仙人のガレージセール

Page 25

8cmフルレンジ用汎用エンクロージャ・キット Sサイズ
(DIY Audio SA/F80AMG用超小型バスレフ・エンクロージャ・キット)

2008/6 (2014/07更新)

評判が良いDIY AUDIOの8cmフルレンジ・ユニットSA/F80AMGは7リットルのスリムバスレフに入れて完結してしまっていたのですが、超小型バスレフ箱(汎用エンクロージャ・Sサイズ)に入れてみました。
通常は音出しをして確認してからヤフオクに出品しているのですが、今回は初めてフライングで、音を確認しないで先に出品してしまいましたが、改めてこのユニットは8cmフルレンジのなかのベストだと再確認しました。
大きめの箱に入れてゆったりとした響きと繊細な高音を楽しめるユニットなので、これだけ小さな箱では持ち味が出ないだろうと思っていたのですが、ユニットに付属の簡素な取説には2リットルと3リットルクラスの箱の簡単な設計仕様が書かれていたので、作ってみることにしました。

この箱は汎用バスレフ・エンクロージャ・Sサイズと名付けたのですが、もともとはPARC Audioの推奨箱から発展してきたものです。
外寸は幅14cm、高さ20cm、奥行き17cm。内容積はダクトの容積を除外しない単純計算で約2.6リットルです。
sped.exeによりますとfdは106Hzです。150Hzあたりが強く出てます。
Page 19のスリムバスレフ型と特性を比較してみてください。
もともとはピアノ曲などのクラシックに適したユニットではないかと思っていたのですが、かなりオールマイティで、ジャズ、ポップス、ヴォーカルとすべてに優れています。とりわけピアノの音色には感銘を受けます。
図面と組み立てサンプル















(リンク画像あり)
使用可能なユニットの特性図
キットの写真
キット内容明細
- 部材名 数量 寸法 備考
側板 4枚 140*200 無加工
バッフル 2枚 140*200 ユニット&ダクト穴あけ加工済み
裏板 2枚 140*200 ターミナル穴無し
天板 2枚 110*140 無加工
地板 2枚 110*140 無加工
塩ビダクト 2本 - ユニットによって内径と長さが変わります
ダクト取付補助版 2個 端材利用のため不定形
総重量は約4.4kgです。
部材キット価格 \ 3,800-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   \5,800 -   キットを接着組立したものです。吸音材、ターミナルなどは含みません。
(送料は着払いです)
メーカー名 型番 開口部直径 ネジ穴直径 ダクト内径 グクト長さ 塩ビ管長さ fd
DIY Audio SA/F80AMG 75mm 85mm 31mm 65mm 50mm 100Hz
TangBand W3-593SD
W3-315SE
PARC Audio DCU-F081PP 72mm 86mm
Fountek FR88-EX 72mm 81mm 100mm 85mm 88Hz
Aura Sound NS3-193-8A 75mm 93mm 25mm 120mm 105mm 66Hz
PARC Audio DCU-F101W 82mm 92mm
Dayton Audio RS100S-8 87mm 90mm
角を丸く処理すると全体が柔らかく見えます。
ダクトの出口の部分もトリマ−で面取りしました。
サンディング・シーラーを塗った状態です。
素材の状態ではわずかに茶色だったのですが、透明なシーラーを塗っただけでもこれだけ茶色味が強くなります。
MDFに混じっている細かなチップと粉の部分とのコントラストがはっきりしてしまいます。

下の写真が塗装の終わった状態です。
今回は手持ちのウレタンワニスの透明を塗ってみました。
色ムラはありませんが薄く何度も塗り重ねたので多少タレた部分もあります。
現在使っているMDFはクリヤでもこれだけ茶色味が出るというサンプルです。
MDFのモヤモヤした模様が出ているところは評価が別れるところですね。
良くできたユニットはどのようなサイズの箱に入れてもそれなりに良い音を出してくれるものです。
新しくメンバーに加わったONKYOのCR−D1LTDで聴いているのですが、やはり8cmフルレンジ・ユニットのなかのベストです。
高価なPARC Audioのユニットを越えていると感じます。
小さな箱でも充分な低域が出ていますし、一番魅力的なのは繊細で耳障りでない高音だと思います。ジャズ・ヴォーカル、ピアノ・トリオ、そしてクラシックと万能です。特にクラシックのピアノ曲の音色はほれぼれする響きで、情感まで再現してくれます。
ユニットが同じですから基本的な音色は同じですが、7リットルのスリムバスレフ型に入れたものと聴き比べると面白そうですが、まだユニットは一組しかないので比較試聴はできません。
Dayton Audio RS100S-8
10cmユニットとしては小ぶりなDayton AudioのRS100S-8を入れてみました。
たまたま入りそうだから・・・というだけで期待もせずに入れて鳴らしたのですが、これが予想外に魅力的です。

