PC & Network

Page 6

Windows Technical Preview (Windows 10)

2014/10

WindowsXPのサポート終了前にWindows7に乗り換えてから、格別不満もなく使っているのですが、Windows10の評価版がリリースされたのでダウンロードしてみました。
ダウンロードしたファイルはISOファイルで、これをUSBメモリーに書き込んでこれから起動してインストールしました。
ここまでの手順はGIGAZINEに詳細に書かれていたのでとても分かりやすかったです。
英語版ですがアプリでは日本語の表示も書き込みもできます。

復活したスタートメニューですが、ちょっと変わってます。
なんというか苦肉の策?とでもいうのか、これならWindows8.1にフリーソフトのスタートメニューを組み込んだ方が使いやすいのではないかと思います。

歴史のあるスタートメニューと新しいライブタイルを無理矢理ひとつにする理由がよく分からない。両者は別物として共存できるはずだし。
このあたりにWindows8で変えすぎた失敗のあとのWindowsの迷走を感じます。

このスタートメニューではなくMetroと呼ばれるスタート画面を使う場合は、設定を変更して再起動しなくてはならないのです。このあたりも不思議だけど、この新しいスタートメニューのタイルをどんどん増やしてゆくとModernUIとスタートメニューが融合した感じになって、これはこれで苦肉の策だけどいいのかも。
それにしても、電源ボタンがスタートボタンから遠い位置に移動した理由は分かりません。
なんとなくオモチャにして使っているだけなのですけど、ブラウザのFirefox以外にはなにもインストールしていない、ほとんど素のままのWindowsですけど、起動もシャットダウンもかなり速いのではないかと感じます。
あまり使うことがないMicrosoft IMEですけど、これもなんとなく進化しているように感じます。ATOKでなくても、これで充分使えるかも。

左の図はWindows8.1にフリーソフトのスタートメニューを組み込んだ状態で、このメニューの中からMetro画面に移行できるので、この方が自然な感じがします。

タッチスクリーンではなくマウス主体で操作をするのなら、従来からの文字ベースのメニューとデスクトップアイコンの方が良いのではないかと思います。
スタート画面
Windows8 & 8.1で評判が良くなかったスタート画面(ModernUI)も用意されるようだけど、これはこれに使い慣れたユーザーのためか。
扱いは何となく補助的。
TaskView
タスクバーに加わった新しいアイコン、タスクビューTaskViewです。
表示されているもの、最小化されているもの含めてオープンしているウィンドウを表示してくれます。

これはちょっと便利かも知れません。
もうひとつの新しいアイコンは虫眼鏡型でPCとWebをまとめて検索するということです。
上の図画面下に黒い帯があって、そのなかに+Add a desktop と表示されているのですが、Linuxなどで使われている仮想デスクトップということのようです。
この改良版ではこれが一番魅力的かも。
表面的な使い勝手では目新しいところはこれくらいかも。
このPreview版がWindows10そのものではないということらしいですけど、特に可も無く不可も無くで、8や8.1を使ったひとには馴染みやすいと思います。
私はWindows7で格別不満もないので、PCを入れ替えるまでは使い続けると思います。
チャーム & 4分割ウィンドウ
上の図左はチャームとか言われているものでWindows8あたりから使われている機能です。ほとんど意味が無いのでWindowsキー+C だけで出てくるようになった。無くても良い機能。
右はオープンしているウィンドウ4個を配置するもので、それぞれのウィンドウを画面コーナーにドラッグすると1/4サイズになります。
これも使い道がよく分からない機能です。
Windows To Go
コントロールパネルのなかに含まれているWindows To Goと言う項目が気になっていたのですけど、USB接続で起動できる機能ということなので試してみました。外付けドライブから起動出来るのはWindowsとしてはかなり珍しいものです。

デスクトップマシンで作った3.5インチHDDをHDDスタンドに入れてノートPC(Windows7)で起動してみたところです。

Windows To Goについてはネットに詳細な情報があるのでそちらを調べていただくとして、とにかくやってみた経験と曖昧な知識をメモしておきます。

条件がいくつかあって、Technical Preview for Enterprise でないとダメ。インストールできるのは32GB以上のUSBメモリorドライブ、起動するPCはUSBブートが可能であること、などです。

