仙人のガレージセール

Page 9

スリム型ダブルバスレフ・エンクロージャを使った実験

2007/05

前ページのスリム型ダブルバスレフの構造を眺めていて、調整箇所が多いことから、いろいろ実験ができるな、とあれこれ考え始めました。
調整箇所が多いということは、どこかに軸を固定しないと訳が分からなくなるおそれがあるかもしれません。
そのようなこともあって、エンクロージャ・キットの場合は第二ダクトの長さ調整だけで音を決めました。

そのほかに、このキットの材料を使っていろいろなエンクロージャの形式でTangBand W3-593SD の出す音をチェックできそうなので、このページでまとめてみました。

まであくまでシミュレーションで、「このようなことがトライできるのでは?」といった段階ですが、一部を実行確認し始めて、新たな発見がありました。

この実験をするためには、板を接着しないためクランプ類が必要ですし、必要な部分はネジ止めしなければなりません。さらに板材の精度と組み立ての精度も必要です。
必要に応じて金具やパッキンなども使った方が良いかも知れません。
それでも完全に密閉はできないかもしれませんが、音質チェックの一応の目安にはなりそうです。
ベース
接着固定するのは側板一枚とバッフルと天板の3枚だけです。
天板にはターミナルをつけます。
密閉型
図の左側が箱の最大容量での密閉箱で、右図のように中仕切板を使って上に移動して行くと箱の容量を変化させられます。
スリットダクトの開口幅は15ミリで板厚と同じだから・・というのは理屈で、実際には板の寸法誤差と接着による誤差などで理屈通りには行かない可能性はあります。

現在、これで実験中ですが、左図の状態ではイマイチぴんとこない音でした。
が、右図のように2リットル前後の小さな箱に入れると予想外に鳴ります。
Wバスレフはもちろんバスレフに比べても低域は出てはいませんが、それでも予想していたよりはそこそこの低音も出てます。それよりも高域の魅力が出てきました。

もともと低域だけが取り柄のユニットということではなくて、高音もちゃんときれいに出ているのですが、低域の出が良いので目立たなかったのですね。
ただし、これは「ホントに密閉されて出てきているのか、それとも音漏れでバスレフになっているのか、分かりません。
もし2リットル程度の密閉箱でここまで鳴るのなら、箱を作ってみる価値はありそうです。

左の写真は底板を上に移動して密閉箱にした状態です。

右はフォステクスFE83Eの推奨ダブルバスレフと組み合せて試聴しているところです。

まだ部材が完全に揃わない状態で始めたので、この後やり直しました。

改めてやり直した写真です。
左写真の左側が第一キャビネットを塞いで密閉型にした状態で、その右側が箱の最大容量で密閉した状態です。

右側の写真は側板をクランプ止めして試聴しているところです。
やはり大きい箱のほうが低域まで出ましたが、それでは小さな密閉箱は意味がないかというと、これがそうでもない。
これはこれで面白いところがあります。
共通して言えることは、高音がきれいに出るというところです。

このユニットは低域がしっかり出るのが魅力ですが、決して高音がダメということではなく、耳障りではない澄んだ音を出してくれます。
密閉箱は低域が抑えられるためか、高音域が目立ってくれます。
スピーカー設計ソフトで計算してみますと、小さい方が容積2.04リットル、チューニング周波数focは137Hz、大きい方は容積7.14リットルでfocは120Hzです。

いまのところの結論としては、密閉型でもTangBand W3-593SDは良く鳴ります。小さい箱でも大きめの箱でも、それぞれにユニットのナチュラルな音が出るようで、バスレフなどほかの形式とは微妙に違ったまとまりのある音というか、ヘンに細工していない好ましい音です。
なんとなくクラシック音楽に向いているような感じがします。
バスレフ型
接着していない仕切り板とスリット板を組み合せて第一キャビネットを使った小さなバスレフのテストパターンです。
側板を横にしたり縦にずらしたりしてクランプ止めします。

スリットダクトから出た音は側板のない第2キャビネットから出ますから完全なバスレフとは言えないかもしれませんが、近くで聴くとダクトからの音とユニットからの音が分離して聞こえるところが興味深いです。

