仙人のガレージセール


Page 36

Zigmahornet・エンクロージャ

2009/10

某SNSのスピーカー工作関係のコミュニティで紹介されていたので名前を知った不思議なエンクロージャ Zigmahornet を一個だけ作ってみました。
12mm厚の古いラワン廃材があったのでこれで作ってみました。汚いです。
図面はこちらです。
このエンクロージャに関する日本語のサイトは見あたらないので図面以外の詳細は分かりませんが、共鳴管にバスレフのダクトを付けたもののようです。
天板部が斜めにカットそれているのもどのような理由なのかは不明ですが、デザインとしては悪くはないですね。
工作はその分難しくなりますけど。

全高は1.5mもあります。
内容積は大まかに計算してみると10リットルはあります。共鳴管として共鳴周波数を計算してみると55Hz前後、バスレフとしてダクトを計算してみると75Hz前後になると思います。

使用するユニットは特に指定があるわけでは無さそうですか、Fostexの10cmフルレンジFE103Eを使った作例があるのでこれを入れてみました。
図面は外寸が指定されているだけなので板材の組合せ方は自由。上の写真のように側板で挟む構造にしました。
バッフルの幅を図面通りにするとユニット開口穴とバッフル幅が接近してしまうので幅を約10mm広くしました。底板のあたりも図面にわずかな変更を加えています。

エンクロージャとしては細長く背が高いので設置場所の都合でトールボーイ型が好ましい環境の場合には面白いスタイルだと思います。
ただ、ユニットの位置がフロアから1mの高さにあるので、試聴する位置に制約もでてきますね。
聴いてみる
とりあえず一個だけしか作ってないので手持ちの他のエンクロージャと組み合せて聴いてみました。
同じユニットを使った巨大なバックロードホーン(Page 23)と組み合せると、当然ですが完全に圧倒されてしまいます。

PioneerのPE−101A用のフロントローデッドホーンバスレフ(Page 33)と組み合せると、ずいぶんと地味に聞こえます。FRホーンの方が派手な鳴り方をしますし音量も大きいようです。
悪くはない・・・けど、これならではのメリットは感じられませんでした。
ここで考えたのは、以前に共鳴管型をいろいろ作ってみた時に感じたことですけど、高音指向の強いFostexのユニットは共鳴管型とは相性が良くないのではないかということでした。

確かに繊細でくっきりした高音は出るのですが、目立って低域が良く出るということでもない。ボリュームを上げればそれなりに出てきますけど、その分さらに高音も強く出てくる訳でして・・・。

・・・ということで共鳴管型に入れて印象がとても良かったTangBandのW3−593SDを入れてみることにしました。
左の写真のように端材でバッフルを作ってネジ止めしました。
10cmユニットを入れる箱に8cmユニットは荷が重すぎるかと心配したのですが、こちらはとても良い鳴り方をしてくれました。
FE103Eが箱と一体化した音を出してくれなかったのに比べると、こちらは箱の中の空気をうまくドライブして箱とユニットが一体化して音を出しているように聞こえます。

組み合せたのは同じユニットを使った共鳴管型H580(Page 20)です。この二つ折りタイプのものでも充分な低域を出してくれるのですが、内容積が大きいZigmahornetはさらに低域が良く出ますし、それによって失われるものは無いようです。
2個目を作る
FE103Eではあまりメリットを感じなかったけどTangBandの8cmユニットを入れると今までにない音を出してくれるということで、もう一個作ってみました。

今回は幅をオリジナルに近い124mmにしました。
開口穴はFE103E用のを開けたのですが、板材を接着する前にあらかじめ両面から途中まで穴を開けて置いてから組み立てて、そのあと穴を抜きました。幅の狭い板に大きな穴を開けるので、この方が安全です。

左の写真は側板片側を接着せずクランプで固定した状態で試聴しているところです。
箱内部のダクトの部分はまだ取り付けず共鳴管の状態で、吸音材も入れないで聴いてみましたが、これでも充分聴けます。

