Page 5

2006/10

納車後3ヶ月。梅雨時に手元に来たのでオーディオいじりに熱中してしまったので、走行距離はさっぱり伸びていませんが、シートも付け替えたことなので往復400kmの遠出をしてきました。
恒例のコースで、檜原湖一周です。

トルクのある2リットルエンジンということで、4000回転での巡航速度は140km/hぴったりでした。
さらに4500回転まで上げると160km/hに達する。オープンのまま瞬間的に出してみただけですけど・・・。
騒々しいS2000に較べると、この速度でも静かであっけないほど
ということでロングツアラーとして見るとしなやかな乗り心地とトクルフルなエンジンの組合せでほとんど疲れません。
その後、給油してみると長距離走行での燃費は12km/Lと、予想外にいい数値でした。
この前に乗っていたS2000や、その前に乗っていたNAロードスターと較べてどうか?

(エンジン)
S2000に比べて低回転でトルクのある扱いやすい実用エンジン。NAロードスターの1.6リットル・エンジンほどピックアップがシャープではないが、滑らかで静粛。エンジン音も排気音も良くチューンされている。
まだ5000回転より上の世界は未体験ですけど、公道上では5000回転以下でも充分な動力性能。

(足廻りとハンドリング)
NR−Aの成り立ちから想像するほどハードではなく、しなやかにロールする。ハードなサスに取り替えたS2000に較べると乗用車的とも言える。もっともS2000の純正の足廻りもしなやかだったけど。
ステアリングの初期応答性はNAほど敏捷ではない。NBあたりからの設定を受け継いでいるみたい。
ちょっと速めのコーナリングを試してみると、走行ラインが外側に膨らんだりしますが、アクセル・オンでタイトターンをするとリアが外側に降り出されて巻き込むようなコーナリングをするので、オンザレール感覚だったS2000より面白い。
(ブレーキ)
効きはよいのだけどオーバーサーボ。特に低速では軽く踏んでもカックンブレーキになってしまう。
もう少し踏みごたえのあるリニアな効き方の方がよい。

(ペダル)
後退したエンジン&ミッションのためにかなり右側にオフセットしている。クラッチペダルが正面に近い。
フットレストが大きめなのでクラッチを踏むときにフットレストも一緒に踏んでしまうことがある。
クラッチペダルは奥深いところで断続するのはロードスターらしいところだが、無用なペダルストロークがある。フットレストより高い位置にペダルがあるのはいかがなものか?
アクセル、ブレーキペダルに関しては不満無し。
2008/05

ウィンドディフレクターに自作の木製ベースと一脚から外した雲台を使ってデジカメのムービーを使ってみました。
ちょうどドライバーの目線の高さになります。このコンデジ(Olimpus AZ-1)は画角が35mmくらいです。
動画再生はこちらから。
45MBのMOVファイルです。

こちらはRICOHのCaplio GXです。広角端は28mmとワイドです。
ムービーはこちらです。
アレンジした3.5MBのWMVファイルです。
2009/02/13  9400km オイル交換
2009/05/ 9773km  最初の車検
2012/10/26  中古車販売業者に引き取られて行きました。

走行距離は18,800km。これほど距離が伸びなかった車は初めてかも。


ページトップに戻る