裏板の長さの違うものを数枚用意して、仕切り板をずらし箱の容量を変えていろいろテストするともっと面白いかも知れません。
バスレフは組合せがたくさんできますが、両極端ということでね最初にダブルバスレフの第一キャビネットだけのバスレフのテストです。
設計値ではfdは140Hzです。
密閉型の小さなサイズの状態からスリットを塞いでいた木片を取り除くだけです。
見違えるような?明るい元気な音が出てきました。
近くで聴くとユニットから出る音と、第2キャビネットの側板の無いところから出てくる音とが分離して不思議な感じがしますが離れて聞くと問題ないです。この状態で上のフルサイズの密閉型と組み合せて試聴したのですが、左右のバランスが取れてきました。

こちらは箱の最大容量を使ったスリットダクトのバスレフのテストイメージです。
スリット板無しから、2枚のスリット板、そして仕切り板をスリットとして使います。
箱の容量は約7リットル。
左図でのそれぞれの共振周波数は左から、
ダクト15mm=116Hz、50mm=88Hz、95mm=72Hz、170mm=58Hz。
テストしたのは4種類のうち左から2番目を除く3種類です。板の関係で箱の最大サイズではありませんが・・・。

スリット無し、一番長いスリット、そして最後に中間サイズのスリット板という順番で聴いてみました。

箱のサイズを大きくしただけでもダブルバスレフに近い、あるいはそれ以上の低音は出てきます。とのあたりせ設定すればいいかは好みの別れるところです。

音の好みによってはダブルバスレフよりもバスレフの方が良いというのもありそうです。
このサイズのTangBandバスレフというのもアリかな?と感じました。
このユニットの使い始めには、大きなサイズの箱には合わないのかとも思ったのですが、今回の実験でそうでもないということが分かりました。

こちらも板材の関係でスリット奥行きは9.5cmだけど、スリットの高さが倍の3cmになってしまった状態でのテストもやってみました。

計算上はfbは103Hzで、ここに鋭い山ができます。


右の写真のように左側には藍色に仮塗装したダブルバスレフを組み合せて聴いてみましたが、バスレフの方が音が前に出てくるというか派手ですね。
多分、「どちらが良い音だと思う?」と聞いたら、右側という返事が多そうです。
中間でのまとめ
あれこれできるな・・・と欲張ってみても組合せは数限りなくあるわけで、全部をトライすることなどできません。
スモールサイズのエンクロージャにも面白さはありそうですが、今回はせっかくの7リットルクラスの箱ですから、このサイズでの密閉箱とバスレフ、そしてダブルバスレフに焦点を絞った方がいいかもしれません。

なにぶん完全に接着密閉したわけでもなく、側板をクランプで挟んで試したので、実際の音とは微妙に違いがあるかもしれないです。

意外だったのは7リットルサイズの密閉箱というのも悪くないな・・・と感じたことです。
確かに低域は詰まりぎみですが、低域だけが音ではないわけで、ある種のバスレフの低音強調の音よりはまとまりは良いと言えそうです。

バスレフ自体はfdの設定でかなりはっきりと音が変わるのが分かりました。
派手めの元気の良い音を好むのならバスレフでチューンするのが良いかも知れません。

ダブルバスレフはこれからのトライですが、バスレフなどと組み合せて聴くと、少し地味ですが、これだけを左右に置くと低域がまろやかに膨らんだ、これならではの音になります。

下のグラフは左側が密閉箱で右側がfb=88Hzのバスレフのものです。
ダブルバスレフ型
ダブルバスレフのテストは二つのスリットダクトの長さを変えてみることの他に仕切板を上下させて二つのキャビネットの容積比を変えてみることですが、これらの組合せはかなりの数になるので、ポイントを絞ってテストしてみるほうがいいでしょうね。

図の左側が決定した仕様です。
真ん中のは第一キャビネットの容積を小さくしてみたところ。仕切版を下げて逆にもできます。

図右は二つのスリット板を入れ替えた状態です。
スリット板を使わないで板厚だけのダクトの場合。
この状態だとfb1は217Hzでfb2は118Hz。
バスレフとあまり変わらない。
組み合せて聴いたのが次のページの塩ビ管スピーカーなので、中高音が元気が良いそれに比べると音の鋭さで負けてます。
Solveigs Song  (Minako Honda)