PC & Network

Page 4

Wake On LAN

2014/09

LAN経由で他のパソコンを起動させるWOL(Wake On Lan)はかなりの難物ですが、辛うじて一部分だけ)クリヤできたので、ここに記録しておきます。
今回使った環境は・・・
クライアントPC = Optiplex980MT Windows7Pro(32bit)
無線LANアクセスポイント = BUFFALO WZR-HP-G301NH
リモートPC = Optiplex780SFFF Windows7Pro(64bit)
無線LANアクセスポイント =Planex BLW-04FMG

参考にしたページは http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0602/25/news014.html です。丁寧に書かれていました。
リモートPCのBIOSやネットワーク・コントローラーによって設定の仕方がさまざまなようなので、手探りで適切な設定を探してゆかなければなりませんでした。
クライアントPCの設定
作業をするクライアントPCはリモートPCに信号(マジック・パケット)を送るだけなので、設定はさほど難しくはなかったです。
フリーソフトはいろいろあるようですが、操作が直感的に分かりやすい「Wake On LAN for Windows」での例が↓の図です。

リモートPCの情報、ホスト名、IPアドレス、MACアドレスを登録します。
「起動」のところにアスタリスクが付いてますが、これはリモートPCが起動していることを表わします。
LANの内側でのWOLならばシンプルなこれでいいと思いますが、Web経由での起動はできないようです。

もうひとつ、↓の図はBUFFALOの無線LANルーターAirStationの設定ページのなかにある「ネットワークサービス一覧」ですが、ここからも信号を送れます。
lリモートPCのネットワーク・アダプターの設定
参考にしたHPからの引用ですが、電源のレベルは完全な電源オンのS0から完全な電源オフのS5までいくつかのレベルがあります。
最終的な目的はS5の状態からS0へ移行させることです。

デバイスマネージャーのなかのネットワークアダプターを選択して、登録されているアダプターのプロパティを表示します。
Intelのドライバーは最新と思われるものに入れ替えてあるので様子がちょっと違います。
ドライバーの日付は2013/07/18です。

従来は「詳細設定」のなかに含まれていたのが、「電力の管理」に移動し、より精密に設定できるようになっています。

節電オプションではなく「Wake on LAN」を設定します。
「Wake on Pattern Match」にチェックを入れると、PCを休止状態にしてもすぐに再起動してしまいます。
LANケーブルからの信号で再起動しているようなので、これだけチェックを外しました。

結局あれこれ試してみて「Wake on Pattern Match」にもチェックを入れました。
スクロールして見えない部分、 Wake on Link を表示させました。
Wake On Magic Packet
Magic Packetが直接アダプターに送信されたときに、管理ステーションからコンピューターをスタンバイまたは休止状態からウェイクアップできるようにします。

Wake on Pattern Match
このデバイスが特定のパターンを持つパケットを検出したときに、コンピューターをスタンバイモードまたは休止状態からウェイクアップさせます。特定のパターンは、オペレーティング・システムによって決定されます。

電源オフ状態からのWake On Magic Packet
アダプターが電源オフ(S5)の状態から、Adveced Power Management(APM)対応のシステムをウェイクできるようにします。システムのBIOSがサポートしている場合、ACPIシステムはコンピューターをS5の状態からウェイクアップできます。

Wake on Link 設定
ネットワーク接続がリンクを確立すると、アダプターがAdvanced Power Management(APM)対応のシステムをウェイクアップできます。
ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)はスタンバイ(S3)または休止状態(S4)からウェイクアップできます。システムのBIOSがサポートしている場合は、ACPIシステムは電源オフ(S5)の状態からウェイクアップできます。
(注)S5の状態からウェイクアップするには「電源オフ状態からのWake On Magic Packet」の設定を有効にする必要があります。
リンクがアップした状態でシステムをウェイクアップさせるには、システムがS5の状態になる前にリンクを解除する必要があります。
Microsoft Windows7 またはそれ以降のバージョンでは、「Wake on Magic Packet」または「Wake on Pattern Mach」を有効にしないとWake on Linkが正しく機能しません。
リモートPCのBIOS設定

