Page 2

2006/05

☆フロアマット
競技ベース車ということでNR−Aのバリエーションはとてもシンプル。
メーカーオプションはアルミホイールの設定だけ。もちろんこの写真のフロアマットなどはショップオプション。これは普通は一緒に注文するものだけど、今回は初めてこれを断りました。
車両全体の価格からすると2万円は大きな金額ではないけど、単純にマット2枚の値段としてはちょっと高すぎの感あり。
今は社外品で純正品と全く同じカタチのものがインターネットで手に入る時代で、お値段は純正品の約半分くらい。模様もいろいろ選べる。
ということで、マット無しで納車されるのですけど、問題はズレ止めのピン。
写真でも分かるとおり、なんと2個もピンが付いてる。でも、このズレ止めのピンは純正品に付属するもので、ディーラーで取り付けるのではないか?と・・・。
とすると、他の方法でマットを固定しないと危ない。
05/31
タイミング良くオフオクに新同品の中古純正マットが出ていたので落札しました。さすがに純正マットを欲しがる人はいないと見えて、ライバルはひとりも現れなかった。
落札価格\4,500+送料\1,020+振込手数料\52 でした。マット固定ピンは付属しないので、ほかの固定方法を考えることにしました。
マットについていた注意書きのタグ
あちこち調べているなかで見つけた面白いモノ。
アルミで出来たフロアプレート。かなりレーシーな雰囲気にはなるが、フロアカーペットの上にまた金属をというのはいかがなものかとも。ちなみにお値段は純正マットよりも安い。
製造元はこちら→ http://www.laile.co.jp/
(納車後) とりあえずフック無しでもずれたりすることは無さそうなので、固定の方法はゆっくり考えることにしました。
物理的に固定しなくても、マジックテープのオスをマットの裏側に貼り付ければズレ止めにはなりそうですので100円ショップで手芸用のを買ってきて貼り付けてみました。
ゴムのイボをカットしてテープ裏側の粘着剤とゴム系の接着剤を併用しました。
写真右の黄色い円の部分です。
左側のピンチで固定してあるのはオリジナルで織り込んであるマジックテープを接着剤で固定しているところです。
☆オーディオ

左の写真がカタログなどに使われているオーディオのパネル。
オーディオレス車だと右のように2DINサイズの窓が空いているだけ。
空調ダイヤルとハザードスイッチだけになってものすごくスッキリしてます。
ウェッブで見つけたオーディオレス車の2DINスペースの写真です。
配線のコネクターなどが見えます。上下二段になった引出状のものが見えますけど、これはフタだろうと思います。ところで問題は、この状態で市販のMDレシーバーなどのオーディオを買ってきてポンと付けられるのかというと、話はややこしくなってきます。
1DINのMDレシーバーを例に取ってみると、取付工賃約\5,000を含む総額\44,100の内訳は・・
(1)MDコンビ(1DIN)      \27,300- これは本体だから分かる
(2)オーディオ取付キット      \6,300- これなんだろ?コードコネクタだけならこんなにしないはず
(3)1DINポケット          \1,050- これは空きスペースを物入れにする箱
(4)オーディオ電源コード      \3,150  電源コードは来てないのか?
(5)オーディオサイドブラケット   \1,260- これが要だと思う
(納車後) 左上の写真ではよく分からないので、納車後に撮った写真をリンクさせました。コネクター部はスポンジで保護されています。
☆タイヤチェーン
今はまだ差し迫った問題ではないけど、いざというときのために非常用のタイヤチェーンも用意しなくてはならないのだけど、幸いなことにトラヴィック用のワンタッチ金属チェーンが流用できる。
タイヤサイズは 205/50−16インチ。
☆納車 2006/06/22
訳ありで発注後一ヶ月かかってしまったけど、夕方に
納車されました。東京から自走してきました。
運転してきたメカニックが車庫に入れるのを眺めてい
た最初の印象は「カワイイ」でした。
3ナンバーになったけど引き締まったボディは相変わら
ずコンパクト。排気音も良い。
これが納車後のファーストショット。
☆ファースト・インプレッション
すでに何度も現車は見ているし、一度だけRSを試乗したこともあるのでさほど目を白黒させるようなところは無いのですが、サイドブレーキが助手席側にある車に2台乗り継いできたため、膝の近くにあるのが不思議な感じがしました。
ドアハンドルがグリップタイプなのでちょっと面食らいます。サイドミラーを見てもプルアップ型のようにツライチでないため、少し目障りな感じがしました。いずれも慣れの問題ですが・・・。

