仙人のガレージセール


Page 45

Transmission Line Speaker

2011/02

この半年ほど新しいエンクロージャを作っていなかったし、新しいユニットも手に入れてなかったので、また作り始めました。

MarkAudioのAlpair5にはトランスミッションラインという不思議な構造のエンクロージャが公開されているので、この組合せを試してみることにしましたが、生憎なことにユニットは品切れ中ということで、海外からの入荷を待つほかありません。

ということなので、とりあえずは箱だけ先に作ることにしました。
外寸はおおよそですが幅11cm、高さ40cm、奥行き27cmで、バックロードホーン4525キットに近いサイズです。
左の写真は大きさの比較のために並べて撮ってみました。

使った材料は見える部分にはラワン板、見えない部分にはMDFの端材を使いました。
MarkAudio Alpair 5
ユニットが品切れ中ということだったので箱だけ先に作り始めたのですが、このユニットはモデルチェンジされるようで、入手できなくなってしまいました。
本国のホームページにはまだ掲載されていますが、たぶん日本国内にはもう入ってこないのかもしれません。
7cmという小径ユニットの割にはかなり高価な部類に入ります。
フレームは樹脂製でメタル系らしいコーンにはダンパーの付いていない変わった構造のユニットです。
ユニット取付穴径が82φと大きいのが特徴なので、この開口径と同じユニットはPARC AudioのDCU-F101Wなので、これを使うことになりました。
図面
組み立てプロセス
組み立ての手順はBRホーンと同じようなものですが、最初に作った片方はバッフルを一番最後に接着するようにしました。
どちらかというと早い段階でバッフルを側板に接着した方が良いようです。

左の写真は裏板を側板、天板の2方向に接着するためクランプを複雑に使っています。
これも天板と裏板をあらかじめ接着してから側板に接着した方が簡単です。
吸音材はグラスウールを使いました。
図面の指示とは違った入れ方ですが・・・。

必要とあればユニット取付穴から追加で入れられそうです。
最後にバッフルを接着するのですが、隙間ができないようにクランプで圧力をかけて乾燥硬化させます。

接着は今回はいつも使っている木工ボンドではなくUS製のタイトボンドを使ってみました。
木工ボンドと違ってヤスリで削れるとか塗料が乗るところがメリットですが、粘度が低いため垂れるところが難点です。
初期接着力が木工ボンドよりも強いところもメリットと言えます。

今回は用途に合わせて両方の接着剤を使い分けました。
写真右が完成した一個目で、左側が組み立て順を変えてみた2個目です。

2個目は下の写真左側のように吸音材の入れ方を変えてみました。
その右の写真は最後の側板を接着しているところです。
2方向に圧着するためクランプを多用しています。
エンクロージャだけ完成
珍しくラワン材を使ったので、木目を生かした着色ニス塗装をしてみました。

塗料は残り物で、黒い方が合成うるしのブラック、黄色い方が油性ニスのメープルです。
こちらは「拭き塗り」してみたので半ツヤになってます。

ブラックの方は薄塗りしたのですが、塗り重ねているうちに木目が見えなくなってしまいました。
PARC Audio DCU-F101W を取り付け
ユニット取付穴径が同じ82φということで、手持ちのPARC Audioの8cmウッドコーン・ユニットを取り付けてみました。
最初に、ユニットが取り付けられていたMサイズ・バスレフと組み合せて聴いてみたのですが、さほど極端な違いはありません。
それでも、小さめのMサイズの箱から出す、少し詰まりぎみの息苦しいともいえる音に比べると、TL箱は容積が大きいだけにコーンが軽くのびのびと動いているような音です。

8cmユニットとしては異例なほどfsが低いF101Wですが、大きめの箱に入れた方が低域も良く出てくるようですし、高音の繊細さの面でも有利な感じがします。

このユニットをあらためて見直しました。
Transmission Line Speaker というのはどのような理論なのか分からないのですが、逆テーパー型の共鳴管型・・・ということのようです。
吸音材をたくさん入れて共鳴させない共鳴型・・・といった説明もありました。

同じ容積のバスレフ箱でも同じ音が出てきそうですが、聴き比べてみないと本当のところは分かりませんね。
いずれにしても、バックロードホーンのような癖のある音ではなく、バスレフに近い音だと感じるので私の好みです。

たまたまこのPARC Audioのウッドコーンユニットとの相性が良かったのか、小径の割には豊かな低域が出てきますし。高音の繊細さも魅力的です。
バスレフ箱として比較
音色としてはバスレフの音に近いと思うので、このTL箱がバスレフだとしてシミュレーションしてみました。
箱の容積は8リットルでスリットダクトは板厚の長さにしています。あくまでも単純な比較です。

PARC Audio のDCU-F101Wは Fs が68Hzと異例に低いユニットです。
120Hzで大きな山ができます。

ちなみにスリットダクトの奥行きを長くしてゆくと、このピ−クが低い方に移動して山がなだらかになって行きます。

Mark AudioのAlpair5 は Fsが125Hzと高めなので低域は得意ではなさそうです。
比較視聴したスピーカー
4ラインのスピーカー・セレクターに繋がれているスピーカーは以下の通りです。

