PC & Network

Page 8


2017/01

2016年から2017年にかけての家庭内LANの接続図です。少し入り組んできたので頭の中に納まり切れないので図にしてあります。
成り行きで余分な機器が入っているので入り組んでますし、これが理想的な接続ということではない。あえてこの様にしているという部分があります。
メインは図の上半分で、下半分は予備のルートといったところです。
矢印の実線は有線接続、破線矢印は無線接続です。
電話回線を使ったパソコン通信から、ADSLを経て現在の光フレッツ接続となってきました。
使っている機器はPCを始めとしてかなり古いものですが、実用上不便を感じることはありません。
使っているOSはXPからWindows7を経て現在はWindows10です。
(A) LAN接続図
DELL OpriPlex980
 2010年頃のデスクトップ機でこれがメインマシン。以下980と略。
Buffalo WZR-HP-G301NH
 これも今では旧モデルとなったバッファローの無線LANルーター。
 中継機にもなるので中古品を2台、中継機として使用。以下G301と略。
Buffalo WZR-S600DHP
 予備機として買ったもので、G301と入れ替えても良いかと思ったのだけど、G301のラインが安定しているのでそのまま予備。
 以下S600と略。
DELL OptiPlex780
 思いつきでヤフオクで入手した中古機。たぶん2009年頃のCore2Duoマシン。事業所で使われていたリース落ちのものか。
 スリム型なので拡張性はないが性能的には充分使える。以下780と略。
 S600と有線接続されていることが多いが、LANケーブルを差し替えて980と接続することもある。

DELL Vostro3560
 Core i5搭載のノートPC。これが一番新しくて高速。以下、ノートPCと略。
 もともとは980の補助としてネットに確実に繋がるための目的だったけど、今はその地位を780に奪われた感じ。
(B) ひかり電話ルーター RS−500KI (以下500KIと略)
回線終端装置が別体だった前の機器と入れ替えられたもので、無線も内蔵されているが、こちらはたぶん別途契約。
インターネットへの接続は基本的にはこれだけあれば事足りると思うけど、現実的には市販の無線LANルーターの前、上流に繋がれることになるので、500KI自体は回線終端装置とひかり電話用の機器として動いている。

500KIはマニュアルPDFなどがあるがネットでの情報は少なめ。マニュアルも難解なので、基本的には設定はいじらない方が吉といったところ。初期値でPPPoEブリッジとかが使用できるので、通過地点と考えた方が良いようです。
ちなみに500KIの設定へアクセスするためにはブラウザのURLで「192.168.1.1」または「ntt.setup」と入力すれば良い。

左右の画像は私の所のところでの設定です。マニュアルに表示されているものに比べて項目が少なくなっています。
詳細設定は4個ほど香味句が消えていますが、たぶんブリッジ接続の場合はこのようになるのではないかと想像しています。
Buffalo WZR-HP-G301NH
インターネットには(プロバイダー)にはどこで繋がっているのか?という素朴な疑問がありましたが、PCをルーターG301に繋いで接続設定をする訳だから、ここで繋がっている。
ルーター500KIの下にもうひとつルーターが繋がれているわけで、ややこしい。
二重ルーターというらしいけど、必ずしも悪いことでもなさそう。でも、頭の中が混乱する。
これの本体背後にはモードスイッチがあって、ルーターON、OFF、AUTOと選択できるのですが、ルーターONで使用しています。
このスイッチの位置によって制定画面が少し変わったりします。
Buffalo WZR-S600DHP
こちらのモードスイッチは本体正面にあって、スライドスイッチではなく、ボタンを押すごとにモートが切り替わります。基本的はAUTOモードで使うことと取説には書かれています。
(D) グローバルIPアドレスとローカルIPアドレス
下の図は一番上の接続図の一部を抜き出してルーター廻りのIPアドレスを示したものです。2016年にはおおよそこのようなかたちで使用していました。
インターネットへの接続は 980 → G301 → 500KI → @nifty と言うルートで繋がります。
PCのコマンドレベルで 、たとえば「>tracert mixi.jp」uなどと入力すると、目的のサイトまでの経路をトレースしてくれますが、G301に続いて500KIのローカルIPアドレスが表示されます。
(E) 500KIと780を接続

