仙人のガレージセール


Page 54

ScanSpeak 5cmフルレンジ・ユニット
(5F/8422T03)


2013/08

昨年の10cmフルレンジユニットに続いて、今年8月号STEREO誌の付録はScanSpeakの5cmフルレンジユニット「5F/8422T03」です。

購入後すぐにサブバッフルを作って手持ちの実験機に組み込んで聴いてみたところ、これがなかなかの優れものだったので、もう一組購入しました。
付録込み価格が約3千円で、雑誌の価格を抜くとユニット一個のお値段は千円くらいか?
この価格でこれだけの音を出してくれるのはすごいと思います。

ユニット寸法図はこちら
小径ユニットは寸法的に余裕が無いので組付けには少し注意が必要です。

開口穴は55φだと楽に入りそうですが取り付けねじ穴との距離が少なくなるので、開口穴は53φにして端子をクリヤするための切り欠を作ります。

端子はマグネットを挟んで両端にありシールが貼ってある方が+です。
こんな具合に小さなバッフルをネジ止めして音出ししてみました。

左はミニ・バスレフ・エンクロージャ(Page 26)、

右は6cm用MINIバックロードホーン3424(Page 39)です。
ミニサイズ・バスレフ・エンクロージャ
小さなユニットなのでミニサイズのバスレフ箱が手頃です。
いきなりですが、これで充分だと思いバッフル交換式の試作機をペアにしてみました。

といっても左右まったく同じではなく、奥行きを長くしたりダクトの径や長さを変えてみました。
右側がレギュラーサイズで奥行きは130mmですが、左の箱は奥行きが160mmで、ダクトの径も25mmから20mmに細くしてあります。

この状態で聞き比べてもほとんど違いが分かりません。
下がそれぞれの箱の特性図ですが、fdが低くフラットな特性のほうが必ずしも低音が良く出るとも言えないのです。あまり低域を欲張らないほうが良かったりします。
このユニット、5cmのわりには低域が良く出るスペックですけど、それども基本的には高音寄りのこぢんまりした鳴り方で、とても魅力的です。
基本的にはこのようなミニサイズのバスレフ箱に入れてニアフィールドで聴くのに向いています。
左右それぞれ1mくらい離れたところに置いて聴くととてもいいです。
MINIバックロードホーン3424
オーダーで製作した組立品です。
キットの組み立て手順はPage 39 にモーションGIFで解説してありますが、ここでもう一度記録しておきます。
今回は写真に撮りませんでしたが側板の片方にホーンロードの板の配置を鉛筆で書いておき、それに合わせて接着してゆきます。

あらかじめ部材はブロックごとに2枚を接着しておき、ユニットごとに側板に接着してゆきます。


外周の部材を先に接着します。
目に見えるフロント部と天板部はできるだけ正確に位置決めし、ズレは背後などに出るようにします。
周辺部の板の接着が終わったら、ホーンロードを順に接着してゆきます。

内部の板が周辺部の板より高くなるとまずいので、できるだけ圧力をかけて高さをそろえます。
もちろん接着して高さが同じならばその必要も無いですけど。

左の写真ではホーンロードにスペーサーを入れて位置がズレないようにしています。
ここまでできればあとわずかです。
空気室に吸音材を入れるならここで入れておきます。

スピーカー・ターミナルと配線は後からでもできますが、ここで入れておいてもいいでしょう。
最後に側板を接着します。
4辺がピッタリ合うことはありません。
微妙にズレが出るのでバランス良く位置決めして固定します。
塩ビ管スピーカー
以前にAURA SOUNDの2インチユニット用に作った塩ビ管継手のエンクロージャがあったので、小さなバッフルを作って入れてみました。

ダクトの設定などはほとんどアバウトで作ったものですが、今のところこれに入れた状態が一番良い音を出してくれています。

計算してみないと分からないのですが、内容積は2リットルを越えるのじゃないでしょうか?
ダクトのチューニングなどよりエンクロージャの内容積の方が、出てくる音に影響があるようです。
★ スリムバスレフH280
スリムバスレフH280の実験機に入れてみました。(左の写真の左側です)

内容積は2.8リットル。塩ビ管スピーカーが概略計算で2リットル強なので、この容積もアリかな?ということで、写真右側のミニバスレフ(改)と組み合せて聴いてみました。