共鳴管H580と比べてみると、コンパクトなH580でも充分な低域は出ていますし、こちらの方が中音が鮮明に出ていると思いますが、ジャズ&ポップスなどリズムセクションのある音楽ソースでは、Zigmahornetはいままでにない低音を出してくれるのは確かです。
ジャズのベース&ドラムス、テナーサックスの音などは8cmユニットとしてはかなり良く出ていると感じます。
中間まとめ
予想しなかったことが起こる面白さってありますよね。
今回はまだ2種類のユニットしか入れてないZigmahornetのエンクロージャですが、本命らしきFE103Eはイマイチぴんとこなかったのですが、TangBandのW3−593SDは今までにない音を出してくれます。

低域が伸びた分、中高音がわずかに地味になったような感じもするのですが、全体としてはフラットで好ましい音を出してくれます。
低域の増強効果を確認するのにはリズムセクションのあるジャズやポップスが良いのですが、意外とクラシックのオーケストラの再生が今までになくリアルです。

共鳴管H580でも8cmフルレンジとしては充分な低域を出してくれると思うのですが、これの二倍の材料を消費するだけのことはあると思います。
12mm厚のラワン材、あるいはMDFの材料価格はわずかなものですし、TangBandのユニットは一個3千円以下という低価格ですので、自作してみる価値はあると思います。

工作の面ではエンクロージャ上部が45度に斜めカットされていますが、たぶんこの部分は斜めカットにしなくても大丈夫ではないでしょうか。
デザインとしての面白さはあるので斜めカットでも良いとは思いますけど。

それと、もし8cmユニット専用にするのなら、幅を1cm狭くすると、もっとスリムで個性的なエンクロージャになると思います。

お気に入りのTangBand W3-593SDは手持ちが3組あるので三種類のエンクロージャで聴き比べてができます。
箱の構造と大きさによる音の違いは微妙なところで、スリムバスレフH320(Page 7)でも、8cmとしては充分な低域は出ていますし、共鳴管H580ですとこれでさらに充分な低域は出ていると感じます。

それでもZigmahornetからは微妙に豊かな低域が出ているので、これはこれで価値のある箱だと思います。
ただ内容積の小さな箱ほど中高音が強く出るので、音が前に出てくる感じがします。

Vifaを入れてみる
補助バッフルを作ってVifaのTG9FDを入れてみました。
最初は片チャンネルをTangBandと組み合せて聴いたのですが、さほど違いは感じられませんでした。
左右ペアができあがってから聴いてみますと、さすがにひとランク上ですね。
583SDと同じくコーンが硬そうなので共鳴管との相性は良いです。
同じ8cmフルレンジといってもこちらの方がわずかでもコーンの直径が大きいので有利です。

ただ、ユニット一個あたり2000円の価格差と、フレームが樹脂製なので取り付け方によってはフレームが共振するように感じるときがあることが難点でしょうか。
Fostex FF85Kを入れてみる
まぁまぁ悪くないです。少なくともFE103Eよりは魅力的に思えます。
ただあいかわらず高音が良く出るユニット。
Vifaと組合せて聴いてもアンバランスには聞こえないけど、やはり低域はVifaの方が良く出ます。
やはりFostexのユニットはこの共鳴管とは相性が良くないのか・・・と思ったのですが、ジャズを聴くとそれなりに低域を出してくれるようなので、このような選択肢もありではないかと。
AURA SOUND NS3-193-8Aを入れてみる
内付けで取り付けるAURA SOUNDの場合は、このような箱の構造には取り付けられないのですけど、取り換え式のサブバッフルでいろいろなユニットを付けてい試しているので一個だけ入れてみました。
決して悪くはないのですが、もともと小さな箱に入れても低域が良く出るユニットなので、この共鳴管ならではのメリットは感じられませんでした。

