Page 4

2006/07-08

☆ホイールと足廻り
手持ちのS2000用のスペアホイールを組み
付けてみました。同じ16インチ5穴というだけ
で、もしかして入るかも?ということでやってみ
ました。
幸いPCDも同じで、225mm幅の後輪もはみ
出さずに納まりました。あくまで仮組の状態で
すが・・・。
平面的なロードスターのアルミに比べると、
S2000用のは立体的な造形で、私の好みです。
ホイールサイズ P.C.D タイヤサイズ タイヤ外径
NR-A 16×6.5J +55
16×6.5JJ +55
114.3mm 205/50R16 87V 612mm
S2000 /F 16×6.5JJ +55 114.3mm 205/55R16 89V 632mm 205/50R16も装着可
     /R 16×7.5JJ +65 114.3mm 225/50R16 92V 632mm 205/50R16も装着可
SWIFT Sport 17×6.5J +50 114.3mm 195/45R17 81W 608mm
ホイールの付け外しのついでに足廻りの写真を撮りました。
いずれドロだらけになってしまうので、きれいなうちに記録しておきます。
左の写真のフロントはダブルウィッシュボーンで、ロワーアームはアルミ製です。

右写真の後輪はマルチリンク。ブレーキキャリパーはアルミ製らしい。
☆シート
やはり出来の悪い純正シート。長時間座っていると腰にきそうなのでいずれ取り換えることになる。ということで外して、永年使っているRECARO LSを入れてみました。
レールはまだS2000用のが付いたままだけど、干渉の具合を確認するためです。
車幅が広くなったため、NAよりは楽に入りました。
左写真で分かるようにフロアはフラットで、前端部は補強を兼ねたクロスビーム?になってました。
純正シートの下には巨大なコネクターが付いてました。
モデルによってはシートヒーターとかBOSEのオーディオなど電装品が多いのでここで中継しているのでしょうか?
センタートンネルに窓が開いていてなかにボルトが見えるのですが、これはなにかな?
外したついでに純正シートの裏側を撮っておきました。
とても軽いシートです。デザインや表皮のクロスなどもなかなかいいのですが、座面が柔らかすぎます。
シートバックと座面の合わせ目に腰が来るはずなのですが、ここにぴたっと腰が納まらないので座るたびにペダルとの距離が変わってしまう。
まだ腰痛が出るほどではないのですけど、このまま使い続けられるものではないです。
☆ドア内張外しとドア内部
いずれドア内部の制振とかスピーカーの交換のために、ドアの内張り外しにチャレンジしました。
予備知識が無かったので内装外側からのビス止め位置が分からず、情報を得るため中断してしまいました。
一番分かりやすいのはペットボルトホルダーの内部のネジ。これは露出してます。
あとはドアハンドルの上部の樹脂カバーを外した中と、ドアレバーの中の薄い樹脂カバーを外すとそのなかにあります。いずれも力が加わる部分なのでドア内部の鉄板にビス止めされてます。
3個のネジは違ったサイズなので区別して置くことが必要です。
ドアの内張りの周囲はゴムパッキンで囲まれていますがこれは外さなくてOK。
3本のネジを外したらあとは写真で示した位置のホックを外すだけです。
数えてみると合計8個。周辺部に7個で真ん中に1個です。かなり固いので内装外しを使って一個ずつ丁寧に外してゆきます。ホックがドア側に残っても大丈夫。


ドアの内部です。マツダらしく楕円のスピーカー。これが取り付けられている樹脂成型品はドア後端まで一体品です。BOSEスピーカーの場合は楕円の開口部が円になります。
スピーカー取付部が樹脂のため、このあたりを制振するかバッフルボードをどのように作るか、難しいところです。

ドアに入っている配線はスピーカーの他に電動ミラー、パワーウィンドウ、パワードアロックがありますが、写真左下あたりに意味不明のカプラーが3個ほど見えますね。これはどうやらサイドエアバッグ用らしい・・・。
☆スピーカーの取り換え


純正にしては・・という条件付きで、そこそこいい音を出しているスピーカーですが、これから少しアレンジしてみようかと思ってます。
ツイーターのコネクタが外しにくかったので本体のネジをはずしてしまいました。さすがにチャチいツイーターでコンデンサーが一個付いています。


とりあえずはスピーカー取付部の樹脂の周囲に制振材の余りものを貼ってみました。

純正スピーカーではあまり音量を上げる気にはならないので、制振してもさほど効果はないけど、次のステップでは役に立つのではないか、と。
手持ちの古いアルパインのスピーカーを取り付けられるように合板でバッフルボードを作ってみました。
取り付けてみないと内張と干渉するかどうか分からないのですけど。

右のは同じスピーカーをS2000に付けていたときに作ったバッフルボードです。水滴除けの庇付き。
梱包用のクッションシートを介してドアに取り付けてました。
今は左側のドアだけでテスト中。
内張りとの干渉はどうやら問題なし。
まだツィーターをどう付けられるか分からないのですけど、結線して鳴らしてみました。
明らかにスピーカーの能率は低いけど大入力に耐えるし、音質は際立って改善されました。
まだフルレンジ入力ですけど。
コードはネットワークへの接続まで考えて長くしてます。
ツイーターはとりあえず手持ちの金具を加工してこんな風に付けてみました。
金属に固定するのもどうかと思うけどしばらくこれで様子を見ます。
場合によっては合板を加工してもいいかなと思ってるのですが。
内装の内側(車内側)に取り付けた方がいいのだけど、今は内装に穴を開けたくない。
ロールオーバー画像は合板を加工して作り直したものです。
やはり金属への取付けは気が引けます。
,ネットワークの箱を入れるために樹脂の突起をカットしたり、内張に付いている硬い発泡スチロールをカットしてほぼ出来上がった状態です。
制振の方は、これから音を出しながら追加してゆく予定です。

(この写真を撮った後に、スピーカーケーブルを入れ替えました)
アルミの薄い板に黒いブチルゴムが付いた制振材レジェトレックスをカットしてあちこちに貼ってみました。
貼り方にあまり意味はありません。
共振してビビリ音が出そうと思われるところにランダムに貼っただけです。
ここまで貼る必要はないかもしれないけど、貼ってマイナス効果というのもないだろうと・・・。
☆シートレールとシートの交換 (8/27)
夏休み開けに発注してあったシートレールが届きました。製造元は三河屋さん。受注が多くて
一週間ぐらいかかりますとのことだった。
新品価格で代引き手数料、送料込み(というかサービス)で1万円をわずかに切れる低価格品。
ブツはそれなりの造りだけど、実用上不具合はない。写真の通りレール後端が連結されていな
いのと、レバーが右端に寄っているので、シートを付けない状態ではスライドしにくい。
そのためシートへの取り付けにちょっと手間取ったけど、一応六ヶ所で固定できるようになっている。
NA型よりは車幅に余裕があるのできれいに納まりました。右側のサイドサポートがわずかにドアに干渉するのと、シートを前にスライドさせるとき座面前端が少し窮屈なくらいで、左側に残したリクライニングダイヤルも当たることなく回せます。


ページトップに戻る