PC & Network

Page 2

インターネット・カメラのWeb接続

2014/09

前ページのリモートデスクトップ接続でインタネットからLAN内部へ入る方法を覚えたので、監視用に使っているPLANEXのインターネット・カメラでもやってみることにしました。現実的にはさほど必要でもなかったので、以前に少しトライして断念していました。
LAN内部に外部から進入できるようにするのは、なんとなくリスクがあるようにも感じますが・・・・。


使用しているインターネット・カメラはちょっと古いものでPLANEXの「CS−WMV04N」です。
2008年発売なので対応OSはVistaまで。使用するブラウザはInternet Explorerですが、この頃のバージョンでの対応だと思うので、最新バージョンだと対応がどうかなと思います。
2台(正確には3台)の無線LANアクセスポイントも、今となっては古めかしいものです。
特に左側のブラネックスのBLW−04FMG(2003年発売)などは手動で設定しなければならないものですが、右のBUFFALO WZR−HP−G301NHは2010年発売ということで、簡単に接続ができるものです。
少なくとも表面的には簡単ですが、中身は複雑怪奇です(。。;)ゞ
建物がコンクリートのビルなので、少し離れると電波が届きにくいので、中継器として使える同じモデルをヤフオクで手に入れました。
LAN配線図
一般的な使い方であればインターネット・カメラの接続はそれほど難しいものではないです。と言ってもマニュアルの用語がある程度理解できないと困るかも知れませんが、少なくとも無線親機との無線接続設定はボタンひとつでやってくれます。
ただ、なにぶんにも有線接続のようにケーブルの両端が目に見えるものではないので、ほんとうに繋がっているのか?と確認しなければならないです。
カメラの設定(LAN)
これが一般的なLAN設定です。
このカメラを示すIPアドレスはDHCPではなく固定にしておきます。
ゲートウェイはホストであるBUFFALO無線LANルーターのアドレスです。
HTTPとビデオポートはデフォルトで設定されている数値です。
この最初の設定は無線接続はまだできないので有線で繋いで設定します。このLAN設定が終われば有線でカメラは映像を送ってくれるはずです。
HTTPポートなどはカメラをLAN内部で使う分には必要ないように思うのですが、このカメラはWebをつかうのでネット接続を遮断すると使えなくなります。
無線接続で使う場合はこのあと「無線LAN」の項目を設定するのですが、基本的に親機とカメラのWPSボタンを押すだけで自動で設定してくれます。
カメラの設定(ダイナミックDDNS)
LANの外からカメラにアクセスするためには、CyberGateなどの無料サービスにホスト名を登録しなくてはなりません。
自由な名前を登録し、ブロードバンドルーターのグローバルIPアドレスと関連づげるだけです。

左のカメラでの登録画面では、CyberGateで登録したデータを入力します。パスワードもそちらで登録したものを入力します。
これで外部からカメラの画像が見られるようになります。
↓がその画面です。右側のモニターはLAN内部で画像です。ブラウザは指定のIEなので音声も出ますし画面下のボタン類も表示されます。 左はLANの外側にあるPCからインターネット経由でカメラにアクセスしたところです。なぜかIEではダメなので、Firefoxで表示しているので音も画面下のボタン類も出ません。
★2台目のカメラ設定
カメラが1台ならLAN接続もWeb経由接続もそれほど問題はないと思うのですが、これが2台目となると、ちょっと戸惑います。
LAN内部での接続なら、左図のようにIPアドレスを1台目とは変えて登録するだけです。このあと無線接続でしようするなら親機との間で自動設定するだけです。

設定で引っかかるのは左図画面下の赤枠で囲った部分です。
解決した今でも良く理解できているとは言えないのですけど、このように設定して使えるようになりました。

HTTPポートは通常は80を使うようですが、1台目でこのポートを使っているので、他の適当な数字を入力します。私は81にしました。
ビデオポートはなぜか自動的にこの数値になっていました。
ブロードバンドルーター(BUFFALO WZR−HP−G301NHの設定
リモートデスクトップ接続と同じようにLANの外からアクセスできるようにBBルーターのポート開放を設定します。
カメラのLAN設定とこのルーターの設定が一致しないと繋がりません。
下の図下の二行がカメラ用の設定です。
書き忘れましたが、上の配線図と違って今回は2台とも無線で接続しました。
さらに、このBUFFALOのAPは同じモデルだと中継器として使えるので、カメラは2台とも無線接続は中継機との接続です。
 BUFFALO 無線LANブロードバンド・ルーター WZR-S600DHP (2014/09新規購入)
4年ぶりに新しい無線LANルーターを購入しました。
IPカメラの設置場所を変えたので電波がギリギリで届く程度。カメラをさらに室内奥に移動すると完全に届かなくなってしまうので、中継機が必要になったからです。

今1台使っている中継機は親機と同一品で、中継機としても使えるモデルなのでヤフオクで手に入れました。同じようにもう1台手に入れれば良いのですが、モデルによっては新品価格がかなり安くなっているので中古品との差が小さいので、新製品のなかから中継機として使えるこれにしました。

最近のBBルーターはメーカーや機種に関係なく接続できるようですし、設定なども変わってきているので、新しいモデルにしました。
さほど高性能の必要は無いし、かといってあまりの低価格低機能でも困るので、なんとなく中間クラスかなというところでこれを選びました。
接続は上図の通りです。G301NHは1台の親機に2台の中継機が接続できて、それぞれの中継機にさらに2台ずつ中継機が接続できるということです。このケースのような他の機種だとどうなるのかはよく分かりませんが、べつに問題は無いわけで。
WebCam No1は中継機G301NHと接続するのですが、S600DHPは親機の設定をそのまま引き継ぐということなので、WebCamNo2は基本的には親機のG301NHと接続することになります。
つまり親機とNo2カメラの間に中継機が自動的に割り込むという説明なのですが、このあたりが微妙です。
左図はWebCam No1の無線接続です。信号の強い中継機G301NHに接続しています。

コンクリートの建物の中に中継機があって、カメラは屋外カーポートの下に設置してあります。距離は約10mくらい。
建物の中といっても網入りのガラス窓がカメラとの間にあるので、これが電波を通しているのだろうと思います。意外と信号波強いです。

同じくコンクリートの建物の2階窓際に設置した新しい中継機S600DHPからの電波も届いていますが、さすがに親機からの電波は微弱です。
WebCamNo1が接続した中継機G301NHのステータスです。
SSIDがチェックポイントです(一部を消してありますが)
左図はWebCamNo2の無線接続です。

数日前までカメラを設置していた勝手口のガラスドアの近くに新しい中継機を置いたので、この建物のフロア全体がカバーできそうです。

古いPLANEXの無線アクセスポイントBLW-04FMGの電波も届いてますから、BUFFALOのよりは強力なようです。

中継機が入って電波が強力になったためかカメラの映像がとても鮮明です。通常は640×480のVGAサイズで表示しているのですが、XGAサイズ1280×1024でも問題なく見られます。
WebCamNo2が接続したS600DHPのステータスです。
中継機のSSIDはこの機器固有のものでは無く親機のIDです。