Page 3

2006/06-08

★オーディオの取付
オーディオレスのNR−Aに1DINのMDデッキを組み込む手順のドキュメントです。
新車の状態で内装パネルを外すのは勇気がいることですが、内部構造が分かれば比較的手軽に取り外しはできます。
私も最初は漠然としたアドバイスだけで取り外しを試みたのですが、傷にしてしまいそうだったのでしばらく躊躇していたところ、構造図と手順書を目にすることができたので、すんなり取り外しができました。
オーディオ・パネル両サイドの三角形のパネルを取り外すところから始めるわけですが、これさえ外してしまえば後は簡単です。
左の写真の赤矢印から内装外しやマイナスドライバーを矢印方向に差し込んで手前に引き起こすと、ホックが外れて簡単にとりはずせます。
この時、透明なガムテープをパネルの合わせ目に貼って、合わせ目をカッターで切ってから作業をすると、見える部分に傷を付けなくて済みます。

ロックされているのは黄色の円で示し
た二つの爪だけで、他の爪は位置決
めをしているだけです。
左右の三角のパネルを外したら、上のリンク画像に示した左右各1本のタッピングネジを外してフロントパネルを手前に引き出します。
パネルを固定しているクリップは、右のリンク画像に示したように4ヶ所です。
四角い開口部に両手を入れて、パネルの上の部分をの爪を指で引き起こしながら手前にゆっくりひっぱるとホックが外れてパネルが引き出せます。

空調ダイヤルのユニットはケーブルで繋がっていますから、右図のように手前に倒れるだけです。
ディーラーオプションのオーディオ取付キット一式をとりあえず手持ちの1DINデッキを使って仮組みした写真です。
下の段は小物入れ。手前にあるのが電源コード。
デッキ本体を固定する金属パーツが取付キット。
背面を固定するワンピースの大きな部分と、左右に取り付けてフロントパネルにネジ留めするコの字型の部分。そしてデッキの上にポリ袋に入れたまま載せてあるサイドブラケット。全部合わせて6千円を超えるという途方もない値段(゚_。)。おまけにサイドブラケットは意味不明で使わなくて良い物らしい。
さらに電源コードはマツダ純正品用なので、このままでは汎用品には使えない。
このコードの色分けはオーディオ機器の配線と同じ色のようで、黒はアース、赤はアクセサリー電源、黄色がバッテリー電源といった具合。車両側の配線の色はこれとはまた別で共通しているのはアースの色くらい。
念のため読みにくい配線図をFAXしてもらって解読したのですが、単純にコードの色で機能を判別すればいいのでした。
写真はまだ未完成の状態ですがラベルを付けました。このあとギボシを付ければ完成です。
よく分からないまま意味もなく純正デッキ専用の配線コードユニットを買ってしまったのですが、カーショップで売っているものを買うべきでした。
市販品の方がまだ安いし、ものによってはもう1台機器を増設するときに便利な電源取り出しにも対応していたりします。
結局私は純正品のデッキ側のコネクタを切り離して、増設用の配線まで半田付けして作ってしまいました。

カーオーディオの配線は見慣れないと本数が多いので難しいものと感じますが、分類してゆくとそれほど難しいものではありません。
自己流で分類してみますと、
(1)スピーカーへの配線(フロント2チャンネルの場合は4本、リアがあるばあいは8本)
(2)電源関係(バッテリー、アクセサリー、アース))
(3)その他(イルミネーション、アンテナコントロール、リモート出力)
という具合になります。
(2)が要になりますから、これをきちんと配線すればとりあえず機器は動作するはずです。
また、一番大きな電流が流れる黄色のバッテリー線と黒のアース線は他のコードよりひと回り太いケーブルが使われていたりします。
このような配線の作業するときはバッテリーのマイナス側を外して電気を止めておくというのが鉄則ということです。
7/19
ヘッドユニットを何にするか、あれこれ調べてさんざん迷いって楽しんだ後、JVCのMDレシーバー KD−M535-B に決めてネット通販で大阪から取り寄せました。
当初はKENWOODあたりのでいいか・・と思っていたのですけど、いずれCDデッキなどを拡張接続するときの拡張性と、デザインで選びました。外部入出力端子が備わっていることが決め手です。
取り外し可能なフロント操作部にミニプラグ用のAUX-INも備えています。

