Page 1


2001/11/18 走行距離 22,400km
今年の2月に11,000km走行で交換した後輪がほぼ限界になってきたので交換しました。
RE711から前輪と同じRE−01へ。

ほぼ指定空気圧で乗っていたのに、なぜかRE711は中央部が摩耗してほとんど溝が無い状態。両端はまだまだ溝が残っていたのでドライの路面ではそれほどグリップの低下は感じなかったのですが、これからのシーズンを考えて交換することにしました。
ショップには在庫がないだろうと思っていたら、あった(。。;)ゞ 交換して路上に出てアクセルを踏んだら、ズルッと滑りました。
フィールはRE711とそれほど変わりなし。
2001/10/13 走行距離 21,000km
エンジンオイルを交換。前回と同じく純正のウルトラ・ゴールド、4.5リットル。
2001/09/15 走行距離 20,000km
約1年半で走行距離2万キロを越えました。
シートは結局修理したLS−Lに戻しました。またポジションが高くなったけど、腰のまわりのホールド感がいい。
2001/08/25

無事取り付け完了。詳細は「RECARO SR3」のページに・・・
2001/08/23 走行距離 19,500km
夜、オートバックスに行ってRECAROのシートを買ってきました。
並行輸入物のSR−3というものです。助手席に載せて帰って来ました。新旧のRECAROが一緒に写真に収まってます。

日曜日までには取り付けたいと思ってますが、うまく納まるかどうか?(。。;)ゞ
2001/08/05 走行距離 18,510km
オイル関係交換

先月から今月にかけて、デフオイルとミッションオイルを交換。これが2度目。
それほど汚れているわけではないけど、早めに。
エンジンオイルは前回交換から1000km強しか走ってないけど、0.5Lを補充。
スティックに付いてくるオイルの色は透明からわずかに茶色くなった程度。
夏場はオイルの消耗も早いみたい。
2001/06/17 走行距離 17,123km
オイル交換
前回交換時から4000km走ったので、エンジンオイルを交換しました。
前回はフィルターも含めてベルノ店で交換したのですけど、今回は初めてカー用品店で取り換えてみました。ホンダ純正の化学合成油「ウルトラ・ゴールド」の4リットル缶を入れてもらって、家に戻ってから手持ちの缶から0.5リットルを追加しました。
スティックに付くオイルが透明になって気持ちがいいですし、エンジンの回転フィールも軽くなりました。


2001/06/09〜10 走行距離 17,059km
盛岡、八幡平ツーリング
第二土曜日曜の連休を使って往復1,057kmを走りました。
高速道使用が大半だったので、燃費は11.6km/Lでした。
帰途の大半は雨の中の走行でしたが、タイヤが新しいとかアライメントの効果か、特に不安は無かったです。
ただ、相変わらず走行中のエンジン音はうるさくて、声のボリュームを上げないとパセンジャーとの会話も難しい。
それから、純正のままの助手席のシートの座り心地が劣悪で、長時間座り続けるのは苦痛でした。


2001/05/04〜06 走行距離 15,184km
初めてのロングツーリング

GWの連休に2泊3日で富山県砺波市まで走ってきました。
磐越道、関越道、北陸自動車道を使って片道約550km。往復で1400kmでした。
往路の北陸道でははね石でフロントウィンドウに小さなヒビが入ってしまいましたし、翌日は観光地の駐車場で車から離れている間に当て逃げされてフロントバンパーが醜く痛めつけられてしまうなど、初めての経験でした。
それでも天気に恵まれ、初めて訪れた北陸を走り回って楽しめました。

乗り心地もまずまず。シートのおかげで腰痛も出なかった。
アライメントを調整したためか直進性はかなり良くて、回転数を4500回転、速度にして30kmちょっと超過する状態で走るのが一番ストレスの少ない状態。
この状態でもステアリングを片手で軽く押さえているだけで不安がない。
高速のグランド・ツアラーとしては期待通りのものになってきました。
欲を言えば、6速がもっとハイギアであれば・・・。何度か6速状態からシフトアップしようとしてしまいました。
バンパーがむしられた時、フェンダー側の塗装が剥げたので板金工場で補修塗装。
茶色がマスキング。
その右の白いのはバンパー内部の補強の発砲スチロール。
下の黒い部分はアンダーカバー。


2001/04/15 走行距離13500km
昨日14日でちょっと丸一年。走行距離は左の写真にあるように
13,500km。休日にしか乗らないにしては良く走ったものです。
画像は Mov0065.mpg という動画ファイルにリンクされています。
Mplayer.exeで再生できるハズです。
今日、デジカメで録画したものです。

