PC & Network

Page 3

パソコンの環境(ハードウェア)

2014/09
(2015/02更新)

2014年9月現在のパソコン環境を記録しておきます。
DELL Vostro3560
2013年3月購入のノートPCで、手持ちの中ではこれが一番新しいPCです。
Core i5-3230M 2.6GHz。OSはWindows7 Pro。
届いてから電源を入れたら起動しなかったという曰く付きのパソコンでした。
数日後にサービスマンが来てマザーボードを交換してゆきました。
メインのデスクトップ・マシンがトラブったときの予備機として購入したので、できるだけいじらないようにしています。ネットとメールチェックができればOKといったスタンスです。
(2014/07)
内蔵ドライブはrucialの240GB・SSDに入れ替えてあります。
純正の500GB-2.5インチ内蔵HDDはバックアップとして保管してあります。
DELL Optiplex980MT
2010年9月購入のミニタワー型デスクトップで現在のメインマシンです。
Core i3 2.93GHz。
OSはWindows7 ProからWindows XP へのダウングレード。

内蔵3.5インチ・ベイがふたつあるのだけど、増設には専用ブラケットが必要。
サポートにメールで問い合わせたら「ありません」と言われて焦りましたが、その後探してくれました。あらかじめセットアップして販売するDELLらしく、小技は利かないようです。
■拡張ボード ONKYO SE-90PCI PCIデジタルオーディオボード
ちょっと古いモデルだったのですが、気まぐれでオーディオボードを付けて見ました。
BOSEの小さなパワーアンプ経由で自作のスピーカーに接続したのですが、Windowsのサウンドも出力されるわけで、今は滅多に使わなくなってしまいました。
私にはPCオーディオは向かないようです(。。;)ゞ
■拡張ボード PLEX PX-W3PE 3波対応TVチューナー・ボード
限りなくグレーゾーンに近いチューナーボードです。4チューナー搭載はよいとして、BS−CASカードも操作するアプリも付属無し。アプリはユーザー制作のものを組み合せて使うのだけど、関連ページが次々と閉鎖されているので苦労します。
それでも入り組んだ設定をクリヤする面白さはあります。
4チューナーなので同じ時間帯のテレビ放送を4番組同時録画できるのですが、その必要があるかどうかはひとさまざまでしょう。録画されたデータのプロテクトが解除されるのが一番のメリットですし、グレーなところでもあります。
この点を除けば、TVのHDD録画、Blu−ray・レコーダーのように気楽に使えるものではないので、次第にブルーレイ・レコーダーがメインとなってしまいました。
TV+HDD録画のころは録画したい番組が重なると、このチューナーボードで録画したりはしていました。
このボードを手に入れる前にはBUFFALOのボード(DT-H70/PCIE)を使っていたのですが、使い勝手が悪く辟易していました。
SSD(Solid State Drive)   (2014/04)

以前に比べればずいぶんと値段もこなれてきたのでTranscendの256GB-SSDを使ってみることにしました。
安くなったとはいえ価格/容量を考えるとまだまだですけど。

この製品には3.5インチベイ用のアダプターと取り付けねじが付属していたので、とりあえずは3.5インチベイに入れてみましたが、さすがに速いです。
起動時の各種ファイル、アプリの立ち上がりが素早いのでビックリします。
Sharkoon 3.5/2.5インチデュアル・リムーバブルケース  SATA QuickPort Intern Multi SHA-SATA-QPI-MLT (2014/04)
5インチベイ用で3.5インチHDDと2.5インチHDDorSDDが組み込めて、さらにUSB3.0のコネクターが2個付いている欲張りなケースです。
ドライブベイの外枠をぎりぎりまで使っているので、これを組み込むとOptiPlex980の外装樹脂パネルと干渉してしまうので3.5インチ用のドアが開かないのでした。
やむなく上の段の光学ドライブと入れ替え、樹脂パネルの横桟をカットしました。
そのため3.5インチHDDを入れると熱がこもってしまいますが、常時入れる訳でもないので良しとしました。
ここにメインドライブのSSDを移動して内蔵3.5インチベイには500GBと2TBのドライブが納まりましたが、問題はリムーバブルケースへSATAケーブルが足りないことでした。(電源は共用なので1本でOK)
SATAケーブルはPC背面にeSATAのコネクターがあるので、変換ケーブルを使って内部に引き込むことにしました。
■エアリアOverFender R USB3.0ボード PCI Express×1  (2014/04)
リムーバブルケースの表面にはUSB3.0のコネクターが2個あるので、拡張ボードを探して購入しました。
ポートが内部に2個、外部に2個あるのが好都合でした。
これには電源が必要なので、写真右のような分岐ケーブルも購入しました。
本体は前面に4個のUSB2.0コネクターがあるのですけど、プラス2個も悪くはないかなと。
■ PIONEER BD/DVD/CDドライブ BDR-209BK/WS (2014/05)
純正のDVDドライブに不満があったわけではないのですけど、ブルーレイ・レコーダーを買ったので、PCの方でもブルーレイ・ディスクが扱えるようにしたいということで入れ替えました。ソフト付きのバルク品です。
PCで録画した映画などのファイルサイズが大きいのでDVDでは納まりにくいということで入れ替えたのですが、あまり必要が無かったかも。
■ KURO-DACHI/CLONE/U3 玄人志向HDDスタンドUSB3.0  (2014/05)
内蔵HDDをUSB接続するためのケースはいくつかあるのですが、ドライブの付け替えが面倒なので買ってみました。
これ単独でクローンドライブが作れるのだけど、セクターbyセクターでコピーするので、ソースドライブと同じか容量の大きなドライブヘしかコピーできません。このコピー機能はソフトでできるのであまり重要ではないです。
PCからはみ出したドライブがいくつもある場合は、このHDDスタンドはとても便利です。2.5インチと3.5インチが共用できるところも良いと思います。
■ Microsoft Sculpt Mobile Mouse 43U-0002
マイクロソフトのコンパクトなコードレス・モバイル・マウスです。
手のひらにフィットする形状、プラスチックの質感、単三電池が1個入った手頃な重さなど、良く出来たマウスです。
電源オフにもできるのですけど、面倒なので常時ONにしてます。単三電池はeneloopを使っています。
■サンワ液晶モニターアーム 100-LA018
水平垂直3関節アーム・ガス圧タイプ。

安価なものに比べるとガスダンパーを使って上下に動かせるところが一番のメリットです。
この製品の場合、ベースの取付部がコンパクトであること。モニター・ブラケットはあらかじめモニターの方にネジ止めしておいて、あとはアーム先端に引っかけるだけと組立が簡単であること。コードがアームの内部に収納できるので見た目が良いこと、などが長所です。
■Logicool STEREO SPEAKER Z120BW (2015/02)
中古で手に入れたOptiPlex780にはスピーカーを付けていなかったのでロジクールの安価なものをamazon.comで購入しました。
廃番品のようでメーカーのHPにはもう載ってませんが、1500円ならいいか、ということで買うことにしました。
評判はかなり良いのですが、CHINA製造品なので、接触不良などがあるらしい・・・・。
電源はUSBから取るところが大きなメリットです。音声入力はステレオミニジャックからなので、PC本体前面にあるヘッドフォンジャックからも取れます。
音に関して言えばお値段なりというか、そこそこ良いのではないかと思います。さすがにBOSEのPCスピーカーに切り替えると差が歴然と出ますが、価格差が大きいですし、低価格であることを考えると耳障りな音でも無いので納得できるレベルではないかと。
右側の本体から3本のコードがでているのですけど、スピーカーの後ろ側がコードを巻き取って収納できるようになっているところがとても便利です。