたぶんM8くらなのかもしれません。

いずれ小径のものに取り換えることにして、とりあえずは削ってしまった。
ベルトの取り付け角度などはなかなかいいのではないかと思いますが、シートに近いのでベルトがかなり余ります。この状態で余った部分がフロアまで届くくらい。
丸めてゴムバンドで束ねておくことにしました。
2003/10/11 41400km スポーツランドSUGOを走った(たんぽぽ倶楽部にゲスト参加)
スターティンググリッドの最後尾のゲスト車の3台。
KOWさんのロードスターとSEIBUさんの白いBMWカブリオレ。
逆光写真です。
今回の走行距離は約550km。集合時間が12時だったので往路は二本松まで一般道を走り、二本松ICから村田ICまでは東北道。帰りは岩沼ヘ抜ける道路が狭い山道だったので村田ICからずっと高速道を走って戻りました。
Sparcoのシートで長距離を走るのは初めてだったので心配はあったのですが、腰痛が出るということはありませんでした。もちろんRECAROのリクライニングシートに比べると、リラックスするという訳には行かないですけど、長距離にも耐えられるということが分かりましたので、しばらくはこのまま付けておこうかと考えてます。

プロミュー・チタンkaiのパッドはペダルに足を載せただけでよく効きました。
途中ピットインしたらパッドから煙が出ていてびっくり。それでも効きが落ちるということはなかった。
シートのポジションが下がったためか、シフトダウンのときにカカトでアクセルペダルを踏み損なってシフトロックすることがなかった。というか、予想外に減速してしまうので、たらたらとコーナーを回ってしまうことが多かったかな?
フロントタイヤもベトベトに溶けるということも無く、プロックの角がきれいに丸くなってました。

燃費を計算してみると、サーキット走行や帰り道の夜の高速道で30から50くらい超過して走り続けた割りには予想外に良くて9km/Lを少し越えていました。往路で一般道を流れに乗って走ったのが効いたのかな?いずれにしてもなかなか優秀な数値です。
2003/10/12 41900km オイル交換
前の週にオイルを交換できなかったので戻ってから・・と考えていたのですが、今朝オイルスティックを見てみると、先端にわずかにオイルが付くだけ。
あわててディーラーで交換しました。古いオイルをジョッキで計量してもらったら、なんと2リットルちょっとしか残ってなかった。半分以下(・_・)
オイル警告灯は確か点いていなかったのに。
サーキット走行で急激に減ったとは思えないから、じわじわと減ってたのでしょう。
最近、オイルの減りが少なくなったと油断していました。よくエンジンが焼き付かなかったものです。
調べてみると前回交換からの走行距離は4000kmだけど、その間にジムカ・ミーティングとかもてぎの東コースを走ったりしているのでした。うかつでした。
今回はレプソルの15W−40というのを入れてみました。
2003/10/19
オイル交換、ブレーキパッド付け直し、Willansハーネスを装着した状態でカントリーロードを走ってみました。
ブレーキの鳴きは完全になくなりました。不思議なくらい。
付け直しといってもパッドの上下のリテーナーに触れる部分にグリースをたっぷりつけただけなので、これの効果だろうと推測しています。
効きは相変わらず、効きすぎるくらい。何度かタイヤが鳴いてABSが顔を出しました。
ベルトは着ている上着によって締め付け具合が変わるのが純正との違い。テンションがないからやむを得ないか。
この2インチのベルトはバックルの部分の左右に幅が広く厚手の当て布が付いているのですが、これが乗り込むときに邪魔になります。
当り前だけど、日常的に使用するのにはこの部分がマイナスです。それからショルダーもリップベルトも長さの調節が簡単にはできないといったところも。
外すときは簡単に緩められて、装着するときはもっと簡単に締め付けられる方がいいですね。
実際に使用するのは年に数回といったところでしょうからこの程度のもので充分なのですけど、3インチで色が黒のものを物色しています(/_;)

ページトップへ戻る