PC & Network

Page 5

無線LAN

2014/10


Page2のインターネット・カメラ Web接続の続きですが、思い立って無線LANブロードバンドルーターの新しいモデルを購入しました。
左写真の一番奥が今でもメインとなっているBUFFALO WZR-HP-G301NHで、USB接続の子機とのセットで購入しました。このモデルは同一機種なら中継機としても使えるので、もう1台はヤフオクで中古品を買い中継機として使っています。

その手前が新しく買ったWZR−S600DHPです。
これは親機のモデル関係なく中継機としても使えるので買ってみたのですが、単に中継機として使うのなら、写真一番手前の中継専用機が半値以下で買えるので、これも追加で購入しました。
中継専用機は単機能なのでこれだけコンパクトです。
親機と同じくLANポートが4個付いているので子機としても使えるということです。
とりあえず上の図のようなかたちで納まりました。
2台の監視カメラが離れているので、中継機1台で兼用するのはちょっと無理で、できないことは無いけど電波が弱くなるため動画が途切れがちになってしまいます。
なので結局それぞれのカメラとルーター親機の間にそれぞれ中継機を入れて映像が途切れずくっきり写るようになりました。

WZR−S600DHPははみ出してしまったので、次期メインとして予備PCの方で使い慣れることにました。
上図の赤枠で囲ったWEX−300のところには、G301NHやS600DHPを入れてみたのですが、なんとなく中継専用機のWEX−300が一番分が悪いような感じがします。
条件はまったく同一なので、親機と中継機間の受信感度が少し劣るような感じがします。
設置場所、距離などの条件ではG301NH→WebCam_1の方が不利な感じがするのですが、なぜかこちらの方がレスポンスが速いです。
今まで問題なく使ってきたG301NH→WebCam_1 のルートのカメラ側からの受信状況です。
信号強度を示す緑色のバーが2本とか3本では途切れ途切れの映像と音声になってしまうので、左図のように5本全部が表示されるくらいの強さは必要です。

でも、これは中継機とカメラ間の無線信号の強度にすぎないのですけど。
こちらはWEX−300→WebCam_2 の状態です。
中継機とカメラとの距離は近いので信号強度はかなり強いのですが、親機と中継機間の信号強度で違いが出てくるようです。
コンクリートの建物の1階と2階、さらに隣接する別棟という難しい条件のなかでの無線LANなので、電波が届く範囲を見極めるのが大変です。
中継機とカメラ間の信号強度はカメラの設定から分かるのですが、親機と中継機間の状態が分からないので手探り状態でした。
中継機とカメラの組み合わせをそのままにして入れ替えたところ状態が良くなりました。
結論としては、中継専用機を選ぶのなら、BUFFALOの場合はもう一種、上位グレードにWEX−733Dというモデルがあるので、こちらを選んだ方が良いようです。
さらに、最近の無線LAN親機は中継機にもなるタイプが多いので、そちらの方が使い道が広くて良いのではないかと思います。
BUFFALOの無線中継機 WEX-300 は2014年4月の発売らしいですけど、設定画面は下の通り古いままです。
ただ、この画面へログインするユーザー名とパスワードは従来のroot+空白ではなく、admin+passwordになっています。
こちらは2014年8月発売の WRZ-S600DHP ですが、設定画面はリファインされています。
ただ、従来品にはあったユーティリティ機能「ネットワークサービスの一覧」が無くなったのは残念。
中継機モードと中継専用機の違い
赤い字で表示したSSIDを見ると分かりますけど、WEX−300は親機のSSIDをそのまま引き継ぎます。
これがたぶん中継専用機のメリットなのでしょう。
親機とカメラを接続したあと、その中間に割り込ませるだけなのですけど、必ずしも簡単とは言えないところがあります。
中継機の使い方にも依ると思いますが、今回のような固定カメラなどの場合はローミングする必要もないので、単純に子機モードの機器とカメラを接続する方が分かりやすいです。
 Tips
あれこれとやってみて感じたことを書き留めておきます。
★無線LAN中継機は設置場所が難しいです。つまり上流の親機と下流のIPカメラなどの双方に接続しやすいというかバランス良く接続できる場所を見つけるのが大変。
それに電源などの制約もあるので、必ずしも理想的な位置に設置できるとは限らない、ということです。
今回は隣り合った鉄筋コンクリートの建物間での通信が難しかった。
できないわけではないけど、安定して通信できる電波強度がなかなか得られなかった。
この点は、中継機の位置を移動して、窓から電波が入るところに設置することで大幅に改善できました。
網入りのガラスは電波には不利だけど、それでもコンクリートの壁面の陰に置くよりはずっといいです。

★受信状態が良くなると、カメラに写るひとの動きがなめらかになります。受信電波の強度が低いとカクカクした動きになります。
それから動画の画面に表示される時計の秒部分の数字がコンスタントにカウントアップされます。電波が弱いと数字が止まったり、数字を飛ばして表示したりしますので、これでも受信状態が判断できます。

★あまり正確な比較ではないですけど、同じ条件で中継機を3種類入れ替えてみると、機能の高さは下のようになります。
   S600DHP中継機モード>G301NH中継機モード>WEX−300

★木造の一般住宅の場合はそれほど問題は無いでしょうけど、私の所のケースのように電波を屋外で飛ばす場合、天気に左右されたりします。雨の時は電波の状況は良くないです。このあたりは有線接続にはかなわないですね。
ヤフオクでWZR−HP−G301NHの中古品が手に入ったので、親機から中継機まで3台全部を同じモデルにしました。
繋がってしまえばそれで良いことなのですが、不思議なことに2台の中継機のSSIDが違うのです。
上の段の2台目G301NH(2)のSSIDはこの機種のMACアドレスそのものなのですが、最後に繋いだ3台目G301NH(3)のSSIDは親機のそれをそのまま引き継いでいます。
なぜこのような違いが出るのか分かりません。ちょっと不思議です。
G301NHのような以前のモデルでは無線アクセスポイントを識別するSSIDはMACアドレスを流用していたけど、新しいモデルはSSIDには比較的分かりやすい名前を付けています。同じネットワーク内に同一機種が2台入ったらどうなるのか分かりませんけど、分かりやすい名前ではあります。よく見るとMACアドレスの後ろ二文字を使っているので重複することはないのでしょう。
WirelessNetView.exe
無線LANの黎明期には似たようなフリーソフトを使ったことがありましたけど、、今回見つけたがこれです。

とてもシンプルだけど、すごい情報量です。
表示されるたくさんの項目の中には意味の分からないものもあるのですが、左端の「信号」の部分が電波の強度を表わしているようなので、ノートPCでこれを起動させて移動すると電波が届く範囲がチェックできますから、中継機を設置する場所を選ぶのに役に立ちます。