組み合せたのはSサイズ・バスレフに入れたAURA SOUNDです(Page 22)。
Dayton Audio RS100S-5を入れてみる
2009/11/01
今回初めて兵庫県にある(有)ミクセルという販売店からユニットを購入してみました。
Dayton Audioです。
残念ながら片方のユニットに不具合があって濁った音が出ています。
以前にPARC Audioのユニットで経験したのと同じ現象です。常時濁った音が出る訳ではなく、特定の音、というかコーンの振動で擦れるような音が出ています。
印象を整理してみると
Fostex FE103E
左右ペアにして聴き直したのですが、悪くはない・・・と思いながらも、このエンクロージャでなくてはという大きなメリットは感じられませんでした。
最低共振周波数Fsは80Hzとそれなりに低いので共鳴管を使うまでもなく、小型のバスレフでも10cmユニットらしい低域は出ますから。
高音部のクリアな音はさすがとは言えますが、いかにも薄いコーンから出る音らしくちょっと耳障りです。
低域もそれなりに出ているのですが重みがありません。振動系が軽いためか能率が高く歯切れが良いのですが、響きが薄いですね。
Fostex FF85K
共鳴管型にはFostexは向かないのかも、と思っていたのですけど、意外と良かったのがFF85Kでした。
低い音量で鳴らしても音にツヤと響きがあります。
Fsは122Hzとかなり高めなのですけど、意外と魅力的な低域を出してくれるから不思議です。

それではfdが82HzのスリムバスレフH320(Page 7)と組み合せて聴いてみると、その差は微妙なところで、ある意味オーソドックスなバスレフでも充分ではないかとも言えますが、この微妙な違いにメリットがあるとも言えます。
私自身の好みではFE103Eよりはこちらの方が好ましい音を出してくれると感じます。

それからこの二つのユニット、どちらもペーパーコーンですが103EはESコーン、85Kはケナフを使ったコーンで、こちらの方が厚みがあるというか腰があるように感じます。このあたりが音の違い、共鳴管との相性に関係しているのかもしれませんね。
Fostex FE87E
パワフルな85Kに比べると非力と思える87Eはさすがに無理だろうと思っていたのですが、取り付けネジ穴は共通なのでついでに試してみたところ、これが予想外に鳴ってくれました。
これは推奨箱と組み合せて聴いているのですが、悪くない。推奨箱でも充分とも言えるのですが、ネガティブな点は見あたらない。
とりたてて低域が増強されたというほどのメリットも無いのですが、その差はわずかでもレンジの広がりは感じます。
もちろん能力以上の低音を期待するのは無理ですが、これはこれで良いのではと思います。
少なくとも103Eよりはこちらの方が耳に優しいです。
Fostexの8cmフルレンジの中からひとつを選ぶのならFF85Kだと思うのですが、地味な存在であるこのFE87Eも音の繊細さで選ぶ価値はあると思います。

その後、下の「番外編」の写真にある3個目の箱に87Eを入れてペアにして聴き直したのですが、やはり推奨バスレフとは違った低域が出ています。音楽ソースによる向き不向きというのもなくて、クラシックのピアノ曲、11弦ギターなどのソロ楽器はもちろん、オーケストラもなかなか迫力のある鳴り方をしますし、ジャズ、ポップス系の音楽でもOKですし、こちらの方が低域が良く出ているのが分かります。

85Kと87Eのどちらを選ぶか・・・・、これはほんとうに悩ましいです。どちらにしても高音が良く出るユニットですが、高音の音色もわずかな違いがあるように感じます。小径ユニットのために不足しがちな低域を補ってスケール感のある音を出すのには共鳴管は適しています。
W3-593SD & Vifa
この二つのユニットは改めて聴き直しますが、ともに低域に強いユニットなので、このエンクロージャとの相性はとても良いと思います。

Vifaはこのストレート型共鳴管に入れたユニットの中では一番低域が良く出るユニットで、共鳴管で低域まで伸ばそうと期待するなら、たぶんこれがベストマッチングではないかと思います。
低域だけではなく高音もきれいに出ますから聴き疲れしないバランスの良いユニットと言えます。

