仙人のガレージセール


Page 6

TangBand W3-593SD を使ったキューブ型・バスレフ・エンクロージャー・キット

(2013/10月 更新)

TangBand W3-593SD について
TangBandは台湾のスピーカーメーカーということのようで、小径ユニットを多種類販売しています。
そのなかで、このフェイズプラグと呼ばれるロケットの先端部みたいなものを付けてシルバーのコーン紙を使った8cmユニット W3−593SD を買ってみました。
販売店によると5リットルくらいのバスレフがお勧めということなのでキューブタイプのエンクロージャーの奥行きを詰めて鳴らしてみました。

バッフルと胴体を組み合せてこのようなことができるところが、このエンクロージャの最大のメリットです。
聴いてみたところ、今までにない低域と音の響きに驚きました。
Fostex8cmユニットのトップグレードFF85Kと肩を並べるレベルです。特に低域ではしのいでいるのではないでしょうか。
それぞれに特徴があるので、単純にどちらが優れているとは言えないのですけど。
中央にTangBandのユニットを置いて、左がFostex FF85K、右がダイトーボイスのAR−7です。
TangBandのはフレームがアルミダイキャストで、巨大なマグネットは防磁型。重量は620gとかなり重いです。
全体として、造りはとても良いです。
試作
Fostexのユニットのように推奨箱などは無いのでキューブスピーカーAR−7の胴体を使っていろいろ試作してみました。
このようなときバッフルだけを作れば、奥行きの違う胴体を付け替えていろいろ聴き比べてみることができるのが便利です。

ユニットの重量が重いので今回は15mm厚の板を使うことにしました。
内容積は5リットルくらいが好ましいということだったのですか、確かに箱は小さい方がいいみたい。

しかし20cm角のバッフルで胴体の奥行きが15cm前後となると見た目がいまひとつピンとこない・・・。
ということで、今回はボルトによる連結構造は捨てて、バッフルはオーソドックスに接着することにしました。
バッフルの寸法も1cmだけ小さくすると奥行きが出て容量も5リットル弱になります。

写真右側が廃材の15mm厚ラワン合板で作った試作品。
低域が魅力のユニットなので、ダクトも少し長めにしてみました。

20cm角のまま袋ナットが無くなると間延びしたルックスになるのを恐れて小さくしたのですけど、これは正解だったようで、板厚アップとあいまって凝縮感が出たようです。
ダクトの開口部をトリマ−で加工するとダクト穴が大きく見えてしまうのと、なかの塩ビ管も見えてしまうので、今回はサンドペーパーでわずかに面取りする程度にしました。
仕様決定と設計図
内容積は4.9リットル。
ダクトの共振周波数fbは95Hzです。
キットの明細
品名 数量 備考
バッフル 190*190mm 2枚 ユニット用とダクト用の穴を開けてあります。
裏板 190*190mm 2枚 無加工
側板 190*190mm 4枚 無加工。バッフル、裏板、側板は同寸法です。
天地版 190*160mm 4枚 無加工
ダクト補助版 2個 塩ビ管を通してバッフルに接着する補助板です。
塩ビ管 L=70mm 2個 パイプの長さは変更可能です
★板にシールが貼ってあるものは、「裏側」「下側」「後ろ側」を示しています。あくまで参考ですが。
このキットは常時在庫しておりません。注文頂ければ加工製作いたします。

部材キット価格 \4,500-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   \6,500 -   キットを接着組立したものです。吸音材、ターミナルなどは含みません。
(送料は着払いです)
組み立て
組立の手順は自由ですが、私の場合は胴体部を組み立ててからバッフルを接着しています。
バッフルと裏板に接する木口の部分をツライチに組み立てるのが大切です。
コーナークランプやハタガネを総動員して一気に接着します。
箱が小さくなるとコーナークランプがギリギリになってしまうので、他の組み立て方を思案中。

胴体のかたわらで、バッフルにダクトを接着します。

板厚が厚くなってサイズが小さくなったので組上った胴体部はなかなか重量感があります。
バッフルを接着しているところです。
胴体部とバッフルの木口にマスキングテープを貼って、はみ出たボンドが表面に付かないようにしています。

バッフルを押さえつけるとボンドが滑ります。
位置決めをきれいにするためにハタガネを使って微調整しました。

上に乗せてある鉄のかたまりは重しで10Kgと1Kgです。
下左はバッフルが接着し終わった状態で、右は裏板をビスで仮止めして組み立てが完成した写真です。
仕上げ加工は一切してませんが組み立て精度は高いです。
道具を使わないで組み立てる方法について
完成品(塗装サンプル)
下の写真が仕上げ加工をして塗装した完成写真です。
あえて手間のかかる塗り分けをやってみました。バッフルが接着されているのでマスキングテープを使ってます。
胴体部は木彫オイルを拭き塗りしてツヤなしのナチュラルな雰囲気。前後はメタリックブルーのラッカースプレー塗装です。
表面はラワン合板のような木目の溝がなく平滑なのできれいに仕上がりますが、吸い込みの激しい木口が塗膜の薄いラッカーではなかなかきれいに塗れません。

全体を一色で塗れば簡単なのですけど、あえて手間のかかる塗装をしてみました。
(リンク画像あり)
上のブルーの完成品はバッフルを胴体に接着した後、マスキングテープを使って塗り分けたのですが、次のグリーンメタリックのはあらかじめ塗装したバッフルと胴体を接着してみました。

接着するときには重しを載せればいいのですが、胴体の組立に使う治具を作ってみたので、それを流用して締め付けました。

塗装済みなので傷にならないようにビニールと保護板を挟んで締め付けています。

今回のはバッフルと裏板にオリーブ・メタリックのラッカースプレー。
胴体は最初につや消し白をスプレーしたのですが、コントラストが強すぎたので、トールペイント用のアクリル絵具「セラムコート」のモスグリーンを塗り重ねました。

セラムコートはつや消しですし、バッフルと同系色ということで、いい雰囲気に仕上がりました。
このW3−593SDというユニット、とても面白いと言うか良く出来たユニットです。
特にFostexのFF85Kと聴き比べると音色の違いがはっきりしているので、とても面白いですね。
85Kから切り替えると、音が低域にシフトするのがよく分かります。
再生周波数レンジの違いがそのまま音に出てきてまして、甲高い音が得意な85Kと低音が得意なTangBandということです。
どちらを好むかは好みの問題ですが、両方あって良い存在です。
Mozart in Jazz 「アンダンテ」 ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 K364 第2楽章 Ray Kennedy Trio