SUBARU FORESTER

Page 5

2010/03

寒い季節に入れ替えたフォレスターですが、主に市内をうろちょろしているだけなので走行距離が伸びません。
それでも最初の1000kmを越えてから4000回転という慣らしの縛りを解除したのですが、滅多に4000回転を越えることはありませんし、その必要もないと言えます。

市街地を走る分には少し非力なinfoエコモードでも事足りますし、パワーに任せた運転をしなくなると言う意味ではこれが良いのかもしれません。
パワーが必要な時にはスポーツモードに切り替えれば少し高回転まで使えてエコモードの非力をカバーできます。
もっともファースト・インプレッションで書いたように、高回転まで回してもエンジンの回転音は快音とは言えないので回さなくなります。

燃費は市内で短時間走行を繰り返していると6km/L台です。
前のページで書いたように、走り続けると燃費はどんどん良くなって10km/Lは越えます。
高速道をメインに走り続けた場合、どのようになるかは来月には分かると思いますが、10/15モードには届くのじゃないかと予想しています。
GARMIN nuvi205W PLUS
2年くらい前に初めて買ったGARMINのPND、nuvi250を車のなかに入れておいたところ、車上荒らしで盗まれてしまいました。

ナビの必要性は年に数度という程度なのですけど、あればそれなりに便利なので買い直すことにしました。
ちょうど地図も古くなってきていて、地図だけの更新でも新しいモデルが買えるくらいするので・・・。

同じモデルの改良版ですと2万円以下という低価格になっていたのですけど、この際同じのでは面白みがないということで、ワイド型のにしました。

SONY、SANYO・・と候補は幾つかあったのですけど、シンプルさとGPS精度の高さで、またGARMINにしました。

ワイド型といっても以前として軽量コンパクトです。
レーン表示がでると言うところが前モデルに比べて大きなメリットです。
それ以外に、メニュー展開が分かりやすく、階層が浅くなったところも改良されたところです。
2010/04/15
nuvi205W plusを購入後、初めて実用に供しました。やはりレーン表示は便利ですね。画面が小さいので老眼にはちょっと辛いのですが、参考にはなります。
地図そのものは余分な表示が無く、ナビとしてはシンプルで見やすいですし、以前のモデルと違って鉄道なども表示されるので、現在位置を確認しやすいです。

ナビガイド中でも車の速度が常時表示されるようになりましたし、ガイドの必要がない高速道路走行中などには地図を表示する必要もないので、トリップデータの表示画面にしておくと車速が大きく表示されますし、目的地まであとなんキロメートルと表示されるところもとてもいいですね。

車速表示は車のスピードメーターよりも正確な感じがします。というか車のスピードメーターの表示がかなりいい加減なことが分かります。

車の動きと連動する地図の動きも素早くて、ほとんどズレ、遅れがありません。
緩やかなカーブを回り始めると画面が速度に動きます。
初長距離走行(2010/04/15仙台)
市内をうろちょろ走っているだけでさっぱり距離の伸びないフォレスターですが、往復500kmの長距離走行をしました。
考えてみると県外へ出かけたのはこれが初めてです。

注目していた高速走行での燃費ですが、約11km/Lとあまりふるいませんでした。
高速道路のかなりの部分でクルーズコントロールを使っておとなしく走ったので、もっと伸びるのではないかと期待していたのですが、高速走行での燃費は良くないですね。

帰路で家の近くのICを降りる頃には燃料警告灯が点灯しました。
取説で確認すると残量9Lで点灯するとありましたが、翌日給油したガスは約50リットルでした。
計算上はガス欠までは600kmということですが、警告灯が点くまでは500kmということです。

その後、市内市外を100kmちょっと走った今現在で燃費計は9.5km/Lを表示していますから、一般道の流れに乗っておとなしく走り続けた方が燃費は良いようです。
シート取り換え (2010/08)

乗り始めて7ヶ月我慢してきた純正シートですが、やはり取り換えることにしました。

純正シートも極端に劣悪というほどではないのですけど、トラヴィックの純正シートのような完璧とはほど遠いと言えます。
長距離走行で1日座っていて腰が痛くなるというほどではないのですが、座面が柔らかいため疲れはたまってしまいます。

社外品のシートレールは大半がローポジション化をうたっているので、着座位置が下がってしまうのはイヤだなとためらっていたのですが、「ナニワヤ」という販売店のサイトで高さ調節ができるシートレールを見つけたので、これを購入してみました。

RECARO/SというタイプでSRシリーズやLSシリーズ用で、HPには「4×4」と書かれていたのですが、改良されて前後とも6段階に高さ調節ができる「6×6」となっていました。

取り換えると純正シートに組み込まれているサイドエアバッグがなくなるため、エアバッグの警告灯が点いてしまうので、これをキャンセルするための抵抗(エアバッグ・キャンセラー)が標準で付属します。

純正シートを車体に固定しているボルト4本を外して前端を持ち上げたところを写真に撮ってみました。
ボルトはかなり硬く締め付けられていて緩めるのが大変でした。

フロアからのコードの束は一本で、三つに分岐した先端は写真中央の三つのコネクターに繋がれています。

コルゲートチューブに黄色いビニールテープを巻いてコネクターも黄色いのがサイドエアバッグのコードです。
誤爆防止のためあらかじめバッテリーのマイナス端子は外しておきます。

シートベルト警告灯のコードは、ケーブルを辿ればすぐに分かるので、バックルごと外して新しいレールに付け替えます。

サイドエアバックのコードはかなり厳重にシールドされています。
「黄色/黄色+黒」のコードをビニールテープで巻いてビニールチューブに入れて、さらにコルゲートチューブ、ビニールテープと厳重にシールドされています。

