SUBARU FORESTER

Page 4

2010/01

Audio Next Step
チープな純正オーディオでもBGMとして聞くにはソコソコの音だと思うのですが、とりあえずユニットだけを取り換えることにしました。

ホームオーディオ用の10cmフルレンジ・ユニット Dayton Audioの RS-100Sです。

ユニット取り付け部周辺に制振材レジェトレックスを貼って、木材でバッフルを作りました。
将来、より大きなサイズのユニットも入れられるようにしてみました。

制振材をどこまで使うかですが、しばらくはユニット周辺と内張の共振しそうなところだけにとどめます。

ヘッドユニットを交換するのに備えて、太めのスピーカー・ケーブルを車体からドア内部に通したのですが、これがかなり大変な作業でした。
今のところは純正の細いスピーカーコードを接続しています。
(ロールオーバー画像はさらに制振材レアルシルトなどを貼った様子です)
ドア内張の樹脂部もオリジナル吸音材が貼って無くて共振しそうなところに短冊状にカットしたレジェトレックスを貼ってみました。

それほど大音量で鳴らすつもりもないのですけど、不快な共振音だけはできるだけ出ないようにするためです。
この状態で鳴らしてみると、さすがにチープな純正スピーカーよりははるかにクオリティの高い音を出してくれます。

こうなるとどんどん欲が出てくるもので、ヘッドユニットとアンプをクオリティアップしてみたくなります。

最終的にはロードスターに組み込んであったDENONのCDデッキとCLARIONのパワーアンプを移植する予定なので、エーモンのワイヤリング・キットをamazon.comで購入しました。
エーモン・WIRING KIT No.2054


右写真左から、黒いアース線、ブルーのリモート出力コード、赤いのがヒューズ付き電源コード、銅色のがスピーカーコード、紫色のがデッキとアンプを結ぶRCAピンコードです。

その他に小袋に入っているのは端子類です。

それぞれのコードをバラバラに購入するよりセットで買った方が割安な感じがします。
制振材&吸音材
制振材のレジェトレックスだけあれば充分だと思うのですが、今回は同じ制振材のレアルシールドと吸音材のエプトシーラーというのを通販で買ってみました。

吸音材はユニット背後、ドア外板の内側に少しだけ貼ってみました。
バッテリー直結電源

まだバッテリーに接続していませんが、パワーアンプのための電源コードをエンジンルームから車内に引き込みました。

隔壁(バルクヘッド)の車体中央付近にゴムキャップの付いたサービスホールがあるので、ここから車内に引き込みました。

このあと、ロールオーバー画像にあるように、コルゲート・チューブでカバーして他の配線の束にタイラップで固定しました。
(黄色い線でなぞってあるところです)

車内のダッシュボード下などに配線を通すのはかなり大変な作業です。

私は右写真のようなあり合わせの道具を使いました。
オレンジ色のハンドルが付いているのは百均ショップで見つけたピックアップツールです。
先端にマグネットが付いていて、本体は自在に曲がるスプリングでできています。
これの他には2φくらいのワイヤーロープも百均ショップで購入しました。
長さは90cmで両端がフックになっています。植木鉢や額縁などを吊すためのものですが、片方のフックをカットして使いました。

そのほかに細いビニールホースやクリーニング用の針金ハンガーなどです。
助手席側の配線

助手席はグローブボックスとその下のアンダーカバーを外してあります。

助手席シートの下にパワーアンプが入るのに充分なスペースがあるので、ここまで配線を通しているところです。

マットの上の赤いコードが電源、黒がアースです。
この他には左右のドアからのスピーカーケーブル、ヘッドユニットからのRCAピンコード、リモート出力コードなどがグローブボックス背後からサイドシルにかけて黒いコルゲートチューブを使って束ねて納められます。

ワイヤリングキットフロントシート用に入っていたアースコードは1mと短かったのでロードスターの方に付けあったのに入れ替えました。
電源コードと音楽信号が流れるスピーカーコード、RCAピンコードは離して設置します。

助手席シート下の新聞チラシでくるまれたパワーアンプと結線しているところです。
アンプの下にはベルクロが貼り付けてあるため、このようにカバーして置かないとカーペットに食いついてしまうからです。

電源コードやアース線などを付け外しするときはバッテリーのマイナス端子を外しておかないと危険です。
今回は繋ぎ直すときにうっかりショートさせてしまいましたが大事にいたりませんでした。

ロールオーバー画像は配線が納まったところです。

まだコード類を整理してませんが、シート下に納まったパワーアンプです。
縦置きするとリアシート足元の邪魔になるので横置きにしました。

赤い電源コードはこのあと7φ2mのコルゲートチューブでカバーしました。

この写真は前席側から撮ったものですが、ロールオーバー画像は後席から撮ったものです。

サイドシルカバーを外した内部には左右のスピーカーコード、CDデッキからの出力コード、リモート出力コードなどを入れました。

樹脂カバーは一番右側の爪フックが取れてしまってましたが、コード類を隙間から出す上では好都合でした。
出来上がり

DENONのCDデッキDCT-A1000とSUBARU純正のフリーボックスが納まった状態です。

派手派手だった純正2DIN−CDレシーバーに比べるとかなり地味になりました。
このあと、フリーボックスの内側に百円ショップで買った粘着タイプの薄いフェルトを貼りました。

AVパネルがオリジナルのシルバーに戻ったのですが、運転するとき視界に入ってちょっと目障りです。

ロールオーバー画像はAVパネルを取り付ける前に音出しチェックをしているところです。
納車後1カ月の短期間に駆け抜けて目的地にたどり着いてしまいました。
純正のオーディオでもそこそこ聴けるものだと思うのですが、手を加えればそれなりの音は出てきます。

今回は機材はすべて手持ちのものを使ったので、出費はコード類と制振材だけです。
結果としてはそれぞれの機材が納まるべきところに納まったようで、車内スペースに余裕があり、静かで乗り心地も良いためCDの音飛びもありません。

ロードスターでは当初のシンプルなシステムからはみ出して余分な機材を狭いスペースに押し込んでしまったのですが、こちらも本来あるべきシンプルで良質な音になりました。

もともとは室内のオーディオで同じソースを聴いたときの落差を少なくするというのが目的でしたが、そこそこ達成できたような気がします。

わずか10cmでDayton Audioのユニットですが、車の運転に邪魔ならないレベルで良質の音を出してくれます。
もともと車より広い部屋の中で充分な音を出してくれる訳ですから、車の中でも充分に使えます。
硬い高音とか重低音とは無縁ですが、聴き疲れしないバランスの良い音があれば充分です。

小径ユニットとはいえドアの振動はかなりのものですから、制振が大事なポイントです。
ドア内側鉄板部の開口部を完全に塞ぐことまではしませんでしたが、これでも充分です。
ユニットを取り付けるバッフル板を作り、それを取り付ける開口穴周辺を制振材で補強すること。

そして、樹脂製の内張が意外と共振しやすいと思うので、内張内部の振動しそうなところには制振材を貼ることも大事です。


ページトップへ戻る