Windows Technical Previewをインストールして使っているのは、ちょっとしたはずみでヤフオクで手に入れたDELL OptiPlex 780 というリース落ちらしい中古品です。
ビジネス用端末機らしく拡張性はないもののWindows7Pro 64bit 搭載で、処理速度は充分です。
19型液晶モニターとセットで2万円前後でした。

Windows7と10TechnicalPreview のデュアルブートにしてあります。
用意するものは、インストールするためのUSBメモリーやHDD、SSDなど。DVDにISO焼きしたTechnicalPreview for Enterpriseのマスターディスクです。コンパネのWindows To Go を起動して、ターゲットドライブ、ソースディスクを確認すれば15分から30分くらいでコピー完了。
あとは外付けドライブから起動して、通常のインストール作業になります。
PCで現在使用している環境がコピーされるわけではなく、マスターディスクからのクリーンインストールになります。
私は初期設定のところで英語キーボードのままにしてしまったので「@」が表示できずにちょっと面食らいました。
そのあと、コンパネでというかレジストリエディターでキーボードを日本語106キーボードに変更、MicrosoftIMEも組み込んでなんとか日本語入力ができるようにしました。
小さなUSBメモリーだと良いかな?と思ったのですけど、調べてみると対応するメモリーでないとダメということです。
対応するメモリーは一社だけ作っているようですが、かなり高価です。2.5インチの外付けHDDドライブかSSDをケースに入れて使った方が良いかも知れないですね。
↓はWebで見つけたものの引用です。Win8に付いての解説ですが、なぜ通常のUSBメモリーではダメなのかが解説してあります。

実は量販店で安売りされているような一般的なUSBメモリは、たとえ大容量でUSB 3.0対応、超高速が売りの製品であっても、大半はWindows To Go用USBメモリとしては使用できない。
 別の言い方をすると、Windowsに「リムーバブルディスク」として認識されるタイプのUSBメモリは、Windows To Goには使用できない。Windows To Goのためには、複数のパーティションを作成できる「ベーシックディスク」として認識されるUSBドライブでなければならない。Windows To Goで使うUSBドライブは、350MBのFAT32パーティションと残りのNTFSパーティションに分割され、350MBのパーティションにはシステム のブート環境が、残りのNTFSパーティションにはWindowsイメージが展開される(暗号化されるのはNTFSパーティションだけ)。Windows は「リムーバブルディスク」に複数のパーティションを作成できないため、一般的なUSBメモリをWindows To Goに使うことはできないのである。

Build 9926
Windows7以降であればWindows10へは無料でアップグレードできるという発表があって、数日後に新しいBuild 9926がリリースされたのでさっそくUpdateしました。
今回からOSも日本語対応になったところが一番大きい変更点かも。でも、まだおやっ?と思うところが残ってますけど。
Updateといえば、今回からWindows Updateの項目がコントロールパネルから消えてしまいました。
これにはびっくりしましたが、PC Settings のなかにありました。
音声認識が加わったのだけど、これは英語だけ。
なぜか「休止状態」にしても、短時間で再起動してしまう。
この勝手に再起動は翌日には自然解決してました。いったんシャットダウンしないとダメ・・・ということなのかも。

自然治癒かと思ってネットワークカードの設定を戻したら、また勝手に起動するようになりました。以前ほど頻繁では無くて、気が付いたら再起動していた・・といった具合。
結局、再起動の原因はネットワーク経由で再起動がかかるようです。リモートウェイクアップの設定をDisabledにすると再起動しなくなりました。

(追記)この現象はWindows Updateや新しいソフトをインストールすることによってなのか、再発するようになりました。
 Webで調べてレジストリをいじることで再発しなくなりましたが、いつまで続くかは不明です。
■ スタートメニューが出てこなくなる現象
某フリーソフト(仮想DVDドライブ)をインストールしたところ、余分なソフトが組み込まれたりブラウザのホームページが強制的に変更されて元に戻せなくなったので、回復を使って復元ポイントに戻したところ、なぜかスタートメニューが出てこなくなりました。
スタートボタンを右クリックするとテキストのみのメニューは出てきます。
この現象はWindows10 Previewだけではなく、以前のものでも起こることがあるようです。
これは新たにユーザーアカウント(管理者)を設定したところ復旧しました。