2001/04/01 走行距離 12,800km
オイル交換

今月半ばでちょうど一年になるので、オイル関係をリフレッシュするつもりでディーラーに持ち込みました。といっても買ったプリモ店ではなくて、その近くのベルノ店へ(。。;)ゞ
エンジンオイルだけならどこでも構わないけど、ミッション・オイル、デフ・オイルも交換するつもりだったので、前回も取り替えたところで・・・と思ったのだけど、全部やると約一時間かかるというので、とりあえず4000km走ったエンジンオイルとエレメントだけということにしました。
オイルは今まで入れていたレプソルに代えて、純正のウルトラGOLD。
ディーラーで入れる純正オイルは高価です(。。;)ゞ

オイルによるフィールの違いはあまり良く分からないのですが、化学合成オイルらしいこれ、なかなか気に入りました。
違いはほんのわずかなものですが、今までよりエンジン音が良くなった。特に低回転域での音と回転フィールが良くなったように感じました。
これからしばらくはこれを使ってみようかと(^_^)v


2001/03/11
タイヤ交換、その後
まだ前輪に残っていた踏面のゴムのヒゲが取れた。
タイヤのグリップは標準のS−02に比べてそれほど劣るということはないみたい。
少なくとも公道で走るレベルでは・・・・。
リアがヌルヌルと滑るような感じは、皮むきが進むと無くなった。
乗り心地の改善はかなりのもので、上下動がきついな・・という不快感はほとんど無くなって、スムースで快適な乗り心地。
改めて標準のタイヤがかなり硬いものであることが分かりました。
アライメント取り直しの効果は劇的なものではないけど、少なくとも、荒れた路面を乗り越えたあとにステアリングを取られるといった神経質さは無くなって、すわりが良くなった。
規定値ではトーインは0だけど、若干トーインを付けたので、直進性の面では有利か?
もともとロードスターに比べでステアリングの切れ角が少ないというか、スローな感じがあったけど、それが若干強まった感じがしないこともない。標準タイヤに比べるとレベルダウンになるかと心配していたタイヤのチョイスだったけど、予想外の好印象。
書き忘れ
スタンドで給油したときに空気圧をチェックしてもらったところ、標準の2.2kgに対して、2.4から2.6kgも入っていました。
今までの経験から、タイヤショップで交換すると、かなり高めに入れるので、チェックしてもらったのですが、これだけ空気圧が高くても乗り心地が良いと思えたくらいだから、規定値に落とすと、さらに良くなったようにも感じました。


2001/03/04
前輪タイヤ交換とアライメント調整
なんとか4月までの一年間は持たせたかった前輪も、内側が摩耗して溝がない状態だったので、本格的な春を待たずに交換。前月に後輪に装着したBS RE711の後継モデルでRE−01。今年1月に発売になったもの。
いわゆるAQドーナッツUというもの。
荒れ模様の天気のなかでは皮むきもできなかったけど、さすがに新品で溝が深いだけに、安心して水たまりの中へも入って行けます。
後輪ほど乗り心地とかに変化はなく、ステアリングのフィールもダルになったでもなくシャープになったでもない。
交換したショップとは別のところで、アライメントの調整もしてもらいました。
それほどの狂いは無かったけど、左前輪が若干トーアウトぎみになっていました。
こちらも、終了後に乗った感じではそれほどめざましい変化は無し。
ほんのかすかに、ステアリングのすわりが良くなったような・・という程度でした。
この時点での走行距離は12,000km。


2001/02/10
5000kmの無料点検
11,000kmを越えたのに、忘れていた2回目の無料点検を受けた。
前回オイル交換時から1リットルほどオイルが減少していたので、レプソルを注ぎ足してもらった。
おおよそ3000km前後で1リットルくらいのオイルを消費する。
後輪タイヤを交換
リアタイヤの残り溝が3mmくらいとそろそろ怪しくなってきたので、BS・ポテンザRE−711に交換。
前輪はもうちょっとイケると思っていたので、つなぎとして、廃番の711にしたのだが、なんと前輪も内側がかなり摩耗していて溝が無い状態(・_・)
ちょっと予定が狂ってしまった。
前輪は711の後継モデルRE−01にする予定。
ところで、取り替えたあと走り出して、心理的な安心感は増したものの、それほど大きな変化はないと感じていたが、わずかに乗り心地が改善されたような気がした。
相変わらず路面の凹凸に正直に上下に動くが、ショックの当りが柔らかくなった。
711が柔らかいというより、純正のポテンザS−02がかなり硬いタイヤだということか・・。

ページトップへ戻る