スペック以上に低域の良く出るユニットなのですが、小さな箱に入れると不足気味だった高音が良く出ます。
ヴォーカルも楽器の音もリアルに再現してくれる繊細なユニットです。
2009/11月現在のところ、Sサイズに入れて聴いたユニットの中ではこれがベストです。
Page 37を参照。
Dayton Audio ND91-8
低域再生能力に優れたDayton Audioの小径フルレンジ・ユニットで9cmのND91−8を入れても魅力的な音を出してくれます。
もともとFsが異様に低いPARC AudioのDCU−F101W用のダクト設計なので、ND91−8でもそのまま鳴らせます。

駆動能力の点ではこちらのほうがさすがにパワフルなので、低域再生能力も上回っているのではないかと感じます。
下の写真左側は特徴が良く似たAURA SOUNDの3インチユニットです。
改造版 (2012/03)

ヤフオク・ユーザーさんの希望で幅を狭くしたものを組み立てて納品しました。
レギュラー品の幅は140mmなのですが、幅を20mm詰めて120mmにしたものです。
内容積は2.6リットルから2.1リットルになります。

ロールオーバー画像は標準型との比較写真です。
(2015/10)
こちらもSサイズ・バスレフ・キットをアレンジした依頼品でドロン・コーン型。

背後にパッシブ・ラジエーターを付けるので前後に同じ穴を開けてあります。
ユニットを取り付けるまでは前後の区別無しです。
ユーザー作例写真
Sサイズのエンクロージャを完成させた写真を頂きました。見事な仕上げなのでここに写真を紹介いたします。

グリルはオリジナルで自作されたものです。箱の仕上げから塗装に到るまで、かなり手をかけられたようで、えっ、これが?とびっくりするほどの仕上げです。

使用されたユニットはTangBandの竹繊維を混入したコーンを使った珍しいユニットです。
真空管アンプと組み合せてらっしゃる方がかなりいますね。

こちらもSサイズの組立品を購入していただいて、Victorのウッドコーンユニットを組み込まれた作例です。
CAD/CAMを使って面取りされたそうで、とてもきれいに仕上がっています。

このように角を丸く面取りしますととても柔らかい雰囲気になります。
塗装はこれからゆっくりされるそうですか、意外と素材のままの方がハンドメイドらしさはありますね。

右の写真も上と同じ方の2作目で、こちらは外付けの難しいダイトーボイスのAR−7を組み込むように穴加工されました。

コンピュータ制御の工作機で精密加工されたものなので、誰でもできるというものではないですが、精密加工できる方にとっては可能性が広がる例と言えますね。

制約の多い小径ユニットで鬼目ナットを使うのは至難の業だと言えますが、精密に穴加工をして裏側から打ち込んでいます。

MDFは加工しやすいのですが、繊維がないためもろいのが難しいところです。
ロールオーバー画像で開口部まわりの精密な加工を見てください。
右の写真をクリックするとAR−7(4Ω)が組み込まれた写真が表示されます。

こちらは突き板を貼られた方の作例です。
やはり天然木の風合いは格別ですね。
ここまできれいに仕上げるのは熟練を要するのでしょう。

ダクトの出口には水道用のゴムパッキンを貼り付けたそうです。

同じ方の作例をPage 35にも掲載させていただきましたが、そちらも見事な仕上がりですので是非ご覧ください。
下の写真も同じユーザーさんの3セット目の製作例です。
今回使用されたユニットはTangBandのW3−315SEです。上の作例のSA/F80AMGと遜色無いユニットのようです。
使用されているアンプはエレキットのコンパクトな管球アンプです。コンパクトなSサイズの箱と真空管アンプの組合せはとても良さそうです。
2014/07/02 追加
久しぶりに完成写真をいただきました。使用ユニットはHiViのB3Nです。
角を大きなRでトリマ−加工してあります。仕上げ加工も塗装レベルもかなりのものです。
塗装はワシンの水性工芸うるしの鎌倉赤で、その上につや消しクリアニスのスプレーをかけてあるそうです。