BIOSはPCの機種によってさまざまのようですが、ここでは2010年製造のOptiPlex780の設定を表示しています。
BIOS設定メニューの中のPower Management のグループのなかに「Remote Wake Up」という項目があります。
Disableは使用不可ということで、その下の二つのどちらかを選択するのですが、この写真では「Enable with Boot to NIC」を選択してます。
これでもリモート起動できるのですが、起動時に↓のようなメッセージが出るので真ん中の「Enable」に変更しました。
その他にEnable with Boot to NICに設定すると休止状態にしてもリスタートしてして休止してくれませんでした。
「Remote Wake Up」 についての解説は以下の通りです。
『The system can be powered up remotely from Suspend,Hibernate,or Off.When Low Power Mode is enables,the system can only be powered up from Suspend mode .If Remote Wake Up from Hibernate or Off is also required,Low Power Mode must be disabled.』
システムはサスペンドモード、休止状態、電源オフの状態からリモートで再起動できます。ローパワー・モードに設定されているときはサスペンド・モードからのみ再起動できます。休止状態や電源オフからリモートで再起動するときはローパワーモードをオフにしなければならない。

「Enable with Boot to NIC」= NIC can wake up the system,and the system will boot from the network
これの意味がまだよく分かりません。

当初はわけが分からなかったWakeOnLANですが、四苦八苦したあとこのように整理してみると、なんとかできるものです。
リモートPCのハードウェアとOSがこれに対応しているのであれば、ということですけど。
しかし、ここまではLANの内部でのリモート起動ということで、遠く離れた場所のリモート起動はインターネット経由でやらなければなりません。
Web経由でのWOL
WAN経由でも基本的な設定はLAN経由と変わらなくて、WAN側にmagicPacketを送り出すソフトの設定と、その信号を受け取ったリモートPC側のルーターがそれを拒否せず、目的のPCへ届くように設定するという2点だけです。
今回は「Wake up On Lan tool ver1.9」を使いました。
これはクライアントPC側で使用します。
テストで3項目登録してあります。
1番目がLAN内での起動。
2番目がWAN経由アドレス指定での設定。
3番目はDDNSを使った設定です。
登録するのは、
リモートホスト名は自由に分かりやすい名前
ポート番号はデフォルトでこの番号です。
IPアドレスはリモートPCのグローバルIPアドレス。
サブネットマスクは左図のとおり。
MACアドレスもリモートPCのです。

OKで登録します。
この時点では「起動テスト」をしても繋がりません。

こちらはリモートPCのグローバルIPアドレスを指定するのではなく、DDNSで試してみて起動できた設定ですけど、確信はありません(。。;)ゞ
リモートホスト名にDDNSで登録したホスト名を入れて、IPアドレスは左図のようにしてみたところ起動できました。
あとはリモートPCがぶら下がっているブロードバンドルーターの設定です。製造元によって名前が様々なのが困ったところですが、このケースでは古いPLANEXのBLW-04FMGです。
Page1のリモートデスクトップ接続で設定したのと同じ場所です。ポートはクライアントPCのソフトで設定したのと同じポートを設定します。
プロトコルの設定はtcpだけだとNGでudpだけだとOKでした。
中間まとめ
ということで、差し迫って必要も無いのに成り行きでWakeOnLANをやってみたのですが、必ずしも完全では無いです。
一応LAN内では問題なくできるのですが、WAN経由ですと、リモートPCの電源オフ(S5)からのWake upは、電源オフから時間がたつと起動出来なかったりします。

http://support.microsoft.com/kb/941145/ja
「Windows Vista または Windows 7 の Wake On LAN 機能を有効にすると、不要なウェイク アップ イベントが発生します。」

http://support.microsoft.com/kb/2776718/ja
「ウェイクオン LAN Windows 8 および Windows 8.1 で (WOL) の動作」