Page 1

2015/11

スバル・フォレスターが手元を離れて行ってから、大きめの荷物を運べなくなったので、「積める車」をあれこれ検討してましたが、結局スズキ・ソリオ・バンディットということになりました。

長さ1.8m強が積めるというのが前提条件なので、ステーションワゴンというになり、スバル・レヴォーグやホンダ・シャトルなども候補でした。
一方でダイハツ・ウェイクなどの軽トールワゴンでも積めることが分かったのですが、価格が小型車と変わらないこと、車重が重いので燃費がさほど期待できないということで、トールワゴン型軽自動車を少し大きくしたスズキ・ソリオが残りました。
*積載性
スズキが軽自動車で採用している助手席座面を起こしてシートバックを前に倒すことで、助手席の幅程度ですが2mを超える長尺ものが積めます。これは背の低いステーションワゴンではできない芸当です。
ソリオの全長はコンパクトなスイフトよりも18cm短く、軽自動車よりは約30cm長い。
このコンパクトなサイズのなかに2mオーバーの長尺ものが積めるというのは、私にとっては大きな魅力でした。

積載性が高いと言うことはパセンジャーのためのスペースも充分にあるということで、トールワゴン型軽自動車よりも幅が広い分だけさらにゆったりとしたスペースがあります。ただしリアシートは軽並みに二人掛けが現実的ですけど。
リアシートを倒してフラットにすればそこそこの貨物スペースになりますし、リアスライドドアは高齢者を病院に連れて行ったりするときにメリットがあるのではないかと。
*その他
加齢とともに長距離を長時間走ることが少なくなったので、日常的な使用パターンを考えるとコンパクトなボディと最小回転半径4.8mの取り回しの良さは大きな魅力です。ちなみにスイフトスポーツはの最小回転半径は5.2m。
背の高い車はアイポイントも高く、ベンチに座るようなドライビング・ポジションなので腰に負担がかかりにくいというのもあります。
ドアの開口部が大きいので乗り降りもスムースです。
*デザイン
実用本位のミニバンということで外観についてはさほどこだわりはないのですが、メッキを多用して保守的なソリオよりバンディットのフロントデザインの方がすっきりしているのでこちらを選びました。
*スペック
今まで購入対象になるとは考えてなかったので特にこの車について詳しい訳ではないのですが、8月にフルモデルチェンジされた車とその前モデルとの違いは、
○マイルドハイブリッド(Sエネチャージ)が登録者に採用されメイン・エンジンになった。
○新世代のプラットフォームの採用で車重が1トンを切って前モデルより100kg軽くなった。
○室内長が前モデルより400mm長くなった(室内長の考え方にもよるか?)。
といったところです。
*試乗
道具として割り切った使い道なので試乗はしなくても良いか?と思ったのですが、オーダーするまえに一応試乗してみました。試乗車はバンディットではなくソリオの方で、上級グレートなので運転席側のスライドドアもパワードアでした。
これでも車重は990kgで1トンを切ってるということでした。
試乗した印象としてはとくに書くこともなく、至って普通、良い意味での普通の車でした。乗りやすい。初めて乗る車には短時間でも違和感があったりするのだけど、走り始めてすぐに慣れてしまった。
もっとも、サイドブレーキは久しぶりのフット式なので、左手が泳いでしまいました。
インパネシフトもアルトのほど安っぽく感じなかったけど、慣れないので今どの位置に入ってるのか?と営業さんに聞いてしまいました。

