SUBARU FORESTER

Page 3

2010/01

ドア内張外し
純正スピーカーに興味があるのでドアの内張り外しにチャレンジしてみました。
振り返ってみると初代ロードスターから数えてこれが5台目の内張外しですが、毎回、最初に苦労します。
でも、一度開けて構造とコツが分かれば、あとは簡単です。
カーオーディオのAlpineのホームページに車種別の取り付け情報が掲載されていますので、そちらも参考にしてください。

以下の写真は助手席側のドアのケースですが、運転席側もほぼ同じはずです。
助手席側から始めてコツをつかめば運転席側は短時間にできると思います。

最初の難関はウィンドウ前端、ドアミラー内側の小さな樹脂パネル外しです。
アルパインのページでは「ドアミラー裏パネル」と書かれています。

クリップ1ヶ所で固定されているのですが、その位置が分からないので、ひねったりしていたのですが、単純に手前に引っ張ればよいらしいのでやってみたところ外れたのですが、クリップの部分が折れて窓の方に残ってしまいました(右写真)。
裏側の構造はこんな風になっています。
クリップはかなり低い位置にあります。
パネルをひねったりしていると樹脂が疲労して割れやすくなりますから、真っ直ぐに引っ張るようにします。
かなり硬いですから、外れた瞬間に転倒しないように注意しましょう(。。;)ゞ

割れた部分はセロテープで仮止めしてアクリル用の接着剤で接着してみたのですが、たぶん持たないでしょうね。

左写真の黄色い円でマークしたところにコードが差し込んでありますが、これは純正ツィーター・キット用の配線です。

三角形をしたパネルとドア内張を外したところの写真です。

下から上に上がっているコードは、右がドアミラー用で、左がツィーター用です。

最初にドアの下辺にあるカーテシーランプのレンズを外して、コネクターを外しておきます。
これはマイナスドライバーや内装外し工具で簡単に外れます。フォレスターの取扱説明書に外す方法が記載されています
内張がドアの金属部分にネジ止めされているのは左写真で黄色の矢印で図示した3ヶ所で、青矢印のネジは内張に固定されています。

最初にドアレバーのところを外し、次に青矢印で示したドアの手かけのなかのネジを外してシルバーの部分を外すと、さらに2ヶ所のネジが見えるので、これを外します。

タッピング・ネジは4本とも同じものです。

パワーウィンドウ・スイッチがあるシルバー色の樹脂成型品の内部構造は下の写真のようになってます。
3ヶ所のクリップで固定されているので、写真右側の方から順番に外して行きます。
右側にはマイナスドライバーや内装外しが入るようにわずかな切り欠きがあります。
樹脂を割らないように慎重に持ち上げてゆきます。

コネクターはロック爪を押して慎重に抜きます。
コネクターを外すとPWが効かなくなりますから、あらかじめウィンドウは下げておいた方が良いかも知れません。
内張パネルを外したところです。リンク画像にはホックの位置をマークしてあります。
床に寝かせた内張パネルの白いホックの位置と照らし合わせて見てください。
ホックはパネル周辺部に8個、中央部に1個あります。
この硬いホックを外すのはそれなりに力の要る作業です。
樹脂パネルを割らないように慎重に作業をします。

これも最初の一個を外すのが大変ですが、一個外れてしまえばあとは比較的簡単です。
下の方から順に外した方がいいですね。
内装外しやマイナスドライバーなどをこじ入れてホックの位置を確認し、テコの原理で持ち上げて外します。
私はちょうど手頃な竹べらがあったので、これを2本、ホックを挟むように入れて、持ち上げて外しました。
ホックがすべて外れたら樹脂パネルを持ち上げるようにして外します。
パネルが外れたら、ドアノブとドアロック・レバーに繋がっているワイヤーを外せば内張外しは完了です。(下の写真を参照)

樹脂パネルの裏側には吸音材が貼ってありました。
よほどのハイパワーで鳴らさない限りは、これだけ吸音材が貼ってあれば樹脂パネルの方は制振しなくても大丈夫ではないかと思います。

ドアを開けたりロックするためのレバーに繋がっているワイヤーの外し方ですけど、左図@の部分がはめ込んでありますから、まずこれを引っ張って外し、それあとワイヤー先端の金属球を外します。
この部分はレバーに引っかけてあるだけです。

外すのは比較的簡単ですが、取り付けるときにちょっと手こずりますので、外すときには良く見ておくことです。

片手で大きな内張を持ったまま、もう一方の手でこの部分の付け外しをするので、少し手こずります。

元に戻すときはきちんと取り付けないと、組み込んだ後にドアレバーでドアが開かなくなったりします。
元に戻すときはホックやネジを締める前にレバーがちゃんと作動するのを確認した方がいいです。
純正装着のスピーカー・ユニットはこのようなのものが付いていました。
FOSTER製でコーンはPPコーンのようです。すぺて樹脂製でとても軽いです。もちろんMade in Chinaです。
マグネットがネオジウムのように見えるのですが確かではありません。
4ΩでMAX 30Wと書かれています。

少なくとも一昔前の純正装着スピーカーに比べればずいぶんとマトモな音を出してくれます。少なくとも聴いていてひどいなぁ・・とか嫌だなぁ・・と思うような音ではないです。口径が大きいのでそれなりの低域も出してくれます。
運転しながらBGMとして聴く分には不足のない音と言えます。
このスピーカーに繋がれているコードの極性を調べましたのでここに記録しておきます。フロントドアだけですけど。

フロント運転席側  「青/オレンジ」 = プラス
            「白/黒」     = マイナス

フロント助手席側  「白/茶」     = プラス
            「緑」        = マイナス
左写真
ユニットの取り付け部分はこのようになってます。

右写真
今回は構造チェックだけなのですけど、手持ちの制振材レジェトレックスの残りを取り付け部の周囲に貼っておきました。

ユニットを取り換えない限り音は変わりませんけど。
レジェトレックスを貼ったあと、ユニットを取り付けて内張を元に戻しました。
最初に外すときはちょっと大変ですけど、構造が分かったあとの組み付けは短時間で済みます。

パワーウィンドウのコネクターを繋いだら、ネジやホックをはめ込む前にチェックします。
ドアレバーでドアが開くか、ロックレバーでロックができるか、パワーウィンドウは動くか・・・。
これらを確認した後にネジ止めをしてホックを押し込みます。

純正のユニットはコネクターがドア内部の金属パネルの外側にあります。
他のユニットに付け替える場合、純正のスピーカーコードを使うときはドア内部に入れなければなりません。


ページトップへ戻る