SUBARU FORESTER

Page 1

2009/12

ページジャンプ Page 2 Page 3 Page 4 Page 5

気に入って長年乗り続けたスバル・トラヴィックの後継車としてフォレスターに乗り換えることにしました。
後継車の条件として私が考えたのは、ボディサイズが大きすぎないこと、4名がゆったり乗れるキャビンスペースと、長尺ものが載せられる積載能力、そして車高がそこそこ高いことでした。
特に車高の高さは、乗り降りのしやすさのほかに、アプライトに着座するのが腰に負担がかからず、長時間の運転で疲労が少ないからです。

フォレスター以外の候補もいくつか・・・。
HONDAのクロスロードは個性的な外観と全長の短さが魅力だったけど、それ以外に大きな魅力がない。

特に外観に比べて内装に惹かれるものがないし、見た感じシートのデキが悪そうなので、そうそうに候補から外れました。

でも、分かりやすいスクウェアな外観だけでも、それなりの価値はありそうですけど。

かなり有力な候補だった日産のデュアリスです。
リアシートがちょっと窮屈なのと乗り降りに難がありますし、なんと言っても長尺ものを積むのにちょっと全長が短いので、残念ながら候補から外れました。

欧州で販売されているロングボディ・バージョンが国内で販売されていたら、これを選んだかも。

もともとは欧州での販売が目的で作られた車だけに、コンパクトで引き締まった外観が魅力でした。
背の高いハッチバックとして考えると、取り回しの良さ実用的には充分と感じます。
背の低い車も含めて候補として上げた車種の外形寸法や車重など、分かりやすいスペックで比較した表がこれです。
トラヴィックを基準にすると全長で約25cmも長いのですが、ホイールベースは8cm短くなります。
車重と回転半径は完全に同一です。

なぜフォレスターに落ち着いたか?といいますと、消去法で残ったということで、外観デザインに関して言えば、さほど惹かれるものが無い。
悪くはないのですけど、あまりセンスを感じない、ある意味スバルらしいデザイン。

存在感が希薄な外観というのも、考えようによっては悪くない。
というのも、徹底して実用車と割り切れば、あまり目を引くところが無く、その割に同型車を街中で見かけることが少ない希少性もあります。

何よりも決め手となったのは後部座席の居住性、シートバックが1ノッチだけリクライニングすることと、リアシートをフラットにすれば2mに近い長尺ものを積めるということだったりします。
フォレスターはAWDのみでFFが無いのですが、価格面で4駆だから割高になることもなく、燃費もカタログ燃費ではさほど悪くないということですから、AWDでなくても良いが、それで困ることもないということで納得することにしました。

それからもうひとつ、FORESTERにはクルーズ・コントロールが付いていると言う点も大きなポイントです。
Sports Limited
現行フォレスターは2007年12月の発売で、2009年1月に小変更。
特別仕様車のSports Limitedは2009年7月に追加されたものです。

フォレスターのグレード構成は、ベースグレードの「X」、これに装備を充実させた「XS」、ターボエンジンを搭載したトップグレードの「XT」というシンプルなものですが、Sports Limited はベースグレードのXの装備を充実させた特別仕様車という名のお買い得モデルです。

ベースになった「X」との比較で。特別装備と思われるものを、私の必要度の順にリストアップしてみますと、
まず、絶対にこれは外せないというものは、

 *本革巻ステアリングホィール&シフトレバー (手で触れるものだけにこだわりたい)
 *クルーズ・コントロール              (高速道を定速走行するため)
 *SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグ (安全にはコストをかけて欲しいから)
 *HIDロービームランプ               (トラヴィックのライトは暗かったので)
 *17インチ・アルミホイール            (なぜかデザインが気に入ってるから)
 *リアドア&テールゲート濃色ガラス       (今は定番だし)

この他には、無くても良いのだけどあればあったで悪くないものは、
 *フォグランプ    (ほとんど飾りだけど)
 *ルーフスポイラー (ゴツいデザインだけど、雨の日の汚れ軽減には良いかも)
 *マフラー・カッター (これも飾りなのだけど)

インテリアでは、
 *シート表皮が「XS」と同一      (シート生地が少し違う)
 *シートヒーター             (それほど寒冷地でもないのだけど)
 *アルミパッド付きスポーツペダル (これも見た目だけなのだけど)
 *テレスコピック・ステアリング    (テレスコするに越したことはない)
 *スポーツ・ルミネセント・メーター  (タコメーターが少し大きめになって、水温計が追加されるだけ)