走っていてアクセルペダルを緩めたときにわずかに回生ブレーキの感覚があったけど、初代プリウスほどではないのですぐに慣れました。
加速するとき最大で30秒間モーターのアシストが加わるので、過不足のないパワー感。だるいな・・・と感じることはなかったので、これで充分。
ただ、モーターがアシストすればバッテリーの残量は減って行くので、アシストはいつまでも続くわけではない。
簡易型のハイブリッドとしてはこれで充分意味はあると思いました。
2015/11/21 納車
スイフトスポーツが最初の車検を受けたばかりなので、車を購入するのは3年ぶりです。
なぜかたまたまスズキ車が2台、しかもどちらもコンパクトカーになってしまったのですが、MTでいわばアナログな車であるスイフト・スポーツに比べるとまったく正反対の実用車がソリオ・バンディットです。
実用車でも当節の車ですから、なんというかデジタルってぽいというか、取説をよく読まないと分からないところ、煩雑なところが多いです。
センターメーター
3年ぶりの新車となると、いろいろ初物が多いのですが、センターメーターもそのひとつ。
メーターデザインはオーソドックスなソリオの方が好ましいと思うのですが、バンディットは若者ウケを狙った意匠です。
インフォメーション・ディスプレーはモノクロだけど、切り替えて表示される情報量が多いです。
メーターが遠くなったため操作スイッチはダッシュボードのスイッチとステアリングのスイッチで切り替えができるのは便利です。
燃料計は液晶表示で1/2表示のところで給油すると20リットル入りました。タンク容量が32リットルなので、計算上は1/2で残量が12リットルですからかなり楽観的な表示です。
それよりもおや?と思うのは水温計が無くなったことです。オーバーヒートなどすることが無い時代なので警告灯で充分ということなのでしょう。コールドスタートするときこの警告灯がブルーに点灯して水温が上がると消えます。
それにしても、電源オンで警告灯が全部点灯してから消えるのだけど、この膨大な数の警告灯の意味を理解しているユーザーはどれだけいるものかと考えてしまいます。
基本的には正常ならばすべて消えるものだけど、ひとつだけ点灯しているのはアイドルストップ可の表示のようです。
メモリーナビ
年々行動範囲が狭くなってきているのでナビゲーションの必要はほとんどないです。あっても年に一度くらいなのでポータブルナビで充分でした。
しかしイマドキのナビはカメラの画像を表示してくれるので、こちらは日常的に役に立ちそうなのでナビ付きモデルにしました。
安全確認は直接目で見るのが大事だけど、どうしても死角はあるので、カメラからの映像は役に立ちます。
前後左右のカメラの映像を合成して上空から見たような全方位モニターは面白いですね。
多機能過ぎるくらいなので、その分操作も煩雑になります。
取扱説明書
3年前に買ったスイフトスポーツまでは、車の取説などパラパラと目を通すだけで、きちんと読んだのは目新しいかったキーレスプッシュスタート・システムのところだけでしたが、今回はそうはゆきませんでした。
ちゃんと読んでおかないとまずいかな?と。
読んでもすべてが頭の中に入るわけではないので、取説は必要なときにはいつでも取り出せるようにしておかないと。
このあたりは高機能煩雑化している家電品と同じか。
インパネ・シフト&足踏み式パーキングブレーキ
助手席や後席へのウォークスルーできるメリットの代償としてこのようになっているのだけど、なかなか慣れないです。
車を止める度に左手がサイドブレーキレバーを探してしまう。
パーキングブレーキのON/OFFを視覚的に確認できないので、メーター内の表示灯に頼ることになります。
シフトレバーも同じで、一見して見やすいようで、Nの位置なのかDの位置なのか分かりにくいので、これもインフォメーションディスプレーの表示を頼るようになります。
オートドアロック
数年前にはオプションだった装備が標準装備になっていたりします。私はオートドアロックは大きなお世話だと思うけど付いてきてしまう。
もっとも、この機能は停止させられるのだったか?
それよりもある程度はカスタマイズできるようだけど、車速15km/hで働くことに格別の不満はないです。
でも、運転席にロック/アンロックのスイッチが無くなってる。ロックボタンで全ドアをアンロックできるのだからいいのだけど、スイフトにあったものが無くなってます。
それからバサードスイッチに連動してアンロックされなくなってる。これもちょっと不思議。
スライドドア
スライドドアの商用車には乗ったことがあるけど乗用車で所有するのは初めて。オートは助手席側だけなのだけど、パワー無しの運転席側のドアが軽いのにはオドロキです。これならオートでなくても充分。
半ドアの状態でも自動で引き込まれるのには感心しました(。。;)ゞ
外気温計
空調のコントロール部はインパネシフトなどのため、ちょっと低い位置にあります。外気温表示のスイッチがあって、押すと小さな液晶表示部に短い時間、外気温が表示されます。外気温はメーターナセル内に常時表示された方が良いと思うのだが。
オーディオ
スイフト・スポーツでも感じたことですけど、最近のスズキ車の車載スピーカー、悪くないです。ローコストのユニットのはずなのに、この音はひどいな・・・というレベルではない。BGMとして聴くには充分な音なので、今回もいじらないことにしました。
タイヤ
YOKOHAMAのBlueEarth。
シート
長時間座っていないと正確な評価はできないですけど、これも意外と悪くないのではないかと感じています。
アップライトに座るのでその分腰への負担が少ないのか、短時間の試乗だけでも腰が痛くなる国産車があるなかで、最近のスズキ車のシート、コストをかけていないのにデキが良いのではないかと思います。
高さ調節機能とシートヒーター、エアバックなどが入っているので、できればレカロに交換しないで座り続けたいとは考えてます。
おおきく開くドアの開口部と絶妙なシートの高さ位置なので、これを乗りにくくはしたくないです。