JVC付属のコード(左)とロードスター純正の電源コード(右)をギボシで接続しました。
リアスピーカーは無いのでその分のコードは不要なのですけど、カットしないでそのまま束ねておくことにしました。
純正の電源コードを加工するとき、電源取り出し用のコードも追加しました。
これでもう1台追加するときもラクチンです。
右の写真は1DINボックスと一緒に組み付けた状態です。
車内へ取り付ける前の背面の状態です。ケーブルの束は下段の1DINボックスの後ろにスペースがあるのでここに押し込むのが良さそうです。
機器背面のコネクターは左から、アンテナ入力、LINE OUTのRCAコネクタ、黒いコードは同じくLINE INのRCAコネクタ。そして大きめのがCDチェンジャーなどを繋ぐDINコネクター。
写真右側の側面パネルはアルミの型材でできているので、このあたりにパワー・トランジスタなどがあるのでしょうか。
なんとか無事に取付けできました。
写真はまだサイドパネルをはめ込んでいませんし、デッキの液晶保護シールも貼ったままです。

作業した環境が地下室のためか、純正のショボいスピーカーでもそこそこの音は出ます。その昔の純正スピーカーよりは少しは進歩しているようです。
コンデジで音楽が鳴っているところをムービーで撮ってみました。ここをクリック
Let's Face The Music And Dance
(Vocal  Diana Krall)

ヘッドユニットの取付に並行して
スピーカーの交換もししてしまいました。
こちらはPage 4 でレポートしてます。
1DINのMDレシーバーがあればとりあえず音楽が聞けるからいいか・・と思って始めたのですが、あれこれ調べているうちにDENONのアンプレスCDプレーヤーの中古品が気に入ってしまって取り付ける羽目になってしまいました。
新品価格10万円ですが、中古品なので落札価格は2万円を僅かにはみ出したくらいです。
1DINポケットはMDを入れるのには便利なのですが、車が信号待ちからスタートするたびに、ポケットの中身が落下してしまうのでした。これは想定外でした。

DENON DCT-A1000

さすがにデッキが2台になると配線のボリュームがかなり大きくなります(ロールオーバー画像参照)。
この配線の束をどんな風に納めるかにかなり四苦八苦しましたが、グローブボックスとの間に辛うじて空間があったので、そこに押し込みました。

購入価格で比較すると中古品の方が新品のMDレシーバーより高くなってしまいました(/_;)
フロントパネルの質感はさすがにいいです。
ヘッドユニット組み込みの時に役に立ったのは
グローブボックスの取り外しでした。
左端のダンパーワイヤーを外す。
ボックスの両サイドを内側に軽く押すと
カタンと下に降りるのであとは引くだけと
道具を使わず数秒で簡単にできます。
入り組んだ配線がかろうじて納まったのですけど、これからのことを考えてやり直しました。
無理矢理押し込んだりしたので接続が外れたケーブルもあったからです。
とにかくデッキの背後にはわずかなスペースしかないので、ケーブルの大半をグローブボックス側の空間にまとめることにしました。
狭いダクトをまたいで引き込むため、ケーブルの束はあまり大きくしないで、グループごとにまとめて、ギボシで接続したところも外れないようにビニールテープを巻いて固定しました。
車側の白くて大きなコネクターとMDデッキのカプラの脱着が大変なので、これを伸ばしてグローブボックス側でできるようにしました。
左写真のようにケーブルと付属物の大半をひっぱり出してしまうと、デッキ本体は大きな抵抗もなく納まってくれます。
次のステップで電源ケーブルとスピーカーケーブルを差し替えるかもしれないので、これなら本体を引き出さなくてもできるかもしれません。
バッ直(バッテリー直結電源)
ただ、以前にユーノスで使っていたコードがあるからという理由でバッ直にトライしました。
右写真のバッテリーからブレーキマスターの下へ入っている黄色の太いコードです。
仮止め状態で撮った写真で、このあと保護用のコルゲートチューブを被せました。
車内への引き込みはできれば助手席側にしたかったのですが、運転席側のボンネットリリースケーブルの穴がやりやすいのでここを通して助手席側に這わせました。