W3-593SDはVifa特有の低域をカットしたような音で、音自体の雑味はこちらのほうが少ないような感じがします。
もともと癖のない良質の音なのでどのような箱に入れてもその特徴は変わりませんが、小型のバスレフに比べると共鳴管の場合はレンジが拡がってスケール感が増すようです。これもお勧めできる組合せです。
一応の結論
たぶん10cmユニットでも選べばかなり面白いと思いますが8cmでも充分楽しめるエンクロージャです。
ユニットはどれを選んでも、私が聴いた範囲では外れはなくて、それぞれのユニットの個性がそのまま出ます。
番外編
12mm厚のラワン廃材(コンパネ)はすでに使い尽くしたので、棚板用のラワンムク材をカットして3個目を製作中です。
こちらは板厚が14mmで、合板より軽いです。
今回はZigmahornetというよりは文字通りの共鳴管にしてみました。
45度傾斜していた天板部は工作が面倒なのと理論的な裏付けが分からないので、今回はごく普通の90度カットのままです。

もうひとつZigmahornetの特徴である開口部のダクト形状も不要ではないということで、この部分を付けないまま側板を仮止めして試聴しているところが左の写真です。
これでほとんど違いは無い音が出ていると思うのですが、最終的にはダクトを接着しました。
写真左側はまだ無塗装でベース板を付けていませんが4本目です。
こちらは8cm専用ということで幅を狭く作ってみました。10cm幅の板4枚で側板を前後の板で挟むようにしたので幅より奥行きのの方が長くなります。
(写真右側の3本目は9cm幅の前後板を10cm幅の側板で挟んでいます)

下部の開口穴をフロントに付けるか側面に付けるか迷ったのですが、フロントに付けてみました。
ルックス的にはサイドに付けた方がすっきりしそうです。
背の高いエンクロージャなので幅は細い方が圧迫感がなくて良いです。

それにしてもこのFF85Kというユニット、華やかな高音が出てライブ感の強いユニットです。強い個性を持った良いユニットだと再認識しました。
DIYのために
一般的なブックシェルフ型バスレフですと1枚の原板から数組作れるのですが、この細長いエンクロージャは3×6の原板一枚から1組しか作れません。
床専有面積はベース板のサイズ18〜20cm程度で済むのですが、背の高さが1.5mありますので、設置場所によってはそれなりの意味があるエンクロージャです。

使う材料は板厚12mmですが、15mmでも良いでしょう。少し重くなりますけど。
素材はラワン合板、MDF、1枚もののムク板となんでも良いのですが、細長くカットした材料は反ったりねじれたりすることもありますから、MDFのような合成木材の方が組み立てやすいと思います。

Zigmahornetは箱の上部が45度に斜めカットされていますが、これにこだわらず通常の水平な天板にしたほうが工作は楽ですし音の面でも変わりはないと思います。

下部の開口部近辺は、オリジナルに敬意を表してダクト状の板材を付けた方がよいでしょう。これはわずかな端材で作れるものですし。

今回は前後の板を左右の側板で挟む構造にしましたけど、逆に前後の板で側板を挟むようにしますと裏板をネジ止めして吸音材の調整ができるようになります。もっとも、大量の木ねじを使うので裏板の付け外しは大変になりますけど。
この方法ですと、エンクロージャの幅をさらに細くできます。
この場合、下部の開口部の見た目に少し難がでますが、開口部を正面に開けることにこだわらず、側面に開けても良いのではないかとも考えます。
箱の大きさ
側板の幅は10cmのまま、前後板の幅を9cm(10リットル)、10cm(約11リットル)、11cm(約12リットル)と3種類の3個を作りましたが、どれでも大丈夫。見た目で選ぶならできるだけ細く。
正直なもので内容積の大きな方がわずかに低域が良く出て響きが豊かです。
共鳴管の音
バスレフとも違う、バックロードホーンやダブルバスレフとも違う。たぶん、弦楽器の共鳴する胴体と同じ原理だと思われるので、ナチュラルな低域の響きがあります。
指向性と定位
Fostexの85Kや87Eはもともと鋭い高音が持ち味なので指向性が強く定位が良いユニットだと思うのですけど、この細く背の高いエンクロージャに入れると、さらにそれが強まるようで、完全に左右のスピーカーのセンターで聴かないとダメなんです。
中央で聴いても頭を左右に傾けただけでバランスが崩れてしまう。
Volons Vers La Lune [Fly Me to the Moon]  Laura Fygi  (wmaファイル)