5MT車に試乗することはできなかったので、今回一番興味があったのがシフトフィールです。まだ渋さがありシフトストロークも6MTより長いのですが、感触としては悪くはないですね。初代NAのに比べるとゲートは正確で遊びは無い。
だが、以前のような支点を中心にしてシフトレバーがコクコクと動く感覚は無くなってました。洗練されたとも言えるか?

ペダルはわずかに右側にオフセットしているので、クラッチを踏むと左足がフットレストにひっかかるときがあります。
S2000に比べて低速トルクがあるので、動き出すときもクラッチワークにさほど気を使わなくて済みます。3000回転をリミットにしても、公道100km/hまでなら充分に速いし静かです。荒々しかったS2000に比べると静粛でマイルド。印象としてはインテグラTypeRみたいな感じ。
☆リトラクタブルタイプキー

多分ベンツあたりが始めた折り畳み式のキーです。
無用なギミックという感じでしたが日常的に乗り回す
車でもないので不要なときは折り畳めて便利そうです。
写真下のはリモコン無しの予備キー。

納車された夜、真っ暗な車庫の中でメーターなせるの中で赤く点滅している警告灯が気になってました。
イモビライザーでした。
カタログの細部をよく見てなかったのでイモビライザー付きだとは思ってなかったので、ちょっとびっくり。
良く調べないまま財布の中にいれておく非常用のスペアキーを自分で作ってしまったのですが、ドアを開けるのにしか使えません。イモビは無くもがなの装備。
☆トランク
スペアタイヤが廃止され、バッテリーもエンジンルームに移動して広くなったトランク。カーペットに覆われて荒々しさはなくなりました。

奥に見える黒と赤のポーチはパンク修理キット。
中身は右の写真のように、パンク修理剤とミニ・コンプレッサー。

下の窪みの中に見えるのは工具セットですけど、牽引フックとホイルレンチだけ。牽引フックは実用的には1個あれば良いのだけど二個入っているのは競技ベースの車両だからか。
それにしても、スペアタイヤが無いのだから、ホイールレンチなども必要なくなるはずだけど、無くしてしまうわけにはゆかないってところでしょうか?

ちなみにジャッキは写真右側のリアフェンダーの内側に隠されています。使用頻度は低いのでこれでいい。
ボンネットと同じくアルミになったリアトランクリッドは裏打ちの補強材ががっちりしている。
左写真のランプはライセンスプレートの照明用でケーブルも見えます。

写真右)パンタグラフ式になったヒンジ部。
ダンパーまで付いている。NAに比べると立派になったものです。
ちなみに、リモコンでロックを解除するとかなり大きな音がしてびっくりします(^O^)
三世代目のNCロードスターのチャームポイントは初代NA型を思わせるリアエンドのデザイン。
テールレンズの中が今風に賑やかですけど。
ブリスター・フェンダーで横幅が5ナンバー枠をはみ出して3ナンバーになってしまったのだけど、フェンダー部を目立たなくデザインしようとすると、ボディ全体のサイズが大きくアップしてしまうのでしょう。
巾が3ナンバーサイズなのにキャビン部の巾が狭いのがリンク画像でよく分かります。

