PC & Network

Page 1

リモートデスクトップ接続

2014/09
(2017/01修正)

Page2 インターネット・カメラのWeb接続 Page6 Windows Technical Preview
Page3 パソコンの環境(ハードウェア) Page7 Web Camera CS-W06HD
Page4 Wake On Lan Page8 インターネットとルーター
Page5 無線LAN - -

この数日、Windowsのリモートデスクトップ接続で四苦八苦したので、ここに備忘録として記録しておきます。
勘違いや曲解、曖昧なところもあると思いますのでその点はご容赦願います。

リモートデスクトップ接続はPCを1台だけ使用しているユーザーには無縁の機能ですが、離れた場所にある2台のパソコンを操作できるので、その必要があるひとには有益な機能だと思います。
用語
「リモート・コンピューター」は名前の通り離れたところにあるコンピューターで、これからアクセスして操作しようとする対象です。
「クライアント・コンピューター」はいま操作している、使用中のPCです。
今回使ったのはクライアントPCにDELLのミニタワー型OptiPlex980+BUFFALOの無線ブロードバンドルーター、リモートPC側に中古で手に入れたばかりのOptiPlex780SFF+PLANEXの古い無線ブロードバンドルーターで、どちらもOSはWindows7Proです。
Windows7Home Premiumのようにリモートデスクトップ接続が使えないOSもありますから要注意です。
Google Chrome リモートデスクトップ
結論めいたことを先に書いてしまいますと、設定が圧倒的に簡単なのはChrome Remote Desktop です。
Chromeの無料のアドオンを組み込んでいくつか設定するだけで、不思議なほど簡単に接続ができてしまいます。
丸一日以上、Windowsリモートデスクトップ接続の設定で難儀して、断念しようかと思っていたときにこれの存在を知って、やってみたらあっという間にリモートデスクトップの接続ができました。
使い込んだわけではないのですけど、手軽に使い始められるのは大きなメリットです。
★↓左がクライアントPCで右がリモートPCです。それぞれ別のブロードバンドルーターでネットに接続されています。
Windowsリモートデスクトップ接続(LAN)
LANの内部でのリモートデスクトップ接続の設定はさほど難しくないです。
↓の二つのモニターはそれぞれ同じルーターに繋がったパソコンです。
左のクライアントPCで、右側の起動したばかりでログインアカウントの選択待ちのリモートPCにリモートデスクトップ接続しようとしています。
↓左のクライアントPCに右のリモートPCのデスクトップが表示されました。Windowsリモートデスクトップ接続の場合は、クライアントPCから接続するとリモートPCの画面は↓のように「ようこそ」の画面に変わり、クライアントPC側の操作は分からなくなります。ただ、リモートで接続中であることはわかります。
クライアントPCでリモートデスクトップ接続を起動すると←のウィンドウが開き、リモートPCのコンピュータ名とユーザー名を入力すれば接続します。
リモートPCのユーザー・アカウントはパスワード保護されたものでなければなりません。
接続ボタンをクリックするとパスワードの入力を求められます。

左図左下の「オプションの表示」をクリックすると詳細な入力画面になります。
Windowsリモートデスクトップ接続(Web)
LANの内側でのリモートデスクトップ接続はさほど苦労がないのですけど、これがインターネット経由での接続となると、とたんにややこしくなります。
というのも、PCからブロードバンドルーターを経由してWebの世界へ出て行くのは基本的なことですけど、この逆はそう簡単ではありませんし、また簡単にできてしまっては困るわけです。
Chromeリモートデスクトップで手軽にできてしまう今となっては、このややこしいことに取り組む意味があるかどうか考えてしまいます。

リモートPC側の設定はたぶんこれだけです。
「コントロールパネル→システム→リモートの設定」で左図のウィンドウが開くので、リモートデスクトップの三択の真ん中のをチェックします。

「ユーザーの選択」ボタンではアクセスできるユーザーアカウントを登録できます。

一番難しいと思うのはリモートPCにたどり着くまでのルートを、リモートPCに繋がれているブロードバンドルーターに設定するところだと思います。
まず、そのルーターのグローバルIPアドレスが分からないと、クライアントPC側からアクセスできません。
このアドレスは常に固定されているとは限らないところが厄介ですが、とりあえずは今現在のアドレスは調べられます。
「グローバルIPアドレス 調べる」で検索すると、このアドレスを返してくれるサイトがいくつもあります。

しかし、グローバルIPアドレスが分かったとしても、ブロードバンドルーター内部の設定をしないとLAN内部のリモートPCにはたどり着けません。
ここから用語が煩雑になってきますが、「ポートフォーワーディング(ポート開放)」を設定します。
機器のメーカーによって用語が違ったりしますが、「静的IPマスカレード」「静的NAT」「アドレス変換テーブル」「バーチャル・サーバー」「ローカルサーバー」などと呼ばれているようです。
★↓は無線LANブロードバンドルーターの黎明期のモデル、PLANEX BLW-04FMG での設定です。まだ曖昧な部分もありますが、とりあえずはこれで接続できています。
静的マスカレードの部分で固定的な項目は、
プロトコル=tcp
外部&内部ポート=3389
です。
外部IPアドレスはグローバルIPアドレス、内部IPアドレスはLAN内でのリモートPCのアドレスです。
DDNS ダイナミックDNS Dynamic Domain Name System
リモートPCのグローバルIPアドレスが固定されていない場合、アドレスが変更されるとアクセスできなくなってしまうため、固有のドメイン名と変化するグローバルIPアドレスを関連づけてくれるシステム。
PLANEXにCyberGateという無料のサービスがあるのでこれを使ってみました。
適当な名前、たとえばOnamae.luna.ddns.vc などと、 グローバルIPアドレスの関連づけを設定するだけで、このあとは数字羅列のアドレスではなく登録したドメイン名Onamae.luna.ddns.vcで接続ができます。