(リンク画像あり)
2014/07/14 上のHiViと同じ制作者の2作目です。
今回は横置きのリアダクトで製作されました。相変わらず見事な仕上げと塗装です。
ちょっと脱線して
完成サンプル品の塗装をしている間に新しい機材を通販で購入しました。
ONKYO CR−D1 LTD です。
結構長いこと使っていたDENONのプリメイン・アンプのサブ機としてあってもいいかな?別になくても良いのだけど・・と思っていたのですが、やっと踏みきりました。
団塊の世代としてはオーディオは単品コンポーネットという思い込みがあるのですが、今どきの技術レベルならミニコンポのサイズでもかなり良いものができるのではないか?それに、安価な8cmフルレンジを鳴らすのならこのレベルのモノで充分なはず、ということで評判が良いCR−D1のリミティッドを選びました。
細かなスペックはオンキョーのHPにお任せするとして、人気のあるCR−D1とそのリミティッド版であるこれは、ミニコンポと単品コンポの中間に位置するものと言って良いのでしょうか?デジタル・アンプであることが大きな特徴といえそうです。
今まで使っていたプリメインアンプはDENONの普及価格帯のモデル、PMA-390Wです。
オーディオに興味を失っていた時代に、それまで長い間使っていたKENWOODのプリメインアンプが不調になってきたため、なんの予備知識もなく家電量販店で購入しました。普及価格帯の手ごろな価格とこの価格帯のベストバイなんとか賞を受賞というステッカーが選択の基準で、音を聴くこともなく買ってきたものです。
このモデルは今も PMA-390AEとモデル名を変えて販売されていますが、低価格プリメインアンプとしてはそれなりに人気はあるようです。
実売価格の最安値で3万円を切っているのには驚かされますが・・・・。
で・・・、結論を書いてしまいますと、コンパクトなONKYOのデジタルCDレシーバーに替えてから、劇的に音が良くなりました。
実は、アンプを替えてこれだけ激しく音が変わるとは予想してなかったので、目から鱗状態でした。
自作のフルレンジ・スピーカーを数種類、スピーカー・セレクターで切り替えて聴けるようになっているのですが、最初にPARC Audioに繋いでみました。
世間での評判に比べで、なぜ私のところでは価格に見合った音が出ないのか?と不思議だったからですが、これがめざましく音が良くなりました。こんな具合なので、サブシステムとして買ったこのCR−D1LTDを当分はメインシステムとすることにして組み替えを始めました。
まだ手持ちのスピーカーのすべてを鳴らしてみたわけではないのですが、印象をここに書いておきます。
(1) PARC Audio DCU-F101W(Mサイズ・バスレフ)
これが今のところ一番劇的に音が良くなったユニットです。少し耳障りだった高音が輪廓のスッキリした音になって、低域もユニットのスペックにふさわしい響きを出してくれるようになりました。
今まで評価がイマイチできなかったユニットですが、アンプとの相性が悪かったようです。ピアノ曲を鳴らしてみると、響きの豊かさに驚きました。
この後、AURA SOUNDやTangBandを鳴らしてみると、こちらも相応に底上げされた音になったので、2倍以上の価格差が納得できるものかどうかは難しいところですけど。

(2) Fostex FF70EG(トールボーイ型バスレフ)
PARC Audioとならんでかなり激しく音が良くなったのがこの廉価品ユニットでした。小径ユニットのわりに高音より低域が良く出るユニットですが、わずかにボンヤリと輪廓のはっきりしなかった低域がくっきりとした音になりました。(1)の音から高音部をカットしたような感じです。
価格差は5倍くらいもあるのですが音の差はさほど大きくない。驚くべき廉価品ユニットです。

(3)その他のユニット&エンクロージャ
TangBand 4.5リットル・フラットモデル
TangBand 共鳴管型
Fostex FF85K 4.5リットル・バスレフ
AURA SOUND NS3-193-8A 4.5リットル&2.6リットルバスレフ
これらは全体に底上げされたような印象で、一番変化を感じなかったのは共鳴管型でした。FF85Kは能率がよいユニットなので、切り替えると音が前に出てくるのは同じです。AURA SOUNDはPARCよりわずかに低域寄りですが、ほぼ遜色ない鳴り方をしています。
スタジオモニター的な存在のTangBandのフラットモデルは、一番クセのない模範的な音のようです。
DIY AUDIOは現在ユニットを外して、超小型バスレフを塗装中です。
これを機会に古びた手作りオーディオラックを塗装し直してから写真のように配置しました。一番上がマランツのCD/MDコンビネーション・デッキです。
これから光デジタル出力をONKYOに、アナログ出力をDENONのプリメインに繋ぎました。写真のはありませんがSONYのMDデッキもDENONに繋ぎました。
ONKYOにはスピーカー・セレクターで4セットのスピーカー、DENONには2セットのスピーカーを繋ぎました。ややこしいことですがコンビデッキの出力を2種類のアンプに同時に出力できるようになったわけです。
新規購入のONKYOのと古いDENONを、冷静になって比べてみると、DENONのも決して悪いものではない。
ただ、自作の8cmフルレンジと組み合せるローコストな推奨システムとして、このONKYOのコンパクトなCDレシーバーは手頃な組合せだろうと思います。
特にPARC Audioのユニットのような新しい設計のユニットには、このデジタルアンプはとりわけ相性が良いのだろうと思います。

新しく買ったONKYOに舞い上がっていたのですが、こうやって繋ぎ替えて、「待てよ?これではDENONが劣るかのように思われるけど、そんなことはない。なぜだろう?」とあれこれ考えてみると、スピーカー・セレクターがかなり音を劣化させているのではないか?という考えるようになりました。
まだ断言はできませんが、セレクターを外して2系統のスピーカー出力へ直接繋いでから音がかなり良くなったようにも感じるのです。
★2008/06/23
いろいろなユニットを繋ぎ替えて聴いてみて、今回一番印象に残ったのは、意外なことに最廉価品のFoster FF-70EG のデキの良さでした。
一番高価なPARC Audioのユニットの1/5くらいのお値段なのですが、音の差は価格ほど大きくはないです。
YoungLady  Stan Getz