仙人のガレージセール


Page 7

8cm汎用スリムバスレフH320エンクロージャ・キット
(TangBand W3-593SD を使ったスリム・バスレフ・エンクロージャー・キット)

2007/04 (2013/07更新)

元はTangBandのW3-593SD用に作ったスリム型バスレフエンクロージャのキットですが、設置スペースの面でも有利なスリム型のミディアムサイズとして汎用化してみました。
外形寸法は幅12cm×高さ32cm×奥行き20cm。内容積は約4.5リットルで、Page 24「8cmフルレンジ用汎用エンクロージャ・キット Mサイズ」とほぼ同じで、8cmフルレンジユニット用のエンクロージャとしては平均的なサイズだと思います。

内寸幅90mm、外寸幅120mmという制約内であればいろいろな8cmユニットに使えます。

ダクトの設定は悩ましいところですが、一応、内径は44φでダクト長135mm(パイプ長120mm)を標準にしますが、この場合の共振周波数fdは82Hzです。
キットの内容明細
品名 寸法 数量 備考
バッフル 120*320mm 2枚 ユニット用とダクト用の穴を開けてあります。
裏板 120*320mm 2枚 無加工
側板 170*320mm 4枚 無加工
天地版 170*90mm 4枚 無加工
ダクト補助版 - 2個 塩ビ管を通してバッフルに接着する補助板です。端材を使用しました
塩ビ管 - 2個 -
★板にシールが貼ってあるものは、「裏側」「下側」「後ろ側」を示しています。あくまで参考ですが。
キット価格  ¥5,000-
組立品価格 ¥7,000-
組み立て
組み立ての手順は他のモデルと同じですので前のページを参照してください。
写真左は組み立て途中の胴体部と完成写真です。
右の写真はユニットを取り付けた状態です。
道具を使わないで組み立てる方法について
完成品(塗装サンプル)
塗装の終わった完成写真です。

今回は水性ペイントで刷毛塗りしてみました。
シックなブルーグレーです。
光の具合で暗く見えたりしますが、明るいグレーに青が入ったものです。
Fostex FF85Kバージョン
箱の内容積が約4.5リットルになったのでFF85Kにも使える、ということでFF85Kバージョンも作ってみました。
ダクトのパイプ長が30mmのfb=115Hz推奨箱はすでに作ったので、今回は同じ容積でパイプ長120mmのfb=75Hzで作りました。

この聞き比べはとても面白いです。
ユニットの個性がそのまま出ます。
高音の得意なFF85Kはfbを下げても相変わらずの高音指向です。

これが時には耳障りな音に聞えるときがあります。音楽ソースによってですが。

活発なFF85Kから切り替えると、TangBandの音はすこし地味に聞えます。
fbは100Hzと、こちらの方が高いのですが、相変わらず低音の響きはこちらの方が優れています。
高音もきれいに出ているのですが、低音の主張が強いのですね。

余分な音が出ないという意味ではTangBandの方が長時間の視聴に向いてます。分かりやすい音の良さではFF85Kと言ったところでしょうか。
胴体部の塗装が一応出来上がりました。
2色を使う場合、色の組合せが難しいですね。
バッフルにメタリックを使った場合、胴体部はできるだけ地味で目立たない色にした方が無難です。

同系色ということで、左側はTangBandバージョンで使った水性ツヤありのブルーグレーを塗ってみました。

刷毛ムラが出るのが水性塗料の使いにくいところですが、目を凝らしてみないと分からないです。

右は水性アクリル絵具「セラムコート」のブラックです。
マットの雰囲気は胴体の塗装には合ってるように感じます。
最初はチャコール・グレーを塗るつもりでしたが、下塗りのつもりで塗ったブラックのままにしました。

同じ箱に入れて聞き比べると、この二つのユニットは聞き飽きないですね。
これほど個性が違うと飽きることが無い。
TangBand W3-593SD
左がTangBandと135mmダクトの組合せで、ほぼフラットな特性です。
ダクトを65mmに短くした場合が右の図ですが、こちらの方が低域が良く出るように聞こえます。
このあたりが悩むところでして、どちらが良いと言いにくいです。強いて言えばジャス、ポップスのようなアタック音が多い場合は右の方が元気良く聞こえますし、左の方はクラシックに向いていると言えるかもしれません。
このあたりは好みの問題ですが。
W3-582SCもほぼ同じ特性のようです。
TangBand W3-1319SA
竹繊維混入コーンを使ったTangBand8cmユニットのシミュレーションです。
完全にフラットになります。

まだ手に入れてませんが、リーズナブルな価格の注目ユニットです。
Fostex FF85K
Fostex FF85Kの場合はどちらもメーカー推奨箱の設計に準じています。
これも悩ましいところですが、個人的には右のダクトが短い方が好みです。低域が良く出るな・・・と感じるのはたぶん右の方だろうと思います。
このユニットはあまり低域を狙わない方が良いのではないかと感じます。
DIY AUDIO SA/F80AMG
Fostex FE87E
短いダクトですとFE87Eの推奨箱とほぼ同じ設計になるので、周波数特性図もほぼ同一になります。
このユニットは小径フルレンジの面白さを教えてくれる優れもので、なんとなく原点のような存在です。
Fostex FE83En
PARC Audio DCU-F081PP
Dayton Audio ND91-8
BOBICHON   André Gagnon