それではリモートPCとクライアントPCを逆にして、リモートデスクトップ接続を試してみたのですが、これがどうやってもうまくできません。
リモートPCになったOptiPlex980のBUFFALO・ルーターの設定を何度いじっても、リモートPC内部の設定、ファイヤーウォール設定などをいじってもとうとう接続できませんでした。
どうしてもリモートデスクトップを使わなくてはならないとかいう必要性があるわけでもなく、使えたら便利なのかも・・・といった好奇心でやっているだけなのに、なぜこんなにむきになるのか自分でも不思議です(。。;)ゞ

Chromeリモートデスクトップを使えばなんの苦労も無く実現できることなのに。
解決
BUFFALOのBBルーターが繋がったPCにリモートPC接続ができないのは、このルーターではね返されるのだろうということで、あちこち設定をチェックしていて、やっと原因らしきところを見つけました。

「Internet側リモートアクセス設定」がなぜか有効になっていました。デフォルトでは無効のはず。
これがポート3389を使っていたためリモートデスクトップ接続が入れないのでした。

ここを無効に戻すことで難なく解決。
数日足踏みして、もう断念しようかと思っていたところで解決しました。
インターネットを経由したリモートデスクトップ接続は、設定が煩雑なのでネットワークの学習には面白いにしても、他にフリーで使えるソフトがあるのでそちらを使ったほうがわかり安く実用的な感じがします。
Windowsのリモートデスクトップ接続のポイントは、コントロールされるリモートPC側のPCとブロードバンドルーターの設定です。
ローカルなLANからインターネットの世界へ出て行くのは簡単ですけど、その逆はセキュリティの問題もあるので簡単とは言えません。
WAN側にポートを開くのですから、リスクがないとは言えないでしょう。

ルーターのWAN側のグローバルIPアドレスは変化するのでDDNSの使用は必須ですし、LAN内部のリモートPCのプライベートIPアドレスも固定しないとダメなようです。
これは実際に、部屋の電源のブレーカーが飛んだので、どちらも数値が変わったため、やっと繋がるようになった接続を再設定しなければなりませんでした。

Chromeリモートデスクトップなどと比べると、接続されたリモートPCは「ようこそ」画面に戻り操作ができなくなるのが特徴です。
本来の機能を考えると、これはこれで良いのかも知れないです。
TeamViewer v9
四苦八苦しているときに目にとまったリモートデスクトップ・ソフトです。商用ではなく家庭で使う分には無料のソフトで、かなり高機能な感じがします。

問題は双方のPCにインストールして起動しておかない使えないという点ですが、これはこれで使い道があるのでしょう。
★↓ どちらからでも接続できるのですが、今回は左側のPCをクライアントとして、右側のPCのデスクトップを接続してみます。
リモートPCに表示されているIDとパスワードをクライアントPCのユーザーに知らせ、それを入力すると接続します。
★↓ 左のクライアントPCに右のデスクトップが表示されました。表示された画面の上部にメニューバーがあるので、これがクライアントPC側であることが分かります。
自家用LAN接続図
私のところのLAN環境を図にしてみました。
ネットワーク関係の機器と配線が煩雑なので隣の部屋にまとめてあるのですが、配線が絡んでワケワカ状態になっているので、これを機会に配線を整理し、必要なコードには名札を付けました。
あまり必要は感じないのですけど、いつのまにかTVやBlu-ray・レコーダーなどもLAN環境の中に入っているのでした。

今回はたまたま用途があるので中古のOptiPlex780を手に入れたので、これをセットアップするなかで、リモートデスクトップ接続ができれば便利かも、と始めたのでした。
用途として考えられるのはOptiPlex980からOptiPlex780をコントロールすることで、こちらは割とすんなり接続できたのですが、この逆、つまり780側から980を操作する設定で苦労してしまいました。

それでも、なんとなく動いていたLAN環境を整理するきっかけにはなりました。
WOL (Wake On Lan)
リモートPCを操作する場合、そのPCが起動していないと困ります。
外部から遠隔操作でリモートPCを起動させる方法を Wake up On Lan というらしいですけど、これは対象PCのBIOS、OS、ブロードバンドルーターなとの設定が複雑に絡むのでかなり難しいです。
スリープ状態からの復帰はできるのですが、PCの電源がOFFになる休止状態からの復帰はできませんでした。
↓の記事が参考になります。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0602/25/news014.html
Windows リモート アシスタンス
リモートデスクトップ接続はスタートメニューの「アクセサリ」のなかにあるのですが、リモートアシスタンスは「メンテナンス」のなかにあります。
リモートデスクトップ接続がクライアントPC側からの一方的なアクセスなのにたいして、アシスタンスはアシストを求める側が主体となるところが大きな違いです。
アシストを求める側が「招待.msrcIncident」という名前のファイルとパスワードをサポートPCに送り、サポート側はそれを元にしてアクセスします。
接続するとサポート側にはリモートPCのデスクトップが表示されますが、この状態では閲覧するだけで作業はできません。
編集作業のの要求を出してそれをリモートPC側が許可すると、編集などの作業ができるようになります。
このリモートアシスタンスはLAN内でも、Web経由でも問題なくできますから、リモートデスクトップよりは簡単に使えそうです。
↓のHPの解説が理解しやすいです。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1203/16/news134.html
双方のPCにオペレーターが必要という点ではTeamViewerと同じような機能かもしれません。