S600と繋いでいた780を500KIに直接接続してみました。
780はIPアドレスを固定していないので、500KIからローカルIPアドレスを受け取って問題なくインターネットに接続できます。
特に意味がある訳ではないけど、万が一、下流のルーターがトラブったときなどには、直接接続してインターネットに繋げられるのはメリットかも。

左はtracertコマンドで接続ルートをトレースした結果です。
(F) BuffaloルーターのIPアドレス取得
下の図は(D)の状態でのルーターS600の設定画面、ステータス→システムです。
デフォルトではMODEスイッチがAUTOになっていて、IPアドレス取得方法は「インターネット@スタートを使う」となっています(赤線枠)。
この意味がよく分からないのですが、おまかせ接続設定をすると基本的にはこの様な設定になって、別に支障はありません。
青枠のように、上流にある500KIからローカルIPアドレスを受け取っています。
ルーターの入り口方向のIPアドレスです。
□本体背後のMODEボタンを一度押すと動作モードがAUTOからルーターONに変わる。
□ メニューの「Internet」→「Internet」で下図のようなIPアドレス取得方法の選択画面が出るようになる。

この選択部はAUTOモードでは表示されない。
□ 設定を変更して再起動すると下の図のようにルーター入り口のIPアドレスにはグローバルIPアドレスが来る。
これは500KIにあったグローバルIPアドレスとは別物であらたに割り当てられるらしい。不思議なことに接続先は2カ所になって、それぞれに別のIPアドレスが割り振られる。
この状態ではS600はプロバイダーと直接接続しているので、500KIは通過するだけ。
従って500KIの設定へアクセスすることはできなくなる。
ここでは予備ラインのS600での設定を使いましたが、私の所では今現在はメインラインのG301をこの様な設定にして、S600は500KIを経由して接続しています。
この状態ですと、グローバルIPアドレスはG301のなかに二つ、500KIのなかに一つという不思議な状態になります。
メインのLANの中にはインターネット・カメラがあるので、このカメラに外部から(LANの外側から)入るために、G301の入り口にグローバルIPアドレスを持ってきたのでした。
ここまでやったところで、一応擬似的に?予備ルートのLANからインターネット経由でメインのLAN内のインターネット・カメラに入れるようにはなりました。
と言ってもかなり原始的な方法かもしれませんが。

もともとの(A)の図に戻ると、BBルーターをメインのG301だけにして、その下に780をぶら下げれば、何の問題もなく家庭内LANとして完結するわけで、Remote Wake Upからリモートデスクトップ接続なども、なんの苦もなくできるわけだから、なにを好んでこのようなややこしいことをやってみるのか、自分でも呆れます(/_;)
(G) 別のLANグループ(セグメント)からアクセスする
インターネット側からLAN内のネットカメラを見ることはできたので、LANの外に出ず他のBBルーターをまたいでアクセスすることもできるらしいので試してみました。
WEBで調べながら見よう見まねでやってみたので下図の接続が正しいのかどうかは分からないのですが、一応目的とすることはできましたが、どのようにルーティングするのかが完全に把握できませんので説明も難しい(/_;)
「静的ルーティング設定」というのは最近のBUFFALOの無線LANルーターの設定の中では「Internet/LAN→経路情報」に該当するのではないかと想像していますが、ここに書き込む宛先IPアドレスには「/24」という部分は無いので、「192.168.12.0」と描き込んでみました。

左画像はPLANEXの古いカメラビュワーですが、左側がメインのLANに繋がったネットカメラ1で、右側がテストのために予備機ルーター2に移動したネットカメラ2です。
2台のルーター間で相互乗り入れができるようになりました。

2台のPC間でリモートデスクトップ接続もできるようになりましたが、それでもまだよく理解できていない。
2台のPCから別セグメントのBBルーターへ入れるのだけど、PC2からルーター1へ繋ぐとG301の設定画面が表示されるのに、逆方向のPC1からルーター2へ入ろうとしても設定画面が出てこなかった。
これはS600の設定「管理→システム設定→Internet側リモートアクセス設定」を「許可する」に設定してなかったからでした。

