Page 1

2006/04

S2000は決して悪い車ではないのだけど、やはり私の好み、スタンダードからは外れた車だった。
これが多分最後の車と思っていたのだけど、
6年間乗っている間、ロードスターへ戻りたいという気持ちは消えなかった。
残り時間が次第に少なくなってゆくなかで、三代目ロードスターに
もう一度乗ってみたいと思うようになった。


★最初にカラーで迷った。初代ユーノスの時は文句無くシルバーで、迷うことはなにも
無かったし、悪いチョイスではなかった。
ボディの微妙な凹凸がよく分かるカラーだったし、地味な色。
今回は、地味路線から踏み出すか、留まるかで迷ってる。
いつのまにか、このクラスの車の塗装もマイカ塗料がスタンダードカラーに入ってる。
「カッパーレッドマイカ」
一応、本命として最初に浮かんだ色。トゥルーレッドのようなソリッドカラーの赤ではなくて
渋いマイカレッドだけど、この色の実物を見るのが目的で遠くのディラーへ行きました。
実物の印象はあまりよくなかった。「海老茶色」という印象で、ミニバンなどにも使われている。
この写真は条件を変えて何枚も撮ったなかで一番暗く撮ったもの。
写真写りはなかなか良いのだけど、光線の具合によって見え方が変わるマイカ塗装が裏目か?
むしろワインレッド・メタリック・・などの方が良かったのかも?
それなりに個性的な色なのだけど、問題は時間の経過とともに飽きが来ないか?というところ。
「ギャラクシーグレーマイカ」
この色とタンカラーの幌の組合せがイメージカラー。
これを選べば一番間違いがない。
これもマイカなので光の当り具合で色が変わる。
実車をよく見ると濃いグレーのなかに
わずかにブルーが入っている。



「サンライトシルバーメタリック」

今年の1月に知人がディーラーの試乗車をもってきて見せてくれた。
以前に乗っていたシルバーのユーノスろロードスターのに較べるとかなり白っぽいシルバー。

右のは限定車の特別色「ベロシティレッド」

レギュラーの赤「トゥルーレッド」より鮮やか。
この色はRX−8に使われている。
[マイカ]  マイカは雲母。マイカの粉末を塗料の中に入れると光を乱反射して深みのある複雑な光沢になる。以前は高価格車にのみ使われていた。

「メタリック」 塗料の中にアルミの粉末を入れて上塗りにクリヤ塗装をする。金属的な光沢になる。 
これらの他に「マーブルホワイト」も地味だが個性のある白。
わずかにクリーム色を帯びている。
純白より好ましいが実車はまだ見たことがない。
★実車を見て、試乗して、カタログを眺めて、WEBでの評価などを見ているうちに
仕様で迷い始めた。無い物ねだりが始まった。
発売当初、ロードスターは三つのグレードが用意された。
ラクジュアリー仕様の「VS」、走りに振った「RS」、ベースグレードの「ROADSTER」。
半年たって、競技べースの「NR−A」が追加されて4種類になった。
Web Tune Factoryでも、この基本的なパターンは変えられない。
各モデルの目立つ特徴を挙げてみると、
VS」 タンカラーのクロス幌と同色の内装、シートヒーター付きの
本革シート。6MT or 6AT。

RS」 ビルシュタイン・ダンパーとボディの補強。17インチアルミ
ホィール。トルセンLSD。6MTのみ。

{「ROADSTER」 簡素な装備、5MT or 6AT。

NR−A」 「ROADSTER」と「RS」を組み合せたもの。5MTのみ。
標準ではスチールホィール。
アルミホィール
迷うことなくRSでキマリかな・・・と思っていたのだけど、
このモデルにのみ装着される17インチ10本スポークのアルミホィールがイマイチ。
ウリであるはずの大径ホイールと45ハイトの扁平タイヤの組合せがルックス的に
イマイチ納得できない。
試乗した印象としてはこのタイヤ&ホィールを良く履きこなしていると思うのだけど、
デザイン的には他のすべてのモデルに採用されている16インチ5本スポークの方がいい。
これにこだわると、なんとRSが対象から外れてしまう。
トランスミッション
意外と評価の高い6速ATも良さそうだけど、
やはりマニュアルにこだわりたい。
試乗したRSの6速MTは悪くはないけど、以前のユーノスの頃の
5MTのシフトフィールが懐かしい。
これを選ぶとすると標準車の ROADSTER NR-A になる。
足廻り
前モデルNB型を試乗したときに感じた足廻りのドタバタ感は新型には無い。
でもビルシュタイン・ダンパー付きのRSでも、コーナーではロールする。
これ無しのVSだと、もっとソフト・・ということなので、これが装備されているのは
RSNR−A
さらにNR−Aのは車高調整式でロッドも太いもの。
と・・、このようにまとめてみるとNR−Aでほぼキマリと言う感じだけど、これはあくまで走る機能にポイントをおいた場合(^O^)
付加価値の部分まで考えると、それほど簡単な結論にはならない。
NR−Aというのは競技用のベース車という位置づけなので、快適装備は省かれている。といってもオーディオレスではあるもののエアコンは標準装備。標準装備のホイールがスチールなのはユーザーが市販品を選択することを前提にしているから。
NR−AとROADSTERの価格差は10万円。
これは、ROADSTERにLSDとビルシュタイン車高調、レザーステアリング、アルミペダルを付けて、アルミホイールをスチールにした差額。
それではRSとNR−Aとの違いは・・・というとほとんどオーディオと内装の細部の違い。この二つのモデルの価格差は20万円。NR−Aにメーカーオプションのアルミホイールを付けるとその差は15万弱になる。もちろんホイール&タイヤのサイズの違いと、ミッションの違いもあるけど。
2006/05/19
ということで、結局 アルミホイール付きNR−A、ギャラクシーグレーマイカということに決定して発注しました。


  VS     RS     NR−A  ROADSTER
アルミホイール 16インチ 17インチ 16インチ(メーカーオプション) 16インチ
トランスミッション 6MT or 6AT 6MT 5MT 5MT 御r6AT
ダンパー ビルシュタイン ピルシュタイン車高調整式
トルセンデフ × ×
幌と内装 タンカラー&クロス 黒ビニール(OPタンカラー) 黒ビニール 黒ビニール
オーディオ AM/FM/CD+4スピーカー AM/FM/CD+4スピーカー オーディオレス(4スピーカーのみ) オーディオレス(4スピーカーのみ)

ページトップに戻る