それから運転席にだけシートヒーターが付いているのですけど、これが立ち上がりが早くて強力です。ずっと付けっぱなしにするというより、冷えている間だけ暖めてからオフにするという使い方らしいですけど、これからの季節には重宝です。
以前のフォレスターにも付いていたけど、温度の上昇が遅かったように記憶しています。
ETC取付
今回の車はオーディオはいじることも無いので、ETCだけは自分で取り付けることにしました。
純正品の取付場所に付けるのは難しそうなので空調パネルの左側面に貼り付けることに。
機器は古野電気のFNK-09T。セットアップ込みの通販で購入しました。

写真左側は検電テスター。通電していると赤いLEDが光るというだけの道具です。安価なものなので一度使うだけでもあっても良いかな?と。
使ってみるとそれなりに役に立ってくれました。
ヒューズによっては常時電源のものとACC電源のものがあるし、ヒューズ電源に入れ替える場合、電気が来る側からコードで取り出さないとダメだからです。

今回は低背ヒューズ電源5Aを使ったのですが、「フリータイプ・ヒューズ電源」の方が良かったかも知れません。お値段もちょっと安かったし。

今回買った2点は合わせて約千円といったところです。

受信機は定位置であるルームミラー背後に貼り付けてアンテナ線はAピラーの中を通します。
ピラーカバーの取り付け方法が分からないので慎重に外しました。プラスチックが薄いので力任せにやると割れる恐れがあります。
ゴムのモールを少し外してピラーの上の方から引き起こして行きます。写真赤丸で囲んだところはプラホック(二カ所)で、青丸で囲んだところが板バネです。

外すと板バネが金属ボディの穴の中に残ってしまったりしますので、取り外してプラスチックカバーの方にはめ込まないと元に戻しにくいです。

古野電気のモデルを選んだのは、今まで取り付けた2台がこのメーカーのだったからと言う以外に、アクセサリー電源からだけ取れば良いというわかりやすさが理由でもありました。

あらかじめ取説で「AAC3 5A」のところがなにも使われていないようだったのでここに接続する予定でしたが、なぜかAAC電源オンでも通電しないようなので、あちこち調べたあげく、「ラジオ」と書かれた5Aヒューズが良いのでここに繋ぎました。
アースはグローブボックスの裏あたりの位置にあったナットに繋ぎました。
アンテナ線の引き回しは比較的順調でしたが、電源取り出しにはちょっと手こずりました。
ヒューズボックスの場所が狭かったので作業には少し四苦八苦しました。

ETC本体は写真のようにありきたりな場所に貼り付けました。
運転席からランプが見えるのも悪くは無いけど、グローブボックスの中など見えないところに置いてもいいのかも。

前回スイフトスポーツに取り付けたときはアンテナコード・コネクタの本体へのはめ込みが完全で無かったため料金所のゲートが開かなかったのですけど、今回は無事に通過できました。
音声ガイドはいずれは煩わしくなると思うのでOFFにするつもりです。

(最初は写真のように助手席側に貼り付けたのですが、助手席座面を起こすと干渉するので運転席側に移設しました。ダッシュボード下は助手席から運転席までスカスカにスペースがありますしETCアンテナケーブルも充分な長さなので問題なく移設できました)
乗り心地、ドライブフィール
ETCの動作チェックも兼ねて高速道を一区間だけ使って隣りの市まで行ってきました。
乗り心地やドライブフィールについては短時間試乗したときの印象と変わりなく、動力性能は過不足なくオットリと走るのに充分。高速道の追い越し車線を爆走する傍若無人なミニバンと張り合うことも無い。
合法的な速度で走っていると静かで直進性も良い。乗り心地はほんの少しだけ硬めだけど基本的にフラットです。
小排気量なのにエンジンが高回転で回り続けるわけでもないのには感心しました。

試乗の時に感じたバワステの軽さも慣れてしまうもので、ステアリングの操作と車の動きの間にズレもなくナチュラルなハンドリングと言えます。
急加速をしたりコーナーを速めに回ったりする車でもないので、穏やかな気持ちで運転できるのは好ましいです。

*平らな一般道を60km/hで走っているときのエンジン回転数はぴったり1000回転。
アクセルを穏やかに踏んで走っている限り、2000回転以下で走れるようで、ちょっとパワーが必要なときにはモーターのアシストが入るので、エンジン自体の回転は2000回転以内で納まってます。もちろん踏み込めば3000回転とかそれなりに回るけど、さほどがさつな音はしないです。
燃費
タンク容量が32リットルと小さいので燃料計が半分まで減ったところで2回目の給油をしました。
おおよそ18〜20リットルといったところです。満タン法で計算してみると14.6km/L。
高速道路を2回走ったことを考えると意外と伸びない。近距離短時間の走行がメインになるので、これからさらに伸び悩むかも。
それよりも、車の燃費計の表示が正確なのにはおどろきました。満タン法の結果とほぼ同じ表示でした。