フランスの哲学者、ジャン・グルニエ Jean Grenier のエッセイ『孤島』の転載です。現在、新本としては入手できません。
井上究一郎氏の翻訳文を完全にそのまま転載しました。
孤 島 Les iles
序 文   −− アルベール・カミュ −− 
空白の魔力
猫のムールー
ケルゲレン諸島
幸福の島
イースター島
想像のインド
消え去った日々
ボルロメオ島
見れば一目で・・・ −−プロヴァンスへの開眼