仙人のガレージセール

Page 12

8cm汎用トールボーイH700型エンクロージャ・キット


2007/09  (更新2009/01)

フロア設置の8cm汎用トールボーイ型エンクロージャ・キットです。
サイズは幅10cm、高さ70cm、奥行き13cm、内容積は8cmフルレンジ用としては手頃な4.7リットル。

もともとは10cm幅の長尺板があったのでFosterの7cmユニットFF70EG用に作ってみたものですが、実験機として改良していろいろなユニットを入れて試聴してきました。
部材が細長く、さらに円筒形のパイプダクトとなると梱包が難しいので製作を止めていましたが、エンクロージャとしてはとても気に入っているものなので、改良してパイプダクトを使わず、ダクト径を25φと細くすることによって多少は梱包しやすくしました。

25φで板厚だけの長さの場合、共振周波数fdは114Hz、延長ダクト板を付けて長さを2倍の30mmにすると、fdは89Hzになります。
さらにこの延長ダクト板をずらして取り付けると密閉型になるようにしてみました。
そして、細長い部材を接着組立てのときに、この延長ダクト板をスペーサーとして使えるようにしてみました。
内寸幅70mm、外寸幅100mmですので、この制約内に納まるユニットであれば、いろいろなものに使用できます。
使用できないのはPARC Audioの8cmユニット(フレームがはみ出す)、FostexのFF85K(マグネットの径が70mmのため)。
ただし後者は少し加工すれば入ります。
ユニット取り付け穴は使用するユニットに合わせて穴あけ加工をします。
細長い箱ですがこれだけで一応自立します。キットには付属しませんが、お手持ちの手頃な端材があればベースとしてネジ止めしても良いでしょう。ただしこの場合少し邪魔になりますが。
キット内容写真
写真ではユニット開口穴は開けてありませんが、使用するユニットのサイズで穴を開けます。
キット内容明細
- 品名 数量 寸法 備考
1 フロントバッフル 100*700mm ユニット取付穴とダクト用の穴開け加工済み
2 裏板側板 100*700mm 何も加工してありません
3 天板地板 100*70mm 同上
4 延長ダクト板 約70mm*40mm バッフルのダクトと同径の穴開け済み

キットの総重量は約6.4kgです。
ダクト板取付用の木ねじは付属しません。
キット価格   ¥6,000-/1組
組立品価格 ¥8,000-/1組 (キットを単純に接着組み立てたものです。吸音材などは含まれません)
送料はヤマト便着払いとなります。

部材が細長く梱包が難しいため現在は製作しておりません。
延長ダクト板について
ダクトは板厚15mmだけで充分かと思いますが、使用するユニットによっては長くした方が良い場合もありますので、取り外し可能なダクト板にしました。
穴の位置を合わせて、長さ25mmくらいの細めの木ねじ(コーススレッド)でネジ止めしてください。
反対方向にネジ止めすると密閉型になります。ひとつの箱で3種類の音が楽しめます。
これの取り付けは箱の接着組み立てを始める前に作業してください。箱ができてからだとやりにくいと思います。
取り付けた延長ダクト板を外して、胴体部の組み立ての時にスペーサーとして使用できます。
このダクト板の長辺は天地板と同じ寸法にカットしてあります。
側板が細長いので反りが出る可能性がありますので、スペーサーとして使用します。フロント・バッフルを接着してしまえば不要になります。
組立について
組み立てについては他のエンクロージャと基本的には同じですので、前のページ、または「スピーカーボックスの組立について」のページを参考にしてください。

このエンクロージャ特有のポイントを列記しますと、

(1) ユニット取り付けのネジ穴の位置を決めるときは、左右の位置と水平の位置を慎重に決めてからネジ穴を開けてください。
わずかなズレでも、完成してから気になったりします。

(2) 細く長いMDFの板材ですので両端を支持して接着する場合たるみが出たりします。このような場合はできるだけ板を水平ではなく立てた状態で接着する方が安全です。この際、上記のスペーサーを使用してください。

(3) 床面積が小さい細長い箱のため、底の部分もできるだけ水平になるように接着します。底の部分が斜めになったりしますと、垂直に立たず、ピサの斜塔のように斜めに立ったりする可能性があります。
天板と地板を側板に接着しているところです。
直角に接着するのは意外と難しいもので、コーナークランプを使えば大丈夫とも言いきれないのです。
反対側の側板を接着する前に、吸音材を貼り付けました。
使ったのは100円ショップで売られているアマチュア用のタッカーですが、充分役に立ちます。
側板を接着しています。
精度を出すためガラス板の上で接着しています。
マスキングテープで保護してバッフル板を接着しているところです。
バッフルは必ずしもクランプで圧着する必要はありません。
体重をかけて接着剤を均等に行き渡らせ押し出します。