(1) DCU-F101W + TransmissionLIne Speaker System
(2) AURA SOUND NS3-193-8A + Sサイズ・バスレフ
(3) Dayton Audio RS-100S + スリムバスレフH360
(4) Fostex FE108EΣ + バックロードホーンD10バッキー

(4)は比較の対象としては少し異質なので(1)から(3)までの聴き比べですが、それほど極端な違いはありません。
(1)を基準にして他の二つに切り替えても、レベルダウンをさほど感じることは無いですね。違いが思いの外少ないのはそれぞれのユニットが私好みの音を出してくれるからでしょう。
強いて言えばUS系のユニットに比べてPARC Audioは高音が緻密に再生してくれるようです。

たまたまですけど、比較した3個のユニットの能率(出力音圧レベル)はPARC Audio=82dB、AURA SOUND=80dB、Dayton Audio=83dB
と能率の低いユニットです。(4)のFostex10cmユニットが90dBですから、これとは単純な比較はできませんね。
バッフル付け替え型の実験機
とても魅力的な箱なので、バッフル脱着式の実験機を一台だけ作ってFostexの廃番モデルFF85Kを入れてみました。
PARC Audioのと組み合せて聴き比べてみたのですが、アンバランスには聞こえません。
厳密な比較ではないですが、これだけ個性の違うユニットの組合せでも、やはり魅力的な鳴り方をしますから、このエンクロージャが優れているのではないかと思います。

箱内部の仕切り板を取り去った架空の箱でのシミュレーションですが、FF85Kの場合は左のようになります。
fdの値は同じですから、曲線のピ−クの部分がPARC Audioと似ています。
まだ片方しか塗装してませんが、とりあえずペアにしました。
今回のバッフル開口穴は8cmユニットでは一般的な75φですので、Fostexの8cmやTangBandの3インチシリーズ、DIY AudioのSA/F80AMGなどが入ります。
出力音圧レベル SPL 最低共振周波数 Fs
DCU-F101W 82dB 68Hz
FF85k 88dB 125Hz
比較表の通りかなり性格の違うユニットですが、同一条件で聴き比べてもさほど大きな違いはありません。同一条件と言いましてもボリューム一定ですとFF85Kの方が能率が良いので音量が大きくなりますが、このあたりは同じレベルに調整して比較しないと不公平になりますね。
強いて言えば、スペック通りPARC Audioの方が低域が良く出ます。ではFF85Kは出ないのかというとこれがそうでもないのです。
ただ、全体としてはPARC AudioよりはFostexの方が高音寄りで音も軽いですね。
この組合せ比較では、どちらのユニットを選んでもハズレではないということですが、FF85Kの後継機FF85WKがDCU−F101Wの価格の半分であることを考えると、コストパフォーマンスは高いです。
もっとも、ダイキャストのフレームとウッドコーンを使ったPARC Audioユニットのルックスには高級感がありますけど。

このエンクロージャはダブルバスレフやバックロードホーンなどよりは好ましい音を出してくれます。
BRホーンとの聴き比べ
良い機会なので8cm用バックロードホーンと比較してみました。
同じFF85Kを入れてまったく同じ条件で切り替えて比較試聴するのですけど、音の違いはかなりはっきりしています。

BRホーンはやはりいかにもホーンらしい音になります。軽く明るく少し軽薄な音、乾いた音になります。
このあたりは好みの別れるところで、それだけBRホーンは個性的な鳴り方をするということです。

面白いのは同じボリュームレベルで切り替えなのに、BRホーンの方が大きな音になり、TLスピーカーの方は地味な音量になるということです。
構造の違いのほかに吸音材のあるなしでも違いは出てきそうです。

良くも悪しくも音が出すぎるBRホーンよりは抑制の効いた鳴り方をするTL型の方が私の好みです。
Fostex FE103Eを入れてみる
箱の内寸幅は90mmで、10cmフルレンジFE103Eのユニット取付穴指定は93φなのですが、もかろうじて入ります。ユニットの外寸も箱の幅に納まるので付けてみました。
視覚的にはちょっとユニットが大きすぎですが・・・・。

出力音圧レベルが89dBと高いので通常聴いているボリュームのままだとかなりうるさくなりますが、少し音量を下げれば聴きやすくなります。
それでもFostexのユニットは硬めの高音が強く出てきます。
臨場感、リアリティはさすがに8cmユニットよりはあります。ピアノ曲などでピアノの音色が生々しく繊細に聞こえます。

8cmユニットの場合はこのような大きめの箱に入れてもニアフィールドで聴いても面白いのですが、この元気な10cmになりますと離れて聴くようになります。

SPLが82dBと低いPARC Audioとの聴き比べです。
音量を合わせて聴かなくてはなりませんが、いずれにしても派手なFostexと地味なPARC Audioといった個性の違いは大きいです。

この箱は8cmのユニットには手頃でも10cmの活発でパワフルなユニットには少し小さいのかもしれません。箱のサイズを大きくするか背後の開口部の面積を小さくしてコーンに負荷がかかるようにした方が良いのかもしれません。