今のところは変換ケーブルを作ってMDレシーバーの電源ラインに繋いでますが、いずれは外部アンプの電源にする予定です。
バッテリーから電源を取るためのワイヤーキットは各種売られています。ヒューズは必須ですが、リレーを使ってアクセサリ電源も取り出すものとか、いろいろあるようです。プラスコードに合わせてアース線も太いものがセットされています。
使用するワイヤーの規格は「ゲージ」と「sq(スクエア)」という呼び方があります。sqはJIS規格の呼び方で、ケーブルの断面積だそうです。従って数値が大きくなるほど太くなる。
これに対して、ゲージは「AWG(アメリカン・ワイヤー・ゲージ)」の規格ということで、数値が小さくなるほど太くなる。
たまたま「8ゲージ=8sq」ということになりますが、これより太い8ゲージは22sqということです。
なぜJISに統一されないのか不思議ですが、ケーブルの世界にもブランド品があるようで、これらがアメリカ製だからのようです。マニアックな世界ですね(^O^)

マニアックな世界にはいろいろなブランドがあるもので、パワーアンプなどを選定するときも、イタリア製のaudisonとかUS製Boston Accorsticsなども検討したのですが、信頼性などを重視して国産Clarionのにしました。先月発売されたばかりの新製品 APA-2161 です。
外付けアンプでコンパクトなものは国産品ではほとんどありません。
2チャンネルでサイズがコンパクトで軽量であることとデザインが魅力的であること。そして2万円前後の低価格モデルというと輸入品の方が選択肢は圧倒的に多いです。
なんとも凄まじい状態のロードスターの車内風景です。
助手席足元にパワーアンプを置いて結線してテストしているところです。最初は電源が入らないので??状態でしたが、アンプに入るリモート出力コードの接続部が外れていたのでした。
無事電源が入って出てきた音を聞くと、いままでの状態からさらにレベルアップしました。
アンプの入力ゲインをデフォルトのミニマムのままでもかなりいい音だったのですが、少しあげてやると凄まじい音になりました。

この時点で、ソース2系統を1系統のスピーカーラインに、というアイデアで動いていたのですが、これは危険なことが分かりました。
スピーカーセレクタを接続しないとMDとCD+アンプを両立させるのは難しくなりました。
ソースセレクタを入手するまではヘッドは1個しか使えないので、CDだけがスピーカーケーブルに繋がっている状態でとりあえずドアパネルとグローブボックスを元に戻しました。
パワーアンプはセンタートンネルの側面にマジックテープで貼り付けました。

まだ配線の変更は続くので、込み入った状態のままです。
タイムリーにヤフオクに出品されていた年代物のSONY製スピーカー切替器。
車のオーディオがカセットデッキオンリーだった時代に、CDプレーヤーを増設するための切替器です。
今でもこのような商品はあってもよさそうだけど、これが意外と無いので、これを落札できたのはとてもラッキーでした。落札価格¥500+送料¥500+振込¥52でした。

さらに複雑になってきた結線図を2種類、ここに記録しておきます。
電源関係の配線図
スピーカー出力の配線図
当初はこの切替器はアンプの前に置く予定だったのですが、配線のボリュームが大きいので助手席シート下に設置することにしました。
コードの長さを見ると、もともとはここが定位置のようです。

コードの束を螺旋状の保護チューブでまとめてアンプの下に入れてできあがりが右の写真です。
アンプは180度回転させました。
調整する部分が遠くなってしまうのですが、一度設定すればほとんどいじることは無いから大丈夫でしょう。




約2ヶ月以上もかかってしまったオーディオいじりもやっとこれで完成です。
その後(2006/11)

走行中に右側の音が途切れるようになりましたが、端子の接触不良でした。プロのインストーラーによってNAに装着されていたケーブルの一部をそのまま流用したのですが、電工ペンチでカシメてあるだけなので次第に緩んできたようです。
私は電工ペンチがないので端子はすべて半田付けしました。

この廉価版のMDデッキと古いアルパインの上位グレードのスピーカーの組合せは、私には充分な音質で、やはりこの組合せで良かったのだと再確認しました。
CDと違って音飛びしませんしディスクの扱いも手軽です。

もちろん比較すれば外部アンプを使ったCDシステムの方が音は数段上だと思いますが、この車にそこまで必要なのか?と考えると、やはりシンプルなシステムで充分かなと感じています。

実売価格で2万円を切る普及品のMDデッキですが、良質のスピーカーを駆動する能力はあるものだなと感心しました。
(2010/01)
煩雑になりすぎたオーディオをシンプルなものに戻しました。
DENONのCDデッキ、クラリオンのパワーアンプ、そしてSONYのスピーカー切替器を外しました。
車両側のオーディオ・コネクターの機能とコード色をここに記録しておきます。


ページトップに戻る