仙人のガレージセール

Page 27

Vifa 8.4cmフルレンジ・ユニット TG9FD-4

2008/9

「Vifa」というよく分からない輸入ブランドの3.5インチ・フルレンジ・ユニットです。
ロゴマークにある国旗からするとデンマークのブランドみたいです。
お値段はペアで1万円弱と8cmとしては少し割高な感じがする非防磁型のユニットです。
スペック的には、Fsが84Hzと低域が良く出そうです。Impedanceは4Ω。
このユニットは正確な仕様が公開されていません。
フレームはアルミダイキャストのように見えるけど樹脂製らしい。
コーンはグラスファイバーで網目があります(リンク画像参照)。
細かいスペックは下記のHPを参照してください。
http://www.tymphany.com/files/products/pdf/TG9FD-10-04.pdf
周波数特性図
ユニットの購入前からsped.exeでシミュレーションをしていたのですが、DIY Audio用に作った内容積7リットル強の「スリムバスレフH360」Page 19に入れると右図のようなフラットな特性になるのが分かりましたので、最終的にはこの箱に入れる予定ですが、とりあえず入りそうな箱に入れて試聴してみます。
トールボーイ型で試聴
このユニットの取付穴の径は少し大きめで78mmです。
とりあえずトールボーイ型の実験機のTangBand用のバッフルを改造して入れたのが左側です。
ネジ穴の位置も違うので90度回転させて取り付けました。
右のバッフルは75φに開けてあったものを改造して78φにしました。
FF70EGを組み込んだ同じトールボーイ型と組み合せて聴いてみた限りでは、悪くはないのだけど・・といった印象でした。

この状態で聴くとかなり低域の良く出るユニットであることが分かりました。再生するソースによってはジャズのベースで床がわずかに振動することがありました。8cmユニットとしては異例というか初めてのような気がします。
反面、苦手かな?と感じるのは女性ヴォーカルの高音です。ソプラノ・ヴォイスですと他のユニットのような鮮明さはありません。録音レベルの低いピアノソロ曲を低い音量で鳴らしていると、悪くないな・・とも思うので、必ずしも高音がダメということではないようですが、低域が強く出るため相対的に弱くかんじるみたいです。
ひととおり色々なジャンルの音楽を聴いたあと、spedで周波数特性図(上の図)を見てみると、100Hz近辺にピ−クがあるので低域が強調されているようです。
このトールボーイ型で聴いている今時点では、価格なりの価値はあるユニットだと思います。
Sサイズ・バスレフ
1個だけですがSサイズのエンクロージャに入れてみました。
もともとはPARC Audio 用の箱ですがユニットの特性が似ているので、このような小さな箱でもそこそこ低域は出ます。
AirWaveとの比較では、AirWaveほど鋭い高音は出ませんが、レンジの広さはあります。
スリムバスレフH360
やはりこのくらいの容量の箱に入れた方がユニットの能力を発揮できるようで、DIY Audio SA.F80AMG の良いライバルです。
音色としては繊細でクラシックの再生に向いているDIY Audioに比べると、腰のある低域が出るVifeはジャズなどに、とりわけ向いているように思います。
ドラムスやウッドベースの音を良く再現してくれます。

板材の組合せを変えた完成品です。(リンク画像あり)
5リットル・キューブ型実験機
ダクトは44φで長さは50mm。
fdは119Hzと高く、低域が強調される周波数特性になりますが、これでも充分に聴けます。
上の写真のキューブ型エンクロージャのダクトの長さを135mmにした場合の特性図です。
fdは79Hzまで下がりますし、穏やかな低域が出てきそうです。
ストレート共鳴管に入れてみた (2009/11)

Zigmahornetと呼ばれるストレート型共鳴管に入れてみました。
グラスファイバー製のコーンに腰があるのか、低域が良く出ます。
改めて見直しました。
Page 36参照。
Michael Bolton  Said I Love You...But I Lied