BRホーンで鳴らしたように高い音がカンカンと鳴ったりしますし、記憶にある推奨バスレフに入れたときのような低音が出てないように感じます。
それでも、ユニット自体は繊細で緻密な音を出してくれますから、箱とマッチングが取れればもっと良い音で鳴ってくれそうです。
Vifa TG9FD10-04を入れてみる

グラスファイバーのコーンを使ったVifaの9cmフルレンジ・ユニットを入れてみました。
スペックが少し曖昧なところがありますが、Fsは82Hz、出力音圧レベルは85.5dBで4Ωのユニットです。

これが意外とマッチングが良いのか、あらためてこのユニットを見直すことになりました。
スペック的にはPARC Audioほど低音が出るわけではないのですが、それでもこのサイズとしては低域が良く出るユニットです。
単に出るというだけではなく腰のある硬めの低域が特徴です。

能率が違うので同じボリュームで比較はできませんが、マグネットが防磁型でない分、華やかで響きの良い音です。
Fostexの10cmユニットから小径ユニットに戻ると、なぜかホッとします。
FE103Eの音は薄く軽く繊細なのですが、ひとつひとつの音が出てから消えるまでの時間が短いように感じます。
それはVifaを聴くとなおさらそのような感じになるのかもしれませんが、こちらは音が出てから消えるまでの時間が長く、音が良く響くのです。
このコーン素材にガラス繊維を使った珍しいユニットですが、そろそろ廃番になってしまうかもしれません。
Dayton Audio RS100S-8 を入れてみる
出力音圧レベル SPL 最低共振周波数 Fs
DCU-F101W 82dB 68Hz
RS100S-8 83.3dB 85Hz
RS100-4 84dB 80.2Hz

Vifa用の78φ開口穴はDayton AudioのRS100Sと同じなので、これを入れてみました。
口径が少し違いますがDayton Audioの10cmユニットRS100s-8を組み込んでPARC Audioのウッドコーンとの比較です。
10cmといっても実質9cm前後ではないかと思いますが、こちらのコーンはアルミです。
SPLも低い防磁型というところが共通点です。あとはフレームにダイキャストを使っていて見た目が良いところも・・・。

Dayton AudioはUSのユニットらしく低域重視で、高音が不満だったらツィーターを使ってね?といったスタンスのようですが、私には充分な高音が出ています。
メタル系のコーンでも柔らかく雑味のない好ましい音を出してくれます。
PARC Audioのユニットが必要以上に低音を出してくれるのですが、小径ユニットで80Hz以下の音はぼんやりとしか聞こえないようですから、Dayton Audioでも充分です。
というか、切り替えても違いはほとんど分かりません。

PARC Audioのウッドコーンはお値段がDayton Audio RS100S の約1.5倍ですから、これもコストパフォーマンスを考えるとDayton Audioの方が有利ですね。
中間でのまとめ
手持ちのユニットのすべてを組み込んではいないのですが、主だったものを入れて聴き比べた印象を書き留めておきます。

原理がよく分からないエンクロージャですが、たぶん共鳴管型の変種なのでしょう、音色も共鳴管型に近いと感じました。
8cmユニット用としては少し大きめのサイズですが、幅の狭いスリム型なので設置の面では有利な形で許容範囲ではないかと思います。

ここまでに組み込んでみたユニットはどれを選んでもハズレではないと言えます。ユニットそのものの個性をそのまま出してくれます。
ただ、さすがにFE103Eには箱が小さすぎるようで、これ以外の8−9cmのユニットが手頃な大きさだと思います。

このFostexの10cmユニットを除くと、他の4種はそれぞれコーンの材質も、パルプ、ウッド、アルミ、ガラス繊維と違うところが面白いですね。

中高音寄りの明るく軽い音が好みでしたらFE85K、柔らかい低域寄りの音が好みでしたらDayton Audio、レンジの広さで選ぶのならPARC Audioのウッドコーン、少し硬めの音だけど腰の強い低域がお好みでしたらVifaといったところでしょうか。
AURA SOUND NS3-193-8Aを入れてみる

私のお気に入りのユニットAURA SOUNDを入れてみました。
フレームに余裕が無いため内付けが推奨されていますので、箱の構造によっては付けられないのですが、取り換え式バッフルですと割と簡単です。
開口穴を精密に開ければ外付けでも付きそうですが、鉄板のフレームは見た目が良くありません。

左写真ではバッフルを反対に取り付けてしまったので、面白いルックスになってます。

このAURA SOUNDはSサイズ・バスレフのような小さな箱に入れても充分なので、Sサイズと聴き比べても大きな違いはありません。わずかに低音が良く出ていますが、その分高音が相対的に薄くなります。

同じUSブランドのDayton Audioと同じくアルミのコーンで低域寄りの音で、Dayton Audioよりもコーンの強度が高いのか腰の強い低域が出ます。
出力音圧レベル SPL 再生周波数帯域
RS100S-8 83.3dB 85Hz〜20kHz
NS3-193-8A 80dB 80Hz〜15kHz
Concierto de Aranjuez European Jazz Trio