やはり内容積が大きい方がゆとりがあります。この大きさの箱でも充分鳴らせます。
Sサイズバスレフとほぼおなじ内容積なのですが、ユニットが小さいのでスリム型の方が見た目が良いです。
:結論としては、2〜3リットルくらいのバスレフ箱に入れるのが良いと思いました。
スリムバスレフH280はレギュラー規格の幅が10センチなのですが、ユニットが小さいので9センチ幅、あるいはもっと狭くして8センチ幅でも見た目は良いと思います。
9cm幅の場合は内容積が2.4L、8cmの場合は2Lになります。
★ スリムバスレフH280N
ユニットの落ち着き先としてスリムバスレフH280のナローバージョンH280Nを作りました。

レギュラー品より1cm幅を詰めたのは、ルックスが理由です。

板厚は12mmでも良さそうですが、裏板のネジ止を考えると15mmの方が安全ですし、板厚が厚いに越したことはないです。
特性図は右の通りです。
あまり低域で共振させず、このくらいピーキーな曲線になる方が聴覚的には良いのではないかと思います。

雑誌の付録で終わってしまうには惜しいユニットです。できればユニット単体で販売して欲しいものです。
塗装について
Page X でMDFの塗装について書きましたが、ここに追記しておきます。
MDFはほんとうに塗装が難しい素材です。着色ペイントを刷毛塗りするのが一番間違いが無いと思います。このような塗装以外に、生地のままでも素材感、ハンドメイド感があって、なにも塗らなくても良いのではないかとも思います。

そのほかに今まで使ってみたものの中ではウッドオイルが良いように思うのですが、ワシンの「油性ウッドオイル」などは店頭から消えつつあるのが残念です。たぶん需要が多くないからではないかと思います。

最近使ってみたのはウッドオイルでもWATOKOの製品なのですが、これは合成樹脂ではなく天然油脂の亜麻仁油などで作られているもののようで、これもどんどん吸い込まれてしまいます。
合成樹脂のワシン・ウッドオイルは最初は吸い込まれるものの、硬化すれば目止め効果があるようで、最終的に半ツヤの塗膜ができます。

着色透明仕上にする予定でも無かったので接着部はマスキングせず接着剤を拭き取ったので、ウッドオイルを塗るとこの写真のように接着剤の部分が弾かれてしまいます。

基本的には見えるのは正面のバッフルの面だけなので、この様な細部には拘ることもないのですが、見た目がイマイチなのは確かです。  
完成写真です。
とにかく吸い込みが激しいので、小さな箱なのに270ml入りのボトルの半分を使いました。
MDFも製品によって吸い込みにばらつきがあるようで、塗り重ねると吸い込みが止まるものと、止まらないものとがあるようです。
2013/09/21 セミトールボーイ型
前ページのHiWaveなど8cmユニットに戻っていたのでこちらの更新を忘れていましたが、左写真のようなセミトールボーイ型の箱にも入れていました。
内容積が約3リットル、fdは122HzとユニットのFsに近い設定になるので、低域が良く出ます。5cmユニットなので限界はありますが、サイズからはおどろくほど低域がよく出ていて楽しめます。

8cmユニットとは違った魅力がある小径ユニットの佳作ではないかと改めて感じました。
2013/09/23 トールボーイ型H700
内容積3リットルのトールボーイH450型がかなり良かったので、それでは4.7リットルのH700型の実験機に入れてみました。

ちょっと無理かと思ったのですが、これでも充分鳴らせます。考えてみるとFOSTERのFF70EGで鳴らせる箱ですから、ScanSpeakの5cmユニットでも鳴らせるはずです。

このユニット、サイズは小さいですが大きめの箱に入れた方が結果が良いようです。
2013/09/28 トールボーイ型H800 & 塩ビ管スピーカー
左写真で一番背の高いのがH800でFOSTER FF70EG用に一個だけ作ったトールボーイ型の試作品です。
幅が10mmだけ狭いので、その右にあるH700と内容積は違いません。
ダクトもアバウトに設計したものなのですが、たまたま同じくらいのfdになるので音はほとんど違いが無いと言えます。

右はバッフルだけ作れば良いので塩ビ管に入れてみました。
これもトールボーイ型と同じような鳴り方で好ましいものです。
2013/10/14  FOSTER FF70EGと聴き比べ
5cmと7cmユニットとの比較はどうかと思うのですけど、片や雑誌の付録、もう一方は自作向けの安価で良質なユニットとして市販されているものですけど、やはり径の大きなものの方が有利です。

小さなものにはそれなりの面白さがあるのですけど、聴き比べてしまうとその違いは歴然としています。
SADE Bring Me Home