ライセンスプレートの取り付け部は国内のナンバープレートの大きさと、欧米の横長のライセンスプレートの両方が使えるように、これだけの面積にしてあるのでしょう。
RSグレードだとロールバーの後ろ半分にアルミ色のカバーが付くのだけど、NR−Aは黒い樹脂のままです。これは目立たない黒のままで良かったと思います。
☆フロントグリル
樹脂製のハニカム形グリルはよく見ると下半分だけが
貫通していて、上半分はメクラになっています。
写真で分かるように、ラジエーターが下側に斜めに取り
付けられてます。
ホーンの片方は黄色い○で示した位置の陰にあります。

☆幌

左)ガラス製のリアウィンドウを釣っているベルト。
これがあるため幌の開閉が重くなっているし、閉めるときフロントウィンドウとの間に距離ができる。

右)幌がサイドウィンドウと接する部分にドリップモールが追加された。効果のほどはまだ分からないけど、ドアを開けたとき雨水が落ちてくるのを多少は防げるか?
幌前端とAピラーが接する部分は水が入りやすい。この不思議なゴムパッキンはその対策か?
ステアリング&メーター

メーターは立体的な造形なのだけど、プラスチックメッキなので安っぽい。1枚のガラスの中に入っているのではなく、それぞれのメーターにガラスが付いている。
オープンカーはほこりが入るので立体的な造形は掃除しにくい(。。;)ゞ

気になるのはこの文字盤あたり仕掛けがあるのか、光線の具合でブルーに光る。これがけっこう目障り。
これを喜ぶ人もいるのだろうか?

ついでにステアリングスポークのシルバーの部分もアルミ調のプラスチックメッキなのだけど、これなども手触りが安っぽい。いかにもプラスチックって感じ。
それにシルバーのスポーク部が目の前で回転するのもけっこう気になります。目障りというのか・・・。
エアバッグがこれだけ小さくなったのは良い。

ホーン取り換え
純正ホーンは一応ダブルにはなっているのだけど、音が「ビッ」と鳴るのでイマイチ。
5年前にトラヴィックに付けたイタリア製Stebelの電磁ホーンを移植することにしました。
が、作業自体はパンパー下部の狭い開口部からできないでもないのだけど、ホーン本体はここからは入らない。
ということでアンダーカバーを外すことになるのですが、これがこれまでにない大仕事。
左の写真でタイヤの前に置いてあるのが、ホイルハウス前側のインナーパネルで、右の写真が装着された状態です。これを外して出来ることはフォグランプの球のの取替えくらい。
アンダーカバーはかなり大きくて、しかも両端がホイールハウスまで回り込んだU型をしています。
今回は前端に隙間が出来るようにホックやビスを外しただけですけど、これを全部外すのは大変です。
車のフロントをジャッキアップしてもぐり込んで作業しなくてはならない。
ということを考えると、バンパーそのものを外してしまった方が、あとあとの取付作業が楽で早いかもしれません。
ステーは車体に付いているものを使ったのですが、ズレ止めのストッパーが付いているので角度を変えることは出来ない。・・・ので、結局一度取り付けたものを外して、ステーを上下逆にして付け直しました。
ステーの先にもう一個ステーで延長することも考えたけど、プラス・コードが短いのでのばせなかった。
ホーンの外側部分にはアンダーパネルの垂直部が壁のようにあるので、これに当たるのを避けることと、ステーをマイナスにするのでプラスのコネクターと配線がステーに接触しないように、なおかつホーンの開口部が上を向かないように・・といろいろ配慮しながらの取付なので、何度かやり直しました。
最悪の場合、ショートしてヒューズが飛んだり、接触が外れて音が出なくなったりするとマズイので。
たかがホーンですが、DIYでやるときは慎重にしないと、トラブルの元です。
そんなこんなで無事取付は終わったのですが、やはりバンパーを外して作業する方が安全確実かなと思いました。
普段見ることのない車の内側を見られる、という意味では、このような軽作業にもそれなりの意味はありますね。
デジカメで録音したホーンの音声です
(WAVファイル)
車庫内での音 32KB
屋外での音 25KB

ページトップに戻る