その他スペックの面で目につくものは、
 四駆形式はアクティブ・トルクスプリットAWD。前後比率は6:4で前後の重量に合わせてます。
 エンジンはお約束の水平対向エンジンを縦置きにしてます。
 VDC(ビーイクルダイナミックコンロール)は横滑り防止装置。
試乗のインプレ
このフォレスター、ディーラーにとっては旬が過ぎたモデルなのか、市内のディーラーには展示車も試乗車もなくなってました。
実用重視で選択した車なので試乗しないで買ってもいいか・・・と思っていたのですが、しばらく前に、遠く離れた県都のディーラーで試乗車を見つけたので短時間だけ試乗してみました。

可もなく不可もない・・といった印象でした。あくまでトラヴィックとの比較ですが、重そうなタイヤを履いていてる割には乗り心地は良いようです。
少なくとも市内の荒れた路面では足廻りがドタバタしたトラヴィックに比べると、しなやかでした。

車内は静かなのでエンジンの音が聞こえてくるのですが、その音色はさほど魅力的ではなく、なんとなくガサツな音でした。
改めてトラヴィックに搭載されたエンジンの音が快音であることに気が付きました。
トルク感はトラヴィックに及ばない。排気量200ccの差はかなり大きいです。
この点は、トラヴィックが過剰なほどパワフルだったということで、燃費の点も含めてフォレスターのパワーはこのくらいでリーズナブルではないかと思いました。

ステアリングの応答性など、車を走らせるうえでの感触はかなり良かったです。つまり、乗り慣れるまで不自然な感覚にとまどうことはなさそうです。
フロアマット
標準の状態で必要と思われるものはすべて付属しているので、オプションは一切注文しませんでした。
そのついでに、純正のフロアマットも頼まなかった。
車両価格全体からみるとわずかな金額だけど、単体で見ると純正品は価格設定が割高です。
調べてみると市販品でも車種ごとに作られたものがあるのでした。お値段は純正の半額くらいで、質感もそこそこ。カラーやデザインも選べるというメリットがあります。

でも、たまたま調べていたYahoo!のオークションでさらに安価なものを見つけました。色は単純なブラックで厚みも薄そう。おまけに3ピースであるはずのリア用が2ピースで中央の部分がない・・・・。
でもよく考えてみると、中央部はさほど必要ではないということで、間に合わせに買ってみました。

届いた荷物を梱包のまま手に持ってみると、薄さと軽さでいかにもそれなりか・・とがっかりしたのですが、中身を見てみるとそこそこ使えそう。
結局、間に合わせのつもりがこのまま使い続けてしまうかもしれません。

ちなみに、運転席のマットを固定するためのアンカーピンは純正品に不足しているパーツなので、いきなり市販品を購入すると、固定ピンがない状態になります。
この点はすでにロードスターで経験したので、マジックテープなどを使ってずれないようにすれば済むことです。
市販のカーマットは純正品のリプレイス用という位置づけのようです。
オーディオレス
2009/12月現在、フォレスターは基本的にオーディオレスです。
カタログ写真で見る限りでは、オーディオ取り付け部は2DINのスペースの上段には小物入れ、下段にはメクラ蓋がしてあるようです。

納車前ですけど、オーディオ関係をあれこれ調査中です。
左の写真はマイナーチェンジ前のSH5型フォレスターの上位グレードに標準装備されていたらしい純正の2DIN型CDレシーバーです。

マイナーチェンジ後のカタログにはこのタイプはありませんし、オーディオ周辺のパネル(インストルメントクラスターパネル)で木目模様のものも標準ではないようです。

さらに、この写真のモデルは「ワイド2DIN」と呼ばれているもののようで、横幅は通常のDIN規格の180mmより幅広い200mmらしいです。もっともこれは表面の幅だけで、本体が納まる部分は通常のDINサイズなのだろうと思われます。
これと比べると、現行のオーディオレス車のパネルは市販品のDINサイズに合わせてあるようなので、「このパネルは2種類ある」ということです。

NETでみつけた画像ですが、別名はAVパネル
純正パーツはかなり高価ですね。21年1月以降のマイナーチェンジ後のオーディオレス車はすべてこのパネルが付属しているようです。

現行のオーディオレス車がどのようになっているのか興味深いものがありますが、今までに調べたところでほぼ確実なことは、ボディ側のオーディオ・コネクターは従来のスバル車の14Pとは違って20Pになるということです。
(写真左:エーモン オーディオ・ハーネス スバル用20P 品番2228)

このハーネスの色分けと機能はこちらです。
ボディ側コネクターの構造はこちらですが、このアルパインのページのデータには一部に間違いがあるようです。

それから、ラジオアンテナのボディ側のコネクターは平型?の形状をしているので、これも専用のコードを別途入手しないとヘッドユニットに接続できそうもないということです。


ページトップへ戻る