コネクターも中を見るとパッキンらしきものが入っていて防水型になっていました。

2本のコードにキャンセラーをまたぐように接続します。黄色い円で示したところがキャンセラーです。

作業風景です。

左がベースを付けたRECARO SR3、右が外した純正シートです。
車体や内装を傷つけないように養生して作業します。

ヘッドレスト一体型のシートにレールを付けたものを車内に入れるのは力仕事です。

組み付けが終わった完成写真です。
スポーツタイプの車と違って車内に余裕があるため干渉するところはブレーキレバーくらいです。

座面サイドサポートの背が高いシートなのでサイドブレーキレバーが少しだけ引きにくくなりました。

それ以外は特に当たるところはありません。

座面サイドサポートが大きいので乗り降りも不便になりますが、長時間運転のときの安楽さのために我慢することにしました。

*上の写真で運転席のRECAROと助手席の純正シートのヘッドレストのコントラストが面白いですが、純正のシートで唯一評価して良いのはこのヘッドレストです。きちんと着座したとき後頭部にヘッドレストが触れる理想的なヘッドレストだと思います。

*RECARO用のシートレールは6段階調節で一番高い位置で付けてみたのですが、純正シートのいちばん高い位置で使っていたので、それでも着座位置は低くなってしまいましたが、かろうじて許容できる範囲です。
試しに今まで使っていた低反発のクッションを敷いて座ってみたところ、これでほぼ納得できる高さになりました。かなり微妙なところです。

*着座位置が少し低くなってホールド感もかなりアップしたので、SUVではなく乗用車を運転しているような感覚になります。
ドライバーである自分と車との間に柔らかいクッションがあったのが、よりダイレクトな感覚になりました。もともと足廻りが良くできた車なので、シートのクッションに頼る必要はない。
ドライバーと車との距離がよりタイトになったように感じます。
上り坂では相変わらず非力ですが、下り坂ではかなりスポーティに走る車です。

*シートを取り換えた一番の目的は長距離長時間走行での疲労軽減ですが、これについては実際に長時間座り続けてみないと、正確な評価はできないです。
とくに、SR−3はRECAROとしてはあまりデキがよいとは言えないシートなので、どうか?とも思いますが・・・・。


慎重77cmの私がフィットさせた運転席の後ろに座って撮った写真です。

もともとリアシートにはかなりのゆとりがある車なのですが、RECAROのシートバックが薄いため、膝前の空間がますます広くなったのが副次的な効果です。

膝を組んでも前席との間には手のひらを広げたくらい、約20cmもの空間があります。

純正との違いは、シートレール後端に樹脂カバーがなくなるため、レールの足が剥き出しになってしまうところです。
反面、シート下にはかなりの空間があるので、ちょっとした物置き場にもなります。

このようなことを考えると、純正シートの分厚いシートバックには何の意味があるのだろう?と考えてしまいます。
シートバックのサポート性能はRECAROの方が抜群に良いわけですから。
腰から背中、肩のあたりに到るまで、分散して体重を受け止めてくれます。
オイル交換 2010/08/21 5,242km
納車後8ヶ月になりますが、これが初めてのオイル交換です。
ドライブレコーダー  Driveman720   2011/08
運転中の映像を動画で記録するドライブレコーダーをつけてみました。
調べてみると韓国製品で低価格のものがたくさんありますが、ハイビジョンサイズで記録できるDriveman720というのを選択しました。
製造は中国ですが国内メーカー(Asahi Research Corporation)の製品です。

イメージセンサー 5Mピクセル CMOS
撮影画素   1280×720
フレームレート 27.5fps
レンズ  F1.6固定

動画ファイル形式 MOVファイル
LCDディスプレィ  2.4インチ・カラー
記録メディア    SDHC 4GB付属 32GBまで対応

これを選んだポイントは高画質につきます。
なんとか写っているけどはっきり見えない状態では使い道がないですから。

動画ファイルは5分間に区切って記録して行くわけですが、ファイル間のギャップ(記録されない時間)が極めて短いことです。

(右写真)
取り付け位置はルームミラーの左側にしました。
液晶モニターは運転席からはほとんど見えなくなってしまうところが難点ですが、視界を遮らない位置となるとここになってしまいます。

もうちょっと上に取り付けた方が良かったか?
メモリーカードは本体左側から出し入れするので、それも考慮しなくてはなりません。

それからサンバイザーの開閉で干渉しない位置。ワイパーで拭き取られる範囲内の位置ということです。

ほとんど画面を見ることも操作することもないのですが、操作ボタンは液晶の左側にあるので、操作に支障はあまり無いです。

液晶はエンジンスタートで画像を表示し、おおよそ1分くらい過ぎるとデジタル時計表示に変わります。
車の方の時計表示が小さいので、大きな時刻表示は良いのですが、ルームミラーの陰でほとんど見えません。
☆ ↓の動画ファイルはとても大きいです。ファイル名にカーソルを合わせ右クリックして、メニューの中から「名前を付けてリンク先を保存」をクリックしてください。ダウンロードに約20分くらいかかるはずです。
ARC00394.MOV   2011.10.13 八幡平アスピーテライン 上り 1  ファイルサイズ 166MB
640_360.MOV    
    オリジナルファイル ARC00394.MOV 44.5MB をAVIファイルに変換(ARC00394AVI 3.65GB)
    さらに1280×720の画面サイズを640×360にリサイズ(640_360.AVI 1.37GB)
    これを元のMOVファイルに変換(640_360.MOV 44.8MB)
2015/07/09 Good-bye FORESTER
6年目に入っても走行距離が2.6万キロ前後と伸びなくなっていたフォレスターですが、次男のところへ出て行きました。


ページトップへ戻る