圧力をかけるよりは位置決めを正確にする方が大切です。
改良型の組立て品です。
組立完成写真(この写真は旧モデルのですが、外観のイメージはほぼ同じです)
左右がキットを組み立てた状態です。
中央のはユニットを取り付ける部分を付け替えられるようにした試作機です。
ユニットについて
このページのトップで書きましたとおり、ごく一部のユニットを除いて、大半の8cm以下のユニットが入ります。
以下では最初に作ったモデルでの印象と特性図をそのまま載せておきます。
それぞれのユニットのページにも関連する記載がありますので参考にしてください。
色々なユニットでテスト
もともと細長い端材が溜ったので思いつきで作ったトールボーイ型ですが、なぜか低域が良く出るのと、フロア設置型の8cmエンクロージャも面白いかな?ということで、ツートンカラーの試作機はバッフル取り替え式にしてみました。

幅の内寸が7cmということで、マグネットの大きなユニットを入れるために、箱の内側両サイドを削りました。
無加工で入るのはフォスターFF−70EG、FostexのFE−83EとFE−87E。加工が必要なのはFostex FF−85K、TangBand W3−593SD、DIY AUDIOのSA/F80AMGです。これらを入れる場合の開口穴は74−75φで、ユニット取付ネジ穴も共通です。
試作機の1個はパイプダクトで、もう一個はスリットダクトを横に付けてあります。音は変わりないです。
DIY Audio SA/F80AMG

2007/10に購入したDIY AUDIOのSA/F80AMGです。
購入後とりあえずはこのトールボーイに入れてみました。
まだなじんでなかったので高音に不思議なノイズが出るときがありました。
手持ちの8cmユニットの中ではFsが90Hzと、低域が出るユニットです。
このユニットに関しては、ほかのページで取り上げることにします。
TangBand W3-593SD
写真右側のサイドスリット式ダクトの実験機に入っているのはTangBandのW3−593SDです。
どの箱に入れても、厚みがある響きの良い音に変わりはありません。
上のSA/F80に比べて意外と高音が良く出てるのがわかりました。
Fostex FE-83E

メーカー推奨バスレフ箱に入れると、ソースによっては高音がかなり出過ぎて耳障りに感じるユニットですけど、トールボーイの箱に入れると低域が膨らむためか高音の耳障りが少し減ってバランスの良い音になります。
このユニットは同じメーカー推奨のダブルバスレフ箱など、低域を補強した箱に入れると俄然良くなります。

もちろん、高音が特徴でもあるユニットですから、推奨バスレフにもそれなりの個性はありますけど、このあたりは音に対する好みの問題ですね。

87Eも外観は全く同じですが、まだテストしていません。

この二つのユニットは指定のユニット取付穴は72φなのですが75φでもフレームにパッキンがあるので問題はないようです。
Fostex FF85K
 Page 17 を参照してください。
AirWave 6cm
 Page 26 を参照してください。
Vifa TG9FD-4
 Page 27 を参照してください。
Fountek FR88EX
 Page 30 を参照してください。
実験機を追加制作(2009/01)
サイドスリットとの組合せでアンバランスだった試作機をもう一個作りました。
これでユニット付きのバッフルを付け替えたり、ダクトの径や長さを変えて聴き比べができるようになりました。

以前に使っていたボルト止めのキューブ型の実験機のように箱の容積を変えることはできませんが、内容量が4.7リットルと、8cmユニットとしては手頃なので、ダクトのサイズを変えてどのように音が変わるかを聴き比べられます。

バッフルもダクト・ユニットも木ねじ止めなので充電式ドライバーがあれば簡単に付け替えができます。
エンクロージャ完成品
気まぐれで1組だけ完成品を作ってみました。FF70EG用です。
メタリック・ペイントでスプレー塗装済み。
黒塗装した台座もネジ止めしました。
グラスウール吸音材入りです。
裏板にスピーカーターミナル用の穴は開けてありません。
ユニット取付用のネジ穴は下穴が開けてあります。

御希望があれば現品限りですが販売いたしますのでメールください。
一組で¥12,000-。送料着払いです。