仙人のガレージセール

Page 41

6.5cmフルレンジユニット・キットの組み立て

2010/06

オーディオ関係の雑誌は買ったことがないのですが、音楽の友社刊の「Stereo」という雑誌にフルレンジ・ユニットの付録付きのが発売されるのを知り買ってみました。

セブンイレブン受け取りのネットショッピングです。
発売前約一ヶ月ぐらいに申し込んだのですが、すっかり忘れた頃に発送したというメールが届きました。

お値段は雑誌込みで2,310円です。
雑誌の部分を除くと、ユニット・キットのお値段は1400円くらいでしょうか・・・。
付録のパッケージ
いずれにしても、ユニットを自分で組み立てるという経験はなかなかできることではないです。

発泡スチロールのパッケージに入ったキットの状態が左の写真です。
左がボイスコイルとダンパーが一体になったものと、フレームの二つの部品です。まだ組み合わされていない2ピースです。
その右の小さなのかコーンキャップとネジ類。

その右がマグネット、さらに右端がコーンで、その間に接着剤のチューブが納められています。
Step 1
付属のブチルゴム系らしい接着剤と小さなネジ2本を併用してマグネットとフレームを組み立てます。

フレームには4ヶ所穴が開いていて、マグネットの方には2ヶ所の突起と2ヶ所のメスネジが切ってあります。
マグネットは意外と大きく立派です。

フレームは薄い鉄板のプレス品で、裏側にはクッション材が貼り付けてあります。さすがFostex、手抜きはないです。
Step2
ここからが心臓部の組み立てです。
ボイスコイルとダンパーとコードは組み立ててあります。

ボイスコイルの内側に茶色のプラスチック・フィルムを丸めて入れて、これを位置決めガイドにして、ダンパーをフレームに接着します。

黒いフレームに黒い接着剤を塗って貼り付けるので、接着もれができないか、ちょっと心配です。
ワイヤーは端子の穴から引き出します。

端子はキット化のために特殊な形状にしてあって、半田付けしなくて済むような工夫がしてありますが、私はどのみちコードを半田付けするので、その時に一緒に半田付けしてしまいました。

このコードが振動板に触れないように注意が必要です。
Step 3
ユニット右側のようにガイドを付けたまま、コーンを接着します。

続いてコーン中心部をボイスコイルと接着します。
どちらも振動で力がかかる部分なので、しっかり接着します。
出来上がり
最後に、コーンキャップを接着してできあがりです。
1日でできてしまいます。

コーンとキャップの接着は見える部分なので、慎重に作業しないと見た目の悪いユニットになってしまいます。
下の写真左側は端子の部分です。結局コードを半田付けすることになるのだから一般的な端子を使った方がコンパクトになったのではないかと思います。
コードは写真のように内側から穴を通して半田付けします。外側から半田付けすると組み込みの時に邪魔になりそうです。

ザグリは写真右側のように大きく削ります。ザグリの部分とフレームの間には1mm程度の余裕しかありません。

とりあえず、AirWave6cmユニット用に作ったミニサイズ・バスレフ箱の試作箱が一個だけ余っていたので、これの開口部を加工して押し込みました。

この小さなユニットも端子の部分が相対的に大きくなるし、特殊な形状なので、中にはいるように加工するのがちょっと大変でした。

背後のブルーのはAirWave6cm用のBRホーン。
下にあるのはFostex8cm用のBRホーンです。

AirWaveのユニットを組み込んである製品版ミニサイズ・バスレフと並べて撮ってみました。
試作機とは1cmだけ背の高さが違います。

他のユニットと組み合せて聴くとよく分からないので、もうひとつはAirWave6cm用スリム型の試作機に入れてみました。
こちらもバスレフですがダクトは調整のため裏板に付けてあります。

ミニサイズは内容積1リットル弱、スリム型は3リットル弱なので、ほんの少しだけ多き方が低域には有利ですが、ミニサイズでも充分なようです。

聴き始めには高音部に不思議な音が混じっていたのですが、同じユニットと組み合せて聴くと、それも無くなっていました。

音に関してはほとんど期待していなかっただけに、ちゃんとマトモに鳴るのにビックリしました。
普段はあまり聴かないオーケストラものをちゃんと聴かせてくれます。

この雑誌の付録を組み立てられた方からAirWave用のミニサイズ・バスレフ・エンクロージャキットの注文を頂いたので仮組みしているところの写真です。

このユニットはFF85Kと並んで組み込みの難しいユニットで、端子が入る部分に切り込みを入れないと入りません。
指定では58φの開口穴径に切り込みですが、AirWave用の61φですと一応そのまま入りますが、端子部の両端でケられるため上寄りになって下辺がぎりぎりです。
そのため、バランス良く取り付けるためには少しだけ切り込みを入れてやります。

ここまでは既存の箱に入れてきたのですが、このP650に合わせて開口穴を開けた箱を作ってみました。右写真の右側です。
Stereo誌でFostexの設計者が作ったエンクロージャを参考にしました。

板材の都合でオリジナル設計そのままではなく、内容積は1.3lリットルから1.7リットルと、わずかに大きくなっています。
このためダクトのfdは計算上は86Hzと、オリジナルの100Hzより低くなっています。

ダクトは塩ビ管VP13用の継手(ソケット)をそのまま加工せずに使いました。
右写真のようなアンバランスな組合せで試聴したので、正確なところは分かりませんが、左側のミニサイズ・バスレフでも充分な感じがします。

塗装が終わった完成写真です。
バッフル左右を面取りしてみました。
塗装はたまたまシャッターなど鉄部に補修塗装わしていた油性のシルバーペイントを塗りました。

このままだとアルミの粉が手に付いたりするのでクリヤラッカーで色抑えをしたのでキラキラしたアルミ粉末の光沢が無くなって、鈍い光沢のグレーのようになってしまいましたが、これはこれで落ち着いた雰囲気で良いと思います。

今回組み立てたユニットの片方が、特定の音で濁ります。組み立てのなかでわずかなズレなどで振動する部分がどこかに触れて異音が出るのかもしれません。
市販品でも2個ほど、このような不良品に当たったことがありますから、素人が組み立てたものにはありがちなことかもしれないです。
□塩ビ管スピーカーDT100 試作0号機

小径の低価格ユニットはいろいろな箱に入れて遊ぶ材料になります。
3年前に面白半分に作った塩ビ管継手を使ったエンクロージャをアレンジしてみることにしました。(Page 10参照)

左の写真はその最初の試作機です。
縦にも横にも置けます。
Walz No.2(Jazz suite No2)  Shostakovich