ふたつのLANグループがなんとか相互乗り入れできるようになったけど、まだよく分からない部分がたくさんあります。
ややこしいのでとりあえずはPC1(980)から操作してできるようになったことを整理してみると・・・・

*別のLANグルーブ内のネットカメラが見られるようになった。
*当然だけど別のLANグループのルーター2(S600)の設定画面を起動できるようになった。
*この設定画面からPC2(780)をRemote WAKE-UPできるようになった。
*リモートデスクトップ接続でPC2(780)を操作できるようになった。

・・と列挙してみると一応実用的な目的は果たせているのだけど、なんとなくすっきりしない。別のセグメントにあるBBルーターまで通っているのは事実だしpingコマンドでもここまでは確認できるが、そのルーターの下に繋がったPCからの応答はない。
tracertコマンドでもルーターに繋がっているPCまではたどり着けない。

PC1(980)からPC2(780)へのルートのトレースですが、ルーター2のLAN側までは通ってるけど、さの下にあるPC2やネットカメラ2へは通ってない。もちろんpingでやっても同じ。
Buffalo WZR-S600DHP
BBルーターを二重ルーターで複数台繋ぐという奇妙な環境になってしまったのですが、予備用のBBルーターWZR-S600DHPをブリッジ接続に変更してみました。
ブリッジ接続=アクセスポイント・モード。
以前のモデルだとルーター背後にモード切替のスライドスイッチが付いていたけど、このモデルはプッシュボタンです。
おおよそですが、AUTO → ルーターモード → ブリッジモードと切り替わるようです。
AUTOモードでも上流にルーターがあるとブリッジモードに設定されます。取説にAUTOでつかうように書かれているのはこの意味ですね。
切り替えると機器のIPアドレスは「192.168.11.100 」に切り替わるので接続画面にアクセスできなくなったりします。
IPアドレス WAN側アドレス PCのアドレス自動)
デフォルト設定 192.168.11.1 - -
変更前の設定ルーターモード 192.168.12.1 192.168.1.3 192.168.12.2
ブリッジモードに変更 192.168.1.3 - 192.168.1.7

ルーターモードにはあった下段のタイル3個がなくなります。
デバイス・マネージャーが無くなるのは痛いか?
IPアドレスがシンプルな構成になるという意外にいまのところあまりメリットを感じられない。
特にルーターからMagicPacketを送れないというのは、滅多に使わないとはいえ不自由かも。
もっとも無線アクセスポイントとして使うのだからそれはそれで良いのでしょうけど。

ブリッジモードだとWAN側から入らないので、PC「192.168.1.7」までpingが通る。
ただ、電源が入ってないと通らないようで。
おおよその結論
なんとなくインターネットには繋がっているけど、どこでどんな風に繋がっているのか?という素朴な疑問からBBルーターまわりを調べ始めたのでした。
もともとはかなり早い時期から無線LANルーターを使っていて、いつの間にか回線がメタルから光回線に変わって、NTTのひかり電話ルーターが割り込んできて、なんとなく問題なく繋がっているからいいか・・・って感じで使ってきました。

最近のNTTルーターは無線LANも組み込まれているので、別途契約してこれを使えばこれ1台で充分なのだということが分かりました。
無線機能の使いやすさで市販無線LANルーターを使う場合はアクセスポイントとして使えば良いわけで。
ネットワークはシンプルな方が良い。
でも、何となく使い続けてきてしまったので、この環境の中でなんとかやりくりはできるようになりました。

途中、寄り道して(次ページ)古い無線LANルーターで難しい用語と機能を調べました。

結論としては二重ルーター状態になる場合は、下流のルーターはローカル・ルーターとして設定使用したほうが良いということです。

いまでもまだできないことというと、ルーター越えで別のセグメントへMagicPacketを送ることができない、ということですが、ルーターの機能を使えばWake On LANもできるし分かりやすいので、これはこれで良いのかな?と。